2020年東京オリンピック エンブレム使用中止が決定

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は時事ネタです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム使用中止が決定
引用:ヤフーニュースより 新エンブレム公募へ

先日触れたので、今日も触れておこうと思います。
やっと、というかようやくというか、中止の決断がされましたね。
正直なところ、国民としてほっとしています。
あれほど騒がれていて、原案段階で既に怪しい感じであったのを修正してあの作品になったと言うのが詳らかになって、余計に決定打となったようでしたね。

責任が問われたり新しいデザイン公募したり企業への賠償とかまだまだ問題は山積みの東京オリンピック

撤回したのは非常に良いことだと思いますが、実際問題ここからが大変な事もたくさんあると思います。もっとも。使用中止をもっと早い段階で決定していれば傷口はそれでもまだ少なく済んだのでしょうが・・・
病気でもそうですが、早期発見・早期治療が大事だということですね。

既にポスターやエンブレムを使用した商品の作製の発注が済んでいる企業様もたくさんいることだと思います。稟議がやっととおった、エンブレム込みでのデザインが決定したところだ、というような会社もあるかもしれません。

使用中止に伴う多額の費用の補填先はどこか

エンブレム問題でも競技場問題でもすべてどこも【責任逃れ】【責任転嫁】している姿が目に付くのが気がかりなのですが、結局この中止に伴う費用はどこが補填するのでしょう?
組織委員会とやらには支払う能力があるのか?
中止に伴った企業への賠償は血税の税金が使用される事になるのか?そんな議論が今後出てきそうではありますが、すべてをデザイナーの佐野さん一人に押し付けるのはいかがなものかと思ったりしています。

競技場もエンブレムも白紙撤回。あと5年弱でイメージ回復とスタジアム建設は間に合うのだろうか?

東京駅前に日本一大きいビルを建てるというニュースがやっていました。東京オリンピックに先駆けての事と言うことでしたが、何だか、東京オリンピックにこだわるのが、そこにあるんじゃないかとおもちゃったりしました。

開催そのものよりも、誘致した事が意味があるというような風潮。

前回の記事にも書いたのですが、やはりまだ違和感があるのです。

オリンピックがあるから東京をこうしなくちゃいけない、っという「何かをしたい時の理由付け」のためだけに東京オリンピックが存在しているような・・・なんかそいういう意図を感じてしまいます。

本当に東京オリンピックに必要なものもあると思います。

実際、交通網の整備や会場間を行き来する道路の整備などは本当に必要な事だと思いますし、実際それによって居住している人、働いている人にとって今後もより生活が豊かになるものになるので良いと思うのですが、空調のない競技場や東京オリンピック開催に向けて・・・という理由で壊したりたて買えたりしているものの中に本当に必要なの?と言うものがたくさんあるような気がします。
便乗というか・・・なんというか。
理由がなければ稟議や意見を通しにくいという日本企業独特の現われなのかはわかりませんが、何だかなあ・・と思ってしまいました。

色々まだ問題はあるものの、すべてをフラットに戻して再スタートを切るべき

問題は山積しているものの、とりあえずエンブレムの中止が決定したのであれは早く新しく公募するなり何なりして方向転換して、この騒動を逆手にとってイメージの早期回復をするべきだと思います。

そのためには、今までに無いけど日本らしい、Re・スタート的なイメージのあるものが良いんじゃないかなと思います。

Reスタートにはいろんな意味も含められると思います。
震災と言う逆境からの復興、再スタート、新しい日本、やり直したエンブレム、競技場・・・。

それでいて日本の伝統を感じるデザインになっているいいなあと思います。

良くも悪くもこの話題で日本全体がオリンピックに興味を持った事は確か

前回の記事にも書きましたが、招致決定の段階では正直あまり関心が無かった国民も、今回の問題によって、自国開催ならちゃんとして欲しいという意思をネットではとりあえず声をあげる人も多くいましたしこのエンブレムや競技場問題で国民そのものがオリンピックに対して興味を持ったきっかけとなったのは間違いないです。

きっかけの理由としてはあまり良くないものではありましたが、それでもこの騒動で国民が少しオリンピックに対し興味を持ったのは確かです。
事無かれ主義、どこかの誰かが決めたもの、に従う精神が根強い日本社会にこれだけの革命的な事が起きたのはむしろ喜ぶべき事でもあると思います。

何はともあれ・・・。

中止の決定が下って、日本のイメージがこれ以上、下がるような事にならなくて良かったと心から思いました。