意識して毎日過ごすと変わってくる 「いつか」ではなく「この日までに」を決めて行動しよう

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
秋が大好き、と前にも(前回の時も言ってましたね・・・)言っていましたが、本当にこの季節が大好きです。

今年の秋の私は過去5年間の「秋を自由に使えなかった社会人生活」から抜け出せたのですが、この状況になる事が出来たのは、1年前の自分が居たからだと改めて思うのです。

2014年(1年前)の私は、1年後の2015年の秋の土曜日出社はもう絶対やりたくないと思っていた。

当時勤務していた会社の内部で色々とあったのも原因だったのですが、10月~11月に土曜日出社が義務付けられていた事がずっとストレスで、秋にあるイベントに行けない事や、せっかく色々やる気になる時期なのに休みが少ないので体が疲れてしまうという事が本当にストレスでなりませんでした。

そうは言っても、一家を支える妻であり大黒柱である自分は、早々簡単に収入レベルを落とすわけにも行かず、半ば意地と家族のために、と言うことだけで働いていましたが、2012年に、子供を出産する事が出来ない身体になってから、こんな思いも反面では抱えていたのです。

子供を育てる喜びを味わえないのなら、
せめて、夫婦仲良く毎日笑って話せる日々を過ごせる生活をしたい

生活のために、という意地だけで頑張っていた前職の会社で、秋に勤務環境の変化によるストレスも抱えていた私は、やはり家でもそのストレスが原因であまり話さなくなってしまっていたり、夫婦間の会話が少なくなる事が、この土曜日出社期間の2ヶ月は発生してしまっていました。

12ヶ月のうちの2ヶ月間だけ、と言われればそうなのかもしれませんが、私にとっては、一番大好きな季節に、こんなに苦しい状況が続くのはとても耐え難いものに感じていたのは事実でした。
しかし、2ヶ月間だけだし、とおもって2012年の秋、2013年の秋、2014年の秋も過ごしたのですが、3度目になってもこの耐え難さが消える事はありませんでした。

2015年の秋は楽しくしたい。
いつ死ぬかも判らない、子供を残しているわけでもない、
夫婦で毎日の一日一日を大事に過ごしたいと思った

2014年の冬。
苦しかった土曜日出社が終わるころには、私は、
「来年はもうここに居ないでおこう」
そう堅く決心をし、主人に
「来年は収入は落としてしまうかもしれないけれど、一緒に過ごせる時間を長く取れるように生活を変えたいと思う」
と宣言しました。

「いつかこの状況を変える」ではなく「●●までにはやる」という決意

結局、私は
「来年(2015年)の秋には、もうここ(前職場)には居ないようにする!」
決意したのです。
それからはとても物事がスムーズに動き始めました。

それまでは、「いつかここ(前職場)を出るんだ」
と言う思いで過ごしていましたが、自分の中でリミットを設定した事によって、それに向かっての段取りを組むように自然に体が動き始めました。

朝活をしはじめるようになったり、趣味の時間を少なくしたり、自分を磨く事に時間を割くようになったり、就職活動をし始めたり等、具体的に行動を起こすように自然となって行きました。

「いつか」は「いつか」のまま。
「この日まで」を自分で設定していないのならそれはまだ「本気」じゃない

よく、「いつかはこうなってやる」という目標を掲げる人が居ますが、その大半はその「いつか」はやってきません。
たとえば、良く聞く台詞で言えば

「いつかは結婚するぞ」

と言う人は、結婚せざるを得ない状況にでもならない限りは、その大半は、その「いつか」がやってこないまま、おひとりさまの道をひた走りしている事が多いと思います。

逆に、「30歳までには結婚する!」

というひとは、たいてい本当にそのとおりになります。なぜかと言えば、30歳にという具体的な数字が見えてくると、相手が結婚する見込みがないと思った場合、早々に相手を見切ることも出来ますし、相手をせかす事ができたり、相手が居ない場合は結婚相談所に登録したり、婚活に参加したりなどするようになり、そのほとんどが、自分の掲げた目標を達成する事が多いです。

何かやりたい事が明確な人は「いつまでに」するのかを具体的に決めてしまいましょう

先ほどから何度も繰り返しになりますが「いつか」はいつかのままで、具体的に数字にしない限りは人間はほぼ行動に移す事が出来ません。
更に言えば、具体的な目標にした途端に脳内でそれを意識するようになり、自然とそのやりたい事に関しての情報や行動を自分から起こせるようになってくるものです。

昔からよく読んでいるビジネス本にも書いてあったのですが脳内ではわかっていても、自分で実感しないと、本当の意味では「やりたいこと」を「明確な目標」にして具体的に期限を決めると言うことの大事さはわからないものですね。

おそらく、この記事を読んでくださった方の中にも、まだぼんやりとしかその重要性がわからない方も居るかもしれませんが、とにかく「意識をする事」がとても大事です。人は意識をすれば、必ずそのものの情報が耳に入るようになっていると思いますので、何か目標がある人は是非やってみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

スマホ用のページ作製はたとえ楽天市場やヤフーショッピングなどのモールであっても、画像のサイズ設定やタグをきちんとスマホ用にした方が良い

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近、ヤフーショッピングのサイトを作っていたのですが、その作業中、気づいた事がありました。

商品説明文(PC用)のところに、商品説明を画像で作ったものをIMGタグで配置したり、TABLEタグで左に画像、右側に文章を書くという感じの物をつくっていたのですが、それを気にせずにスマホ用の説明文(フリースペース)に貼り付けて商品ページをつくっていました。

スマホで見て見ると、画像が凄く小さかったり文字が凄く凝縮されていて見づらかった

スマートフォンは縦にスクロールするので、画像の右隣に配置した文字とかがぐちゃぐちゃっと寄せられてしまっていました。
さらに、画像の表示大きさ指定をしていなかったので、画像サイズが凄く大きいもの(600pxや800px等)のものはスマホの画面からはみ出していたり、テーブルタグも表示崩れのようになっていたのです。

スマホ用のIMGタグには、画像の大きさを、WIDTHで画像表示サイズを指定しよう

スマホ用の説明文のところにIMGタグを使用して画像を配置する場合は、WIDTH=100%で画像の表示サイズを100%に指定する方が良いと思います。

そうすれば、iphoneやAndroid等さまざまな機種のスマホがあってもそのスマホの表示サイズに合わせて%で比率を変えて表示してくれます。

個人的には100%だといっぱいっぱいでスペースが無いので、95%くらいにしています。

TABLEタグで2列配置にしている説明文は、上下2段での説明文にしよう

どういうことかと言いますと、簡単に言うと下記の図のような感じ。

↓これはパソコン用のタグ。

スマホ用タグとPC用タグの違い
スマホ用タグとPC用タグの違い

 

 

↓こっちがスマホ用。

1002-2

スマホの場合、縦スクロールで見る事を前提にして文字や画像の配置をした方が良いということです。
ですので、TABLEタグで、PCの時に左に画像、右に文字を売っている場合は、スマホ用は、上に画像、下に文字と言うふうに並び替えが必要だと言うことです。

CSSが使えない出店方法をしている店舗は、必ずタグの打ち変えが必要

CSS(スタイルシート)が使える環境での契約で出店している店舗の場合は、DIVタグで画像や文字のブロックを設定しておくだけで、FLOAT設定で右にしたり左にしたり上にしたりで変えられるので楽ですが、TABLEぐらいしか使えない又は昔にTABLEで組んでいたと言うところは、打ち変えしたほうがよいと思います。

今は、スマホからの購入も多いネットショッピング

いまや、各モール専用のアプリが出ているくらい、スマホ経由での購入も多いネットショップです。ですので、スマホ用のページも意識していく事も重要になってきます。

スマホ用ページをいじってない、、という店舗さんは一度見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

スマホでの自分の店舗の見栄えをチェックするのも良いですよ!

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

スマホ用サイトの作製などの依頼やタグの打ち変え作業など細かい作業も請け負いますのでご相談されたい方はフォームからのご連絡お待ちしております♪