カテゴリー別アーカイブ: お仕事日記

起動したらいきなり the system found unauthorized change on the firmwareとか出てきて Windowsが起動しなくなった時に直す方法

こんにちは。猫の杜デザインのyoshyです。
とてつもなく久しぶりに更新しております。

順調に仕事は進んでいて、作業に時間を取られているので
あまりブログの更新の時間が無いのですが、
毎日ほどほどに元気に頑張っています。

そんな中。休日返上で副業の作業をやろうか!とパソコンを起動したら
エラーがでてパソコンが起動しなくなってしまいました・・・・。

The system found unauthorized changes on the firmware, operating system or UEFI drivers.

Press [N] to run the next boot device, or enter directory to BIOS Setup if there are no other boot devices installed. Go to BIOS Setup > Advanced > Boot and change the current boot device into other secured boot devices.

こんな何か怖いメッセージとともに、黒い画面に赤文字ででてきまして・・(マザーボードによって色は異なると思いますが・・・)私の場合、赤で出てきてすっごい恐怖とともに、「またパソコン調子悪いんかい・・」と落胆していました。

Windows Updateの所為で出るエラーらしい
UEFIドライバーモード?の状態ではWindows7を起動できないとかそんなかんじ?

生きているパソコンのほうで、エラーメッセージから検索してみると
どうやら起動時のBoot選択がおかしなことになっている?みたいな感じで、とりあえずBios画面に飛んで UEFI が優先になっているのを解除すれば普通に起動するとの事で・・・・
エラー内容表示されている画面で「OK」を押すと、バイオス画面に飛んでくれたので、そこから作業します。

The system found unauthorized changes on the firmware, operating system or UEFI drivers.というメッセージが出た時の直す方法

  1. F7キー押してAdvancedモードへ
  2. 起動タブの設定?をえらSecure Bootを選択
  3.  ” Other OS ” ” UEFI ”の2択だったので、Other OSを選択
  4. F7キー押して元の画面へもどる
  5. F10キーで保存(非UEFIモードへ変更とか出てきた)&自動再起動

これで、直りました。

 

UEFIとは

そもそも何でこんな事になったのかは原因不明ですが、考え付くこととしては、Windowsアップデートをした事位で・・・。調べていくと、何かアップデートの不具合で、「UEFI」が優先になってしまう人がいるとかいないとか。

私の場合はそれに該当したみたいで、設定が変えられたので起動できないよ、みたいな事だったみたいです。

Windows8からはこのUEFIとかいうのが標準?のようですが
とりあえずWindowsアップデートで変なエラー出るのは堪忍して欲しいです・・。おかげで復旧に20分くらいかかったので本当何?という感じです。

パソコンに強い人とかじゃなかったら間違いなく壊れたと思うくらいの事でしょうし・・・。

とりあえず、

The system found unauthorized changes on the firmware, operating system or UEFI drivers.

Press [N] to run the next boot device, or enter directory to BIOS Setup if there are no other boot devices installed. Go to BIOS Setup > Advanced > Boot and change the current boot device into other secured boot devices.

 

って出た人は、BIOS画面で、Boot Secureというところから、UEFIを切れば(other OS)にすれば大丈夫です!

誰かのお役にたちますように!

久しぶりに更新。ネットショップ実務士検定を取得しようと思います

こんにちは。ご無沙汰しております。nekonomoridesignのyoshyです。
年末に体調を崩して以降、仕事も立て込んだり、家の事も重なったりでブログの更新をストップしておりました。

その間に、本当に様々な事があり、現在の勤務先の方でもコレから先の事を考えなければならない事ができたりなど、語り始めるととてつもないので今日は控えて、久しぶりの更新なので、少し明るい事だけさらっと書いて終わろうと思います。

ネットショップ実務士検定をご存知でしょうか?

ネットショップ実務士検定とは、ネットショップ運営に関する知識がどの程度あるのかを図る試験で、財団法人ネットショップ能力認定機構というところが行っている資格試験です。

ネットショップ実務士検定公式ホームページ

取得できる資格には段階があり、以下のようになっています。

  • 実務士補
  • レベル1
  • レベル2
  • レベル3
  • レベル4
  • レベル5

という段階があります。

この資格はその名のとおり、ネットショップに関する知識を検定形式で取得する試験となるのですが、私は今年はこの資格を取得使用と尾も思っています。

ネットショップ実務士検定を取得する理由

以前から、知り合いの社長さんなどにネットショップのオープン作業などの仕事を依頼される事があり、実務レベルでは経験上何度もやっているのでオープンそのものはできるのですが、その後のフォローに関して、サポートできる範囲がやはり外部だと限界があると言うことを痛感していました。

というのも、ネットショップで必要なのは、「経験」と「場の空気」が大きく関わります。基礎的なマーケティング知識にも乏しい、ましてや、いた事のない業界の事となると、お力添えできる範囲が狭くなっていく事にもどかしさを感じていました。

さらに言うと、ネットショップ運営に関して、実務で自分が実際にお粉言うことは容易なのですが、やり方を伝えるということに関しては、まったく別次元の世界で、「どうしてそういう事が必要なのか」というのを論理的に説明したり、必要な理由をきちんとご説明できない事が多くありました。

ネットショップ実務士検定を取得する事で、私個人に対する目も代わるかもしれないと言う期待

日本人は良くも悪くも肩書きに弱いと言うところがあり、更に、資格を持っていると言うことは、=知識がある人と言う認識をしてもらいやすくなります。
そうなれば、コンサルタント的なことも言いやすくなりますし、説明するにしても、論理的な考え方などを学んでおけば、説明するときにも納得して頂きやすい言葉選びができるようになるのではないかと考えました。

大人になってから資格を取得するという事

とはいえ、正直、働きながら資格を取ると言うのは簡単そうに見えて案外気合を入れないとできないものです。
ですが、このネットショップ実務士検定のレベルを徐々に上げて行って取得することで、将来的に目指している「デザイナー兼コンサルタント兼プログラマー」というマルチな仕事をしていけるようになる力になると思って、何とか時間を作って、勉強して取得していきたいと思っています。

ネットショップ業界で働きたい人は取っておくと大手企業のネットショップ運営の部署で働ける可能性も?

ネットショップはいまや、大手企業も参入している時代。しかしながら、大手企業ほど後発になっている感も否めず、しかも社内からパソコンに詳しそうな人を集めてとっかかりで作ったような部署からスタートしているパターンも多くあるようです。

そういう場合、手詰まりになった途端に、新たに人員を募集する可能性もあり、そういう場合、「ネットショップ実務士検定」を持っていると言うことは、先ほども申し上げたとおり「ネットショップ運営に関する知識が豊富」という認識をされ、注目され、採用される可能性も高くなります。

大卒でしか通常は採用しない企業であっても、応募してみたら、受かる可能性もあります。この世の中、挑戦して見ることは大事です。
大卒じゃないから・・と大手企業をあきらめてしまうのではなく、あらゆる側面から狙って見ると言うのも人生の楽しみ方のひとつです。

チャンスをつかむのも逃すのも自分しだい。

私はそのチャンスを掴む為の武器の1つとして、このネットショップ実務士検定を取得しようとおもいます。

目指せ、マルチクリエイター!私にしかできない仕事、と頼んで頂けるような人になれるように頑張ります!

「儲」けるとは、「信」じる「者」に与えられん

こんにちは。久しぶりの更新です。nekonomoridesignのyoshyです。
年末にかけて、仕事をいただく事ができたり、勤務先では転職1年目という状況ではありながらも少し不本意な事が発生したりしておりまして、年末らしい精神の乱れも起こしておりますが何とか頑張っています。

そんな中、あるときに目にしたこの言葉がとても気になって気に入ったので伝えたくて久しぶりにブログを書きました。

「儲ける」とは、【信じる者】にこそ訪れる。

副業を本格的に初めて約半年。
それまでも少し、ネット経由でのクラウドサービス関連のコンペに応募したりして報酬をいただいたりしてはいましたが、この半年は自分自身の足で交渉を進めたりお仕事をいただいたりする事をし始めて、実感として本当に「福業」をしているなと感じながら過ごす日々が多くなりました。

副業をやり始めたきっかけは以前にも書きましたが、私自身(女性が)大黒柱と言う環境でありながら、自分の勤め先だけのお給料ではとても生活が苦しいのと(女性と男性では同じ年齢でも基本値が違うので・・・)自分自身がやりたい事をやるというスタンスで仕事をして見たいというのもあってやり始めましたが、そのとき私はずっと「稼ぐ」という言葉を使っていました。

何とかして稼ぎたい。
稼ぐから、今の生活苦しいけど我慢してね、と家族に言ったりしていました。

しかし、あるとき、こんな言葉を見つけました。

「儲ける」という言葉を嫌う人がいるけれど、
儲けるというのは、お金が入ってくると信じている者に与えられる。
人を信じる者から得られる対価だ

という言葉でした。

それまで、私は同じお金を得る言葉であっても、ずっと「稼ぐ」しか使っておらず、「儲ける」という言葉は使っていませんでした。
そのため、自分が働いた(労働力を使った)分だけ、お金をいただくものだ、という固定概念ができていました。

稼ぐと言うのは、労働力を使い、お金を得る事。

儲けるというのは、人を信じてそこからお金をいただく、事。

同じ事のようで、ぜんぜん違うと今の私は感じています。
同じ仕事をするのでも、労働力に見合ったものが貰えないと不満を持つのが「稼ぐ」という意識であり、労働力に見合っていないかもしれないけれど、その人を信じていればいつかは「儲け」させてくれる、という心の余裕がある人にはいずれ「お金が入ってくる」という仕組みになっていると思うのです。

「稼ぐ」と言う意識は「労働力を割いている」という認識のままだから
いつまで経っても不満が消えない?

このわずかな違いに気づくようになってから、私は極力「儲けがでてきたら、○○しようね」という言葉遣いにするようになりました。
そうする事で、今は苦しくても、人を信じて、その方の為に力を尽くせば、いつかは自分に何か返ってくるかもしれないと思うようにしています。

そのほうが、気持ちよく仕事ができる気がします。

福業という言葉も、「副業」としていない理由と同じで、自分がやりたい事をしているのに、それを苦しいと感じたくないからです。

幸せに感じる事をして、それを奉仕した方を信じる。信じる事で、いずれ自分にもその幸せの恩恵があればいいなとおもっています。

わずかな言葉の差ですが、少し違うだけでも変わると思います。

是非、あなたも身近に普段使っている言葉の意識を変えてみてはいかがでしょうか?

久しぶりに更新したブログがこんなちょっと哲学的な話になりましたが、また更新したいと思います。

それでは、2015年もあと少しですが頑張りましょう!

Brother製ブラザー DCP-J940Nのご機嫌とヘッドクリーニングと発色不良。

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
週末は福業(あえてこの表記です)のデザインのお仕事をしていたのですが、自宅のプリンターで印刷をして、提出する資料の作製を行っていたところ・・・

茶色系の物を印刷しているのに、緑色にしかならない!

発色不良が発生しているとは気づかず、印刷しまくっていて、印刷物を見たときは血の気が引きました・・・(滝汗

もしかしてグラフィックがおかしい?!と思い、色の設定を見たのですが、設定は同じ・・・。ためしに昔に印刷したのと同じデータの物があったので出力してみると、やっぱり緑色に・・・・。

それでようやくプリンター不良だと気づきました。

2012年発売のプリンターが今も現役で活躍
DCP-J940N

私が使っているのは、ブラザー製プリンターDCP-J940Nです。
複合機で、スキャナーもコピーもプリントアウトもできて、しかも無線対応!

wiFiで無線で印刷できるので場所を選ばず置けます。

しかも、給紙口がアンダートレー式なので、とても省スペースなのが気に入り愛用しています。

買ってから、相当使い込んでいるのですが、そういえば、ヘッドクリーニングって去年の喪中はがき印刷以降していませんでした。

テスト印刷してみたら、マゼンタがほぼ出てない!

テスト印刷をしてみると、マゼンタがほぼ無色でした(笑)
インク残量はあるので、ヘッドの目詰まりのようでした。
DCP-J940Nは、プリンターに液晶モニターがついているので、ヘッドクリーニングなどは、パソコン上ではなく、液晶画面からしかできないと言う事をおもいだすために10分はかかりました・・・w
(それまでコンパネとかめっちゃ探した・・・)

ヘッドクリーニング1回目。
改善せず。

ヘッドクリーニング2回目。
だいぶでてきたけど、今度はイエローやシアンに色ムラ発生・・・(おいおい・・・)

ヘッドクリーニング3回目。
マゼンタもちょっとムラがあるけどほぼ問題ないレベルに・・。

ヘッドクリーニング4回目。
カラー(YCM)はイイカンジだったのに、なぜかここで突如ブラック(K)に色ムラ発生(なんでやねん!

ヘッドクリーニング5回目。
すべての色が出た。

・・・・・。
ヘッドクリーニング5回目が終了する頃には20分くらい経ってました・・・(疲れた)

ヘッドクリーニング終了後、再度印刷してみたら、ちゃんと発色してました・・。
自宅のプリンターなのでついついメンテとかおろそかにしてしまっていましたが、最近はデザインのお仕事もふえてきているので、ちゃんとメンテナンスしないといけないなとおもいました。

プリンターの話といえば、先日、印刷に出したほうが安いという話もしていましたし、プリンター本体も安いということも話したのですが、私個人は、今のプリンターは愛用していてまだ3年目なのでこれからも頑張ってもらいたいなと・・・!

とはいえ、今って、もっと発色いいのとかでてるんかなーって気になったりしました・・・w

エプソン製を使用していないのは、エプソンのプリンターは発色もいいのはいいけど、インク高いし、給紙が上からのが多かったりとかもあったり、インクがまとまっててばらばらに補充できないところとかで敬遠しています。

とりあえず、相棒のブラザープリンタ、メーカー側での製造はもう中止されてますがちゃんとメンテナンスして使い続けたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

機会損失とネットショップと卸売業者と小売

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は突然ですが、こんな質問を1つ。

機会損失と言う言葉をご存知でしょうか?

機会損失とは、簡単に言うと
「買いたい・興味がある」という人が居て
「売りたい・売れるよ」という人が居るのに
実際に販売使用としたとき、売る側の都合により
商品調達などが困難となり、商売をする機会を逃した事によって
生じた売り逃しをした時の事を言います。

ネットショップをやっていると機会損失の場面に遭遇しやすい

ネットショップをしている人は、自分が生産者で直接小売をしていない限り
「卸売業者」との取引、又は「メーカーとの直接取引」
によって商品の調達をしている事と思います。

その場合に、この「機会損失」の場面に遭遇する事は多々あります。
たとえば、売っている商品の問い合わせが来て、仕入れ元に確認すると

「その商品はもうありません」
「メーカー欠品です」
「納入価格が変更されて今はその価格ではお売りできません」
「定価販売に戻してください」

といわれる場面が非常に多く発生します。

卸売業者の感覚と小売業者(ネットショップ業者)との感覚の差

販売者であるネットショップ業者側からすれば

「売れない状態や価格変更や欠品があったらちゃんと連絡してほしい」

と言うのが本音でしょう。

一方、卸売業者からすると

「何でもかんでも安く売ったりしてるし、いまだにこんな商品取り扱ってたのか」

という言い分がでてくるでしょう。

両者間に発生しているのは【感覚】の差です。

小売業者は、「消費者に売る事」に集中しているわけです。
卸売業者の取り扱いリストを見て、売れると判断した物を
卸売業者に「コレが欲しい」と伝えるのが大きな仕事です。

その際、卸売業者と小売業者の間の話し合いで、小売業者に在庫を持ってもらわなくても
販売を許可する卸売業者は最近増えています。

その場合、たいていの小売業者の脳内では、
「在庫管理」という概念が消えうせます。

たとえば、取り売り(ある程度小売店に在庫を持たせる方法)で
卸売りをしていれば、小売業者の担当も商品の在庫状態に関して
自社内で管理をしないと行けなくなるので「在庫管理」と言う事が頭に浮かびますが
「売れた分だけ発注くれたら出荷します」という場合は、「売りっぱなし」の感覚になるのが当然です。

というのも、小売店からしてみれば

「在庫管理は卸売り業者のほうできちんと行われているだろう」
という概念が生まれるからです。
たとえば、その在庫が減ってしまった場合、価格の変更があった場合、
それはきちんと連絡をしてもらえると言う信頼の元、売る事に集中するわけです。

卸売り業者は「機会損失」の重さを感じにくい

小売店と卸売業者には、決定的に違う事があります。
それは「機会損失の重さ」の感じ方です。

卸売業者の場合ですと、「契約企業」との取引になるので、
たいていの場合
「1つの商品が無くても別の商品があれば取引は継続する」
ので、「無くてもまた買ってもらえる」状態が続きます。
しかし、小売店の場合ですと

「せっかく数あるネットショップ(お店)の中からきたのに
 1個の商品すら無いんだ、品揃えが悪いな、別の店に行こう」
となって
「1個無いだけで売る機会が無くなってしまう」
のです。

販売継続がほぼ契約である安心感で機会損失を与えていることに対する重さを実感していない悪循環

先ほども申し上げたように、卸売業者は企業感取引のため、よほどの大損失を与えない限りは契約関係は続きます。
その安心感があるからこそ、卸売業者の担当は「1個」の商品がたとえ用意できなくても、その瞬間は「ああ、悪い事したな、ちゃんと管理しとけばよかった」
とは思うものの、その瞬間だけ思うだけで根本的な問題は解決しようとしません。

解決しようとしない理由は、解決しなくても、その企業との取引は今後も続くからです。

小売店は1人のお客様を大事にする。

こういう書きかたをすると誤解が生じるかもしれませんが、卸売業者は、もう少し自分の取引先の事も考えて仕事をするべきだと最近強く思います。
卸売業者からの感覚で言えば「たった1商品」と思うかもしれませんが、小売店からすると「されど1商品」なのです。

その1商品の機会損失を生んだ事により、口コミなどで「あの店は品揃えが悪い」などと吹き込まれた日には風評被害によって営業停止にすら追い込まれかねないのです。
そのため、小売店は必死の思いでその商品が何故用意できないのかと苦悩します。
そして、やがて
「自社で在庫を持つ」
という結論に達していくケースが多いのです。

卸売業者は小売店の機会損失を重要視しよう

卸売業者の担当は、小売に卸売りしている商品の管理をもう少し徹底するべきです。どの卸売業者の営業担当・管理担当もその意識がずさんになっていると感じる事は多く見られます。

問い合わせや注文があって初めて取り扱っている商品の最新の状態を確認するといった行動を改めるべきだと私は思います。

こういった行動を改めさせない企業体質の卸売業者はいずれ間違いなく淘汰されていくと私は考えます。

商品の鮮度に意識を集中させているか

卸売業者ではしばしば、「昔からある商品」の在庫を切らせることに対して非常に慎重になる事があります。それゆえに、経年劣化による商品価値の低下に目を向けず、価格を下げたり新しい物に入れ替え足りしない場面が多くあります。

業界によっては、昔ながらの商品を長く使うということもあるかもしれませんが、多くの場合は「商品の鮮度」に気を配るべきです。

売る側(小売店)や買う側(消費者)にとって大事なのは、「商品を手にできるかどうか」と言う事がもっとも重要です。

にもかかわらず、売りもできないのに「昔はちゃんとコレを売っていました」というかのように売り切れの物をいつまでも取り扱いリストに残していたりしているのは、過去の栄光にすがって居るようにしか感じ取れません。

ましてや、ネットショップなど販売のサイクルが早くなってきて居るこの世の中で、【商品の鮮度】が低い物はすぐに価値がなくなって行きます。

卸売業者はそういった感覚を早く身に付け、取扱商品の【鮮度】に注意して、常に自社の(自分の)取扱商品の鮮度を保つことに集中していくべきだと思います。

そうする事で、不良在庫が明らかとなったり、正しい商品価値・価格設定ができ、機会損失も減る事につながっていくと私は思います。

機会損失は、誰も得をしません。
商品点数をたくさん取り扱っている会社でも商品の鮮度が低いものが多ければ、魅力は薄くなります。

誰もがWinWinになれるような良い取引関係をして行って欲しいと思います。

 

皆様のネットショップライフに明るい未来が訪れますように!

久々に。 photoshop Tips フォトショップで点線を簡単に描く方法 鉛筆ブラシで一発で点線が描ける! CS~CS6、CC版(クリエイティブクラウドクラウド版)も対応!

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は久しぶりにフォトショップTipsをご紹介したいと思います。

Photoshopで点線を簡単に描く方法!

フォトショップのバージョンは、おそらくどのバージョンも行けます。
一応、CS以降はすべてこの方法で出来てます。
(クリエイティブクラウド2014、2015でも同じ方法でいけます)

フォトショップで点線を簡単に描く方法
フォトショップで点線を簡単に描く方法

こんな点線を簡単に描く方法です。

まず、「鉛筆ブラシ」を選びます。

フォトショップで点線を簡単に描く方法
フォトショップで点線を簡単に描く方法

次に、わかりやすいように鉛筆の太さを20pの物にしておきます。
(太さは好きな太さにしてください。今回は例題として20pxにしているだけです)

フォトショップで点線を簡単に描く方法
フォトショップで点線を簡単に描く方法

次にブラシメニューを出します。
CS5の場合は横のバーにあるのですが、もしお使いのフォトショップのバージョンで見当たらない場合は、「ウィンドウ」の中の「ブラシ」を選んで、ブラシの詳細メニューを出します。

フォトショップで点線を簡単に描く方法
フォトショップで点線を簡単に描く方法

だしたら、横の効果のところのチェックはすべてはずして、
「間隔」の設定だけいじります。

プレビューが出るので、それを参考に間隔をあけて行きます。
最大999%までいけたかも?
好きな間隔にできたら、

レイヤーを追加して、鉛筆ブラシモードを選んで、色を選んで、描けばOKです。

フォトショップで点線を簡単に描く方法
フォトショップで点線を簡単に描く方法

簡単ですね♪

ネットショッピングなどの商品ページ用の説明画像などをつくって居る時に区切り線などを入れたいときとかに使えます。

私は基本的にネットショップで使用する画像での説明文はフォトショップで作製するのですが、イラストレーターを使う人もいるのでしょうかね?

イラストレータでは、線の設定でいけますが、クリエイティブクラウド2015からはなんか設定が違ったのでまた需要があればそちらも説明したいと思います。

それでは、今日はこのあたりで♪

 

年賀状は印刷会社に依頼したほうがプリンターのインク代とか手間とかより安いかもしれないというお話。

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
昨日から年賀状について色々考えていたところ、ふと思い出した事がありました。

会社経営社の父は、年賀状を毎年100枚くらい出しているのに
毎回自宅のプリンターで印刷をしてインク切れで困っていた。

印刷会社にデータを出したりする事がおおくなってきて、色々と知っていくと、案外印刷に出したほうが色々コストが安いんじゃないかとおもうようになってきたのですが、会社経営をされていたり、会社名義での年賀状を出されるところでも、経営者さん自ら自宅や会社のプリンターで年賀状を作製されている事って多いなと思ったのです。

自宅のプリンターのインク代って案外プリンター本体と変わらないくらいの金額コストがかかる

年末になるに連れてプリンターを宣伝するCMも多くなるように、年末に需要が高くなるプリンター。家庭用のインクジェットプリンターでも最近では発色の良い物や多色インクを使用して綺麗に印刷出来るものも出てきたり、印字用紙も、写真画質用紙、見たいなのがでてきました。

しかも、そのプリンター本体の値段は型落ち品だと、1万円を切っていたり、機種を選ばなければ5000円前後で買えちゃったりするのもありますよね。

買った当初はインクも十分にあってよいのですが、いざ、年賀状を印刷しようとすると、案外すぐにインク切れを起こす、という経験はありませんでしょうか?

年賀状などの印刷はやっぱり「きれい印刷」みたいなモードを使う事が多いと思いますし、さらに、自分が作ったデザインのカラーリングによっては偏って色が無くなったりする事もあります。

そして、年末ギリギリになって印刷をかけていると、インク切れを起こす・・・買いに行くとインクが売ってない・・みたいなパターンはよくある事ですが、ここで1つ思いませんか?

家庭用インクジェットプリンターの純正のインク代って高い!

4色セットとかで売っているのだと、純正の物を買おうものなら、それこそ5000円近くかかります。
単色買いであっても1000円以上は絶対します。

互換性インクでもそこそこの値段がする!

プリンターのインクには、「互換性インク」と言うものが存在します。
いわゆる、リサイクルトナーを使ったり、いろんなプリンターに使えるようにしてある汎用性の高い容器を使うことでコストを抑えてあるものだったり、インクが純正インクでないので発色力は純正よりもおちるもののそれほどかわらない、と言うようなものですが、そのインクですら、単色でも1000円前後の値段がします。

50枚未満であれば自宅印刷でも良い

ここからは推測の域なのですが、50枚未満であれば、自宅のプリンターで印刷してもインク代を支払っても安いとは思いますが、80枚くらいになるようでしたら、印刷会社へ裏面だけ印刷を頼むほうが良いかもしれません。

しかし、一般的なスーパーやコンビニとかにある「年賀状印刷承ります」
を利用するとコストは上がるので、印刷会社にデータを出せる人に依頼して裏面だけを印刷した物を作ってもらうのが安い

印刷会社で、裏面だけを印刷する事が可能です。
表面(宛名面)は自分で印刷(又は手書き)と、切手代が必要になりますが、そこに手書きでメッセージを添えることも出来ますし、裏面は綺麗にはしっこからはしっこまで綺麗に印刷されたものになるので、「品格」「質」が上がります。

片面のカラー印刷で、100枚、1200円ぐらいから印刷が可能なので、100枚以上印刷をされる場合は、切手代はかかるものの、切手代を考慮しても、自宅のプリンターを使うよりは

  • 早く
  • 安く
  • 綺麗

に裏面が印刷されるのでお勧めです。
納期にゆとりを持っていれば、(おおむね10日以上)安くできます。

今年は年賀状の代理作製や印刷会社へのデータ入稿などのお仕事依頼も承っておりますので、ご検討されたい方や、質問などがありましたら、お答えいたしますので、フォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

自宅で自前でやることばかりがコスト安ではないので、是非ご検討いただければ幸いです♪

それでは、今日はこのあたりで!

LINEスタンプをつくっています。早く完成させて販売にこぎつけたい!ラインスタンプを自作

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。実は、

今コツコツと自分の書いたキャラクターのLINEスタンプをつくっています。無料でクリエイター登録は可能なので、何事もやってみよう!

とおもって、コツコツといま作っています。

LINE クリエイターズマーケット

前から、ずっと作りたいと思っていたのですが、思っているだけではダメだ!と思って、ノートに手書きした自作のイラストをパソコンに取り込んで着々とラインスタンプをつくっています。

LINEスタンプは

  • メイン画像
    必要数:1個
    フォーマット(保存形式):PNG
    画像保存サイズ:W240 x H240 px
  • スタンプ画像
    必要数:40個
    フォーマット(保存形式):PNG
    画像保存サイズ:w80~370 x H80~320 px
    ※サイズはスタンプ1個のサイズ
    ※自動縮小のため、縮小率は偶数のサイズで
  • トークルームタブ画像
    必要数:1個
    フォーマット(保存形式):PNG
    画像保存サイズ:w96 x H74px

と言う設定で作らなくてはいけません。
PNGで保存というのがアレですね。
透過設定で保存しないと、背景の白とかが出たままのスタンプになりそうです。。このあたりは少しデジタルデータの事を理解していないと厳しいものがありそうです。

過去に、画像の保存形式についてご説明している記事があります
参考までに良ければ読んでみてください。

PNG8? PNG24?
知っているようで知らなかった透過PNG形式ファイルについて

下書きの時は凄くイイカンジだと思っていたのですが、なぜか色を塗っていくと何だかなー・・・というかんじになって、ちょっとショックを受けていますが、男女関係なく使ってもらいやすいようにということであまりかわいくない感じでキャラを描いています(´_ゝ`)

完成したらお知らせします♪

それでは、今日はこのあたりで!

ネットショップでよくある失敗 どんな人に自分の売ってる商品を買ってもらいたいのかを明確にする インターネットショップ ノウハウ講座

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近はすっかり勤務先ではネットショップの事ばかりを考えて、会社勤務だと、どうしても会社が取り扱う商品や会社の方針に従ったものしか売ることが出来ないのでいるので、本当に、早く副業で自分の好きな商品を売りたいと思っている今日この頃です。

ネットショップで良くある失敗例を今日はご紹介したいと思います。

ネットショップをやりたい!
その情熱はわかった。
その商品を「どんな人」に買ってもらいたいか、迄見えている?

ネットショップって出せば商品売れて儲かるからいいよね
なんていうことを良くききます。そうやって、元々はメーカーだったり卸業者がどんどんネットショップをオープンしていると思います。

しかし、以前の投稿でも書きましたが、「出したから売れる」がずっと続くわけではありません。

安けりゃうれるでしょ?
いいえ、それも違います。

「安い」のを一番の売りにして商売を始めてしまうと、絶対に息切れを起こします。そして、何より、最大のライバル「アマゾン」さんにほぼ9割の確立で負けます。

また、安けりゃ良い、という消費者志向はもう縮小化の一途をたどり始め、現在では、「持っているお金を有効に使うために良い買い物をする」と言う方向にシフトしてきています。

そんな時代の流れがやってくるのですから、「安ければ売れる」というのは、一時的にはあったとしても、長続きするものではありません。

ネットショップを始めたら、やり続けよう。
売れなかったら辞めればいいなら最初からやるな

ネットショップで物が売れる=収入になります。
当たり前ですね。
でも、売れなかったら辞めよう、と思って出店するような志でネットショップをやるのであれば、なんでネットショップをはじめたのでしょう?
そんな大事にしないお店は、一時期は売れても続きません。

売る商品の一番のファンである事!

ネットショップを経験してきて一番感じたのはこれです。
売る商品について、売る本人がその商品の一番の理解者でない物は、売れ続ける事はほぼ難しくなっていきます。

物を売りたい、のであれば「売りたい理由」があるはず。

それが、ただ単に「儲け(利益)が良いから」だけでは、商品のアピールもせいぜいうわべだけでしょうし、単に価格だけで単発買いをするお客様しかつかむ事は出来ません。

どんな人に自分の商品を買ってもらいたいのかを明確にすれば
おのずと質の良いお客様とリピート客がついて商売は続いていく

取り扱い商材によってもターゲットはことなりますし、同じ商材を扱っていても、目指すお客様の層によっても変わって来ますが、どちらにも共通しているのは「どんな人」に買ってもらいたいのかを明確にするべきだと言うことです。

たとえば、同じ商品(美容用品)を扱っていると想定して、

A店は、「価格を安くして、たくさんの人に買ってもらう」という方針。
B店は、「価格を安くするのには限界があるから難しいが、その分、
この美容商品の魅力を精一杯伝えて美容用品に興味のある
お客様に絞って売る」と言う方針

だったとします。

この場合、この商品単独に関する売上高で言うと、おそらく、A店の方が多くなります。いわゆる「薄利多売」です。

B店は、おそらく、Aよりは売れないでしょう。それは価格差もあります。
しかしながら、B店で買った客層は間違いなく「美容用品」に興味がある人が購入した事が伺い知れます。
もし、価格だけで購入する価値観の人だった場合は、A店に行くでしょう。
B店で購入した人は、価格よりも、美容用品の説明力に重要性を感じて購入したということになります。
イコール、B店は、今後も、美容用品を取り扱う場合「メルマガ」などの販売戦略を取って行けば、リピーターとなって購入してくれる可能性が高くあるので、店の運営方針もだんだん決めやすくなってきます。

自分の店舗に合った客層を狙っていく販売方法

これだけ多くのネットショップがオープンしている時代です。
生半可な戦略では淘汰されるのは目に見えています。

いかに自分の店舗や自分の取り扱っている商品をアピールするか、そしてそれをいかに購入してもらうか、ということに全力を注ぐべきです。

そのためには、まず、「自分の取り扱う商品を良く知る」と言う事が大事です。

良く知ったあと、「どんな人たち」に買ってもらいたいのかを明確にし、その人たちに合わせたお店作りをしていく事こそが大事だと私は思います。

どんな人たちに買ってもらうかを明確にする事こそ、自分のお店の存続にかかわるともいえます。

これはネットショップに限らず、どんな商売にも当てはまる事とも言えると私は思います。

私のサービスも、どんな方々に最適なのかを今一度じっくり考えて、自分自身も、これから先どうして行きたいのかをじっくり考えていかねばと思いました。

皆様のビジネスライフに少しでもお役にたちますように!

それでは、今日はこのあたりで失礼いたします。

久々に興味を持ったビジネス本 400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法―――「儲けの仕組み」が、簡単にわかる!

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
通勤時間の往復中、ネットニュースを見たりして時事問題とかに目を通したり、ビジネス関連の記事をチェックするのが日課になっているのですが、今日、そのうちの1つで面白い記事を見つけてついつい読んでしまって、全文読みたいと思う本がありました。
それは・・・

400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法―――「儲けの仕組み」が、簡単にわかる!

です。

この本に興味を持った元の記事が

儲からないカフェと謎の女性

このタイトルに魅かれて読んで見たのがきっかけで、結構な量の記事だったのですが、ついつい読み進んでしまい、片道20分ほどの電車内で関連記事も含めて全部読んでしまいました・・・w

あんまりこういうのがきっかけで本を読む事は少ないほうなのですが、この記事を読んで、この記事の元ネタの本に非常に興味がわきました。

早速買いたかったのですが、現在入荷まちのようで、アマゾンでも入荷まち・・・。楽天ブックスも全滅でした。

週末に少し大きめの本屋さんとか逆に小さい本屋さんとかで探してみようと思います。

無ければ・・・ネットで予約かな??

かなり評価も高いようなので楽しみです♪

こういう本をきっかけに、何かつかめるかも??