Filemakerファイルメーカーで検索の絞込をする方法、やり方、作り方

Filemaker ファイルメーカーで絞込検索をする方法、ボタン・スクリプトの作り方 カスタマイズ

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は、ファイルメーカーのお話をしてみたいと思います。
当たり前のように自分が使っているファイルメーカーなのでついついブログとかでそういった情報を書き漏れしている事に気づきました・・・。
元々、ファイルメーカー得意なので、良く考えてみたら、そういった知識もお伝えしていれば、いつか誰かのお役に立てるかも?ですよね。

では早速、今日は手始めに簡単&便利な3分クッキング的なファイルメーカーカスタマイズをご紹介します。

ファイルメーカー3分クッキング♪
検索のあと更に絞り込んで検索をしたいときに便利なスクリプトとボタン
を作る方法

検索モード、またはCtrl+Fで検索画面にして、入力されているものを探すときってありますよね?
その検索結果から更に絞り込みたい時、ファイルメーカー以外のソフトの場合たとえば・・・エクセルとかだと、画面を開いた状態でCtrl+Fをすれば検索窓みたいなのが出てきたりして見つけられたりしますが、ファイルメーカーで、検索結果表示画面の状態からCtrl+Fを押しちゃうと、自然と検索モードに切り替わってしまいます。

これは、Filemakerになれていない人だと案外ストレスのようです・・・。
よく、Filemaker導入直後ぐらいでたいてい、
「この検索結果から更に絞り込んで検索したいのにCtrl+Fおしたらまた検索にもどっちゃうんだけど?」

という苦情が相次ぎます(´_ゝ`)・・・・。

ので、絞り込み検索、標準装備されていたら良いなーなんて思いながら、毎回Filemakerでプログラムを組むときは真っ先に作るスクリプトです。

絞込検索のボタン&スクリプトの作り方

  1. スクリプト新規作成。名前は適当でいいが、判りやすく「絞込検索」とかにしておくといいかも?名前をつけたら、
    左側のスクリプト一覧から
    「検索モードを表示」
    を選んでダブルクリック
  2. つぎに、「対象レコードの絞込」を探して、ダブルクリック。
  3. 右側のスクリプトの順番が

    検索モードを表示

    対象レコードの絞込

    となっていれば完成。

  4. スクリプトを保存して閉じる。スクリプト作成画面を閉じる。
  5. 対象レコードの絞込をしたいレイアウトに変えてから、
    レイアウトモードに。(Ctrl+L)
  6. ボタンを適当に作り、ボタンの動作設定で「スクリプト実行」を割り当てる。割り当ての時にどのスクリプトを実行するか選べるので、先ほど作った「絞込検索」のスクリプトを指定して、ボタンに名前を付けて出来上がり。

たった2行のスクリプトです。
これだけで絞込検索になります。

ためしに、Ctrl+Fまたは検索モードで何か検索し、その検索結果の状態から、先ほどは位置した「絞込検索」のボタンをクリックすると、再度検索モードになります。
絞り込みたいワードを入力すれば、検索が更に絞り込まれた状態で出来ているはずです。

めちゃくちゃ便利ですので是非、この絞込検索ボタンとスクリプトはおすすめです。

このスクリプト、自動で表示されるようにならないかなー・・・・(´_ゝ`)・・・。

それでは今日はこのあたりで!