タグ別アーカイブ: やりたい事

1日の時間配分

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
日中の勤務の仕事以外に福業をしている人は経験があると思いますが、「ずっと仕事モード」「プライベートとの境目が無くなっている」ようなことになっていることはありませんか?

福業でも時間をきっちり決める

会社勤めの仕事以外で何かをしている方の場合、たいてい、そっちの方が本当にやりたい事だったりして、ついつい夢中になってしまうものです。
私もしばらくそうでした。

多趣味な私は、猫との遊ぶ時間も欲しいし、テレビも見たいし、ゲームもしたいし、絵も描きたいし、デザインもしたいし・・・と本当に1日の時間が足りないと日々思って居ました。

趣味がまた1つ増えて、色々考えた結果、「時間割」をする事に。

やりたいと思う事が増えて、やりたいと思うだけずっと時間を割けられれば良いのですが、そうもいきません。
お風呂にも入らないといけないし、寝ないと次の日の会社に影響も出ますし、きちんと食事も摂らないと身体を壊してやりたい事ができなくなります。

それなのに、この期におよんで、私はまた1つ趣味が増え、主人との散歩とテニスという趣味が増えました。

きっかけは、なんとなく「運動したい」という衝動からだったのですが、元々ソフトテニス部だった私が、「またテニスとかしたいな」と漠然と思ったのがきっかけで、それを聞いた主人が「一緒にやるか」と言ってくれたのがきっかけで、共通の趣味が、「ゲーム」だけだったところに、新たに「運動+テニス」と言うのが加わったのです。

テニスをやるにしても、基礎体力作りから・・・

いきなりテニスをやる事にしても、今まで、オンラインゲームとパソコンでの仕事にほぼ1日の時間を費やしていた私は、明らかな運動不足でした。
筋肉量が足りないのもあって、猫背が進行し、肩こりもひどくなり、整骨院で直してもらうほどにひどくなっていた状態で、いきなりテニスも無いだろう、と言うことで、毎日散歩に行く事にしました。

日課の散歩の時間を取るために

散歩を日課にして、とりあえず基礎体力を作る事になり、A型特有の、「形から入ろう」作戦で、二人ともそれらしいウェアを、ちょっと奮発して買って、「買ったからにはやろう」と、自分たちに自分たちで発破をかけて、毎日雨の日以外は散歩に行く事にしました。

すると、散歩の時間を取るためには、仕事から帰ってからの時間配分がとても大事になります。
体力づくりのための散歩なので、20分以上は行く事を目標にしたのですが、そうなると、大人の夜の20分って結構貴重だったりします。

なので、散歩の日課を始めてからは、この「夜のダラダラ時間」が無くなりました。

ご飯を食べた後、すぐに片付け、食後15分くらいしたら、散歩に行く準備。
散歩の前に、お風呂掃除も済ませ、散歩出発前にお風呂を沸かす。
散歩から帰ったらお風呂、

という流れを作りました。

新しい流れを作り、コレを実行していく事で、我が家の家事の流れが新しくなり、それにより、無駄時間が減り、散歩の時間を目標どおり取れるようになりました。

流れを新しく作ってから振り返ると、前は、食後~お風呂、趣味の時間までに無駄な時間があった

今振り返ると、この新しい流れを作る前は、食べた後、おなかいっぱいになって、横になってテレビをなんとなく見ている・・という時間が多かったなと思いました。
確かに、それはそれで幸せで良いのですが、「やりたい事」が見つかると、その時間が「省く時間」となり、新しい事をする時間に変化するんだなと思いました。

時間を細かく割って、やりたい事をすべてやっていく

と言う事で、散歩の時間を新たに作り、色々としないと行けない事を短時間でパパっとやることで、限りある時間にゆとりをとり、最近では、家に帰ってから、●時までは、コレをして、●時以降はこの趣味の時間で・・・と言う風に、時間で区切って物事を進めるようになりました。

昔、親しくさせていただいていた部長さんが、ほぼ分刻みに近いスケジュールで毎日うごかれていて、さらに、土日にはテニス教室にまで通っていて、凄いなーとおもっていたのですが、気づけば、自分も同じように「やりたい事」のために自分で自分を追い込んでその状況を楽しんで色々やっているなと思えるようになりました。

人に与えられた時間はすべて均等。どう使うかは自分次第

会社勤め以外に仕事をいただいたり、自主的に色々とするようになってから、見えてきた世界があります。
それは、「自分で自分の事を決定していく面白さ」が魅せてくれる世界です。
人に左右されること無く、この与えられた限りある時間を自分のために使い、好きな事に目を向けて行く、それがどれほど貴重でどれほど大事なことかと言うのを最近実感しています。

自分で自分の事を決定していくことには自分自身に責任がすべて降りかかると言うことでもありますが、それを楽しめてこそ、本当に人生を歩んでいるということな気がしました。

色々、やりたい事がまだまだいっぱいあるので、これからも楽しんで矢っていきたいなと思います。

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

意識して毎日過ごすと変わってくる 「いつか」ではなく「この日までに」を決めて行動しよう

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
秋が大好き、と前にも(前回の時も言ってましたね・・・)言っていましたが、本当にこの季節が大好きです。

今年の秋の私は過去5年間の「秋を自由に使えなかった社会人生活」から抜け出せたのですが、この状況になる事が出来たのは、1年前の自分が居たからだと改めて思うのです。

2014年(1年前)の私は、1年後の2015年の秋の土曜日出社はもう絶対やりたくないと思っていた。

当時勤務していた会社の内部で色々とあったのも原因だったのですが、10月~11月に土曜日出社が義務付けられていた事がずっとストレスで、秋にあるイベントに行けない事や、せっかく色々やる気になる時期なのに休みが少ないので体が疲れてしまうという事が本当にストレスでなりませんでした。

そうは言っても、一家を支える妻であり大黒柱である自分は、早々簡単に収入レベルを落とすわけにも行かず、半ば意地と家族のために、と言うことだけで働いていましたが、2012年に、子供を出産する事が出来ない身体になってから、こんな思いも反面では抱えていたのです。

子供を育てる喜びを味わえないのなら、
せめて、夫婦仲良く毎日笑って話せる日々を過ごせる生活をしたい

生活のために、という意地だけで頑張っていた前職の会社で、秋に勤務環境の変化によるストレスも抱えていた私は、やはり家でもそのストレスが原因であまり話さなくなってしまっていたり、夫婦間の会話が少なくなる事が、この土曜日出社期間の2ヶ月は発生してしまっていました。

12ヶ月のうちの2ヶ月間だけ、と言われればそうなのかもしれませんが、私にとっては、一番大好きな季節に、こんなに苦しい状況が続くのはとても耐え難いものに感じていたのは事実でした。
しかし、2ヶ月間だけだし、とおもって2012年の秋、2013年の秋、2014年の秋も過ごしたのですが、3度目になってもこの耐え難さが消える事はありませんでした。

2015年の秋は楽しくしたい。
いつ死ぬかも判らない、子供を残しているわけでもない、
夫婦で毎日の一日一日を大事に過ごしたいと思った

2014年の冬。
苦しかった土曜日出社が終わるころには、私は、
「来年はもうここに居ないでおこう」
そう堅く決心をし、主人に
「来年は収入は落としてしまうかもしれないけれど、一緒に過ごせる時間を長く取れるように生活を変えたいと思う」
と宣言しました。

「いつかこの状況を変える」ではなく「●●までにはやる」という決意

結局、私は
「来年(2015年)の秋には、もうここ(前職場)には居ないようにする!」
決意したのです。
それからはとても物事がスムーズに動き始めました。

それまでは、「いつかここ(前職場)を出るんだ」
と言う思いで過ごしていましたが、自分の中でリミットを設定した事によって、それに向かっての段取りを組むように自然に体が動き始めました。

朝活をしはじめるようになったり、趣味の時間を少なくしたり、自分を磨く事に時間を割くようになったり、就職活動をし始めたり等、具体的に行動を起こすように自然となって行きました。

「いつか」は「いつか」のまま。
「この日まで」を自分で設定していないのならそれはまだ「本気」じゃない

よく、「いつかはこうなってやる」という目標を掲げる人が居ますが、その大半はその「いつか」はやってきません。
たとえば、良く聞く台詞で言えば

「いつかは結婚するぞ」

と言う人は、結婚せざるを得ない状況にでもならない限りは、その大半は、その「いつか」がやってこないまま、おひとりさまの道をひた走りしている事が多いと思います。

逆に、「30歳までには結婚する!」

というひとは、たいてい本当にそのとおりになります。なぜかと言えば、30歳にという具体的な数字が見えてくると、相手が結婚する見込みがないと思った場合、早々に相手を見切ることも出来ますし、相手をせかす事ができたり、相手が居ない場合は結婚相談所に登録したり、婚活に参加したりなどするようになり、そのほとんどが、自分の掲げた目標を達成する事が多いです。

何かやりたい事が明確な人は「いつまでに」するのかを具体的に決めてしまいましょう

先ほどから何度も繰り返しになりますが「いつか」はいつかのままで、具体的に数字にしない限りは人間はほぼ行動に移す事が出来ません。
更に言えば、具体的な目標にした途端に脳内でそれを意識するようになり、自然とそのやりたい事に関しての情報や行動を自分から起こせるようになってくるものです。

昔からよく読んでいるビジネス本にも書いてあったのですが脳内ではわかっていても、自分で実感しないと、本当の意味では「やりたいこと」を「明確な目標」にして具体的に期限を決めると言うことの大事さはわからないものですね。

おそらく、この記事を読んでくださった方の中にも、まだぼんやりとしかその重要性がわからない方も居るかもしれませんが、とにかく「意識をする事」がとても大事です。人は意識をすれば、必ずそのものの情報が耳に入るようになっていると思いますので、何か目標がある人は是非やってみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

やりたい事を、好きなだけ。本当にやりたい事しか続かない 継続力のない人へ

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日、しくじり先生という番組を見ていて、元猿岩石の森脇さんが出演されており、そのときに「忍耐力がない」「続かない」というのをメインにしてお話をされて、見ていて、まるで自分を見ているようだと感じてしまいました。

忍耐力がない というより 飽きやすい

森脇さんと私に共通している点がありました。それは

やりたい!と決めてからやりだすまでが早い。とにかくやってみないと気がすまない。

やってみて、すぐにそれなりに無難にこなして、そのうちに飽きてきてしまう。なんとなくわかります。始める前は、「これだ!」と思うのです。
興味をすぐ持ち、すぐ楽しそうと思うのですが、心底、心から、何をしていてもやり続けたいほど楽しそうなことなのかもまったく考えないままやってしまうのです。

そして実際、他に面白そうなものが出来ると、【飽きてしまう】のだとおもいます。

飽きっぽい人はどうしたらいいのか。飽きないものを見つけるまで渡来&エラーのように何でもやってみるしかない

いろいろやっているので、それなりに器用で知識もありますね。
そして、いつか立ち止まって振り返って、「これは結構熱中したなー」と思うものをランキングにしていきます。

自分を振り返る時間は必要です。

振り返ったら、「これは良かったな」「これは長く続いたほうだ」という方向性も見えてくると思います。

寝る時間も、食べることも忘れて没頭した事がないかを良く思い出す

思い出していく中で、寝る時間も食べる時間も忘れて没頭しているような事がないか探してみてください。なければ、まだ、自分が本当にしたいことは見つかって居ないと思います。

本当にしたい事が見つかるまで、興味がある事を積極的にやってみるしかないでしょう。

私は、絵を描いたりチャットをしたりしている時、カラオケに居る時、は時間を忘れてやっていた

小さいころ、私は友達と同人誌を作っていて、それをしている時間は本当にお手洗いにいく時間すらももったいないほど没頭してやっていました。

大人になって、ひとりになってしまってからも、唯一、絵を描いたりして居る時と、カラオケにいっているときは時間を忘れて熱中してやっています。

絵を描き続けたい。自分の絵を世に出したい。デザインがしたい。

ウェブプログラマーに憧れて、今の会社に勤務していますが、自分が本当にしたい事に気づいてしまうと、今の状況が少し苦しく感じてしまって居ます。しかし、自分で選んだ事なので、きちんとした手順で、自分のやりたい事を実現していきたいと思って居ます。

やりたい事を徹底的に。イチローだって、本田さんだって、松井さんだって、みんな凄い人は、それが好きで続けてきたから極めていけている。

そんな単純な事に、やっと気づきました。
やりたい事を徹底的に。大人になると、その「やりたい事」よりも【社会性】【世間体】【空気感】を優先して、自分の気持ちなんてまったく見なくなります。でもそれじゃ寂しいですね。

やりたい事は徹底的に。気づけただけでも幸せ。

私は、つくづく幸せだなと感じます。
単純なことだけど、こんな簡単な答えになかなか気づきにくい物。
3年前に大病を患い、そのときに、「後悔しない」と決めたのに、また後悔してしまうところでした。

やりたい事をこの際徹底的にしたいと思います。

家族を守る立場なので、いきなり自由に出来るわけではありませんが、きちんと家族にも気持ちを伝えて、自分のやりたい事だけをやって、笑顔で居る事が家族にとっても幸せだと思うので、そうなりたいと思います。

やりたい事だけを、ただひたすらに。

好きな事しか、続けられない。

それが人です。

このブログを読んでくださった方に、何かひとつでも生きるヒントになりますように。
そして幸せが訪れますように。

それでは今日はこのあたりで失礼します。