タグ別アーカイブ: アドビ

Adobe Illustrator Creative Cloud が起動しない 2015版 Illustrator.exe - アプリケーション エラー  アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000001d)

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
依然、自作PCの不調に悩まされております。

SSDのクリーンアップ以降、再インストールしたAdobe Illustrator Creative Cloudが起動しなくなった

グラフィック関連のエラーを頻発し、SSDのクリーンアップを行ってから、環境を再び元に戻そうとしていたのですが

【関連記事】

環境を元に戻すために、Adobe Creative Cloudを再インストールしたのですが、

Illustrator.exe - アプリケーション エラー  アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000001d)

と出て、まったく起動しなくなりました。

photoshopにいたっては、うんともすんとも起動した形跡すらない

スタートメニューからとか、アイコンからとかいろんなことを試しましたが、フォトショップは立ち上がってもくれませんでした。イラストレーターさんは
Illustrator.exe - アプリケーション エラー  アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000001d)
というのが出るのでまだ良いほうです・・・何も出ないってどういうことでしょう・・・。

体験版だったからなのか?と思い、Adobeのサポートへ電話

ちょうど、SSDのクリーンアップ前にダウンロードしたのが、体験版の状態のときでした。もともと買うつもりではいたのですが、支払いの関係もあるし、月末に登録しようとおもっていたので、体験版の状態だったのです。

その状態で、一度SSDをクリーンアップしてしまったから、再インストールできないのかな?とも考えたのですが、クラウド系のソフトは、アカウントにちゃんとそういう情報を持っていて、パソコンを変えたりしても確かインストールできたはずなのにな・・・と思っていました。

製品版を登録してもアプリケーションが起動しないと困るので、電話で聞くことに。

インストールに関する不具合のサポートに電話をしたところ、体験版でも起動はできるとのことで、アプリケーションが立ち上がらないのはありえないエラーが発生状態らしい

電話越しの方に聞いたところ、
体験版であっても製品版であっても、Cleative Cloudがインストールされて、アプリケーションもインストールが成功している場合、使用権利が切れている状態でも必ず立ち上がります

ということでした。

インストール時にエラーがなかったか、インターネットにはつながっているかなどを聞かれましたが、どれもクリアです。

他のソフト(Adobe製品以外)が起動していて、Adobe製品だけが立ち上がらない場合は、致命的な何かが起きているとのことで、ちょっとあせった風でした。電話越しにいろいろ検証していただいたのですが、見えないところでのインストールエラーもあるということで、いったんアンインストールしてからの再インストールをしてみるよういわれて、後は、インストールセットアップの窓口?への連絡先をメールで送ってもらうことを確約しました。

アンインストールと再インストールはこれが3回目。が。Illustrator.exe - アプリケーション エラー  アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000001d)
は改善されませんでした。

通算3回目のアンインストール再インストールでしたが、やはりエラーは変わりませんでした。Photoshopは相変わらず沈黙を保ったままです。

結局何も解決せず、途方にくれながらも、いろんな用語でインターネットで対策を調べていたところ・・・

最新版じゃなければ、Illustrator.exe - アプリケーション エラー  アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000001d)のエラーも出ずにインストール出来る可能性がある

という記事を発見!

以前のバージョンをインストールする方法

関連記事

念のため、画像はっておきます。

Adobe製品(アドビ製品)の以前のバージョンをインストールする方法
Adobe製品(アドビ製品)の以前のバージョンをインストールする方法1
Adobe製品(アドビ製品)の以前のバージョンをインストールする方法
Adobe製品(アドビ製品)の以前のバージョンをインストールする方法
Adobe製品(アドビ製品)の以前のバージョンをインストールする方法
Adobe製品(アドビ製品)の以前のバージョンをインストールする方法

Adobe Creative Cloudを立ち上げて、製品一覧から確認出来ます。

これで、私はCC 18.0(2014)をインストールしたら、インストール出来ました。

もちろん、以前のバージョンではありますが、体験版でのインストールとなっています。おそらく、期限が切れたら、製品版へ以降出来るのだと思います。

最新版のphotoshopやIllustratorが不具合がある恐れ

今のところアドビからのサポートメール連絡はまだきておりませんが、自力で解決してしまいました。。。
実際、ソフトがインストールできて立ち上がれば問題ないのでこれで良いのですが、もし、最新版の体験版や製品をインストールして、不具合が出ている人は、以前のバージョンにされることをお勧めします。

たいていの方がこれで直っているようです。

この最新版、おそらくつい最近(2015年6月末~7月ごろ)にリリースされたものなので、何かあるのかもしれません・・・。

Adobe社からの発表があるかはわかりませんが、最新版のインストールで、

Illustrator.exe - アプリケーション エラー  アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000001d)

が出ている方は、一度最新版をアンインストールして、以前のバージョンのインストールをお試ししてみてください。

皆様にとって快適なPCライフとなりますように!

 

Adobe Creative Cloudを導入しました。PhotoshopCCとIllustratorCCについになった!

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
パソコンを元の状態に戻しつつ、仕事が再開できる状況にしようと、色々考えてきました。今まで、自分のPCにソフトが無いと不安になる人でしたし、正直、「クラウド」ってなんぞ?と思って敬遠していました。

クラウドは実はとても便利だった!インストールソフトがなくてもソフトのインストールができる、まるでスマホのアプリみたいなものだった

クラウドっというのはその名のとおり「雲」のように、自分の手元じゃないところを基準として、そのサービスを利用するみたいな感じです。ですので、インストールソフトもありません。全てダウンロードで済みます。

Adobe Creative CloudのPhotoshopやIllustratorならアカウントさえ覚えていれば、新しいパソコンになっても手間が少なく済む

今まで、そういうサービスに何となく信用も無かったりしたのですが、スマホが一般的になり、アプリやら使う事に慣れてくると、クラウドサービスの便利さにだんだん気づいたので、今回思い切ってクラウド型にメインシフトしていこうと思いました。
PhotoshopやIllustratorは元々容量も大きいですし、バージョンもしょっちゅう新しくなるものです。(新しくなっても使う機能はあまり変わってない、イラストレーターの場合だと印刷や取引先にデータを出すときにバージョンが新しすぎると開けないといわれる・・・とかもあったりはするのですが)デザインを生業にしようとしているのだから、もういっそ、新しいのに順次対応していけるようにならねば、という思いもあり、Creative Cloudのフォトショップ、イラストレータを導入することにしました。

Adobe Creative Cloudでイラストレーターやフォトショップを操作するのに必要なパソコンのスペックは?

実際にインストールしてみたのですが、両方、コンパネでみてみたら、1GBぐらいしか容量とってませんでした。
まあこれが大きいと感じるかどうか・・ですが、いまどきのHDDやSSDは容量もめちゃめちゃありますしね・・・ヽ(;・ー・)ノ
ソフトの容量的には問題ないのですが、もしかしたら、このソフトを動かす場合、メモリが大事になるかもしれません。
Windows7使用の私ですが、メモリがが4GBで、たまに遅さを感じます。エフェクトとかめっちゃつかったりすると、重く感じるかもしれません。
さらに、最新版が常にアップデートされるので、そのたびにメモリをくうような事が発生するかもしれません。

しかしながら、最新版が常にバージョンアップされる事も良いですし、クラウドストレージが与えられるので、データの保存をクラウド上に出来ます。これにより、自宅以外でもデータをいつでも参照できたり、携帯アプリと連携して、携帯でいじったりもできるようになり、とても便利になりそうなので、メモリを増設も今後検討していきたいと思っています。

まってました!待望のIllustratorの自動復元&自動保存機能!!

そして何より、メモリが不足していると陥りやすかったIllustratorの不具合!新しい機能?として、よくイラストレーターで発生してた「予期せぬエラー」的なことで保存されなかったり、レイヤーの選択をしている最中に何かバグが発生して緊急停止してしまい、

あああ・・・!保存してない・・・作ったデータ消えた・・・・
私の●時間返して・・・・

という悲しい事態が起きても、自動保存してくれている機能が付いたこと・・・ですかね。

実際、すでにもうその便利機能にお世話になることになりました(笑)

気持ちよく作業してたのですが、何かメモリを食っちゃったらしくメモリ不足によるエラーっぽいので落ちたのですが、「復元」というファイル名で、最新状態が保存されていました。

エクセルにはすでに自動修復・復元・保存機能があった

コレは本当に便利です。エクセルなどには結構前から付いていましたが、これ以外と大事なんですよね。やった作業量考えたら、エラーで消えたのに・・とやるせない気持ちなっていたのがなくなるわけですので、いい機能が付いたと思います。

話は戻って、photoshopやillustratorがクラウド化したら、フォントやブラシなどの追加はどうなるの?

フォントとかは、コレまでどおり、もっているフォントがあれば、Windowsのシステムにいれて使うだけなので問題ありません。

強いていうなれば、さらにこのクラウドからは、Adobe経由で、フォントのインストールも出来ます。結構いろんな種類のフォントが無料でダウンロードできます。
ブラシに関しては、今までどおりオリジナルブラシを使う事もできます。
オリジナルブラシもたぶん、クラウドの中に入れておけば、ずっと使えるのかも?しれません。

これからの私の新たな相棒PhotoshopCCとIllustratorCC

7月末までキャンペーンで、photoshopが月々980円、illustratorが1,980円で使えます。
かなり安いので、今のうちにGETがオススメ