タグ別アーカイブ: アマゾン

ネットショップでよくある失敗 どんな人に自分の売ってる商品を買ってもらいたいのかを明確にする インターネットショップ ノウハウ講座

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近はすっかり勤務先ではネットショップの事ばかりを考えて、会社勤務だと、どうしても会社が取り扱う商品や会社の方針に従ったものしか売ることが出来ないのでいるので、本当に、早く副業で自分の好きな商品を売りたいと思っている今日この頃です。

ネットショップで良くある失敗例を今日はご紹介したいと思います。

ネットショップをやりたい!
その情熱はわかった。
その商品を「どんな人」に買ってもらいたいか、迄見えている?

ネットショップって出せば商品売れて儲かるからいいよね
なんていうことを良くききます。そうやって、元々はメーカーだったり卸業者がどんどんネットショップをオープンしていると思います。

しかし、以前の投稿でも書きましたが、「出したから売れる」がずっと続くわけではありません。

安けりゃうれるでしょ?
いいえ、それも違います。

「安い」のを一番の売りにして商売を始めてしまうと、絶対に息切れを起こします。そして、何より、最大のライバル「アマゾン」さんにほぼ9割の確立で負けます。

また、安けりゃ良い、という消費者志向はもう縮小化の一途をたどり始め、現在では、「持っているお金を有効に使うために良い買い物をする」と言う方向にシフトしてきています。

そんな時代の流れがやってくるのですから、「安ければ売れる」というのは、一時的にはあったとしても、長続きするものではありません。

ネットショップを始めたら、やり続けよう。
売れなかったら辞めればいいなら最初からやるな

ネットショップで物が売れる=収入になります。
当たり前ですね。
でも、売れなかったら辞めよう、と思って出店するような志でネットショップをやるのであれば、なんでネットショップをはじめたのでしょう?
そんな大事にしないお店は、一時期は売れても続きません。

売る商品の一番のファンである事!

ネットショップを経験してきて一番感じたのはこれです。
売る商品について、売る本人がその商品の一番の理解者でない物は、売れ続ける事はほぼ難しくなっていきます。

物を売りたい、のであれば「売りたい理由」があるはず。

それが、ただ単に「儲け(利益)が良いから」だけでは、商品のアピールもせいぜいうわべだけでしょうし、単に価格だけで単発買いをするお客様しかつかむ事は出来ません。

どんな人に自分の商品を買ってもらいたいのかを明確にすれば
おのずと質の良いお客様とリピート客がついて商売は続いていく

取り扱い商材によってもターゲットはことなりますし、同じ商材を扱っていても、目指すお客様の層によっても変わって来ますが、どちらにも共通しているのは「どんな人」に買ってもらいたいのかを明確にするべきだと言うことです。

たとえば、同じ商品(美容用品)を扱っていると想定して、

A店は、「価格を安くして、たくさんの人に買ってもらう」という方針。
B店は、「価格を安くするのには限界があるから難しいが、その分、
この美容商品の魅力を精一杯伝えて美容用品に興味のある
お客様に絞って売る」と言う方針

だったとします。

この場合、この商品単独に関する売上高で言うと、おそらく、A店の方が多くなります。いわゆる「薄利多売」です。

B店は、おそらく、Aよりは売れないでしょう。それは価格差もあります。
しかしながら、B店で買った客層は間違いなく「美容用品」に興味がある人が購入した事が伺い知れます。
もし、価格だけで購入する価値観の人だった場合は、A店に行くでしょう。
B店で購入した人は、価格よりも、美容用品の説明力に重要性を感じて購入したということになります。
イコール、B店は、今後も、美容用品を取り扱う場合「メルマガ」などの販売戦略を取って行けば、リピーターとなって購入してくれる可能性が高くあるので、店の運営方針もだんだん決めやすくなってきます。

自分の店舗に合った客層を狙っていく販売方法

これだけ多くのネットショップがオープンしている時代です。
生半可な戦略では淘汰されるのは目に見えています。

いかに自分の店舗や自分の取り扱っている商品をアピールするか、そしてそれをいかに購入してもらうか、ということに全力を注ぐべきです。

そのためには、まず、「自分の取り扱う商品を良く知る」と言う事が大事です。

良く知ったあと、「どんな人たち」に買ってもらいたいのかを明確にし、その人たちに合わせたお店作りをしていく事こそが大事だと私は思います。

どんな人たちに買ってもらうかを明確にする事こそ、自分のお店の存続にかかわるともいえます。

これはネットショップに限らず、どんな商売にも当てはまる事とも言えると私は思います。

私のサービスも、どんな方々に最適なのかを今一度じっくり考えて、自分自身も、これから先どうして行きたいのかをじっくり考えていかねばと思いました。

皆様のビジネスライフに少しでもお役にたちますように!

それでは、今日はこのあたりで失礼いたします。

久々に興味を持ったビジネス本 400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法―――「儲けの仕組み」が、簡単にわかる!

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
通勤時間の往復中、ネットニュースを見たりして時事問題とかに目を通したり、ビジネス関連の記事をチェックするのが日課になっているのですが、今日、そのうちの1つで面白い記事を見つけてついつい読んでしまって、全文読みたいと思う本がありました。
それは・・・

400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法―――「儲けの仕組み」が、簡単にわかる!

です。

この本に興味を持った元の記事が

儲からないカフェと謎の女性

このタイトルに魅かれて読んで見たのがきっかけで、結構な量の記事だったのですが、ついつい読み進んでしまい、片道20分ほどの電車内で関連記事も含めて全部読んでしまいました・・・w

あんまりこういうのがきっかけで本を読む事は少ないほうなのですが、この記事を読んで、この記事の元ネタの本に非常に興味がわきました。

早速買いたかったのですが、現在入荷まちのようで、アマゾンでも入荷まち・・・。楽天ブックスも全滅でした。

週末に少し大きめの本屋さんとか逆に小さい本屋さんとかで探してみようと思います。

無ければ・・・ネットで予約かな??

かなり評価も高いようなので楽しみです♪

こういう本をきっかけに、何かつかめるかも??

ネットショップの送料比較 個人が荷物を発送する場合 個人でも安く送れる 安い運送会社一覧

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップ開業したいとお考えの方で、まずは個人で始めてみよう!と思っている人が最初に躓きやすいポイント「送料」についてお話したいと思います。

ネットショップにとって「送料」は重要

ネットショップをやっていて、唯一のネックと言っても良いのが「送料」です。買うときも、送るときも、「高い送料」は、買う気を失せさせる最大の原因となりかねます。

Amazonは無かった事にしたいが、そう言ってる場合でもない

通販最大手のAmazonは、Amazon出荷であれば基本的に送料はかかりません。買う側にとってみればそのサービスはとてつもなく喜ばしい事ではあるのですが、一転、「売る側」にたつと、これが厄介以外の何者でも無くなります。

「送料」は必要経費であった過去

まだネット通販が普及し始めの頃は、ネット通販で買い物=送料を払うのは当たり前という意識が買う側も売る側もありましたが、今はもう「送料無料」を実施している大手企業も多いためか、「送料は出来る限り払いたくない」という志向の人が多くなってしまいました。

個人が物を売る事業に参入する時代
個人でも送料についてきちんと考えるべき時代が来た

急速にネット通販が拡大し、Yahooショッピングの出店料無料をきっかけに、今までオークションぐらいでしか個人が物を売る事がなかった環境が一変し、今では個人がネット通販で物を売買する時代。

会社であれば、会社が契約している特別送料で、大手有名宅配業者との契約でかなり送料を抑えて出荷をする事が出来ますが、個人ではそのハードルはとても高くなっているのが現状です。

配送するもののサイズが小さければ、個人でも十分送料を抑えられる

小さい荷物に特化したサービスが最近充実してきています。
数社ありますので比較して、なるべくコストを抑える事が可能になります。荷物の追跡があるのは宅配便だけという時代ではなくなり、本当に色々なサービスが充実してきている良い時代です。

これ以外にも、普通郵便の定形外郵便などもあります。

ご紹介したサービスは、どれも個人での発送が可能なものばかりです。

企業契約でなくても安いものはこれだけたくさんあります!

いろんなサービスを比較してみて、送りたい荷物に合わせた運送会社を選んで、賢くネット通販を運営していってくださいね。

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

Filemakerを使って楽天市場やヤフーショッピングやAmazon用のCSVデータを一括で作成するソフトを開発したい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日のファイルメーカーワークショップに行ってから、色々考える事がふえてワクワクしています。

元から、FilemakerはCSVデータを扱うときはほぼメインで使っていたソフトウェアなのですが、いつも中途半端にその場しのぎ用でプログラムを自作して、入力をやりやすくしたりとかそういう程度にしか作っていませんでした。

勉強会に参加して、本格的に、各モール対応の商品ページ作成データベースをファイルメーカーで開発しようと思い始める

前に勤務していた会社ではネットショップをメインとした仕事をさせていただいていて、主に商品ページの作成を中心に店舗運営全般を全面的に何でもやっている、と言う感じでした。

商品ページを作るのは、デザイン系の仕事なので、PhotoshopやIllustratorを使用してお客様に見ていただきやすいページ作りをしながら、出来た画像を元に、各モールへは手作業で商品ページをアップロードしていました。

CSVデータで一括で上げていたのはAmazon店だけだった

楽天もヤフーも、CSVで一括でデータのアップロードは可能なのですが、それぞれにCSVアップロードの形式も違えば、ルールも違います。アップロードするファイルも違うので、何かの手違いでミスして、全商品ページをロストしてしまうのが怖くて、出来ませんでした。

Amazonは、その点、商品ページのCSVデータアップも比較的】判り易いルールだったのと、自分のところに商品の元データをもっておかないとAmazon側からデータをダウンロード出来る機能はないので(2015年夏現在)自分のところに商品マスターが絶対に必要な以上、最初からCSVで商品データベースを作っておくほうが良いと思いAmazonだけは最初からファイルメーカーベースで商品ページ用データーベースを作っていました。

在職中の夢。共通の商品マスターを元に、各店舗のCSVデータを作れるようにしたかった

Amazon用のシステムは構築したのですが、日々の業務が忙しすぎたのと、開発に使える時間が勤務中はほとんどなく、Amazon用のシステムも、同僚と自分が仕事を早く終わらせるために自宅で開発したものでした。

冒頭に申し上げたようにそのシステムを作るときに楽天用とYahoo用のシステムも作りたいという野望はあったのですがあいにくかないませんでしたが、今になって、もうその会社には所属していないので自分がそういう仕事をする事はなくなってしまっていますが、実際にこういうシステムがあったら良いなと思いながら過ごしているネットショップ勤務の人がいるのではないかという思いが消えませんでした。

ファイルメーカーベースの受注ソフトはがんばれ店長が得意なら、私は商品ページ作成に特化したFilemakerベースのデータベースを作ってみようと思う

ネットショップ運営をしている方にとって、時間を割くべきは、商品の選定・戦略・商品の調査、売るためのページ作り、SEO対策・集客などであって、アップロードする時間は短時間のほうが良いに決まっています。

売るためのページの画像などのデータが出来た後、スッとアップロードできれば、それに越した事はないはずです。

Filemakerがすきでページ作りも好きな私にしか出来ないかもしれない

CSSなどの知識も有し、HTMLの知識もあるので、そういうのを活かしながら徐々に開発していって、テンプレート的なものを開発していこうと思っています。

まだどういったもので具体的に・・・というのがないのですが、もし誰か困っている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談に載らせてください。
データベース開発にお力を貸していただける方も同時にいらっしゃましたらお声かけをいただけるとうれしいです。

近いうちにネットショップを自分でもオープンしてみようと画策中。

開発をするにあたり、やはり現場を知るのは大事だと思っています。
まだ個人事業主開業届けも出していないので法人契約がまだ出来ませんが、そう遠くないうちに出店して実際に自分でもネットショップ運営をもう一度したいと思っています。

忙しくなりそうですが、ファイルメーカーベースで何かネットショップ運営をされている方のお役に立てられればうれしいと思っています。

またこのFilemakerのソフト開発については進捗が在り次第お届けしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

出店方法に合わせた商品画像の作り方 楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合 【ネットショップ運営ノウハウ】

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は昨日の続きで、ネットショップにとって不可欠な「商品画像」の作り方についてお話したいと思います。

モールに合わせた商品画像を作る事を私は推奨しています。昨日は、Amazonの作り方を具体的に説明いたしましたが、今日は、ショッピングモール感が強い、楽天市場・ポンパレモール・ヤフーショッピング用の商品画像の作り方を具体的に画像を見ていただきたいと思います。

(関連記事)

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールに出すなら、背景画像は魅力的に作るべし!ライバルに差を付けて
「わかりやすく」「見やすく」「買いたくなる」画像を作ろう

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合、商品検索をすると、該当する商品があるだけ全部店舗ごとに並びます。
アマゾンさんのように、商品ごとにまとめられたりはしません。

商品名に入っているキーワードを元にすべて表示されます。
ですので、たとえば、私が今使っている

nanocareの卵型イオン発生器

を検索してみても、取り扱っている店舗の数だけずらーりと並びます。

価格も重視だが、商品を具体的に見てみたいと思わせる画像作りは大事

楽天市場やヤフーショッピングで買い物をする人の仲には、「何気なく」ウィンドウショッピングを楽しむ感覚で商品を探している人も居ます。
そういった人にアクセスしていただき、購入へ導く事が、ネットショップの売り上げを上げて良くコツになります。

 

ですので、楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールさんに出すときの商品画像は「魅力的」かつ「何かがわかる」という画像つくりをする

では、具体的にはどう作れば良いのでしょうか?
たとえばで作ってみました。

まずは、Amazon用の画像だとこんな感じです。

商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。
商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール用だと、こんな感じにぐらいは工夫したほうが良いと思います。

商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。
商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。

 

どちらも同じ画像のみ使用し、(サーキュレーターのみです)あとは、装飾しているだけです。

こういった工夫をするだけでも、一覧で見たときに見栄えが違いますね。

楽天市場やヤフーショッピング、ポンパレモールを利用する客層としては、「なるべく安く」「お買い得」に買いたい。出来れば商品の事も良く知ってから買いたいという方が多くいらっしゃる、主婦層を中心とした一般的な方が多いので、広告めいた画像作りが効果的です。

Amazonはどちらかというと決めうち(これを買う)と決めて値段を探しにくる男性的なお買い物が多い傾向

今までの経験上、Amazonでお買い物をする層としては、男性的といいますか、「これを買う」と決めて探して購入される傾向が多いように感じます。

ついで買いもあまり見られないのは、Amazon発送の商品がほとんど送料無料対象な事もアリ、必要なときに買えば良いという方が覆いからのように感じます。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールは、女性を意識した商品画像作成が効果的

面倒な作業になりますが、Amazon用はAmazon用、そのほかのモールはそのほかのモール用の画像作成を推奨します。
こういった面倒な事をやっているかやって居ないかで、お客様の流れを引き寄せるか引き寄せないかが変わってくると思います。

Amazon用は画像をくりぬくだけで良いので、そういった簡単な作業は外注に依頼するなど、人手間をかけて、店舗の売り上げを上げる事にどんどん力を入れていって欲しいなと思います。

nekonomoridesignでは画像のくり貫き作業も格安で承ります。

作業時間・納期・作業内容・商品によってお見積もりを個別におだししますので、頼んでみたいというかたは、お見積もりだけでも是非お待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

関連記事

 

出店方法に合わせた商品画像の作り方 Amazonの場合 【ネットショップ運営ノウハウ】

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は、ネットショップにとって不可欠な「商品画像」の作り方についてお話したいと思います。

商品画像は、モールに合わせた雰囲気の物を作ろう

以前にも似たような話題を記事にしましたが、今日は具体的な画像を作ってきました。前のときにも話しましたが、検索一覧に表示される商品画像は、そのページに訪れるか訪れないかのキーにもなる大事なものだと言うことをここで再び申し上げさせていただきます。

ですので、モールに合わせた商品画像を作る事を私は推奨しています。具体的に画像を見ていただきたいと思います。

Amazonに出すなら、背景画像は白の商品だけが載ったシンプルな商品画像にする

Amazonは、同じJANコードの商品の場合、その商品の最安値を付けた店舗の商品情報にページが付随したような状態で検索結果として出てきます。(独自にJANコードを取得したりして登録している場合は別です)

その場合、自社の商品画像が一覧に出てくるという可能性としては、「最安値」であるか、「同じ商品で独自のJANコードを取得して出品している」場合のどちらかのみとなります。

Amazonは、良くも悪くも「価格のみ」が勝負ラインです。

ですので、商品ページに時間をかける手間などはほぼ無駄とも言えます。検索結果で引っかかってきても、独自JANコードでない限りはページは最安値ショップに付随して、
「他に5点あります」
と言うようなところの一覧に載るだけで、自社の画像は表示されません。

しかも、Amazonの場合、商品画像の推奨される作り方として

「背景は真っ白で」

という決まりがあります。(規定があるものの、反していても実際は掲載してくれている)
これはおそらく、ページが付随するという特性上、どの店舗が上に来ても画像の雰囲気が変わらないようにするための処置だと思われます。

ですので、Amazonさんに出すときの商品画像は背景は白

で良いと思います。商品を切り抜いて、シンプルにサクサクと作っていきましょう。たとえば、こんな感じですね。

商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。
商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。

明日は、楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール用についてお話します。

それでは、今日はこのあたりで。

ネットショッピング運営ノウハウ 魅力的な商品画像の作り方

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップにとって、商品を買っていただくために一番大事なことは、私は、

商品画像の作り方

が大事だと考えています。

検索された時に一覧でズラっと出るサムネイル表示される画像は最も気合をいれる

検索結果一覧で表示される画像となるのが商品メイン画像ですね。買い物カゴのすぐ隣にある一番大事な画像です。
検索結果一覧で出てきた時に、目を引いてもらえるようなものでなければ、どんなに良い商品を売っていても、見てもらうことは出来ません。
ただし、その画像の作り方も、出店しているモールや商品によってちょっとした工夫が必要になります。

  • ごちゃごちゃしすぎない

    これは、一覧で見たときの画像の大きさによるものです。一覧でずらっと並んだ画像のとき、商品写真よりも文字が多い・・商品がちっちゃすぎて判らない、というのでは本末転倒です。

  • 白い背景に商品だけどーんと載せても見てもらえるものもある

    家電や本など、「目的」をもって探しにこられる商材をお取り扱いの場合は、白い背景などでも十分です。
    しいて言うなら、タイトルとかお勧めの一言くらいはあっても良いかも?しれません。
    アマゾンさんが良い例ですね。アマゾンなどは、白い背景で、商品だけ単独でどーんと乗っていても、目的買いで探す事が多いのと、アマゾン産の場合は同じ商品コードの商品の場合は、価格最安値のものに自動的に紐付けされて画像は上位の1個のだけが一覧で出てくるので、あえて目を引かせる必要はないのです。

  • 囲いを付けすぎるとダサくなる。

    枠線を付ける人も居ますが、むやみやたらと全部の画像に枠を付けると、やぼったい感じになりがちです。真っ白で味気ないので囲いだけでも・・・とやってしまいがちですが、色あいや太さなどには注意が必要です。

競合他社の多い商材や、楽天市場やヤフーショッピングなど、モール出店をして居る場合は特に、画像を目立たせる事が必要です。

目立つだけではなく、商品を見たくなるように魅力的に商品を魅せる。

同じ商材を取り扱っていて、メーカーから写真を入手して掲載して居るお店も多いと思いますが、自分の店舗で独自になるべく商品の写真は撮影するほうが良いと思います。

先ほども申し上げたように、カメラ・家電、本など、あらかじめもう何かがわかっていて、おそらく商品番号などでしか検索されないような商材を取り扱う場合を除き、できれば撮影したほうが良いですし、そういった型番商材を取り扱う場合でも、他社との差別化を図るために、自社でオリジナルの視点で撮影した商品画像を掲載しているほうがクリック率は上がると思います

ネットショップは手間隙をかけた分だけ売り上げが上がってくる次代に突入している

今までは、出せば売れる時代でしたが、これだけ飽和状態になってくると、いよいよ「差別化」が必要になってきます。SEO対策も大事ですが、SEO対策が出来たら今度は、クリックされる率を上げましょう。

そのためには、効果的な画像作成が必要になってきます。

これからは、魅せる商品ページを作る時代です。

是非、店舗の売り上げに行き詰っている店舗経営者さんは、自社ショップの商品ページの見直しをしてみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。