タグ別アーカイブ: インク代

年賀状は印刷会社に依頼したほうがプリンターのインク代とか手間とかより安いかもしれないというお話。

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
昨日から年賀状について色々考えていたところ、ふと思い出した事がありました。

会社経営社の父は、年賀状を毎年100枚くらい出しているのに
毎回自宅のプリンターで印刷をしてインク切れで困っていた。

印刷会社にデータを出したりする事がおおくなってきて、色々と知っていくと、案外印刷に出したほうが色々コストが安いんじゃないかとおもうようになってきたのですが、会社経営をされていたり、会社名義での年賀状を出されるところでも、経営者さん自ら自宅や会社のプリンターで年賀状を作製されている事って多いなと思ったのです。

自宅のプリンターのインク代って案外プリンター本体と変わらないくらいの金額コストがかかる

年末になるに連れてプリンターを宣伝するCMも多くなるように、年末に需要が高くなるプリンター。家庭用のインクジェットプリンターでも最近では発色の良い物や多色インクを使用して綺麗に印刷出来るものも出てきたり、印字用紙も、写真画質用紙、見たいなのがでてきました。

しかも、そのプリンター本体の値段は型落ち品だと、1万円を切っていたり、機種を選ばなければ5000円前後で買えちゃったりするのもありますよね。

買った当初はインクも十分にあってよいのですが、いざ、年賀状を印刷しようとすると、案外すぐにインク切れを起こす、という経験はありませんでしょうか?

年賀状などの印刷はやっぱり「きれい印刷」みたいなモードを使う事が多いと思いますし、さらに、自分が作ったデザインのカラーリングによっては偏って色が無くなったりする事もあります。

そして、年末ギリギリになって印刷をかけていると、インク切れを起こす・・・買いに行くとインクが売ってない・・みたいなパターンはよくある事ですが、ここで1つ思いませんか?

家庭用インクジェットプリンターの純正のインク代って高い!

4色セットとかで売っているのだと、純正の物を買おうものなら、それこそ5000円近くかかります。
単色買いであっても1000円以上は絶対します。

互換性インクでもそこそこの値段がする!

プリンターのインクには、「互換性インク」と言うものが存在します。
いわゆる、リサイクルトナーを使ったり、いろんなプリンターに使えるようにしてある汎用性の高い容器を使うことでコストを抑えてあるものだったり、インクが純正インクでないので発色力は純正よりもおちるもののそれほどかわらない、と言うようなものですが、そのインクですら、単色でも1000円前後の値段がします。

50枚未満であれば自宅印刷でも良い

ここからは推測の域なのですが、50枚未満であれば、自宅のプリンターで印刷してもインク代を支払っても安いとは思いますが、80枚くらいになるようでしたら、印刷会社へ裏面だけ印刷を頼むほうが良いかもしれません。

しかし、一般的なスーパーやコンビニとかにある「年賀状印刷承ります」
を利用するとコストは上がるので、印刷会社にデータを出せる人に依頼して裏面だけを印刷した物を作ってもらうのが安い

印刷会社で、裏面だけを印刷する事が可能です。
表面(宛名面)は自分で印刷(又は手書き)と、切手代が必要になりますが、そこに手書きでメッセージを添えることも出来ますし、裏面は綺麗にはしっこからはしっこまで綺麗に印刷されたものになるので、「品格」「質」が上がります。

片面のカラー印刷で、100枚、1200円ぐらいから印刷が可能なので、100枚以上印刷をされる場合は、切手代はかかるものの、切手代を考慮しても、自宅のプリンターを使うよりは

  • 早く
  • 安く
  • 綺麗

に裏面が印刷されるのでお勧めです。
納期にゆとりを持っていれば、(おおむね10日以上)安くできます。

今年は年賀状の代理作製や印刷会社へのデータ入稿などのお仕事依頼も承っておりますので、ご検討されたい方や、質問などがありましたら、お答えいたしますので、フォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

自宅で自前でやることばかりがコスト安ではないので、是非ご検討いただければ幸いです♪

それでは、今日はこのあたりで!