タグ別アーカイブ: インターネットショップ

ネットショップ用の注意喚起バナー作製の基本

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップ用にバナーの作製などを日常的にやっている私なのですが、もうかれこれ5年以上そういう仕事をしていると、ちょっとお客様に注意喚起したい事があれば、フォトショップなどですぐにバナーを作ってその日のうちに貼り付けて・・・というのをやっているのですが、その画像はいたってシンプルに仕上げるようにしています。

残りわずか!などの短期間にしか出さないバナーに時間はかけない。
目立つ文字・配色・バランスでさっと手早く作る。

たとえば、今日、在庫が残り少ないと連絡があった商品のページには、「残りわずかです!」とお客様に注意を促すバナーを目立つように配置しました。
文字だけではやはり「視認性」(目に付く)のが少なく、見た人の印象に残らないので、

  • 印象に残りやすい配色(おおむね3色以内)
  • 印象に残る色
  • 印象に残るカラーバランス
  • 文字配置

を意識してつくりました。

※作ったバナーがこちら↓

目立つバナー
目立つバナー

赤を基準に白と黄色と黒で色数少なく、印象に残って欲しい文字を特に強調した文字デザインにした、極めてシンプルで極めて簡単なバナーを10分ほどで仕上げて即アップしました。

パソコン用だけではなく、スマートフォン用にもきちんと配置しよう

今回、私の管理しているのがヤフーショッピングだけだったのですが、ヤフーショッピングの該当の商品ページには、スマホ用の編集ページがあるので、スマホ用の編集にも、もちろんこのバナーを付けました。

いまや、スマートフォン用のページの編集もきちんとする時代

スマホ用のアプリが出ているほど、ネットショッピングはパソコンとスマートフォンで利用している人は増えています。
ですので、こういった注意喚起のバナーなども、スマホ用にもきちんと設定するのが望ましいと思います。

たかがバナー、されどバナー。

バナー1つで、お客様に伝わるメッセージは大きく変わります。
それぞれ、そのバナーの持つ役割に応じたものをすぐに用意できるかが、時間の流れの速いネットショップで成功していく鍵だと思います。

それでは、今日はこのあたりで!

ネットショップでよくある失敗 どんな人に自分の売ってる商品を買ってもらいたいのかを明確にする インターネットショップ ノウハウ講座

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近はすっかり勤務先ではネットショップの事ばかりを考えて、会社勤務だと、どうしても会社が取り扱う商品や会社の方針に従ったものしか売ることが出来ないのでいるので、本当に、早く副業で自分の好きな商品を売りたいと思っている今日この頃です。

ネットショップで良くある失敗例を今日はご紹介したいと思います。

ネットショップをやりたい!
その情熱はわかった。
その商品を「どんな人」に買ってもらいたいか、迄見えている?

ネットショップって出せば商品売れて儲かるからいいよね
なんていうことを良くききます。そうやって、元々はメーカーだったり卸業者がどんどんネットショップをオープンしていると思います。

しかし、以前の投稿でも書きましたが、「出したから売れる」がずっと続くわけではありません。

安けりゃうれるでしょ?
いいえ、それも違います。

「安い」のを一番の売りにして商売を始めてしまうと、絶対に息切れを起こします。そして、何より、最大のライバル「アマゾン」さんにほぼ9割の確立で負けます。

また、安けりゃ良い、という消費者志向はもう縮小化の一途をたどり始め、現在では、「持っているお金を有効に使うために良い買い物をする」と言う方向にシフトしてきています。

そんな時代の流れがやってくるのですから、「安ければ売れる」というのは、一時的にはあったとしても、長続きするものではありません。

ネットショップを始めたら、やり続けよう。
売れなかったら辞めればいいなら最初からやるな

ネットショップで物が売れる=収入になります。
当たり前ですね。
でも、売れなかったら辞めよう、と思って出店するような志でネットショップをやるのであれば、なんでネットショップをはじめたのでしょう?
そんな大事にしないお店は、一時期は売れても続きません。

売る商品の一番のファンである事!

ネットショップを経験してきて一番感じたのはこれです。
売る商品について、売る本人がその商品の一番の理解者でない物は、売れ続ける事はほぼ難しくなっていきます。

物を売りたい、のであれば「売りたい理由」があるはず。

それが、ただ単に「儲け(利益)が良いから」だけでは、商品のアピールもせいぜいうわべだけでしょうし、単に価格だけで単発買いをするお客様しかつかむ事は出来ません。

どんな人に自分の商品を買ってもらいたいのかを明確にすれば
おのずと質の良いお客様とリピート客がついて商売は続いていく

取り扱い商材によってもターゲットはことなりますし、同じ商材を扱っていても、目指すお客様の層によっても変わって来ますが、どちらにも共通しているのは「どんな人」に買ってもらいたいのかを明確にするべきだと言うことです。

たとえば、同じ商品(美容用品)を扱っていると想定して、

A店は、「価格を安くして、たくさんの人に買ってもらう」という方針。
B店は、「価格を安くするのには限界があるから難しいが、その分、
この美容商品の魅力を精一杯伝えて美容用品に興味のある
お客様に絞って売る」と言う方針

だったとします。

この場合、この商品単独に関する売上高で言うと、おそらく、A店の方が多くなります。いわゆる「薄利多売」です。

B店は、おそらく、Aよりは売れないでしょう。それは価格差もあります。
しかしながら、B店で買った客層は間違いなく「美容用品」に興味がある人が購入した事が伺い知れます。
もし、価格だけで購入する価値観の人だった場合は、A店に行くでしょう。
B店で購入した人は、価格よりも、美容用品の説明力に重要性を感じて購入したということになります。
イコール、B店は、今後も、美容用品を取り扱う場合「メルマガ」などの販売戦略を取って行けば、リピーターとなって購入してくれる可能性が高くあるので、店の運営方針もだんだん決めやすくなってきます。

自分の店舗に合った客層を狙っていく販売方法

これだけ多くのネットショップがオープンしている時代です。
生半可な戦略では淘汰されるのは目に見えています。

いかに自分の店舗や自分の取り扱っている商品をアピールするか、そしてそれをいかに購入してもらうか、ということに全力を注ぐべきです。

そのためには、まず、「自分の取り扱う商品を良く知る」と言う事が大事です。

良く知ったあと、「どんな人たち」に買ってもらいたいのかを明確にし、その人たちに合わせたお店作りをしていく事こそが大事だと私は思います。

どんな人たちに買ってもらうかを明確にする事こそ、自分のお店の存続にかかわるともいえます。

これはネットショップに限らず、どんな商売にも当てはまる事とも言えると私は思います。

私のサービスも、どんな方々に最適なのかを今一度じっくり考えて、自分自身も、これから先どうして行きたいのかをじっくり考えていかねばと思いました。

皆様のビジネスライフに少しでもお役にたちますように!

それでは、今日はこのあたりで失礼いたします。

ネットショップ運営ノウハウ 集客力・購買率はアップの方法 休業日の設定と、土日特別営業日は判りやすく

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
がっつりシルバーウィークを休んでしまいました。

ここ最近、土日もずっとお仕事をしていて、プライベートの時間と仕事の時間があいまいになっていて、自分の中でバランスが崩れかかっていたので、ちょうど良い機会と思い、友人との外出の予定も結構あったので、ブログの更新もせず、アイデアなどをアイデアノートに書いたりするだけにしていました。

そんな中でも、ちょっと気になった事があったので、それを今日は記事にしたいと思います。よろしくお願いします。

敬老の日のプレゼントを贈り忘れていた!
ギリギリでも間に合う、と書いてあるネットショップで注文!
・・・でも、営業日が明確でなくて戸惑った

ネットショップでギリギリの注文がどれほどいやなのかは、受注スタッフの経験もある私としてはよく理解しているつもりだったのですが、この連休に入るまで、敬老の日がこのシルバーウィーク中に来る事をすっかり失念していました。

敬老の日のプレゼントを贈っていないと気づいたのは金曜日の夜・・・・。

もうどのネットショップも連休前の営業を終えた後でしたので、もう最悪の場合、連休明けでもいいけど・・・と思いながら、楽天市場の「あす楽」と、「今からでも間に合う!敬老の日の贈り物特集」のページを見ていました。

すると、「今からでも間に合う!」というページに掲載されているネットショップにアクセスしてみると、トップページにこんなバナーを発見。

「9月20日15時までのご注文は当日発送!」

おおお・・・これ、間に合うじゃないかー!
と思ったのですが、サイドバーナビゲーションのところのカレンダーを見ると、

「土日はおやすみです、ご注文の返事はいたしません」

・・・ん??

書き入れ時で特別営業中であれば、明確に表示するべき

結局、トップページには、「発送します」とは書いてあったものの、他のページを見ると、土日祝日は連絡しません、という事が書いてあったので、何だかちょっぴり不安になってしまい、結局そのお店では購入を断念しました。

書き入れ時で、実際にはそのバナーのとおり、営業をなさっていたのかもしれません。

しかし、営業日カレンダーが休みとなっていると、やはり躊躇してしまいました。

業種、取り扱い商品によっても違うと思いますが、もし、特別営業をするのであれば、「発送します」というだけの表記だけではなく、営業日カレンダーも営業中にしたり、

「●日と●日は営業しています!」

と書いた方が、

「このお店はこの時期だけ特別にやってくれてるんだー!すごい!ありがたい!!」

と、購入する確立があがるはずです。

結局、私が購入したのは、「営業している事が明確」で、「お届け先の近くの地域のネットショップ」だった。

母の日、父の日、敬老の日、に贈る物というのは、出来ればその日に届けたい物。
しかし、うっかりわすれてた、と言うこともあります。
そして、そういった特別な日に送る物を取り扱っているネットショップさんであれば、購買がアップするチャンスでもあります。

そんな時、「営業していること」は先ほど申し上げたように明確にする事が一番大事ですが、それ以外にも大事な点がもう1つ。

届け先に間に合う地域のネットショップかどうか

と言うことです。

九州・東北地方・沖縄・北海道・四国・離島

特に敬老の日ともなれば、地方在住の祖父母に送る事も多くなります。
そういったとき、そのネットショップの商品の発送地も重要になります。

たとえば、営業をしていて、良いなと思う商品があったとして、それを東北地方に送りたい、でもお店は、九州地方のお店だった、と言う場合、明らかに運送状況からして、荷物が届くのが遅くなることは明確です。

都市部であっても、九州・東北・沖縄・北海道・四国・離島の場合はお届けまでの時間がかかる場合もあります。

ギフトの場合は届くかどうかも大事なポイント。
ギフト系商材を扱っている場合は、何日で通常届くかという事を
明確にしていると利用しやすい

とあるお店を閲覧したとき、今回、私は宮崎県への荷物だったので、たまたまそのお店からだと敬老の日に間に合わない地域にあったお店だったので購入を断念せざるを得なかったのですが、そのお店は、日本地図を大きく表示し、

  • 通常翌日届け可能地域
  • 通常翌々日届け可能地域
  • 通常3日以上かかる地域

と言うのを色分けして表示していました。

おそらく、細かい地域によっても届かないところもあったりはするでしょうが、こういったものが商品ページから判りやすくリンクされていると、購入する側としてもとても安心出来る要素となります。

グルメ・ギフト系で購買率を上げたいなら、「注文~届く日」を明確にすることで、購入したいと思う率がアップする。
たとえ少し高くても、届くなら購入する

いまや、ネットショップでグルメ系、ギフト系は本当に乱立しています。

そういった中で、購買率を上げるのであれば、「届くこと」の安心感を与える事が1つの手段であると私は思います。

色々こだわりを長々と画像で連ねる事よりも、

「届くのか」「届かないのか」

で、購入する層もいると言うことです。

発送関連の環境が自社で整っている場合、ギフト系の時期であればそこに人員を集中させて対応する事で売り上げがグッと伸びると私は考えます。

届くのであれば、多少割高でも買う層は存在するのです。

特にお届け物、贈り物の場合はそれが顕著に現れます。

他社との価格競争でついていけなくなって戦略に困っている場合は、そういった違う方面からの物の見方をして、売り上げを維持・アップすることも考えていくこともアリかと思います。

最後に。長崎のカステラ屋さん、ありがとうございました。
無事に宮崎に、敬老の日の朝に届けていただきましてありがとうございました。

EC CUBE 2.13.3カスタマイズ 注文確認メールに支払い方法別に振込先などの情報を表示・挿入したメールを自動作成する方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
勤務先のEC CUBEサイトのカスタマイズで相変わらずひーひーいうてますが、いよいよ、運用に向けて動き出しているのですが、テスト注文をしたりしていたとき、ふと、気になった事がありました。

銀行振り込みとかの場合で入金先の連絡とかどうすればいいの?

あらかじめEC CUBEに備えられている注文確認メールでは、銀行振込先なんて記載はありません。かといって、支払い方法によってテンプレートを変えて送信できるというような某モールのような便利機能も見当たらなかったので・・・・ふたたび自作カスタマイズとなりました。(泣)

メールテンプレートの格納場所は・・・
data/Smarty/templates/defalt/mail_templates/

この中のテンプレートの、order_mail.tplをいじっていくのですが、いじる前に必ずバックアップやコピーを作製しておきましょう。

order_mail.tplで、支払い方法が「銀行振込」だった場合は、入金先をメール内容に入金先の案内を挿入させるカスタマイズ

━━━━━━以下コピー ━━━━━━━━━━━━━━━━

<!–{if $arrOrder.payment_method == “銀行振込” }–>
————————————–
【お振込先のご案内】
銀行名 :●●●銀行
支店名 :▲▲支店
口座番号:普通 xxxxxx
振込先名:★★★ ★★★

※お振込手数料はお客様ご負担でお願い致します。
※ご注文後1週間以内にお振込ください。予めご了承下さい。
————————————–
<!–{/if}–>

━━━━━━ここまで ━━━━━━━━━━━━━━━━

↑この内容で、  == “銀行振込”  のところを、支払い方法に登録してある支払い方法にする事で、その支払い方法のときだけ、 if で囲んである中の内容が表示されるようになります。

これを、order_mail.tplの、
<!–{if $arrOther.title.value}–>

↑こういうのが書いてある真下くらいに挿入すると良いです。(おそらく38行目あたりだったかと・・・・)

こうしておけば、ご注文があった時点で自動返信でいくこの注文確認メールに、すでに振込先を掲載出来るのでとてもラクチンです。

是非ためしてみてくださいね♪

楽天うまいもの大会 in名古屋 JR高島屋で開催中の中 楽天スーパーセールも始まって出店企業さんのスタッフが気になった

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
9月2日~9月8日まで、JR名古屋タカシマヤ10階催事場で、楽天市場うまいもの大会が催されています。

毎年凄い人出のあるイベント。
出店は実際に楽天で商売をされている方が対面販売で自社の商品を売るという形式で催されています。

楽天スーパーセールが9月5日からある中、さらに楽天うまいもの大会にも出店しているお店のスタッフさんが気がかりになる

楽天市場に出店しているお店がこの楽天うまいもの大会にも出店しているのですが、リアルでこのイベントに参加している店舗さんにも例外なく、この週末から開催される楽天スーパーセールに関わる事になります。

店舗運営の仕方にもよるとはおもいますが、やはり、スーパーセール時は、普段よりも注文は多いはずです。

楽天うまいもの大会に出ているスタッフさんはネットの方の対応には回れないのは明らかだとすると、ネットの方の対応の人出は不足した状態でスーパーセールに挑むことになるわけです。

どちらの方の仕事の担当になっても、お互いの忙しさは計り知れず、そしてかなり手一杯で疲弊しそうな姿が目に浮かびます……

楽天の度重なるセールに振り回されてネットショップの仕事が嫌いになる人も出てきたりすることも。

楽天市場の店舗に力を入れているネットショップの場合、楽天の会員というメリットもあり、力を入れてネットショップを展開していることかと思います。

ネットショップにとって、サイトにアクセスが無かったり、検索の上位に引っかからない限りは物が売れません。

ですので、楽天市場という大きなモールが人を集客し、その恩恵を受けているというのは否めない事実であります。

しかしそれ故に。

楽天市場が行うセールに売り上げを影響されるというのも事実です。
特に大きなセール前は買い控えになり、セール期間中に爆発的に物が売れ、全国的に出荷量が増え、運送が逼迫する……というのは何度も繰り返しおきています。

セール期間中の爆発的な売れがセールが終わると、注文は途端に収束。セール期間中に買ったお客様が熱が冷めてキャンセルを申し出てきたりする事もあります。

セール期間中の大量の注文をさばくのに本当は人を増やしたいところではありますが、通常日に手持ち無沙汰になる可能性を考えると人を安易には増やせない。

かといって臨時バイトに務まる仕事かと言えばそれもまた疑問。

ということで、ネットショップは人員配置が非常に難しい業界とも言えます。

人員配置が難しいネットショップのオーナーさんたちがどのようにセールとうまいもの大会の人員配置をしたのかが気になる

話をうまいもの大会に戻しますが、このように実体験的にネットショップは少ない人数で仕事をしているところも多い中、楽天うまいもの大会とスーパーセールにどのように人を配置したのかと思うのです。

とはいえ。うまいもの大会に参加できる店舗さんは運営を日頃からきちんとされていて少し余裕がある人員で仕事をなさっているのかもしれません。

とにかく思うのは……うまいもの大会にもスーパーセールにも対応されるスタッフさん、経営者さん、どちらもお身体を大切にして頑張ってほしいなとおもいます。

……楽天さん、集客してくださるのは嬉しいですが、実際に運営されてる店舗さんの意見や立場も考えてイベント企画してほしいなあと思ったりしました。

ネットショップ運営において重要なのは在庫の管理能力

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は久しぶりにネットショップについて語りたいと思います。

ネットショップ運営において大事なのは「在庫」をどう回すか

言うまでも無くなのですが、物販をするネットショップにおいて何よりも重要なのは【在庫】のあり方です。
売れる時期に在庫がないと商機を逃しますし、
売れない時期に在庫があっても不良在庫になり、商品価値も下がります。

その在庫の管理が上手く出来てこそ売り上げも変わってくるといても過言ではありません。

新商品を入れたくても在庫が圧迫して入荷できないというジレンマは非効率

断捨離の話にも共通しますが、、新しい物を手にするためには「古いもの」を捨てなければ決して良い物が巡ってこないと思っています。

在庫もそうで、「いつか売れるかもしれないから」という保険のためだけに在庫をおき続けているのは、あまり好ましい状態ではないと私は思います。

倉庫など保管場所に余裕があり、管理もきちんとされているようなところであれば問題ないかもしれませんが、たいていの会社の場合、自社在庫倉庫に加え、外部倉庫とも契約して荷物を保管していることもあると思います。

外部倉庫を使用するほどおいておかなければならないのか、もう一度見直すべきだと思います。

新しい物を入荷できるスペースを確保し、古い在庫は、腐ったり劣化しにくい商品であったとしても商品価値が下がっていくと言う認識を。

「いつか」の為においてある在庫は、永遠使える物とは限りません。たとえ劣化しない商品を取り扱っている場合であっても、すべてのものに「経年劣化」は生じます。

それでも価値が下がらず売れるものなのかもしれませんが、やはり、本当の意味では商品価値は下がっているのです。

そして、「いつか」の時の為においてある在庫が本当に必要かどうか、その在庫を処分して、新しい物を作ったり入荷できる余裕があるほうが、新しい商品で更なる売り上げアップも見込め可能性があるわけです。

劣化していない&いつか売れたときのため

と言う商品を今一度見直して、新しいフレッシュな商品を常に問い入れられる余裕作りが、ネットショップでの物販を成功させていく秘訣です♪

是非、参考にしてみてくださいね。

それでは今日はこのあたりで。

EC CUBE 2.13.3 クロネコヤマトB2のプラグインが動かない。ボタンが配置されない CSVがダウンロード出来ない

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
本日また、勤務先で躓きました・・・。
EC CUBE 2.13.3です。

ようやく、運送会社も決まり、配送システムの環境も整ったので
EC CUBEに、プラグインでクロネコヤマトB2用のを入れたのですが・・。

受注管理画面にクロネコヤマト用B2のボタンが表示されませんでした。

プラグインの競合として、ソニーペイメントサービスがあがっていたので
それも無効化してみたりもしたのですがぜんぜんダメ・・・。

苦肉之策で、クロネコヤマトB2用のプラグインを配布なさっている会社様(ボクブロック株式会社様)に連絡を取ったりもしてみたのですが、色々デバッグ(プラグインを削除してみたり入れなおしてみたり他のプラグイン無効化したり)したのですが、結局ダメでした。

プラグイン開発会社さんも初めての経験だそう

開発会社さんの担当様によると、ボタンが現れないというのは初めてだそうで、前例が無く、プラグインの不具合なのか、何と競合しているのかもわからないと言う事で、さじを投げられる格好になりました。

結局のところ、デバッグするほか無く、

  • 新しいサーバに新品のEC CUBE2.13.3をインストール
  • クロネコヤマトB2 2.13対応版プラグインをインストール
  • 受注管理画面を確認

これで受注管理画面にボタンが出なかったらプラグインの不具合なので修正しますということでした・・・。

今日は職場のサーバー管理者がいなかったので新しくインストール出来るようなサーバがあるかわからなかったので検証出来なかったのですが、2.13.3って、2.13.1とか用のプログラムじゃ動かないこともある気がするんですよね・・・・。

EC CUBEはバージョンで違いすぎて困る・・。

EC CUBE2.13.3を使っている人が少ないのか、まだ本とかもほとんど無いですし不具合報告も少なくて、かなり困っている自分はレアケースなのか?とすら思ってしまっていますが、とりあえずクロネコヤマト形式のプラグインが使えない事実には変わりませんし、新しいサーバにインストールしてプラグインが表示されなかった場合、プラグインの修正を依頼するにしても不具合解消までのタイムロスを考えれば、クロネコヤマトB2用のCSV出力をSQLで自作するほうが早いですよね・・・。

高度なCSV設定のところでクロネコヤマトB2のならびに応じたCSVを作製するようにがんばるしかない

結局プラグインのほうでどうにもならない事が判明してから、この足りない脳みそでクロネコヤマトB2用のCSV出力のSQLを考えていたのですが今日はうまく行きませんでした。

2.13.3対応のクロネコヤマト用B2 CSVが出来たら報告します・・・(泣)

今週は何だかピリっとしない終わり方でした。悲しい・・・。

EC CUBE カスタマイズメモ さくらインターネットサービスをサーバにしていて決済ページがエラーになる場合の対処方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
13日~16日までお盆休みで、会社員と二束のわらじをしつつ家庭内では妻と言う立場でもある私なので、何かと家の事をしていたりしていたので、結局会社のお休みと連動して、副業のほうもいったんお休みにしておりました。

お盆もあけ、いよいよ後半戦!
(私の中ではお盆が半分と言う感覚で・・・)

後半ラストスパートでがんばって、本業(このブログやら家でやってるクリエイティブのほう)一本になれるように精進する日々です。
そして今日は久しぶりにEC CUBEのカスタマイズについてのお話。

EC CUBEのインストールサーバーを
さくらインターネットサービスにしている人は要注意。

さくらインターネットサービスにEC CUBEをインストールしている人で、カスタマイズをして居る時に、決済モジュールのインストール後に、テストをしてみたところ、「動かなかった」「エラーがでた」ということはありませんでしたでしょうか?

さくらインターネットサービスは、「属性」の数字を変えないとエラーを引き起こす

エラーログをメモしてとっておくのを忘れてしまったのがアレなのですが、モジュールのインストールは無事おわっていてエラーも出なかったのに、カード決済のテスト注文をしてみたところ、エラー画面になってしまいました・・・。

良く調べてみると、なんか、読み出せないよ、っぽいエラーだったと思います。

さくらインターネットサービスを利用していて、ソニーペイメントサービスを利用の場合は以下のファイルの属性を変更すれば解決

html/shopping/load_sln_payment_module.php

このファイルの属性を、FFFTP上で、右クリック>>属性の変更で

644

にしてあげれば、直りました。

さくらインターネットサービスは、属性が通常とちょっと違うようで、このファイルの属性がおかしいと、エラーが出るようでした。

是非、さくらインターネットサービスでEC CUBEを導入しようとしていてエラーが出た方は、この属性を一度調べてみてくださいね!

お役に立てたでしょうか?
それでは、今日はこのあたりで失礼します!

photoshop Tips セールのバナーに良く使われる星みたいなギザギザのセールシールみたいな感じをフォトショップで書く方法 簡単作成方法

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。今日は、photoshopの技術アップ講座?をしたいと思います。

セールの時期になりましたね。この時期になると、ウェブ製作現場やネットショップのウェブデザイナー、Webページ作成の人が良く頼まれる仕事のひとつに、「バナー作成」があります。

よくある、「セール用バナー作って」というアレです。
あまりに良く出くわす場面なので、ちょっと簡単に作る方法を伝授したいと思います。
※photoshopでバナー制作をしている人向けです。

フォトショップで簡単にセールバナー(セールっぽいアイコン)を作る方法
全photoshopバージョン対応です。

まず、フォトショップを立ち上げて、新規作成をします。
大きさはどんなサイズでもかまいません。今回は作り方だけの伝授です。

立ち上げたら、左のツールバーから、カスタムシェイプを選択

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

カスタムシェイプに、新しいシェイプを追加します。
まずは、現在のシェイプの横にある三角形を長押ししてください

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

長押しすると、追加するシェイプリストのグループが出てきます

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法


バナーと賞

という種類を選んでください。選ぶと、何か聞いてきます。
今のシェイプ一覧に追加の場合は「追加」置き換える場合は「置き換え」をしてください。
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

上の写真の場合は、【追加】をしました。
追加した中に、なんかギザギザっぽい丸があると思うのでそれを選択。

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

ツールバーが、カスタムシェイプツールがアクティブ(選択された状態)になっているのを確認します。

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

カスタムシェイプツールの色などをここで設定します。
旧バージョン(CS以下)の場合、もしかしたらこういうのないかも知れませんが、なければ、描画色の色を変えてください。

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

書きたい色が決まったら、一度書いてみましょう。
一瞬で、ギザギザのやつができましたね。

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

ギザギザはかけたので、その上に、文字を打っていきます。
セールっぽさを出すために、あえて赤色にしました。
オブジェクトの上で

SALE

とうちます。

フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法
フォトショップで星みたいなギザギザのシールっぽいオブジェクトを簡単に作る方法

すると、こんな感じで完成しました。

いかがでしたでしょうか?意外と簡単なものなのです。

カスタムシェイプは優秀なツール。便利に使って時短作成デザイナーになろう。

デザイナー=手作りでないといけない、という考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。確かにそうなのですが、クリエイティブに時間を全部使える、ゆっくりデザインが出来るというデザイナーも案外少ないと思います。

特にウェブデザイナーの場合、バナーなど簡単なものを作成する場合は、スピードも要求される場面が多くあります。

そんな時、こういった便利ツールをうまく使って、クリエイティブの作業を効率よく、かつ、クリエイティビティに行うこともデザイナーの腕だと思います。

カスタムシェイプは追加も可能。ネットで探せばいい物が結構出てくることも。

photoshop カスタムシェイプ

でネットで一度検索してみてください。
案外、いろいろ出てきます。矢印や足跡、マーク、シンボルなど・・・
探せば山ほど出てきます。

カスタムシェイプは自作も可能。Illustratorなどが得意な人はオリジナルのカスタムシェイプも自作できちゃいます

案外使い勝手の良いカスタムシェイプ。
仕事などで良く使うアイコンぽいような形の物があるのであれば、ベクターデータ(illustratorのようなので書かれたやつ)を毎回コピーして引っ張ってくるとかであれば、いっそのこと、カスタムシェイプとして登録してしまったほうが早いと思います。

時短でデキるデザイナーになりましょう♪

それでは今日はこのあたりで!

ネットショップ開業をしたいと思う人に 立ち上げに必要な事 環境、準備2

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。前回(ネットショップ開業をしたいと思う人に 立ち上げに必要な事 環境、準備)編の続きを今日はお話したいと思います。

自分では結構当たり前の事だったのですが、意外と知りたいという人も多いようなので、簡潔ではありますがお伝えしていきたいと思います。

開業前準備 6.
モールで売るのか、単独で売るのか
ショッピングモールサイト出店のメリット・デメリット

ネットショップをはじめよう、と思う人であれば、ネットショップでお買い物をしたことはあると思います。Amazon、Yahoo、楽天市場、ポンパレモール・・等など。いわゆる、「ショッピングモール」系のサイトで買っていますか?
ショッピングモールは、いろんなお店が入っていて、モールが人を集めてくれているので、集客力ではモールが良いですが、モールが開催するセールなどによって集客の増減もあったりするなどデメリットも存在します。

逆に単独店舗では集客をいかにするかが問題になります。

どのように運営するかをしっかり決めてからはじめないと、せっかく労力をかけて作るショップが悲しい事になってしまいかねません。

開業前準備 7.
ネット独特の「接客」を知ろう

インターネットは顔の見えない取引です。
顔が見えない分、直接の会話もしない分、正直なところ、購入されたお客様全てが全員いい人とは限りません。
また、普段では気にしないようなことであっても、ネットでの取引の場合、非常に細かい事がクレームに繋がる事もあります。

インターネット独特の接客マナーを知るためにも、開業前に、いろんなお店で購入してみて、各お店の接客を学びましょう。

ネットでのマナー、ネチケットがなっていない人がネットショップで商売をはじめても、購入者側の気分を害するだけで今は口コミで噂はすぐにひろまってすぐにだめになってしまいます。

開業前準備 8.
売るだけが仕事じゃない。ネットショップで物を売ると発生する雑務は山ほどある

ネットショップは、売りたいものを写真にとって、ページを作れば勝手に売れていくと考えている人もちらほらいらっしゃいます。
しかし、現実はそう甘くはありません。

2000年頃からインターネット販売が本格的になった日本ですので、すでに現在(2015年)で市場は成熟し、多くのお店がオープン&クローズを繰り返しています。
ネットで売る事と、実社会で売るのとは勝手は違いますが、根本は同じです。「商売」をするのだという心構えをしっかりもちましょう。

案外、インターネットで物を売る場合に発生する雑務で売り上げをあげる作業に集中できないなんてこともあります。

開業前準備 9.
ネット販売は手間がかかるのに、一人で出来ることは限られる

ネットショップの場合、スピードが命ともいえるところも実際にはあります。商材によっては、受注生産品などを販売する事もあるかもしれませんが、購入者に納得して販売して頂けるようなお店作りをしないといけません。
もし、どこでも気軽に買えそうな商材、他のお店でも売っているようなものを販売しようとしている場合、ほかとの差別化を図るためにもシステム化できるところはシステム化するなど、効率の良い方法(発送は委託するなど)やり始める前に少し脳内シミュレーションをしてみてください。
一人で出来る事は限られます。

 

その他、経験からもアドバイスできる事はたくさんあります。
このブログでは経験からのアドバイスっぽい事を少しお話させて頂きましたが、個別相談などもお受けしております。(1時間1,000円~)
メールによる個別相談(無料~)なども可能ですので、何か聞きたい事がある方は一度メールにてお問い合わせくださいませ。

目指すお店のスタイルや、商材、どのように売れば良いのかなどのアドバイスを経験を元にさせて頂きます。

お問い合わせ

関連記事