タグ別アーカイブ: ウェブページ

ホームページ作製支援ソフト BiND for WEB LIFE 8 って凄いかも? SSL対応フォーム無料やレスポンシブウェブデザインに対応らしい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今朝、ヤフーニュースをチェックしていたら、こんな記事を発見。

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE 8」9月発売、レスポンシブウェブに対応、SSL対応フォーム無料提供も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000012-impress-sci

記事を読むまでこのソフトの存在は知りませんでしたが、いよいよレスポンシブウェブにも対応するようなハイスペックなホームページ作成支援ソフトが出てきました。

記事によると、このソフトは

  • HTMLの知識必要なし
  • CSSの知識必要なし
  • ブロック単位で表示非表示を設定
  • 20種、62カラーのバリエーションテンプレート
  • 20種のCSSテンプレート
  • 任意テンプレート使用可能は
  • カスタマイズ可能なSSL対応フォーム無料提供

など、一通りの事が全てできるとのこと。

それらがついて、1万9800円〜という低価格。

BiND公式サイトへ

昔、ウェブページ作成ソフト(ホームページ作成ソフト)といえばdream weaverが主流でしたが、これからはこのBinDが主流になってくるのかもしれませんね。

今やGoogle検索対象には、レスポンシブウェブデザインに対応しているかも重要

以前にも書きましたが、今や、スマホでwebページを見るのは当たり前な時代となりました。それに伴い、Googleの検索対象の項目として、ページがレスポンシブウェブに対応しているかも評価基準のひとつとなっています。

ですので、このBiNDがリリースされたのは大チャンス!今迄……そんなレスポンシブウェブデザインとかわけわからないのは別に……と思っていた企業のweb担当さん、広報さんは、是非この機会にこのソフトを使ってレスポンシブウェブに対応したホームページに刷新するべきだと思います。

ウェブデザイナー、プログラマーは更に専門性を求められる時代に突入か

逆にこのBiNDが流行り、操作性もたやすく、ちょっとパソコンが得意な人が使えるくらいの使い勝手が良いものだった場合、プログラマーやウェブデザイナーは仕事が減る可能性は少なくありません

クライアントによっては、見栄えがよければ何でも良い、という場合もあります。

ウェブプログラマーやウェブデザイナーはこれからはより専門的となりより深い知識が必要となってくる気がします。
Dreamweaverでホームページを作る人が増えたあのときの波のように、もしかしたら再びウェブページ作成ラッシュの波がくるかもしれません。

この、BiNDと言うソフト、私もなるべく早い段階で入手して使い勝手などをお知らせしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで!

Google AdSenseさんの二次審査に合格しました!

こんにちは。nekonomoridesginのYoshyです。先日、Google AdSenseさんの審査に落ち、その後、サイトの改修を行った結果・・・

Google AdSense 二次審査通過!!!
無事、承認してくださいました!ありがとうございます!!

前回の承認落ちした時はAdsenseさんの二次審査に落ちた・・・に記載していますが、コンテンツ不足による審査落ちでした。修正したポイントも前回のブログに書いているのとおりのままで、しいて変えたところといえば、アレ以降、各記事に、キーワードを意識するようにしました。

コンピュータが巡回してプログラムを読み取っているのがwebページです。という事は、「プログラムにとって聞き取り(読み取り)」やすい文章構成、要素である事が大事なのかなと思い、記事の内容に自分なりにテーマとキーワードを意識して文章を書くようにしました。
後は、前回の記事に記載したとおり、amazonさんへのリンクを消したり、ナビゲーションが正しく表示されていなかったページのバグ修正をしたりしました。

記事は、600文字以上を意識するようにして、あまり短い文章になり過ぎないように、それでいて、さっきも言ったように伝えたい言葉や書いている内容に順ずるキーワードが乱立しないように心がける事が、審査通過には必要なのだと思います。
通過理由は非公開なので、コレをしたら、というのはお伝えできませんが、実感したのは、

いかにページに来てくれた人にとって情報を的確に伝えている意味のあるwebページになっているか

という事なのではないかなと思いました。

ネットショップ等でも、最近は検索結果に
「いかに訪れた人に有益(見る価値のある)な情報を提供しているサイトか」というのが基準になっているよう
ですし、商品名がダラダラ長いのは順位が下がるというようにもなってきています。今後おそらく、画像だけで構成するようなページよりも、プログラムが読んでも人が見ても何が書いているかわかりやすいページを評価する傾向になると思います。

乱立するようになってきたからこそ、正確さが求められるようになってきたという事でしょうか?SEO対策も、今後そのような事を意識していかないといけないのかもしれません。

ネットショップで、よく画像だけのページになっている店舗さんも良く見ますが、きちんとHTMLを組んで、「魅せる」ページへの取り組みをしていかないと検索の評価が下がる一方になってくる予感がします。webページの作り方も今後変わっていくと、画像だけを作っていればどうにかなった時代から、初期の時代に回帰して、きちんとhtmlを組める人に仕事を回して、webページの価値を高めていく事が必要になってきそうですね。

ネット業界は日進月歩。
私もこれからも研究しながら頑張ろうと思います。

Google Adsenseさん、承認本当にありがとうございました!!

関連記事