タグ別アーカイブ: パソコンが壊れた

パソコン内部には猫の毛や埃がいっぱい!! 猫を飼ってる人はパソコン内部も掃除して熱暴走を防ぐ

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。我が家では、ノルウェージャンフォレストキャットという長毛種の猫が居るのですが、やはり長毛種ということもあって、毛がよくぬけます。

そりゃもう撫でるだけでもふわっふわっふわ~~~と(´_ゝ`)・・・・。

デスクトップの自作PCの人は、ファン周りの猫の毛を定期的に掃除を。

一般のパソコンにも言える事ではありますが、デスクトップ型の置き型タワーPCを使用している場合は、ケース外側のファン周りや、手前の網目みたいになっているところとか、USBの差込口とか、裏側の色々な線を差込んでいるところとかの埃は定期的に掃除をしたほうがパソコンにとってはやさしいです。

特に猫を飼っている家では、出来れば3日に1回、通常は1週間に1回。長くても10日に1回は掃除をしましょう。

埃や毛がファンに絡む事で、放熱力が落ちてパソコン内部の温度が上昇し、熱暴走になることも

ご存じない方も結構いらっしゃるのですが、パソコンにとって「熱」は大敵です。「熱暴走」という状況になり、パソコンが処理出来なくなり、エラーを起こし、パソコンがフリーズしたり、最悪の場合壊れる事もあります。

そのため、パソコン内部の温度の上昇を防ぐために、パソコンにはファンとよばれる扇風機のような役割をするものがついています。

そのファンに毛や埃がたまっていると、熱を逃がしにくくなり、やがてパソコンに熱がこもりやすい状況になってしまいます。

先日パソコンが壊れたときに、パソコン内部を徹底的に掃除したときに、電源も箱を空けて掃除したときの写真。
↓こっちが掃除前。電源の内部にまで猫の毛が入り込んでる・・・(・_・;)

パソコンの電源ユニットの内部の掃除
パソコンの電源ユニットの内部の掃除

 

↓掃除して、こんなにきれいに。組み立てなおして、電源ユニット復活。

0724-pc_inner2こんな感じで、通常、箱になっている電源ユニットの、その内部にまで猫の毛が入り込んでいました。これでは毛でショートしてしまったりすることもあったかもしれません・・・。

毛や埃を取り除く事がパソコンを長持ちさせるための秘訣

慣れないと怖いということもあると思います。その場合は無理にここまで分解しなくても大丈夫ですが、ケースの外側の毛や埃くらいは定期的に取り除いて、せめて、ケースの外側だけは一度空けて、基盤の上の埃をエアーダスターで吹き飛ばすくらいの事はやるようにする事をお勧めします。

パソコンはとても繊細なもので、また、高価なものです。

タワー型パソコンは、メンテナンスも割合やりやすく、熱暴走もしにくいパソコンです。

パソコンには猫の毛や埃がいっぱい詰まっているから掃除しよう
パソコンには猫の毛や埃がいっぱい詰まっているから掃除しよう

ノートパソコンなどの場合は安易に掃除もしにくいですが、逆に毛を吸い込んだりもしにくいので、ここまでの掃除は必要なく、どちらかと言うと、使うときに、外付けのノートパソコン用クーラーを使ったり、冷却マットを使うのが効果的。

夏は特に熱の発散力が落ちます。

パソコンもメンテナンスして、出来る限り涼しい部屋で使うようにしていきましょう。

道具も大事に扱う。

それこそが、職人魂!