タグ別アーカイブ: プリンター

Brother製ブラザー DCP-J940Nのご機嫌とヘッドクリーニングと発色不良。

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
週末は福業(あえてこの表記です)のデザインのお仕事をしていたのですが、自宅のプリンターで印刷をして、提出する資料の作製を行っていたところ・・・

茶色系の物を印刷しているのに、緑色にしかならない!

発色不良が発生しているとは気づかず、印刷しまくっていて、印刷物を見たときは血の気が引きました・・・(滝汗

もしかしてグラフィックがおかしい?!と思い、色の設定を見たのですが、設定は同じ・・・。ためしに昔に印刷したのと同じデータの物があったので出力してみると、やっぱり緑色に・・・・。

それでようやくプリンター不良だと気づきました。

2012年発売のプリンターが今も現役で活躍
DCP-J940N

私が使っているのは、ブラザー製プリンターDCP-J940Nです。
複合機で、スキャナーもコピーもプリントアウトもできて、しかも無線対応!

wiFiで無線で印刷できるので場所を選ばず置けます。

しかも、給紙口がアンダートレー式なので、とても省スペースなのが気に入り愛用しています。

買ってから、相当使い込んでいるのですが、そういえば、ヘッドクリーニングって去年の喪中はがき印刷以降していませんでした。

テスト印刷してみたら、マゼンタがほぼ出てない!

テスト印刷をしてみると、マゼンタがほぼ無色でした(笑)
インク残量はあるので、ヘッドの目詰まりのようでした。
DCP-J940Nは、プリンターに液晶モニターがついているので、ヘッドクリーニングなどは、パソコン上ではなく、液晶画面からしかできないと言う事をおもいだすために10分はかかりました・・・w
(それまでコンパネとかめっちゃ探した・・・)

ヘッドクリーニング1回目。
改善せず。

ヘッドクリーニング2回目。
だいぶでてきたけど、今度はイエローやシアンに色ムラ発生・・・(おいおい・・・)

ヘッドクリーニング3回目。
マゼンタもちょっとムラがあるけどほぼ問題ないレベルに・・。

ヘッドクリーニング4回目。
カラー(YCM)はイイカンジだったのに、なぜかここで突如ブラック(K)に色ムラ発生(なんでやねん!

ヘッドクリーニング5回目。
すべての色が出た。

・・・・・。
ヘッドクリーニング5回目が終了する頃には20分くらい経ってました・・・(疲れた)

ヘッドクリーニング終了後、再度印刷してみたら、ちゃんと発色してました・・。
自宅のプリンターなのでついついメンテとかおろそかにしてしまっていましたが、最近はデザインのお仕事もふえてきているので、ちゃんとメンテナンスしないといけないなとおもいました。

プリンターの話といえば、先日、印刷に出したほうが安いという話もしていましたし、プリンター本体も安いということも話したのですが、私個人は、今のプリンターは愛用していてまだ3年目なのでこれからも頑張ってもらいたいなと・・・!

とはいえ、今って、もっと発色いいのとかでてるんかなーって気になったりしました・・・w

エプソン製を使用していないのは、エプソンのプリンターは発色もいいのはいいけど、インク高いし、給紙が上からのが多かったりとかもあったり、インクがまとまっててばらばらに補充できないところとかで敬遠しています。

とりあえず、相棒のブラザープリンタ、メーカー側での製造はもう中止されてますがちゃんとメンテナンスして使い続けたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

年賀状は印刷会社に依頼したほうがプリンターのインク代とか手間とかより安いかもしれないというお話。

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
昨日から年賀状について色々考えていたところ、ふと思い出した事がありました。

会社経営社の父は、年賀状を毎年100枚くらい出しているのに
毎回自宅のプリンターで印刷をしてインク切れで困っていた。

印刷会社にデータを出したりする事がおおくなってきて、色々と知っていくと、案外印刷に出したほうが色々コストが安いんじゃないかとおもうようになってきたのですが、会社経営をされていたり、会社名義での年賀状を出されるところでも、経営者さん自ら自宅や会社のプリンターで年賀状を作製されている事って多いなと思ったのです。

自宅のプリンターのインク代って案外プリンター本体と変わらないくらいの金額コストがかかる

年末になるに連れてプリンターを宣伝するCMも多くなるように、年末に需要が高くなるプリンター。家庭用のインクジェットプリンターでも最近では発色の良い物や多色インクを使用して綺麗に印刷出来るものも出てきたり、印字用紙も、写真画質用紙、見たいなのがでてきました。

しかも、そのプリンター本体の値段は型落ち品だと、1万円を切っていたり、機種を選ばなければ5000円前後で買えちゃったりするのもありますよね。

買った当初はインクも十分にあってよいのですが、いざ、年賀状を印刷しようとすると、案外すぐにインク切れを起こす、という経験はありませんでしょうか?

年賀状などの印刷はやっぱり「きれい印刷」みたいなモードを使う事が多いと思いますし、さらに、自分が作ったデザインのカラーリングによっては偏って色が無くなったりする事もあります。

そして、年末ギリギリになって印刷をかけていると、インク切れを起こす・・・買いに行くとインクが売ってない・・みたいなパターンはよくある事ですが、ここで1つ思いませんか?

家庭用インクジェットプリンターの純正のインク代って高い!

4色セットとかで売っているのだと、純正の物を買おうものなら、それこそ5000円近くかかります。
単色買いであっても1000円以上は絶対します。

互換性インクでもそこそこの値段がする!

プリンターのインクには、「互換性インク」と言うものが存在します。
いわゆる、リサイクルトナーを使ったり、いろんなプリンターに使えるようにしてある汎用性の高い容器を使うことでコストを抑えてあるものだったり、インクが純正インクでないので発色力は純正よりもおちるもののそれほどかわらない、と言うようなものですが、そのインクですら、単色でも1000円前後の値段がします。

50枚未満であれば自宅印刷でも良い

ここからは推測の域なのですが、50枚未満であれば、自宅のプリンターで印刷してもインク代を支払っても安いとは思いますが、80枚くらいになるようでしたら、印刷会社へ裏面だけ印刷を頼むほうが良いかもしれません。

しかし、一般的なスーパーやコンビニとかにある「年賀状印刷承ります」
を利用するとコストは上がるので、印刷会社にデータを出せる人に依頼して裏面だけを印刷した物を作ってもらうのが安い

印刷会社で、裏面だけを印刷する事が可能です。
表面(宛名面)は自分で印刷(又は手書き)と、切手代が必要になりますが、そこに手書きでメッセージを添えることも出来ますし、裏面は綺麗にはしっこからはしっこまで綺麗に印刷されたものになるので、「品格」「質」が上がります。

片面のカラー印刷で、100枚、1200円ぐらいから印刷が可能なので、100枚以上印刷をされる場合は、切手代はかかるものの、切手代を考慮しても、自宅のプリンターを使うよりは

  • 早く
  • 安く
  • 綺麗

に裏面が印刷されるのでお勧めです。
納期にゆとりを持っていれば、(おおむね10日以上)安くできます。

今年は年賀状の代理作製や印刷会社へのデータ入稿などのお仕事依頼も承っておりますので、ご検討されたい方や、質問などがありましたら、お答えいたしますので、フォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

自宅で自前でやることばかりがコスト安ではないので、是非ご検討いただければ幸いです♪

それでは、今日はこのあたりで!

オリジナルグッズをつくってネットショップで売る方法 作成方法・作る場所・作り方 結婚式の引き出物にも最適 自分だけの商品を作ろう

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
久しぶりに空も青空が見えて気持ちの良い週末になっています。
気候も穏やかな気温で、私は昔から気になると創作意欲が沸いてくるので、いよいよ創作活動に入りたいと思っています。

小学生の頃から漫画やアニメやゲームが好きだった私は、必然的に(?)同人誌などにも興味を持つことになり、かなり小さい頃から同人誌創作活動をしておりました。

その経験からなのか、「自作する」と言うことに対して何のためらいもありませんし、やたら調べたりして自分で作る事が普通の感覚になっていたのですが、案外、「自分で何かを作る・自作する」と言うときのやり方がわからない人が多いと言うことなので、今日はその辺についてお話したいと思います。

オリジナル商品やオリジナルグッズを作る=難しい事ではありません!

オリジナルグッズを作りたいと思っている人で、自分で絵やイラストや文字を書いたり出来てデータ化が出来る人であれば、誰でもグッズは作れます!

特殊な設備を自分で用意する必要はありません!

今の時代は、「ネット印刷」で何でも出来ちゃいます。

コップ、タンブラー、スマホケース、トートバッグ、Tシャツ、カレンダー、しおり、iphoneケース、タオル、クッション、缶バッジ、テープ、リボン、パズル、コースターなどなど・・

何でも作る事が出来ます。

しかも、1個単位から作製可能。

自分でオリジナル商品をつくって、フリーマーケットやネットショップで売る

先日の記事でも紹介した、minne(ミンネ)などではオリジナルグッズを販売する事ができます。売る事が出来る場面も増えてきましたし、その売る場面によって色々特徴があるので再度簡単にまとめておくと・・・

  • ネット販売
    24時間365日販売が可能。
    取引のやり取りはメールが基本なのでメールマナーの知識が必要
    運送費がかかる
    手数料が少しかかるが基本無料で始められる。
  • フリーマーケット等
    開催時期が決まっている
    フリマならではのルールなどもある(売れるものが決まってたり?)
    対面販売なので接客スキルが必要
    見栄えの良い店舗作り(ブース作り)が必要
    ブース代がかかる。(どんなに小さいフリマでも500円以上?)
  • レンタルボックス
    一時期流行。レンタルボックスの空いてる時間のみ販売
    基本委託販売のような形式が多い
    自動販売機のように商品を置いておく感じ
    売れた商品の数%をレンタルボックスの事業者に払うケース有
    ボックスの中で商品のレイアウトを考えないといけない
    レンタルボックスのボックス賃貸料などがかかる場合がある(1000円程度~?)
  • 喫茶店や雑貨店などにおいてもらう
    お店の営業時間内での販売
    おいてくれるお店との人間関係は大事
    委託販売に近いスタイル。
    売れたら手数料をお支払いするなどが一般的
    空いてるスペースにおいてもらえたりすると0円で置かせてもらえる?

こんな風に手作り品を売る方法、場所はいくらでもあります。

 

作りたいグッズを作るための試作品を作る場合は自分でプリンターで印刷してみるのが良い。

ではここで、ようやく本題のグッズの作り方についてですが、グッズを作るのは、自分で全部やったほうがそりゃ手間はかかるもの安くですむはずだ、と思っていませんか?

今では、電器屋さんなどのプリンターコーナーの近くに、いろんな印刷用紙が売っていますね?うちわが作製できるキットや、シール印刷ができるもの、和紙印刷が出来るもの、Tシャツプリントや布プリントが出来るもの・・・様々なものが売られています。

しかし、こういったものを使ってグッズを作るのは、あまり利益が取れないという点と、「印刷品質」の問題点からも、おすすめしません。
とはいえ、これはこれで活用すべきところがあるのです。
それは、「サンプル作製」をするのに、こういったものは非常に適しています。

売るものや作りたい物が本当に自分が思っていた大きさで出来るのかどうか、を知るためにも、実寸大のサンプルを作るのはとても大事な事です。

どんなに大きな会社などでも、最初は自社でそういったものを活用してサンプルを作ったりするのが一般的です。
個人で物作りをする場合も、ソレは同じです。

実際に販売するグッズを作る場合はグッズ印刷が得意な印刷会社に出す

自分で印刷出来るものでいったん作りたいと思っているもののサンプルをつくってみて、納得いくものがデザイン出来、実際に商品として作りたいと思ったら、そこからは、「印刷のプロ」に頼むのが良いです。

よく、中小企業などでは、自社の商品のパンフレットやラベルを自社のプリンターで印刷した物を封入したりしていることもありますが、プリンターで印刷する1枚あたりのインクのコストや紙のコストを現実的に計算していくと、印刷会社でまとめて大量に印刷してもらったほうがはるかに安くて綺麗と言う事があります。

ソレと同じように、印刷用紙として購入できる非日常用用紙(Tシャツプリントやシール印刷用紙等)は、割高です。
その用紙を使って作れる1個あたりの単価を出して見た場合、印刷会社にデータを送って商品を作ってもらうほうがはるかに安い、またはそれほど変わらない金額である事が多いはずです。

そして、印刷会社さんは、「印刷」を専門にやっていらっしゃいますので、品質は一定になりますし、発色もとても綺麗ですし、素人が自宅のプリンターで印刷したのとはわけが違う質の高い物が仕上がります。

自分でつくって自分で使うだけなら、プリンター印刷でいいかもしれませんが、オリジナルグッズをつくって物を売りたいとおもっているのであれば、印刷会社に出すのが一番です。

グッズ印刷が得意な印刷会社

調べて見たところ、ネット印刷を受け付けている会社では、一般的な普通のチラシのような印刷以外にもいろいろなものを印刷しているところも多いようですが、その中でも私のおすすめの印刷会社をご紹介したいと思います。

この印刷会社さんは本当に種類が豊富。
シールもアプリから作れるようになったりと、色々便利です。

こちらならいろんなグッズを作れます。

これからの季節だと、カレンダー湯のみなども良いですね。

オリジナルデザインを、自分でブランド化・ブランド展開!

自分でこれだけたくさんの種類を作れる世の中です。
最初は少ない量で売れ行きや人気を確かめてみて、人気が出てきたら自分でいろんなバリエーションのグッズをつくっていき、「ブランド化」をしてみるのも良いでしょう。

ブランド化は、誰かにしてもらうものではありません。
自分で作り上げていくものです。

小ロットから自分の商品を造って良のも良いことですね♪

芸術の秋!

この機会に「MYブランド」を立ち上げて見ませんか?

それでは、今日はこのあたりで!