タグ別アーカイブ: ヤフーショッピング

ヤフーショッピングのページで、トリプル契約をしていなくても画面の左右に縦長のバナーを表示させる方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。

ヤフーショッピングに無料で出店している方で、トリプルの契約無しと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
でも、トリプルの契約をしていなくても、なんとなく「売ってるよ!」感を出したいと思うのは出店者としての本音だと思います。そこで、何とかできないかなーと試行錯誤したのがこちら。。。。

<ul>
<li style=”background-color:transparent;
background-image:url(画像のURLをここに記入);background-repeat:repeat-
y;background-position:top
left;background-attachment:scroll;height:7000px;top:230px;z-index:auto;left:0px;position:absolute;width:画像の横幅の大きさを指定;min-height:100%;visibility:visible;display:block;”>
<a href=”リンク先のURLを記入”
style=”display:block;min-height:100%;width:画像の横幅の大きさを指定;visibility:visible;height:5000px;text-indent:-9999px;”>
</a></li>
</ul>

こんな感じのタグを、ヘッダーのフリースペースに入れると出てきます。
ちなみに、これは左側に出したいときのタグです。

ヤフーショッピングの通常版(トリプル契約なし)で、CSSスタイルシート属性を適用したいときは、直接 styleで指定してしまう。

ヤフーショッピングなどのモールでの場合は、通常契約の状態だとスタイルシートは使えません。しかし、裏技的な事になりますが、直接style属性で設定する事はできます。

たとえば・・・

<p>スタイルを適用したいなー・・・</p>

<p style=”font-size:12px;color:#FF0000;font-weight:bold:line-height:20px;”>

スタイルを適用したいなー・・・

</p>

という記載は可能と言うことです。

直接CSSを適用しているので、スタイルシートの最も便利な「汎用性」「更新のやりやすさ」という利点はまったく活かされない

当然ではありますが、外部スタイルシートなどに直接CSSを設定できる場合、そのスタイルシートさえ書き換えれば、各ページも自動的に切り替わるというのがスタイルシートの利点でもあります。

しかし、直接style属性でcssを適用している場合は、当然ながら、書くページの変更をしないといけません・・・。

なので、css設定でしかやりづらい表現をしたいときなどは、この方法を使用しても良いと思いますが、できれば、外部スタイルシートを使用したページ作りができるような契約をしているほうが良いかなとも思います。

家賃無料・自社サイト系のクレジットカード決済よりも決済手数料が低いヤフーショッピングを最大限利用していこう

ヤフーショッピングで取り扱っているクレジットカード決済は、実は、EC-CUBEなどの自社サイト系で契約可能なクレジットカード決済サービスよりも手数料が安かったりします。(契約内容にもよるところはあります)

アフィリエイト負担等ちまちましたものはありますが、ヤフーショッピングは、限りなく0円に近く、それでいて集客もまあまあしてくれるサイトです。
正直なところ、詐欺だのナンだのが流行している時代に、モール以外の自社サイト系でしかも、大手じゃない小さなネットショップでショッピングをする人の絶対数は限りなく少なくなってきている事を考えても、ヤフーショッピングに出店する事はメリットになると思います。

(ヤフーショッピング+自社サイトはまだOK)

無料の範囲でも色々とできる事はあると思いますのでそれを追求し、広告費0円、固定費0円でどこまでやれるかこれからも頑張っていきたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

スマホ用のページ作製はたとえ楽天市場やヤフーショッピングなどのモールであっても、画像のサイズ設定やタグをきちんとスマホ用にした方が良い

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近、ヤフーショッピングのサイトを作っていたのですが、その作業中、気づいた事がありました。

商品説明文(PC用)のところに、商品説明を画像で作ったものをIMGタグで配置したり、TABLEタグで左に画像、右側に文章を書くという感じの物をつくっていたのですが、それを気にせずにスマホ用の説明文(フリースペース)に貼り付けて商品ページをつくっていました。

スマホで見て見ると、画像が凄く小さかったり文字が凄く凝縮されていて見づらかった

スマートフォンは縦にスクロールするので、画像の右隣に配置した文字とかがぐちゃぐちゃっと寄せられてしまっていました。
さらに、画像の表示大きさ指定をしていなかったので、画像サイズが凄く大きいもの(600pxや800px等)のものはスマホの画面からはみ出していたり、テーブルタグも表示崩れのようになっていたのです。

スマホ用のIMGタグには、画像の大きさを、WIDTHで画像表示サイズを指定しよう

スマホ用の説明文のところにIMGタグを使用して画像を配置する場合は、WIDTH=100%で画像の表示サイズを100%に指定する方が良いと思います。

そうすれば、iphoneやAndroid等さまざまな機種のスマホがあってもそのスマホの表示サイズに合わせて%で比率を変えて表示してくれます。

個人的には100%だといっぱいっぱいでスペースが無いので、95%くらいにしています。

TABLEタグで2列配置にしている説明文は、上下2段での説明文にしよう

どういうことかと言いますと、簡単に言うと下記の図のような感じ。

↓これはパソコン用のタグ。

スマホ用タグとPC用タグの違い
スマホ用タグとPC用タグの違い

 

 

↓こっちがスマホ用。

1002-2

スマホの場合、縦スクロールで見る事を前提にして文字や画像の配置をした方が良いということです。
ですので、TABLEタグで、PCの時に左に画像、右に文字を売っている場合は、スマホ用は、上に画像、下に文字と言うふうに並び替えが必要だと言うことです。

CSSが使えない出店方法をしている店舗は、必ずタグの打ち変えが必要

CSS(スタイルシート)が使える環境での契約で出店している店舗の場合は、DIVタグで画像や文字のブロックを設定しておくだけで、FLOAT設定で右にしたり左にしたり上にしたりで変えられるので楽ですが、TABLEぐらいしか使えない又は昔にTABLEで組んでいたと言うところは、打ち変えしたほうがよいと思います。

今は、スマホからの購入も多いネットショッピング

いまや、各モール専用のアプリが出ているくらい、スマホ経由での購入も多いネットショップです。ですので、スマホ用のページも意識していく事も重要になってきます。

スマホ用ページをいじってない、、という店舗さんは一度見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

スマホでの自分の店舗の見栄えをチェックするのも良いですよ!

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

スマホ用サイトの作製などの依頼やタグの打ち変え作業など細かい作業も請け負いますのでご相談されたい方はフォームからのご連絡お待ちしております♪

ヤフーショッピングからmeta keywordの入力欄が消えていた ネットショップのSEO対策について考察

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日からEC CUBEと並行して、ヤフーショッピングのネットショップ作成業務も携わる事になり、久しぶりにヤフーショッピングの管理画面に入りました。

ヤフーショッピングの商品登録情報からmeta keywordが消えた

商品登録は、csvデータの方が最終的には楽になるはずなので、まずはダミーで商品登録を管理画面から行い、商品管理タブから、商品データのダウンロードをし、得意のファイルメーカーにコンバート。

そして、ヤフーのマニュアルから、csvデータのルールについて書かれた仕様書のページをプリントアウトして準備完了!

そして…コンバートしたファイルメーカーで中身を確認したところ…

meta keywordが無い

SEO対策の基本とも言われてきたようなmetaキーワードが、無い!
確認の為にプリントアウトしたcsvルールを見てみても、meta keywordが一覧にありませんでした。

…ヤフーさんはもうmetaキーワードは見限ったのかしら?でもなんで?meta keywordなくても検索引っかかってくれるの?
疑問は増すばかりでした。

Yahooショッピングの過去の機能改善情報を探ったところ、meta keywordを廃止の記載を発見

meta keywordをわざわざなくすというのは何かあるはず、と思って気になった私は色々調べてみたところ、機能改善情報に堂々と

Yahooショッピングでは、meta keywordの有効性が低いと判断し、検索対策ととしてはもうmetaキーワードが重要視されてないので廃止します、

みたいな趣旨がハッキリ書いてありました。

ただし、meta descriptionは有効。むしろここをちゃんとしたほうが良い

結局、メタタグ関連でヤフーショッピングで登録できるのは、meta descriptionだけと言う事になります。そうなると、いよいよここは他のページと同じ事を記載しているようでは、ページの評価は下がってしまうでしょう。

売り上げを上げたい、と思っているネットショップのオーナーさんに限って、こういうところの細かいところまでを対策していないところも多い気がします。
特に、同じような商品の場合同じ文言でいい、というような考えがある気がします。

meta descriptionは、そのページに何が掲載(記載)されているかを説明するものです。同じ文言だと、それぞれが違うページなのに、検索ロボットさんは「ああ、コピーページか」と判断して、ページのランクを下げて検索の評価も下がり・・・なんて事が起きるかもしれません。

ヤフーショッピングの商品登録で行えるほかの検索対象の項目は重要視されると推測

meta keywordがなくなり、descriptionだけになったと言うことは、他の項目も重要視される事が推測されます。

ヤフーショッピングの商品登録項目の中で検索対策対象になっているのは以下のもの。

  • 商品名(name)
  • 商品コード(code)
  • キャッチコピー(headline)
  • 商品情報(explanation)
  • 製品コード(product-code)
  • JANコード(jan)

これらの項目が、検索対象になるとの事。
これらの項目に、検索に引っかからせたい言葉をいかに入れるかが重要となるわけです。

商品コードが検索対象。既製品や商品コードで検索されやすいものは自店舗のオリジナル商品コードとメーカー品番で商品コードを登録すべき

検索対象に商品番号が含まれていると言うことは、とても大事なことです。様々な理由で商品コードは適当に付けられていたりするところもあるかもしれませんが、それは今後改善したほうが良いかもしれません。

特に既製品を売っている店舗さんの場合は、JANコードや製品コード、商品コードは、きちんとメーカーの番号に対応した物を登録しているほうが評価は高くなると言うことに繋がります。

オリジナル商品を取り扱っている場合でも、商品コードを付けるとき、その商品の内容を示すような商品番号を付けるほうが、好ましいと言う事になります。

SEO対策はどんどん変わっていく。ページに何が記載されていて何をうっているかがロボットでもわかるようなお店作りを目指していこう

一昔前、モール出店のお店だと、画像をひたすら並べていることも多かったですが、このように、meta keywordが重視されなくなったり、商品番号(とくにURLに変換されるようなところは)などが重要視されていくと、ページの内容を示すものを検索ロボットに正しく認識させるには、適切なキーワードをページ内に記載する必要があるわけです。

しかし、それもページの中で対象になっているところがきまってくると、いよいよ小手先の裏技は使えなくなって来てしまいます。

今後も色々検索に対するルールは変わっていくとおもいますが、物販でネットショップで売り上げを上げたい、と本気で思っている方は、売れる商品を見つけてくることも大事ですが、売るための方法や売る場所(ネットの世界)の事も良く知って、一番良い立地で商売が出来るようにして言って欲しいなとおもいます。

SEO対策の専門業者にも色々ありますが、自社にあったSEO対策を施して、まずは自分たちで出来るところから初めてみませんか?
ヤフーショッピングでのネットショップ暦の経験も活かし、アドバイスも行っておりますので、ヤフーショッピングのご相談もお待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

 

出店方法に合わせた商品画像の作り方 楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合 【ネットショップ運営ノウハウ】

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は昨日の続きで、ネットショップにとって不可欠な「商品画像」の作り方についてお話したいと思います。

モールに合わせた商品画像を作る事を私は推奨しています。昨日は、Amazonの作り方を具体的に説明いたしましたが、今日は、ショッピングモール感が強い、楽天市場・ポンパレモール・ヤフーショッピング用の商品画像の作り方を具体的に画像を見ていただきたいと思います。

(関連記事)

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールに出すなら、背景画像は魅力的に作るべし!ライバルに差を付けて
「わかりやすく」「見やすく」「買いたくなる」画像を作ろう

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合、商品検索をすると、該当する商品があるだけ全部店舗ごとに並びます。
アマゾンさんのように、商品ごとにまとめられたりはしません。

商品名に入っているキーワードを元にすべて表示されます。
ですので、たとえば、私が今使っている

nanocareの卵型イオン発生器

を検索してみても、取り扱っている店舗の数だけずらーりと並びます。

価格も重視だが、商品を具体的に見てみたいと思わせる画像作りは大事

楽天市場やヤフーショッピングで買い物をする人の仲には、「何気なく」ウィンドウショッピングを楽しむ感覚で商品を探している人も居ます。
そういった人にアクセスしていただき、購入へ導く事が、ネットショップの売り上げを上げて良くコツになります。

 

ですので、楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールさんに出すときの商品画像は「魅力的」かつ「何かがわかる」という画像つくりをする

では、具体的にはどう作れば良いのでしょうか?
たとえばで作ってみました。

まずは、Amazon用の画像だとこんな感じです。

商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。
商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール用だと、こんな感じにぐらいは工夫したほうが良いと思います。

商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。
商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。

 

どちらも同じ画像のみ使用し、(サーキュレーターのみです)あとは、装飾しているだけです。

こういった工夫をするだけでも、一覧で見たときに見栄えが違いますね。

楽天市場やヤフーショッピング、ポンパレモールを利用する客層としては、「なるべく安く」「お買い得」に買いたい。出来れば商品の事も良く知ってから買いたいという方が多くいらっしゃる、主婦層を中心とした一般的な方が多いので、広告めいた画像作りが効果的です。

Amazonはどちらかというと決めうち(これを買う)と決めて値段を探しにくる男性的なお買い物が多い傾向

今までの経験上、Amazonでお買い物をする層としては、男性的といいますか、「これを買う」と決めて探して購入される傾向が多いように感じます。

ついで買いもあまり見られないのは、Amazon発送の商品がほとんど送料無料対象な事もアリ、必要なときに買えば良いという方が覆いからのように感じます。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールは、女性を意識した商品画像作成が効果的

面倒な作業になりますが、Amazon用はAmazon用、そのほかのモールはそのほかのモール用の画像作成を推奨します。
こういった面倒な事をやっているかやって居ないかで、お客様の流れを引き寄せるか引き寄せないかが変わってくると思います。

Amazon用は画像をくりぬくだけで良いので、そういった簡単な作業は外注に依頼するなど、人手間をかけて、店舗の売り上げを上げる事にどんどん力を入れていって欲しいなと思います。

nekonomoridesignでは画像のくり貫き作業も格安で承ります。

作業時間・納期・作業内容・商品によってお見積もりを個別におだししますので、頼んでみたいというかたは、お見積もりだけでも是非お待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

関連記事

 

ネットショップを始めたい 自分で作った物をネットショップで売る方法 やり方 ノウハウについて

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
ネットショップをしてみたい・・・そう思う人はたくさんいらっしゃいます。
そんな方々の夢をかなえるために、私は、経験上、これはこうしたほうがいいよ、というアドバイスをこのブログを通じてさせていただいております。

そして今日は、昨日に引き続き、商品の仕入れ方や販売方法についてのノウハウを提供したいと思います。

自分で作った雑貨などをネットを通じて売りたい!ネットショップを持ちたい!

子供用のマスクを手作りしたり、通園バッグと作ったりしていて、裁縫が楽しくなってきていろいろ作るようになった、ハンドメイドでネックレスやピアスを作ったりしている、猫が好きなので自分の猫グッズをつくったから売ってみたい。

そんな夢を抱いている方はたくさんいらっしゃると思います。

自分が1から丹精こめて作った物を誰かに使ってもらってみたい。売れるかどうか試したい・・・

そう思った方にお勧めな販売方法をいくつかご紹介したいと思います。

ヤフーオークションで売る

登録料0円
出品にはYahooIDが必要
ど定番過ぎますが、このオークションが一番良いかもしれません。
オークション形式なので、値段がつくかどうかもわかりません。1円スタートにしてみて、気づいたら数円の値段しかつかなかった・・ということもあるかもしれません。

ですが、ネットで物がこれだけ大量に売られている時代に、自分が作ったものがどれだけの価値と思われているのか知るためにも、一度、オークションに出してみるのも良いとおもいます。

オークションで販売すると言っても、きちんと、商品説明の販売用の文言は書かなければいけません。
アピールポイントと言っても良いでしょう。それをどれだけ熱意をこめて文章に出来るかが、ポイントになってきます。自分が作った物をどうしてお勧めしたいのか、ここがいいよ、と言うことを伝えられるかどうかで、売れるかどうかは決まってきます。
商売のノウハウを知るためにも、技術を磨くためにも、まずは自分の作った物を買ってもらいたい!と強く願い、それを言葉にする事が大事です。

ヤフーショッピングに個人出店する。

登録料0円
出品にはYahooIDが必要
ヤフーショッピングが、昨年(2014年)に出店料を0円にしました。これにより、個人でもお店を持つ事が出来るようになりました。
ヤフーショッピングといえば、アマゾン、楽天市場に次ぐぐらいの有名なネットショッピングモールです。

法人店舗も多い中、そこに参入できるのは非常に珍しいことです。
商品の写真もきれいにとれるようになり、売る言葉もしっかりとできるようになり、自分の商品にきちんと値段が正しくつけられるようになってきたら、一度出してみても良いかもしれません。

ラインモールに出してみる

登録料0円
出品にはLINE IDが必要
ラインモールとは、ラインが提供している商品売買サイト。
ラインがすべてを管理してくれるので、お金のやり取りなどもラインがやってくれる。気軽に出品できるのもあるが、活性化しているのかどうかが不明。
案外高級品系が売れている傾向が強い?

minneに出品

GMOベパポが運営しているハンドメイド専門のショッピングサイト。
手作り物しかないので、非常に良いが、その分、ライバルも多いと言うこと。たくさんの作家が出品しており、競争は激しいものの、このサイトで買うお客様は、そのほとんどが手作り・ハンドメイド物がほしくて買いに来ているので、購入してくれる率は非常に高い。

商品に自信がある場合は是非薦めしたい。
取引は、すべてminneが代行してくれるのもありがたい。

 

手作り物をまず売ってみたい場合は、こういったサイトに登録して、売り始めてみるのも良いとおもいます。
インターネット通販は、いまやさまざまな形態の物が出ており、商品に応じて、売りたい物に応じて出品するのが良いと思います。

個人的には完全ハンドメイド物をうるのであれば、minneさんかヤフーショッピングに出してみて反応を見てみるのが良いかと思います。

ヤフーショッピングの場合は、自分で取引のやり取りをする必要などがあるため、かなり実践的なネットショップらしい事をする事になります。

いろいろな特徴をもつネットショッピング。
あなたのスタイルに合うネットショッピングをぜひ運営していってくださいね。

それではまた。