タグ別アーカイブ: 仕事

家事代行を頼みたいくらい忙しくなっています・・・。格安家事代行サービスを発見

こんにちは。大変ご無沙汰しております。
猫の杜デザインのyoshyです。

最近、お仕事のご依頼をいただきまして、この1ヶ月ほどそのお仕事に奔走しておりました・・・。
いただいたお仕事は、日常の仕事から帰ってきて夜の時間を使っているので、どうしても24時間と言う中でブログに時間を取る事ができませんでした・・。久々の更新で嬉しい限りです。ハイ。

在宅の仕事がもらえた!=家事をする時間が無い!

・・・と、お仕事をいただけるのは非常にありがたい事ですし、家計も少しは楽になるといいなとおもい、やりがいとともにWでハッピーになるので通常勤務が終わってからのプライベートタイムを仕事に割くこともそれほど苦でもなかったのですが、唯一・・・どうしても気になっている事が・・

家事をする時間がゆっくりとれない・・!

ということ。

幸いにも、相方(主人)が家事を積極的にやってくださる主夫型なので甘えてお願いしてしまっていますが、それでもどうしても、気にもなりますし、主人にもゆっくりしてもらいたいと思うのが本音です。

気がつけばもう明日からは師走。12月。
大掃除もある。
でも、頼まれている仕事もできれば全部年内に仕上げたい。
・・・時間が・・・足りない。

CMでダスキンさんとかイオンの家事代行とか見ると、ちょっと興味がわいてきます・・が。ネックなのが・・

値段が高い!!

エアコンとかもやってくれたりすると思うのですが、「数万円」はちょっと・・・。

時間単位で何か家事とか知り合いに頼みたい、っていう程度くらいの依頼ができたらいいのに・・・と思っていたところ、こんなサービスを発見してしまいました。
家事代行サービス casy カジー 1時間2,190円~

首都圏がメインだそうで・・調べて見ると、私の住む愛知県はまだサービスエリア外でした・・(泣)
が。
コレこそまさに私が探していたサービス。

それほど専門的では無くてもきっちりと掃除してくれると言うのが欲しかったのです。もちろん、このサービスも厳しい審査に合格した人しかスタッフにはなれないそうですので、技術もある方ですし、やってほしい箇所をやってくれるそうです。

年末、一気にガッと大掃除したいとおもっても一人じゃちょっと難しいですし、こういうの本当いいと思うんです。
とくに換気扇とか、オーブンとか、綺麗にピカピカにしようとおもったら半日はかかりますし・・。

手間をかける時間をお金で買うという考え方で家事の代行はアリだとおもう。

本来なら、自分でやったほうがいいのはわかっています。
ちょっと前までの私もそうでしたが、「やらなければならないこと」「やりたいこと」の優先順位が変わってくると、その一番優先したい物をするために「お金」や「自動化」で解決できることは解決していくというのはある意味アリだと思うようになりました。

仕事を一所懸命する人が、家政婦さんを雇ったりする理由がちょっとだけ実感できるようになってきました・・・。

とはいえ・・この家事代行サービス、私の地域ではできませんが、できる地域の方は是非活用してみてはいかがかな?と思います。
掃除を専門的に行う人のお手並み・技術を拝見する機会にもなりますし、逆に、掃除する側の人になることもできるそうですので、掃除する側になってみたい方も一度サイトへアクセスしてみてはいかがでしょう?

家事代行なら1時間2000円のSwipp[スウィップ]

と言うところで、今日はこのあたりで失礼します♪

ネットショップ運営ノウハウ 集客力・購買率はアップの方法 休業日の設定と、土日特別営業日は判りやすく

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
がっつりシルバーウィークを休んでしまいました。

ここ最近、土日もずっとお仕事をしていて、プライベートの時間と仕事の時間があいまいになっていて、自分の中でバランスが崩れかかっていたので、ちょうど良い機会と思い、友人との外出の予定も結構あったので、ブログの更新もせず、アイデアなどをアイデアノートに書いたりするだけにしていました。

そんな中でも、ちょっと気になった事があったので、それを今日は記事にしたいと思います。よろしくお願いします。

敬老の日のプレゼントを贈り忘れていた!
ギリギリでも間に合う、と書いてあるネットショップで注文!
・・・でも、営業日が明確でなくて戸惑った

ネットショップでギリギリの注文がどれほどいやなのかは、受注スタッフの経験もある私としてはよく理解しているつもりだったのですが、この連休に入るまで、敬老の日がこのシルバーウィーク中に来る事をすっかり失念していました。

敬老の日のプレゼントを贈っていないと気づいたのは金曜日の夜・・・・。

もうどのネットショップも連休前の営業を終えた後でしたので、もう最悪の場合、連休明けでもいいけど・・・と思いながら、楽天市場の「あす楽」と、「今からでも間に合う!敬老の日の贈り物特集」のページを見ていました。

すると、「今からでも間に合う!」というページに掲載されているネットショップにアクセスしてみると、トップページにこんなバナーを発見。

「9月20日15時までのご注文は当日発送!」

おおお・・・これ、間に合うじゃないかー!
と思ったのですが、サイドバーナビゲーションのところのカレンダーを見ると、

「土日はおやすみです、ご注文の返事はいたしません」

・・・ん??

書き入れ時で特別営業中であれば、明確に表示するべき

結局、トップページには、「発送します」とは書いてあったものの、他のページを見ると、土日祝日は連絡しません、という事が書いてあったので、何だかちょっぴり不安になってしまい、結局そのお店では購入を断念しました。

書き入れ時で、実際にはそのバナーのとおり、営業をなさっていたのかもしれません。

しかし、営業日カレンダーが休みとなっていると、やはり躊躇してしまいました。

業種、取り扱い商品によっても違うと思いますが、もし、特別営業をするのであれば、「発送します」というだけの表記だけではなく、営業日カレンダーも営業中にしたり、

「●日と●日は営業しています!」

と書いた方が、

「このお店はこの時期だけ特別にやってくれてるんだー!すごい!ありがたい!!」

と、購入する確立があがるはずです。

結局、私が購入したのは、「営業している事が明確」で、「お届け先の近くの地域のネットショップ」だった。

母の日、父の日、敬老の日、に贈る物というのは、出来ればその日に届けたい物。
しかし、うっかりわすれてた、と言うこともあります。
そして、そういった特別な日に送る物を取り扱っているネットショップさんであれば、購買がアップするチャンスでもあります。

そんな時、「営業していること」は先ほど申し上げたように明確にする事が一番大事ですが、それ以外にも大事な点がもう1つ。

届け先に間に合う地域のネットショップかどうか

と言うことです。

九州・東北地方・沖縄・北海道・四国・離島

特に敬老の日ともなれば、地方在住の祖父母に送る事も多くなります。
そういったとき、そのネットショップの商品の発送地も重要になります。

たとえば、営業をしていて、良いなと思う商品があったとして、それを東北地方に送りたい、でもお店は、九州地方のお店だった、と言う場合、明らかに運送状況からして、荷物が届くのが遅くなることは明確です。

都市部であっても、九州・東北・沖縄・北海道・四国・離島の場合はお届けまでの時間がかかる場合もあります。

ギフトの場合は届くかどうかも大事なポイント。
ギフト系商材を扱っている場合は、何日で通常届くかという事を
明確にしていると利用しやすい

とあるお店を閲覧したとき、今回、私は宮崎県への荷物だったので、たまたまそのお店からだと敬老の日に間に合わない地域にあったお店だったので購入を断念せざるを得なかったのですが、そのお店は、日本地図を大きく表示し、

  • 通常翌日届け可能地域
  • 通常翌々日届け可能地域
  • 通常3日以上かかる地域

と言うのを色分けして表示していました。

おそらく、細かい地域によっても届かないところもあったりはするでしょうが、こういったものが商品ページから判りやすくリンクされていると、購入する側としてもとても安心出来る要素となります。

グルメ・ギフト系で購買率を上げたいなら、「注文~届く日」を明確にすることで、購入したいと思う率がアップする。
たとえ少し高くても、届くなら購入する

いまや、ネットショップでグルメ系、ギフト系は本当に乱立しています。

そういった中で、購買率を上げるのであれば、「届くこと」の安心感を与える事が1つの手段であると私は思います。

色々こだわりを長々と画像で連ねる事よりも、

「届くのか」「届かないのか」

で、購入する層もいると言うことです。

発送関連の環境が自社で整っている場合、ギフト系の時期であればそこに人員を集中させて対応する事で売り上げがグッと伸びると私は考えます。

届くのであれば、多少割高でも買う層は存在するのです。

特にお届け物、贈り物の場合はそれが顕著に現れます。

他社との価格競争でついていけなくなって戦略に困っている場合は、そういった違う方面からの物の見方をして、売り上げを維持・アップすることも考えていくこともアリかと思います。

最後に。長崎のカステラ屋さん、ありがとうございました。
無事に宮崎に、敬老の日の朝に届けていただきましてありがとうございました。

誰かの為に頑張るという幸せ 自分の持てる能力を最大限に活かすと言うこと

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は、ある会社の社長様とお会いさせていただき、色々とお話をさせていただきとても有意義な時間を過ごしてまいりました。

貴重なお話をたくさん聞く事が出来ました

以前から交流をさせていただいていた方なのですが、この度、事業を大きく展開していくご予定と言う事で、色々と貴重なお話を聞かせていただく事が出来ました。

デザイン系・Web系の畑にしかいない私にはどの話もとても面白く、今後の事をお話されている姿を拝見させていただいただけでも非常に刺激になりました。

頑張っている姿を拝見して、心から応援したいと思った

私は昔から本気で頑張る人が好きです。
何でも良いのです。その人が真剣に頑張ろうとしていることを一所懸命頑張っているのを見て、自分が出来る事があって、その人に頼られれば全力で力を発揮したいと思うのが私の性分。

今日、お話を聞かせていただいて、心底、全力で私が力になれる事があればさせていただきたいと思いました。

誰かの為に何かをすると言うことに喜びを感じると改めて実感

前職を退職して、現在の職に就いてから心の中にずっと何か引っかかっていた事があったのですが、今日お会いさせていただいた社長様とお話をしていて、そのつっかえていたものが何か気づきました。

それは・・・

私は誰かの為に頑張ると言うことに一番の幸せと喜びを感じる
自分の持てる能力をもって、全力でサポートすること

その事に一番の自分の喜びと生きがいを感じるんだと確信できました

情熱が伝わってこない依頼にはたとえ自分が出来る能力の範囲内の仕事であってもやりたいと思えて無かった事に気がついた

IT化が進み、仕事の依頼もネットで発注と言う時代になってきて、実際私自身もネット経由でお仕事を探したりしているのですが、コンペ式などの仕事を受注するときも、お仕事の依頼内容を見て、発注者の熱意や情熱が伝わってこない依頼のものはいくら金額が高くてもやってなかったなと言うことに気がつきました。

そして、勤務先での仕事でも、依頼主の意図や情熱が伝わるものはたとえ自分の知らない事があっても頑張って調べたり聞いたりして仕事を進めていますが、単に「儲けたい」というだけの理由でやる事になった仕事に関しては自分の好きな仕事のジャンルであっても、やっているのがとてもつらく感じていると気づきました。

自分の「仕事」と言うものに対する価値観がわかった瞬間

今日の出会いにより、より自分の方向性が明確になった事でかなり肩の荷が下り、同時に、自分自身の中でも「儲けがあるだろうから」という理由だけで進めようとしていた事をいったん立ち止まって考える事にしました。

人との出会いは本当に大事だなと思いました。
ご縁を大事にさせていただいて、自分の持てる能力を存分に発揮してお役に立てる人になっていきたいと思いました。

それでは今日はこのあたりで。

 

楽天うまいもの大会 in名古屋 JR高島屋で開催中の中 楽天スーパーセールも始まって出店企業さんのスタッフが気になった

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
9月2日~9月8日まで、JR名古屋タカシマヤ10階催事場で、楽天市場うまいもの大会が催されています。

毎年凄い人出のあるイベント。
出店は実際に楽天で商売をされている方が対面販売で自社の商品を売るという形式で催されています。

楽天スーパーセールが9月5日からある中、さらに楽天うまいもの大会にも出店しているお店のスタッフさんが気がかりになる

楽天市場に出店しているお店がこの楽天うまいもの大会にも出店しているのですが、リアルでこのイベントに参加している店舗さんにも例外なく、この週末から開催される楽天スーパーセールに関わる事になります。

店舗運営の仕方にもよるとはおもいますが、やはり、スーパーセール時は、普段よりも注文は多いはずです。

楽天うまいもの大会に出ているスタッフさんはネットの方の対応には回れないのは明らかだとすると、ネットの方の対応の人出は不足した状態でスーパーセールに挑むことになるわけです。

どちらの方の仕事の担当になっても、お互いの忙しさは計り知れず、そしてかなり手一杯で疲弊しそうな姿が目に浮かびます……

楽天の度重なるセールに振り回されてネットショップの仕事が嫌いになる人も出てきたりすることも。

楽天市場の店舗に力を入れているネットショップの場合、楽天の会員というメリットもあり、力を入れてネットショップを展開していることかと思います。

ネットショップにとって、サイトにアクセスが無かったり、検索の上位に引っかからない限りは物が売れません。

ですので、楽天市場という大きなモールが人を集客し、その恩恵を受けているというのは否めない事実であります。

しかしそれ故に。

楽天市場が行うセールに売り上げを影響されるというのも事実です。
特に大きなセール前は買い控えになり、セール期間中に爆発的に物が売れ、全国的に出荷量が増え、運送が逼迫する……というのは何度も繰り返しおきています。

セール期間中の爆発的な売れがセールが終わると、注文は途端に収束。セール期間中に買ったお客様が熱が冷めてキャンセルを申し出てきたりする事もあります。

セール期間中の大量の注文をさばくのに本当は人を増やしたいところではありますが、通常日に手持ち無沙汰になる可能性を考えると人を安易には増やせない。

かといって臨時バイトに務まる仕事かと言えばそれもまた疑問。

ということで、ネットショップは人員配置が非常に難しい業界とも言えます。

人員配置が難しいネットショップのオーナーさんたちがどのようにセールとうまいもの大会の人員配置をしたのかが気になる

話をうまいもの大会に戻しますが、このように実体験的にネットショップは少ない人数で仕事をしているところも多い中、楽天うまいもの大会とスーパーセールにどのように人を配置したのかと思うのです。

とはいえ。うまいもの大会に参加できる店舗さんは運営を日頃からきちんとされていて少し余裕がある人員で仕事をなさっているのかもしれません。

とにかく思うのは……うまいもの大会にもスーパーセールにも対応されるスタッフさん、経営者さん、どちらもお身体を大切にして頑張ってほしいなとおもいます。

……楽天さん、集客してくださるのは嬉しいですが、実際に運営されてる店舗さんの意見や立場も考えてイベント企画してほしいなあと思ったりしました。

ネットショップ運営において重要なのは在庫の管理能力

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は久しぶりにネットショップについて語りたいと思います。

ネットショップ運営において大事なのは「在庫」をどう回すか

言うまでも無くなのですが、物販をするネットショップにおいて何よりも重要なのは【在庫】のあり方です。
売れる時期に在庫がないと商機を逃しますし、
売れない時期に在庫があっても不良在庫になり、商品価値も下がります。

その在庫の管理が上手く出来てこそ売り上げも変わってくるといても過言ではありません。

新商品を入れたくても在庫が圧迫して入荷できないというジレンマは非効率

断捨離の話にも共通しますが、、新しい物を手にするためには「古いもの」を捨てなければ決して良い物が巡ってこないと思っています。

在庫もそうで、「いつか売れるかもしれないから」という保険のためだけに在庫をおき続けているのは、あまり好ましい状態ではないと私は思います。

倉庫など保管場所に余裕があり、管理もきちんとされているようなところであれば問題ないかもしれませんが、たいていの会社の場合、自社在庫倉庫に加え、外部倉庫とも契約して荷物を保管していることもあると思います。

外部倉庫を使用するほどおいておかなければならないのか、もう一度見直すべきだと思います。

新しい物を入荷できるスペースを確保し、古い在庫は、腐ったり劣化しにくい商品であったとしても商品価値が下がっていくと言う認識を。

「いつか」の為においてある在庫は、永遠使える物とは限りません。たとえ劣化しない商品を取り扱っている場合であっても、すべてのものに「経年劣化」は生じます。

それでも価値が下がらず売れるものなのかもしれませんが、やはり、本当の意味では商品価値は下がっているのです。

そして、「いつか」の時の為においてある在庫が本当に必要かどうか、その在庫を処分して、新しい物を作ったり入荷できる余裕があるほうが、新しい商品で更なる売り上げアップも見込め可能性があるわけです。

劣化していない&いつか売れたときのため

と言う商品を今一度見直して、新しいフレッシュな商品を常に問い入れられる余裕作りが、ネットショップでの物販を成功させていく秘訣です♪

是非、参考にしてみてくださいね。

それでは今日はこのあたりで。

EC CUBE カスタマイズメモ さくらインターネットサービスをサーバにしていて決済ページがエラーになる場合の対処方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
13日~16日までお盆休みで、会社員と二束のわらじをしつつ家庭内では妻と言う立場でもある私なので、何かと家の事をしていたりしていたので、結局会社のお休みと連動して、副業のほうもいったんお休みにしておりました。

お盆もあけ、いよいよ後半戦!
(私の中ではお盆が半分と言う感覚で・・・)

後半ラストスパートでがんばって、本業(このブログやら家でやってるクリエイティブのほう)一本になれるように精進する日々です。
そして今日は久しぶりにEC CUBEのカスタマイズについてのお話。

EC CUBEのインストールサーバーを
さくらインターネットサービスにしている人は要注意。

さくらインターネットサービスにEC CUBEをインストールしている人で、カスタマイズをして居る時に、決済モジュールのインストール後に、テストをしてみたところ、「動かなかった」「エラーがでた」ということはありませんでしたでしょうか?

さくらインターネットサービスは、「属性」の数字を変えないとエラーを引き起こす

エラーログをメモしてとっておくのを忘れてしまったのがアレなのですが、モジュールのインストールは無事おわっていてエラーも出なかったのに、カード決済のテスト注文をしてみたところ、エラー画面になってしまいました・・・。

良く調べてみると、なんか、読み出せないよ、っぽいエラーだったと思います。

さくらインターネットサービスを利用していて、ソニーペイメントサービスを利用の場合は以下のファイルの属性を変更すれば解決

html/shopping/load_sln_payment_module.php

このファイルの属性を、FFFTP上で、右クリック>>属性の変更で

644

にしてあげれば、直りました。

さくらインターネットサービスは、属性が通常とちょっと違うようで、このファイルの属性がおかしいと、エラーが出るようでした。

是非、さくらインターネットサービスでEC CUBEを導入しようとしていてエラーが出た方は、この属性を一度調べてみてくださいね!

お役に立てたでしょうか?
それでは、今日はこのあたりで失礼します!

物が売れる理由

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
物を売るという仕事をしている方で、一生懸命「売れるもの」を探す人は多いと思います。
よく、取引先とかの営業さんとの打ち合わせでも

「何か売れるものない?」

なんて会話を耳にしますが、早々「売れるもの」をその人がわかっていたとしても、やすやすと「これ売れますよ」なんていうことはいいませんよね?

日常生活にこそ「売れるもの」のヒントはある

仕事を一生懸命しているのに、売り上げが上がらない・・売れない・・と言う人は多いですが、そもそも「一生懸命仕事をする」=「売れる」と言うわけではありません。

物を売る仕事をしている人の中でも「BtoC」と「BtoB」に業種がわかれますが、しかしながら行きつく先はどちらも「C」の購買意欲を掻き立てられる物を見つけられるかどうかにあるのは間違いないです。

BtoBでも、Cの心をつかめないとやがて廃れる

BtoBとは、すなわち、Business to Business。卸売り系がそれに近いですが、では、その取引先の会社さんは次にどこに売るのかと言うと、「C」つまり、Customer = 一般消費者 に物を売るのです。

と言うことは、逆を返せば、一般消費者の動向をわかっていない卸業者が取り扱う商品を買いたいと思う会社はあるか?ということに繋がります。

一般消費者の気持ちを理解するには、一般消費者と同じ目線で物事を考えるべき

取り扱う商品によって、ターゲット層は違えど最終的な購入者は一般消費者であるという意識を持つのは正しいことだと私は思います。

そして、それを踏まえたうえで、仕事をする再に「自分が一般消費者だったら、この価格帯でこれは買うだろうか」と言う事を意識しはじめると、「売れる」「売れない」がだんだん判ってきます。

ただし、ターゲットとする消費者の層を間違えないように注意する事

一般消費者目線で物事を考えたとき、自分の消費動向にだけで考えては失敗します。
たとえば、

高級なドレッシング 1本 1,898円
高級なドレッシング 1本 598円

があったとします。

どちらも高級なドレッシングですが、こんな違いがあったとします。

1,898円のドレッシング
お値段相応の高級素材を使い、コレステロール値を気にする人やダイエット志向の人にもお勧めできる高級なオイルを使用したドレッシングです。

598円のドレッシング
高級素材にこだわったのは一緒ではあるものの、オイルなどは一般的なドレッシングとさほどかわらず、パッケージデザインも少し高級感はあるものの、スーパーで並んでそうな少しお値段が高いドレッシングです。

この二つがあった場合、「ダイエット志向でお金に糸目を付けなさそうな健康志向の人に買ってもらいたい」と言う場合であれば、取り扱うべき商品は、1,898円のほうになります。

しかし、自分目線だけで考えてしまうと、「安いほうが良いにきまっている」という考えにいたり、598円を選んでしまうでしょう。

広い視野で先を見据えた価値観で物を考える

物を売るとき、作るときに考えるべき事は「先のビジョン」です。
それを手にしたとき、こんな風に思いますよ、というベネフィット(特別感)をいかに想像してもらえるか、そしてそれを実現させてあげられるかが売れるか売れないかの境界だと思います。

今はSNSも普及し、共感出来るかどうかも売れるポイントになってきます。話題性を作りやすく、また、それを知っている事で優越感を感じられるようなもの、感じてもらえるようなものを見つける事こそが

【売れる商品】

を探せる先見の目だと思います。

仕事ばっかりしているのではなく、趣味も持って、いろんな価値観に触れて、何気ない日常生活の中にこそ「売れるヒント」と言うのは隠れています。

お仕事に明け暮れないで、是非、休暇は休暇らしく過ごし、世間一般の動向や消費動向に目を光らせたりするフィールドワークをする事も、ある意味では仕事のひとつとも言えます。

物が売れなくて困っている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

それでは今日はこのあたりで。

 

Filemakerを使って楽天市場やヤフーショッピングやAmazon用のCSVデータを一括で作成するソフトを開発したい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日のファイルメーカーワークショップに行ってから、色々考える事がふえてワクワクしています。

元から、FilemakerはCSVデータを扱うときはほぼメインで使っていたソフトウェアなのですが、いつも中途半端にその場しのぎ用でプログラムを自作して、入力をやりやすくしたりとかそういう程度にしか作っていませんでした。

勉強会に参加して、本格的に、各モール対応の商品ページ作成データベースをファイルメーカーで開発しようと思い始める

前に勤務していた会社ではネットショップをメインとした仕事をさせていただいていて、主に商品ページの作成を中心に店舗運営全般を全面的に何でもやっている、と言う感じでした。

商品ページを作るのは、デザイン系の仕事なので、PhotoshopやIllustratorを使用してお客様に見ていただきやすいページ作りをしながら、出来た画像を元に、各モールへは手作業で商品ページをアップロードしていました。

CSVデータで一括で上げていたのはAmazon店だけだった

楽天もヤフーも、CSVで一括でデータのアップロードは可能なのですが、それぞれにCSVアップロードの形式も違えば、ルールも違います。アップロードするファイルも違うので、何かの手違いでミスして、全商品ページをロストしてしまうのが怖くて、出来ませんでした。

Amazonは、その点、商品ページのCSVデータアップも比較的】判り易いルールだったのと、自分のところに商品の元データをもっておかないとAmazon側からデータをダウンロード出来る機能はないので(2015年夏現在)自分のところに商品マスターが絶対に必要な以上、最初からCSVで商品データベースを作っておくほうが良いと思いAmazonだけは最初からファイルメーカーベースで商品ページ用データーベースを作っていました。

在職中の夢。共通の商品マスターを元に、各店舗のCSVデータを作れるようにしたかった

Amazon用のシステムは構築したのですが、日々の業務が忙しすぎたのと、開発に使える時間が勤務中はほとんどなく、Amazon用のシステムも、同僚と自分が仕事を早く終わらせるために自宅で開発したものでした。

冒頭に申し上げたようにそのシステムを作るときに楽天用とYahoo用のシステムも作りたいという野望はあったのですがあいにくかないませんでしたが、今になって、もうその会社には所属していないので自分がそういう仕事をする事はなくなってしまっていますが、実際にこういうシステムがあったら良いなと思いながら過ごしているネットショップ勤務の人がいるのではないかという思いが消えませんでした。

ファイルメーカーベースの受注ソフトはがんばれ店長が得意なら、私は商品ページ作成に特化したFilemakerベースのデータベースを作ってみようと思う

ネットショップ運営をしている方にとって、時間を割くべきは、商品の選定・戦略・商品の調査、売るためのページ作り、SEO対策・集客などであって、アップロードする時間は短時間のほうが良いに決まっています。

売るためのページの画像などのデータが出来た後、スッとアップロードできれば、それに越した事はないはずです。

Filemakerがすきでページ作りも好きな私にしか出来ないかもしれない

CSSなどの知識も有し、HTMLの知識もあるので、そういうのを活かしながら徐々に開発していって、テンプレート的なものを開発していこうと思っています。

まだどういったもので具体的に・・・というのがないのですが、もし誰か困っている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談に載らせてください。
データベース開発にお力を貸していただける方も同時にいらっしゃましたらお声かけをいただけるとうれしいです。

近いうちにネットショップを自分でもオープンしてみようと画策中。

開発をするにあたり、やはり現場を知るのは大事だと思っています。
まだ個人事業主開業届けも出していないので法人契約がまだ出来ませんが、そう遠くないうちに出店して実際に自分でもネットショップ運営をもう一度したいと思っています。

忙しくなりそうですが、ファイルメーカーベースで何かネットショップ運営をされている方のお役に立てられればうれしいと思っています。

またこのFilemakerのソフト開発については進捗が在り次第お届けしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

フリーランサーや個人事業主に向いている人、向いていない人

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
会社員と副業の二束のわらじでがんばっている私ですが、大手企業に勤めているわけではないので、明日も明後日もその次も、会社に行くので今年のお盆休みは4日間。
会社勤めをしながら副業をしている私としては、出来るだけ副業で多く稼ぎたいのでこの休みの少なさはちょっぴり予定外ですが、会社の規則と会社勤務と言う安定感で生活を保っているので与えられた時間で有意義に過ごしたいと思っている今日この頃です。

フリーランサーや個人事業主になれば長期休みだろうと何だろうと関係なくなる

休みの日は、積極的に副業に時間を割くようにしているのですが、会社勤めでなくなるようになると、自分で休みの日と働く日を調整していくんだろうなーなんて、今日、作業をしつつ漠然と考えていました。

自由になる=誰からも縛られない=すべて自分で自分を律さなければならない

事になるんだなと改めて思いました。
そう思うと、休む日も、今は会社の都合に合わせて土日を休みにしていますが、自分でやるようになれば、その縛りをせず、平日に休みを持ってくると言うことも可能なんですね・・。

平日のほうがお得なことも多いので、自分で稼ぐようになったらそういった生活スタイルそのものも見直したりすることも必要になるなと思いました。

自営業者の両親はお盆休みだろうと何だろうと働いている

会社経営をしている父は、従業員さんの休みの都合もあるので会社を土日をお休みにしていますが、父そのものは土日であろうとずっと働いていることを思い出しました。

母も自営業者なので、お客様の都合に合わせて土曜日も日曜日も動き、その分、働く時間は自分で決められるので、折り合いを自分で付けているなと気づきました。

フリーランスや個人事業主は自分ですべてを決める世界。
自分で自分の事を決めたい人は向いているが、流されるままに従うほうが楽な人はフリーランスや自営業者・個人事業主には向いていない

人によって考え方はそれぞれですが、誰かに決められているほうがラクと言う人は、おそらくフリーランスや個人事業主のようなワークスタイルは向いていないのだと思います。

逆に、時間をコントロールされることそのものにストレスを感じるタイプの人は、自分でコントロールできる、自分で決められる環境に自分を置く事がストレスなく過ごせると思います。

二束のわらじの私は、とりあえずこの大型休み有効活用して、早く個人事業主として開業で切るように精進したいと思います。

皆さんも是非、せっかくの時間ですので、休養に当てるだけでなく、何か目標を立ててがんばって欲しいなとおもいます。

それでは、今日はこのあたりで失礼します!

Filemaker勉強会 in名古屋に行くので、名刺を印刷会社に出して作成。何かを始めたら名刺で自分をPRしてみよう

こんにちはnekonomoridesignのyoshyです。
明日は、いよいよFilemaker勉強会に参加してきます。
個人でこういった勉強会に参加するのは、社会人なりたての頃にやったっきりなので、とてもワクワクしています。

社会人になってすぐの頃は色々勉強したい気持ちが勝っていて、いろんな事を知りたくてよく会社以外でも勉強会とか交流会に行っていたのに、いつの間にかだんだん日々の忙しさに追われてそういうこともしなくなり、自分の中のコミュニティが会社内部と元からの友達だけという事になっていたのを今になって実感します。

独立を真剣に考え始めたからこそようやく気づいた。会社以外での自分の価値を知る大切さ

会社外の活動をして交流も持ちたいと再び思うようになったのは、やはり独立したい、会社に所属することなくお金を稼げるようになりたいと真剣に思ったからだと思います。

自分の力で仕事を生み出していく、自分のフィールドを自分で作ると言うことを意識して日々をすごし始めると、まもなく自分の力の限界を知る事になります。
そんな時、大事になるのが「人とのつながり」です。

一人で出来ないことも、力を借りてい一緒にともにWinWinの関係で何事もクリアしていく事が大事になってくると気づきました。

人との繋がりをいかに作っていけるかが会社を出てからも食べていけるかどうかにかかってくる。

会社外の活動をしている人というのは、おのずと自分と同じくらいの意識で、何かをしたいと思っている人が来ていると言うことだと思っています。
得意分野がそれぞれ違っても、お互いに切磋琢磨し、時には協力しあいながらともにそれぞれのビジネスを盛り上げていけたら楽しいだろうなと思っています。
そういった関係を構築するためにも、日々の業務だけではなく、「人に会いに行く」というのはとても大事なのだと思います。

名刺で自分を覚えてもらおうと思い、個人だけどオリジナル名刺を印刷所で作成。出来る事やどんな人物かを思い出してもらいやすいように似顔絵写真やPR文、SNSへの連絡先等、名刺を見て思い出してもらえるように工夫

名前を覚えてもらって、何かのときにふと目に留まって、その時に私の力が必要としてもらえるかもしれないという願いをこめて、名刺を作りました。

オリジナル名刺 自作 デザイン
オリジナル名刺 自作 デザイン

デザインも自分でし、両面にして、裏面に、お会いできた感謝の気持ちを伝える文章入り!

ちょっとくどいかな・・と思いましたが、名刺は埋もれてしまいがちなものなので・・何かのときにふと、【長々となんか書いてあった】という印象だけでも残れば良いなと思って作りました。

自分でデザインもして、結構満足。
印刷所に出したので、しっかりして、ちゃんとした名刺でした。

こんな感じで、会社外の活動をするときは、これから、配っていきたいなと思っています。

自分で何かを始めている人は、是非、自分を律するという意味でも、自分の名刺をオリジナルで作ってみてはいかがでしょうか?
出来上がったときはとてもうれしいです。

100枚でしたら数千円で出来るのでとても良いです。
自分でプリンターの用紙買ってくるより割安でコスパも良く、何より、自分で印刷するより断然、紙の質も良く、綺麗です。

印刷所へ出すデータの作り方などわからないと言う事があれば、わずかな手数料だけで代理で名刺作成もお手伝いさせていただきますので、何かある方は下記フォームからお問い合わせくださいませ。

それでは明日、Filemaker勉強会いってきます!