タグ別アーカイブ: 使い方

ネットショップを始めたい 自分で作った物をネットショップで売る方法 やり方 ノウハウについて

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
ネットショップをしてみたい・・・そう思う人はたくさんいらっしゃいます。
そんな方々の夢をかなえるために、私は、経験上、これはこうしたほうがいいよ、というアドバイスをこのブログを通じてさせていただいております。

そして今日は、昨日に引き続き、商品の仕入れ方や販売方法についてのノウハウを提供したいと思います。

自分で作った雑貨などをネットを通じて売りたい!ネットショップを持ちたい!

子供用のマスクを手作りしたり、通園バッグと作ったりしていて、裁縫が楽しくなってきていろいろ作るようになった、ハンドメイドでネックレスやピアスを作ったりしている、猫が好きなので自分の猫グッズをつくったから売ってみたい。

そんな夢を抱いている方はたくさんいらっしゃると思います。

自分が1から丹精こめて作った物を誰かに使ってもらってみたい。売れるかどうか試したい・・・

そう思った方にお勧めな販売方法をいくつかご紹介したいと思います。

ヤフーオークションで売る

登録料0円
出品にはYahooIDが必要
ど定番過ぎますが、このオークションが一番良いかもしれません。
オークション形式なので、値段がつくかどうかもわかりません。1円スタートにしてみて、気づいたら数円の値段しかつかなかった・・ということもあるかもしれません。

ですが、ネットで物がこれだけ大量に売られている時代に、自分が作ったものがどれだけの価値と思われているのか知るためにも、一度、オークションに出してみるのも良いとおもいます。

オークションで販売すると言っても、きちんと、商品説明の販売用の文言は書かなければいけません。
アピールポイントと言っても良いでしょう。それをどれだけ熱意をこめて文章に出来るかが、ポイントになってきます。自分が作った物をどうしてお勧めしたいのか、ここがいいよ、と言うことを伝えられるかどうかで、売れるかどうかは決まってきます。
商売のノウハウを知るためにも、技術を磨くためにも、まずは自分の作った物を買ってもらいたい!と強く願い、それを言葉にする事が大事です。

ヤフーショッピングに個人出店する。

登録料0円
出品にはYahooIDが必要
ヤフーショッピングが、昨年(2014年)に出店料を0円にしました。これにより、個人でもお店を持つ事が出来るようになりました。
ヤフーショッピングといえば、アマゾン、楽天市場に次ぐぐらいの有名なネットショッピングモールです。

法人店舗も多い中、そこに参入できるのは非常に珍しいことです。
商品の写真もきれいにとれるようになり、売る言葉もしっかりとできるようになり、自分の商品にきちんと値段が正しくつけられるようになってきたら、一度出してみても良いかもしれません。

ラインモールに出してみる

登録料0円
出品にはLINE IDが必要
ラインモールとは、ラインが提供している商品売買サイト。
ラインがすべてを管理してくれるので、お金のやり取りなどもラインがやってくれる。気軽に出品できるのもあるが、活性化しているのかどうかが不明。
案外高級品系が売れている傾向が強い?

minneに出品

GMOベパポが運営しているハンドメイド専門のショッピングサイト。
手作り物しかないので、非常に良いが、その分、ライバルも多いと言うこと。たくさんの作家が出品しており、競争は激しいものの、このサイトで買うお客様は、そのほとんどが手作り・ハンドメイド物がほしくて買いに来ているので、購入してくれる率は非常に高い。

商品に自信がある場合は是非薦めしたい。
取引は、すべてminneが代行してくれるのもありがたい。

 

手作り物をまず売ってみたい場合は、こういったサイトに登録して、売り始めてみるのも良いとおもいます。
インターネット通販は、いまやさまざまな形態の物が出ており、商品に応じて、売りたい物に応じて出品するのが良いと思います。

個人的には完全ハンドメイド物をうるのであれば、minneさんかヤフーショッピングに出してみて反応を見てみるのが良いかと思います。

ヤフーショッピングの場合は、自分で取引のやり取りをする必要などがあるため、かなり実践的なネットショップらしい事をする事になります。

いろいろな特徴をもつネットショッピング。
あなたのスタイルに合うネットショッピングをぜひ運営していってくださいね。

それではまた。

Adobe Creative Cloudを導入しました。PhotoshopCCとIllustratorCCについになった!

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
パソコンを元の状態に戻しつつ、仕事が再開できる状況にしようと、色々考えてきました。今まで、自分のPCにソフトが無いと不安になる人でしたし、正直、「クラウド」ってなんぞ?と思って敬遠していました。

クラウドは実はとても便利だった!インストールソフトがなくてもソフトのインストールができる、まるでスマホのアプリみたいなものだった

クラウドっというのはその名のとおり「雲」のように、自分の手元じゃないところを基準として、そのサービスを利用するみたいな感じです。ですので、インストールソフトもありません。全てダウンロードで済みます。

Adobe Creative CloudのPhotoshopやIllustratorならアカウントさえ覚えていれば、新しいパソコンになっても手間が少なく済む

今まで、そういうサービスに何となく信用も無かったりしたのですが、スマホが一般的になり、アプリやら使う事に慣れてくると、クラウドサービスの便利さにだんだん気づいたので、今回思い切ってクラウド型にメインシフトしていこうと思いました。
PhotoshopやIllustratorは元々容量も大きいですし、バージョンもしょっちゅう新しくなるものです。(新しくなっても使う機能はあまり変わってない、イラストレーターの場合だと印刷や取引先にデータを出すときにバージョンが新しすぎると開けないといわれる・・・とかもあったりはするのですが)デザインを生業にしようとしているのだから、もういっそ、新しいのに順次対応していけるようにならねば、という思いもあり、Creative Cloudのフォトショップ、イラストレータを導入することにしました。

Adobe Creative Cloudでイラストレーターやフォトショップを操作するのに必要なパソコンのスペックは?

実際にインストールしてみたのですが、両方、コンパネでみてみたら、1GBぐらいしか容量とってませんでした。
まあこれが大きいと感じるかどうか・・ですが、いまどきのHDDやSSDは容量もめちゃめちゃありますしね・・・ヽ(;・ー・)ノ
ソフトの容量的には問題ないのですが、もしかしたら、このソフトを動かす場合、メモリが大事になるかもしれません。
Windows7使用の私ですが、メモリがが4GBで、たまに遅さを感じます。エフェクトとかめっちゃつかったりすると、重く感じるかもしれません。
さらに、最新版が常にアップデートされるので、そのたびにメモリをくうような事が発生するかもしれません。

しかしながら、最新版が常にバージョンアップされる事も良いですし、クラウドストレージが与えられるので、データの保存をクラウド上に出来ます。これにより、自宅以外でもデータをいつでも参照できたり、携帯アプリと連携して、携帯でいじったりもできるようになり、とても便利になりそうなので、メモリを増設も今後検討していきたいと思っています。

まってました!待望のIllustratorの自動復元&自動保存機能!!

そして何より、メモリが不足していると陥りやすかったIllustratorの不具合!新しい機能?として、よくイラストレーターで発生してた「予期せぬエラー」的なことで保存されなかったり、レイヤーの選択をしている最中に何かバグが発生して緊急停止してしまい、

あああ・・・!保存してない・・・作ったデータ消えた・・・・
私の●時間返して・・・・

という悲しい事態が起きても、自動保存してくれている機能が付いたこと・・・ですかね。

実際、すでにもうその便利機能にお世話になることになりました(笑)

気持ちよく作業してたのですが、何かメモリを食っちゃったらしくメモリ不足によるエラーっぽいので落ちたのですが、「復元」というファイル名で、最新状態が保存されていました。

エクセルにはすでに自動修復・復元・保存機能があった

コレは本当に便利です。エクセルなどには結構前から付いていましたが、これ以外と大事なんですよね。やった作業量考えたら、エラーで消えたのに・・とやるせない気持ちなっていたのがなくなるわけですので、いい機能が付いたと思います。

話は戻って、photoshopやillustratorがクラウド化したら、フォントやブラシなどの追加はどうなるの?

フォントとかは、コレまでどおり、もっているフォントがあれば、Windowsのシステムにいれて使うだけなので問題ありません。

強いていうなれば、さらにこのクラウドからは、Adobe経由で、フォントのインストールも出来ます。結構いろんな種類のフォントが無料でダウンロードできます。
ブラシに関しては、今までどおりオリジナルブラシを使う事もできます。
オリジナルブラシもたぶん、クラウドの中に入れておけば、ずっと使えるのかも?しれません。

これからの私の新たな相棒PhotoshopCCとIllustratorCC

7月末までキャンペーンで、photoshopが月々980円、illustratorが1,980円で使えます。
かなり安いので、今のうちにGETがオススメ

お仕事日記2匹目 使いづらいExcel2013で、オブジェクトを一括選択する方法

こんにちは。nekonomoridesginのYoshyです。
今日は、Excel2013についてお話したいと思います。

エクセル2013でオブジェクトを一気に選択する方法

お仕事で、あるエクセルファイルの整理を頼まれた私。
そのファイルは、画像が平均40個ほどずつ詰まったデータだったのですが、整理する段階では、もう画像は全部要らないから削除して、という事でした。

整理しなければならないエクセルのファイル数はざっとみて30ファイル・・・

どうしてここまで誰も整理してこなかったのだろう・・なんて疑問もありましたが、任されたお仕事なので全力でやろうと思いました。

使い慣れていたExcel2007から、最新バージョンのExcel2013に変わって、まだ使いこなしきれて居なかった私・・。
確か、エクセルで、画像を一気に選択する方法があったなーと思いながら画面をカチカチするものの・・・

見当たらない!∑( ̄□ ̄;)

困った・・・・

コレは困った・・・。

こんな軽く40画像ぐらいあるのを全部クリックしながら30ファイルも整理してたら腱鞘炎になっちまうよ・・・ヽ(;´Д`)ノ

ということで、必死で探したら・・・・ありました。

1
↑こんな感じでいっぱい画像があったとします。(実際のデータは見せられないので、説明用につくってみましたw)

2
↑ホームのタブの中、「検索と選択」という双眼鏡みたいなアイコンをクリックして、「ジャンプ」を選択。

3
↑「セル選択」をクリックします。

4
↑選択オプションを聞かれるので「オブジェクト」を指定して「OK」

5
↑(≧∇≦)b 上手にできました~~~~

6
↑上手に選択できたんで、Deleteキーを押せば、簡単に消去できます。

こんな感じで、何とか、オブジェクトの一括選択が出来ました・・。
とはいえ、大量の画像データと、その整理を30ファイルもやり、しかも1ファイルあたり平均2シートもデータがあったので、日本社会の、「全てエクセルで何とか整理!」という風習を本当に止めて頂きたいなと改めて実感した今日この頃でありました。