タグ別アーカイブ: 修正

EC CUBE 2.13.3カスタマイズ 注文確認メールに支払い方法別に振込先などの情報を表示・挿入したメールを自動作成する方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
勤務先のEC CUBEサイトのカスタマイズで相変わらずひーひーいうてますが、いよいよ、運用に向けて動き出しているのですが、テスト注文をしたりしていたとき、ふと、気になった事がありました。

銀行振り込みとかの場合で入金先の連絡とかどうすればいいの?

あらかじめEC CUBEに備えられている注文確認メールでは、銀行振込先なんて記載はありません。かといって、支払い方法によってテンプレートを変えて送信できるというような某モールのような便利機能も見当たらなかったので・・・・ふたたび自作カスタマイズとなりました。(泣)

メールテンプレートの格納場所は・・・
data/Smarty/templates/defalt/mail_templates/

この中のテンプレートの、order_mail.tplをいじっていくのですが、いじる前に必ずバックアップやコピーを作製しておきましょう。

order_mail.tplで、支払い方法が「銀行振込」だった場合は、入金先をメール内容に入金先の案内を挿入させるカスタマイズ

━━━━━━以下コピー ━━━━━━━━━━━━━━━━

<!–{if $arrOrder.payment_method == “銀行振込” }–>
————————————–
【お振込先のご案内】
銀行名 :●●●銀行
支店名 :▲▲支店
口座番号:普通 xxxxxx
振込先名:★★★ ★★★

※お振込手数料はお客様ご負担でお願い致します。
※ご注文後1週間以内にお振込ください。予めご了承下さい。
————————————–
<!–{/if}–>

━━━━━━ここまで ━━━━━━━━━━━━━━━━

↑この内容で、  == “銀行振込”  のところを、支払い方法に登録してある支払い方法にする事で、その支払い方法のときだけ、 if で囲んである中の内容が表示されるようになります。

これを、order_mail.tplの、
<!–{if $arrOther.title.value}–>

↑こういうのが書いてある真下くらいに挿入すると良いです。(おそらく38行目あたりだったかと・・・・)

こうしておけば、ご注文があった時点で自動返信でいくこの注文確認メールに、すでに振込先を掲載出来るのでとてもラクチンです。

是非ためしてみてくださいね♪

EC CUBE 2.13.3 クロネコヤマトB2のプラグインが動かない。ボタンが配置されない CSVがダウンロード出来ない

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
本日また、勤務先で躓きました・・・。
EC CUBE 2.13.3です。

ようやく、運送会社も決まり、配送システムの環境も整ったので
EC CUBEに、プラグインでクロネコヤマトB2用のを入れたのですが・・。

受注管理画面にクロネコヤマト用B2のボタンが表示されませんでした。

プラグインの競合として、ソニーペイメントサービスがあがっていたので
それも無効化してみたりもしたのですがぜんぜんダメ・・・。

苦肉之策で、クロネコヤマトB2用のプラグインを配布なさっている会社様(ボクブロック株式会社様)に連絡を取ったりもしてみたのですが、色々デバッグ(プラグインを削除してみたり入れなおしてみたり他のプラグイン無効化したり)したのですが、結局ダメでした。

プラグイン開発会社さんも初めての経験だそう

開発会社さんの担当様によると、ボタンが現れないというのは初めてだそうで、前例が無く、プラグインの不具合なのか、何と競合しているのかもわからないと言う事で、さじを投げられる格好になりました。

結局のところ、デバッグするほか無く、

  • 新しいサーバに新品のEC CUBE2.13.3をインストール
  • クロネコヤマトB2 2.13対応版プラグインをインストール
  • 受注管理画面を確認

これで受注管理画面にボタンが出なかったらプラグインの不具合なので修正しますということでした・・・。

今日は職場のサーバー管理者がいなかったので新しくインストール出来るようなサーバがあるかわからなかったので検証出来なかったのですが、2.13.3って、2.13.1とか用のプログラムじゃ動かないこともある気がするんですよね・・・・。

EC CUBEはバージョンで違いすぎて困る・・。

EC CUBE2.13.3を使っている人が少ないのか、まだ本とかもほとんど無いですし不具合報告も少なくて、かなり困っている自分はレアケースなのか?とすら思ってしまっていますが、とりあえずクロネコヤマト形式のプラグインが使えない事実には変わりませんし、新しいサーバにインストールしてプラグインが表示されなかった場合、プラグインの修正を依頼するにしても不具合解消までのタイムロスを考えれば、クロネコヤマトB2用のCSV出力をSQLで自作するほうが早いですよね・・・。

高度なCSV設定のところでクロネコヤマトB2のならびに応じたCSVを作製するようにがんばるしかない

結局プラグインのほうでどうにもならない事が判明してから、この足りない脳みそでクロネコヤマトB2用のCSV出力のSQLを考えていたのですが今日はうまく行きませんでした。

2.13.3対応のクロネコヤマト用B2 CSVが出来たら報告します・・・(泣)

今週は何だかピリっとしない終わり方でした。悲しい・・・。

EC CUBE カスタマイズメモ さくらインターネットサービスをサーバにしていて決済ページがエラーになる場合の対処方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
13日~16日までお盆休みで、会社員と二束のわらじをしつつ家庭内では妻と言う立場でもある私なので、何かと家の事をしていたりしていたので、結局会社のお休みと連動して、副業のほうもいったんお休みにしておりました。

お盆もあけ、いよいよ後半戦!
(私の中ではお盆が半分と言う感覚で・・・)

後半ラストスパートでがんばって、本業(このブログやら家でやってるクリエイティブのほう)一本になれるように精進する日々です。
そして今日は久しぶりにEC CUBEのカスタマイズについてのお話。

EC CUBEのインストールサーバーを
さくらインターネットサービスにしている人は要注意。

さくらインターネットサービスにEC CUBEをインストールしている人で、カスタマイズをして居る時に、決済モジュールのインストール後に、テストをしてみたところ、「動かなかった」「エラーがでた」ということはありませんでしたでしょうか?

さくらインターネットサービスは、「属性」の数字を変えないとエラーを引き起こす

エラーログをメモしてとっておくのを忘れてしまったのがアレなのですが、モジュールのインストールは無事おわっていてエラーも出なかったのに、カード決済のテスト注文をしてみたところ、エラー画面になってしまいました・・・。

良く調べてみると、なんか、読み出せないよ、っぽいエラーだったと思います。

さくらインターネットサービスを利用していて、ソニーペイメントサービスを利用の場合は以下のファイルの属性を変更すれば解決

html/shopping/load_sln_payment_module.php

このファイルの属性を、FFFTP上で、右クリック>>属性の変更で

644

にしてあげれば、直りました。

さくらインターネットサービスは、属性が通常とちょっと違うようで、このファイルの属性がおかしいと、エラーが出るようでした。

是非、さくらインターネットサービスでEC CUBEを導入しようとしていてエラーが出た方は、この属性を一度調べてみてくださいね!

お役に立てたでしょうか?
それでは、今日はこのあたりで失礼します!

Google Adsenseの二次審査に落ちました・・。理由はコンテンツ不足?

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日はちょっと悲しい出来事がおきました。
このブログを書き始めて約1ヶ月が経過したので、そろそろ色んなところに露出したり、コンテンツの充実と魅力的なページにもするために、Google Adsenseさんにも申し込みをしておこうと思い、申し込みをさせて頂きました。

一次審査は通っていたようだったのですが、本日こんな通知が・・・。

Google Adsenseさんから、不十分なコンテンツ とのことて承認不可の通知

不十分?!1ヶ月毎日更新していたのに・・と嘆いてしまいましたが、同じ原因で審査オチしているひとが居ないかをググってみたら、いらっしゃいました!
ので、その方の記事を漁るように読ませていただいていたのですが、考えられた原因は以下のような感じで、さらに、この二次審査は、人が見ているということらしく、審査は相当厳しいもののようです。記事を毎日コツコツ書いていたので大丈夫だろうと思っていたのですが、落ちたのは事実。直さないといけないので、色んな得た知識から、自分のブログに当てはまりそうな事をピックアップしてみました。

Google Adsenseの審査に落ちる理由を考えた

  • 1記事あたりの文字数不足
  • 何かGoogle Adsenseさんの規約に引っかかることがあるのではないか
  • もしかして検索クローラーに乗れていない設定になっている?
  • ちょうど申請した日のブログの掲載記事に、タグのバグがあって、サイドバーとかのナビゲーションが一切非表示になっていたのが原因か
  • Adsenseにしやすい内容の記事が少ない?

・・・ぐらいしか思い当たりませんでした(泣)アダルトサイトでもないし、何も配布していないし・・でも、何とか審査が通るように修正していくしかありません。まだ1ヶ月しか更新していないのだから。今から大幅修正となってもそれほど痛くは・・・ない・・はず。
さ。気を取り直して検証していきます。

検証1.1記事あたりの文字数を確認してみた

コレをやってみたのですが、短いなーとおもうような記事のときでも500文字を越えていました。
GoogleAdsenseさんは、画像だけのページ等はダメだそうなのですが、バッチリ文字打ってました。

検証2.規約に引っかかる事をしていないか?

1度だけ、本を紹介した記事を書いた時に、Amazonさんへのリンクを貼ってしまっていました。
もしかしたら、ダメなのかもしれないと思い、コレは修正。
リンクをはずしました。

検証3.検索クローラーに乗せない設定になっていないか?

ブログを立ち上げた時、まだテスト段階だった時、検索に乗せないようにする設定をwordpressの管理画面でしていた気がしました。
設定→検索から一応、検索クローラーにのせないという設定になっていないかチェックしましたが、ちゃんとチェックははずしていました。

検証4.タグによる記事のバグ・・・

これはミスりました。確かに記事をアップした時に、サイドバーとかヘッダとか全然無いなと思っていたのですが、ラグだろうと思って放置をしておりました。

もしかしたら、チェックしてくださった方がこの最新の記事のページをチェックなさっていたのだとしたら・・運が無かったとしか思えません。今は修正して、ナビゲーションもちゃんと表示されています。
タグをコードタグでくぐって表示するのを失念していて、直でかいたスタイルタグやテーブルなどを思わせるHTMLタグを、誤って認識したようで、サイドバーやナビゲーションが一切消えていました・・。

このコードバグを見つけた時はびっくりしましたが、最近お仕事でHTMLタグを修正したりミスしているところを見つけて直すのばっかりやっていたので「直す力」が付いてきたのかもしれません(成長成長・・)

検証5.掲載しにくいような記事が多い?

もしかしたら、ですが、Adsenseにしにくいような記事が多かったのかなー・・・なんて思っちゃったりしています。

自分の備忘録的に記録しているのもあるので、どうするんだコレ、という感じだったのかなと思ったりも。でも、自分の書きたいことをこれからも書いて、読んで頂いた方に少しでもお役に立てたらうれしいと思っているので、これはどうして行こうか悩みの種になりそうです。
これからは少しだけキーワードを意識して記事を書こうかなと思ったりしています。

と、思い当たる節は全部直したので、再度今日申請をしてみました。

記事を読んでいると、一発で受かる方は少ない?そうで、何かしらのミスで承認されない事があるようです・・。
それだけ、GoogleAdsenseさんはきっちりなさっているという事ですね。

何とか、私のサイトにも掲載させて頂けるとうれしいのですが、コレばかりは審査なのでどうにも祈るしかありません。

これからも毎日コツコツ書いていきます!

くじけないぞー!

EC CUBE 2.13.3 カスタマイズ 会員ログイン画面がおかしくなったのを直す直し方

こんにちは。nekonomoridesginのYoshyです。
相変わらず、お仕事でEC-CUBEとにらめっこです。先日、レスポンシブウェブデザインの方法についてお話をしましたが、そのやり方として、管理画面のパラメーター設定で

DEVICE_TYPE_SMARTPHONE
DEVICE_TYPE_PC
0
の数字を、PCにあわせる(両方10にする)というのでレスポンシブウェブデザインに対応させていたのですが、その弊害が発生しました。

何気に、作ったサイトのチェックをしていたところ、会員ログインのところで、こんなエラー画面に遭遇。

1

どうやら、ログインには成功しているようだが、何かタグっぽいのがechoで吐き出されているよう・・・。

何故??

と、また困惑。

実は、この画面のまま1日放置しました・・・(笑)
次の日になったら直ってないかなーーーー・・・なんて思って(・_・;)

直ってませんでした。(そりゃそうだ

で。またにらめっこ。

にらめっこしたのは

data/class/pages/frontparts/LC_Page_FrontParts_LoginCheck.php

というファイル。(エラーの画面みたら、LoginCheck.phpだったので・・)

で、よく見ると、なんとなーーーーくデバイスで表示を分けてそうな箇所を発見。

DEVICE_TYPE===SMARTPHONE

見たいな感じのをみつけて、もしやこれか?と思ってそのif文の中をいじり倒しました。

そしたら、elseの分岐でechoを発見。

場所を確認するために

echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url));
となっているところに、
echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url)).”ここか!”;

※ちなみにechoとは、echoの次に書かれているものをそのまま表示するという意味を持つ命令文。

とやってみたら、 ここか! の文章がくっついてました・・・(笑)

なので、そこを修正します。
具体的な方法は以下。

直すファイル LC_Page_FrontParts_LoginCheck.php
場所は↓
data/class/pages/frontparts/LC_Page_FrontParts_LoginCheck.php

直すトコロ。
139行目: echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url));

139行目://echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url));

140行: SC_Response_Ex::sendRedirect($url);
を追加。

159行目:$this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

159行目://echo $this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

167行目:echo $this->lfGetErrorMessage(SITE_LOGIN_ERROR);

167行目://echo $this->lfGetErrorMessage(SITE_LOGIN_ERROR);

160行目:SC_Response_Ex::actionExit();
を追加

169行目:SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(SITE_LOGIN_ERROR);
を追加。

98行目:echo $this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

98行目://echo $this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

99行目:SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(TEMP_LOGIN_ERROR);
を追加。

これで解決しました。

最初、成功の時しか直してなくて、パスワード間違えたときなどのエラー画面でまたechoだったので、コレだけの箇所を直さないといけません。

是非お困りの方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてくださいね。

2.13系は本当まだ情報少なくて悪戦苦闘です(つд・)ガンバルゾー