タグ別アーカイブ: 形式

無料でHTML、PHP、CSS、Ruby、jQueryのプログラムを勉強する方法 動画でもなく実践で必ず身につくプログラム勉強サイト紹介

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。プログラミングを勉強したいけどどうしていいかわからない。webデザインは出来るけどプログラムは出来ない、やってみたい。そんな人におすすめのサイトを今日は紹介したいと思います。

プログラミングレッスンサイト
Progate 無料プログラムレッスンサイト

最初、私もこんな無料で勉強出来るサイトがあるとは知りませんでした。このサイトを知ったきっかけは、今の会社に入社するまえ、プログラミングの勉強を自主的に行うようにと言うことで教えられたサイトなのです。このプログラミングレッスンサイトの特徴は・・・

  • 簡単な登録(Eメールと名前だけ)で即開始できる。
  • HTML+CSS(基礎)、HTML+CSS(応用)、PHP、Ruby、jQuery、を無料で学べる。
  • 初歩からやっていけるので基礎力が身につく
  • 独学でやってたことを復習できる
  • ヒント機能があるので自主勉強形式でも行き詰らない
  • 実際にプログラムを手打ちして覚えて行くので忘れにくい
  • エディターなどソフトも必要ない状態でプログラムを実際に打ち込みながら覚ええる形式でより実践的

という至れり尽くせりなプログラム勉強サイトなのです。

動画レッスンよりも、実際に出された課題をこなしていくほうが覚える

動画レッスンも最近はやっていますが、個人的に私の場合は、見ているだけでは覚えられないたちなので、このProgateが良かったです。
入社した会社(Webプログラム会社)が薦めてくるだけあって、本当に実践的で良いレッスンが受けられるのは凄いと思います。

プログラムは自分でプログラムを入力してみて、で、思い通りに動かなくて
「あれ・・なんで動かないの・・表示されないの・・・」
という絶望感を味わったほうが成長は早いです(笑)

手打ちでプログラム言語を打ち込んでいくと、50%くらいの確立でタグの打ち間違え、単語ミス、開始括弧l、閉じ括弧のミスなどが原因だったりします。
そういうのは、動画を見てるだけでは無理です。実際にやってみて、ミスって、初めて自分の癖みたいなのもわかりますし、タグの1つでプログラムが動かなくなる事を肌で覚えたほうが早いです。

デバッグ力(直す力)がある人は成長できる

プログラムの仕事を少しやってわかった事があります。
Filemakerでのプログラムのときでもそうですが、自分が組んだものが動かなかったとき、または、思い通りではなかったとき、表示が思うように出来なかったとき、プログラムソースを見て、バグ(間違え)を見つけなければなりません。

その時に、ミスった経験がない場合、たった1個の文字のうち間違えに多大なる時間がかかる場合もあります。絶対こんなとこはミスしないだろうと言うところが意外と間違えているパターンが、プログラムの場合は多く存在します。(コピペでもってきて途中までしかコピペされてなかったとかいう悲しいパターンとか・・)

普段から、デバッグを見つける能力を高める事こそが、より正確なプログラムを打てる用にもなりますし、そのためにもやはり独学だけでなく「基礎力」を最初からもう一度体に叩き込むのも良いと思います。

独学で勉強していた人が再復習するにもこのProgateでのプログラミング練習はおすすめ

私も独学でHTMLもCSSもやってきましたが、このProgateでの復習は今に役立って居ます。是非、プログラミングをやってみたいけど何からしたらいいかも判らない。独学でやってきたのを確かめたい、新しいプログラムを触ってみたいけど何からしていいかもわからない、と言う人は、このProgateでプログラムを練習したり、触ったりしてみると良いかもしれません。

おすすめです!

 

Facebookのトップカバー画像(カバー写真)とプロフィール画像(プロフィール写真)の大きさ・サイズについて

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
そろそろ、このnekonomoridesign用にFacebookページを開設したいなぁと思っていて、それに伴い、Facebookについて色々調べてみました。

個人ではすでにFacebook暦は2年を超えるのですが、あまり深く使い込んでいたわけではなかったので、この際ちゃんと調べてみようと思いました。

トップカバー画像(カバー写真)の大きさを調べてみました。

オリジナル画像を作るにあたり、大きさが判らないと作成が難しいので、調べてみました。

大きさは

  • パソコン・・・幅851ピクセルx高さ315ピクセル
  • スマートフォン・・・幅640ピクセルx高さ360ピクセル

と言うことでした。

ですので、パソコンで閲覧される事を想定して、851 x 315pxの大きさが必要と言うことになりました。

プロフィール画像(プロフィール写真)の大きさもついでに調べてみた

  • コンピュータ・・・160×160ピクセル、
  • スマートフォン・・・140×140ピクセル、
  • ほとんどのフィーチャーフォン・・・50×50ピクセル

と言う事で、正方形にトリミング(切り抜き)されるので、正方形で画像を作ったほうが良いですね。

カバー画像(カバー写真)の読み込み速度を早くする大きさ・設定がある
幅851ピクセル、高さ315ピクセル、100キロバイト未満のsRGB JPGファイルだと読み込み速度が速い

読み込み速度は、いくらインターネット回線が普及したこの時代でも結構重要です。ストレスなくアクセスしていただくためにも、この最適化の設定でなるべく画像は作りたいなと思います。

カバー画像は、ホームページで言う「看板」みたいなものです。

基本的にタイムラインしかチェックされないことも多いFacebookですが、自分のページにアクセスしてもらったときに印象を与えるカバー画像はとても大事だと思います。

ビジネスでSNSマーケティングの一環でFacebookページを開設している場合は特にカバー画像・プロフィール画像を重要視するべき理由

先ほども申し上げたとおり、カバー画像は、そのFacebookページの「顔」と言うべきものです。どんな事をしているのかが人目でわかってもらえるような、印象付ける画像を設置する事がより効果的に人をひきつける要素になると考えて居ます。

プロフィール画像も、プロフィールと言うことにこだわりすぎず、フォロワーのニュースフィードなどに一覧などに表示されるアイコン的なものですので、そのあたりを意識した画像を作る事が良いと思います。

nekonomoridesignのyoshyがあなたのFacebookページのカバー画像、プロフィール画像作成のお手伝いをさせていただきます。

デザイン関連のお仕事をして10年以上のキャリアがあります。

画像を作ることはもっとも得意としている事でございます。
個人デザイナーでございますが、その分、お客様の細かいニーズやご希望のイメージを元に、じっくり・丁寧に作成させていただきますので、Facebookページの画像を変えてみたいと思われた方は是非一度お問い合わせください。お問い合わせは無料です!

それでは、今日はこのあたりで!