タグ別アーカイブ: 検索

ヤフーショッピングからmeta keywordの入力欄が消えていた ネットショップのSEO対策について考察

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日からEC CUBEと並行して、ヤフーショッピングのネットショップ作成業務も携わる事になり、久しぶりにヤフーショッピングの管理画面に入りました。

ヤフーショッピングの商品登録情報からmeta keywordが消えた

商品登録は、csvデータの方が最終的には楽になるはずなので、まずはダミーで商品登録を管理画面から行い、商品管理タブから、商品データのダウンロードをし、得意のファイルメーカーにコンバート。

そして、ヤフーのマニュアルから、csvデータのルールについて書かれた仕様書のページをプリントアウトして準備完了!

そして…コンバートしたファイルメーカーで中身を確認したところ…

meta keywordが無い

SEO対策の基本とも言われてきたようなmetaキーワードが、無い!
確認の為にプリントアウトしたcsvルールを見てみても、meta keywordが一覧にありませんでした。

…ヤフーさんはもうmetaキーワードは見限ったのかしら?でもなんで?meta keywordなくても検索引っかかってくれるの?
疑問は増すばかりでした。

Yahooショッピングの過去の機能改善情報を探ったところ、meta keywordを廃止の記載を発見

meta keywordをわざわざなくすというのは何かあるはず、と思って気になった私は色々調べてみたところ、機能改善情報に堂々と

Yahooショッピングでは、meta keywordの有効性が低いと判断し、検索対策ととしてはもうmetaキーワードが重要視されてないので廃止します、

みたいな趣旨がハッキリ書いてありました。

ただし、meta descriptionは有効。むしろここをちゃんとしたほうが良い

結局、メタタグ関連でヤフーショッピングで登録できるのは、meta descriptionだけと言う事になります。そうなると、いよいよここは他のページと同じ事を記載しているようでは、ページの評価は下がってしまうでしょう。

売り上げを上げたい、と思っているネットショップのオーナーさんに限って、こういうところの細かいところまでを対策していないところも多い気がします。
特に、同じような商品の場合同じ文言でいい、というような考えがある気がします。

meta descriptionは、そのページに何が掲載(記載)されているかを説明するものです。同じ文言だと、それぞれが違うページなのに、検索ロボットさんは「ああ、コピーページか」と判断して、ページのランクを下げて検索の評価も下がり・・・なんて事が起きるかもしれません。

ヤフーショッピングの商品登録で行えるほかの検索対象の項目は重要視されると推測

meta keywordがなくなり、descriptionだけになったと言うことは、他の項目も重要視される事が推測されます。

ヤフーショッピングの商品登録項目の中で検索対策対象になっているのは以下のもの。

  • 商品名(name)
  • 商品コード(code)
  • キャッチコピー(headline)
  • 商品情報(explanation)
  • 製品コード(product-code)
  • JANコード(jan)

これらの項目が、検索対象になるとの事。
これらの項目に、検索に引っかからせたい言葉をいかに入れるかが重要となるわけです。

商品コードが検索対象。既製品や商品コードで検索されやすいものは自店舗のオリジナル商品コードとメーカー品番で商品コードを登録すべき

検索対象に商品番号が含まれていると言うことは、とても大事なことです。様々な理由で商品コードは適当に付けられていたりするところもあるかもしれませんが、それは今後改善したほうが良いかもしれません。

特に既製品を売っている店舗さんの場合は、JANコードや製品コード、商品コードは、きちんとメーカーの番号に対応した物を登録しているほうが評価は高くなると言うことに繋がります。

オリジナル商品を取り扱っている場合でも、商品コードを付けるとき、その商品の内容を示すような商品番号を付けるほうが、好ましいと言う事になります。

SEO対策はどんどん変わっていく。ページに何が記載されていて何をうっているかがロボットでもわかるようなお店作りを目指していこう

一昔前、モール出店のお店だと、画像をひたすら並べていることも多かったですが、このように、meta keywordが重視されなくなったり、商品番号(とくにURLに変換されるようなところは)などが重要視されていくと、ページの内容を示すものを検索ロボットに正しく認識させるには、適切なキーワードをページ内に記載する必要があるわけです。

しかし、それもページの中で対象になっているところがきまってくると、いよいよ小手先の裏技は使えなくなって来てしまいます。

今後も色々検索に対するルールは変わっていくとおもいますが、物販でネットショップで売り上げを上げたい、と本気で思っている方は、売れる商品を見つけてくることも大事ですが、売るための方法や売る場所(ネットの世界)の事も良く知って、一番良い立地で商売が出来るようにして言って欲しいなとおもいます。

SEO対策の専門業者にも色々ありますが、自社にあったSEO対策を施して、まずは自分たちで出来るところから初めてみませんか?
ヤフーショッピングでのネットショップ暦の経験も活かし、アドバイスも行っておりますので、ヤフーショッピングのご相談もお待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

 

Filemaker ファイルメーカーで絞込検索をする方法、ボタン・スクリプトの作り方 カスタマイズ

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は、ファイルメーカーのお話をしてみたいと思います。
当たり前のように自分が使っているファイルメーカーなのでついついブログとかでそういった情報を書き漏れしている事に気づきました・・・。
元々、ファイルメーカー得意なので、良く考えてみたら、そういった知識もお伝えしていれば、いつか誰かのお役に立てるかも?ですよね。

では早速、今日は手始めに簡単&便利な3分クッキング的なファイルメーカーカスタマイズをご紹介します。

ファイルメーカー3分クッキング♪
検索のあと更に絞り込んで検索をしたいときに便利なスクリプトとボタン
を作る方法

検索モード、またはCtrl+Fで検索画面にして、入力されているものを探すときってありますよね?
その検索結果から更に絞り込みたい時、ファイルメーカー以外のソフトの場合たとえば・・・エクセルとかだと、画面を開いた状態でCtrl+Fをすれば検索窓みたいなのが出てきたりして見つけられたりしますが、ファイルメーカーで、検索結果表示画面の状態からCtrl+Fを押しちゃうと、自然と検索モードに切り替わってしまいます。

これは、Filemakerになれていない人だと案外ストレスのようです・・・。
よく、Filemaker導入直後ぐらいでたいてい、
「この検索結果から更に絞り込んで検索したいのにCtrl+Fおしたらまた検索にもどっちゃうんだけど?」

という苦情が相次ぎます(´_ゝ`)・・・・。

ので、絞り込み検索、標準装備されていたら良いなーなんて思いながら、毎回Filemakerでプログラムを組むときは真っ先に作るスクリプトです。

絞込検索のボタン&スクリプトの作り方

  1. スクリプト新規作成。名前は適当でいいが、判りやすく「絞込検索」とかにしておくといいかも?名前をつけたら、
    左側のスクリプト一覧から
    「検索モードを表示」
    を選んでダブルクリック
  2. つぎに、「対象レコードの絞込」を探して、ダブルクリック。
  3. 右側のスクリプトの順番が

    検索モードを表示

    対象レコードの絞込

    となっていれば完成。

  4. スクリプトを保存して閉じる。スクリプト作成画面を閉じる。
  5. 対象レコードの絞込をしたいレイアウトに変えてから、
    レイアウトモードに。(Ctrl+L)
  6. ボタンを適当に作り、ボタンの動作設定で「スクリプト実行」を割り当てる。割り当ての時にどのスクリプトを実行するか選べるので、先ほど作った「絞込検索」のスクリプトを指定して、ボタンに名前を付けて出来上がり。

たった2行のスクリプトです。
これだけで絞込検索になります。

ためしに、Ctrl+Fまたは検索モードで何か検索し、その検索結果の状態から、先ほどは位置した「絞込検索」のボタンをクリックすると、再度検索モードになります。
絞り込みたいワードを入力すれば、検索が更に絞り込まれた状態で出来ているはずです。

めちゃくちゃ便利ですので是非、この絞込検索ボタンとスクリプトはおすすめです。

このスクリプト、自動で表示されるようにならないかなー・・・・(´_ゝ`)・・・。

それでは今日はこのあたりで!

 

ホームページ作製支援ソフト BiND for WEB LIFE 8 って凄いかも? SSL対応フォーム無料やレスポンシブウェブデザインに対応らしい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今朝、ヤフーニュースをチェックしていたら、こんな記事を発見。

ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE 8」9月発売、レスポンシブウェブに対応、SSL対応フォーム無料提供も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000012-impress-sci

記事を読むまでこのソフトの存在は知りませんでしたが、いよいよレスポンシブウェブにも対応するようなハイスペックなホームページ作成支援ソフトが出てきました。

記事によると、このソフトは

  • HTMLの知識必要なし
  • CSSの知識必要なし
  • ブロック単位で表示非表示を設定
  • 20種、62カラーのバリエーションテンプレート
  • 20種のCSSテンプレート
  • 任意テンプレート使用可能は
  • カスタマイズ可能なSSL対応フォーム無料提供

など、一通りの事が全てできるとのこと。

それらがついて、1万9800円〜という低価格。

BiND公式サイトへ

昔、ウェブページ作成ソフト(ホームページ作成ソフト)といえばdream weaverが主流でしたが、これからはこのBinDが主流になってくるのかもしれませんね。

今やGoogle検索対象には、レスポンシブウェブデザインに対応しているかも重要

以前にも書きましたが、今や、スマホでwebページを見るのは当たり前な時代となりました。それに伴い、Googleの検索対象の項目として、ページがレスポンシブウェブに対応しているかも評価基準のひとつとなっています。

ですので、このBiNDがリリースされたのは大チャンス!今迄……そんなレスポンシブウェブデザインとかわけわからないのは別に……と思っていた企業のweb担当さん、広報さんは、是非この機会にこのソフトを使ってレスポンシブウェブに対応したホームページに刷新するべきだと思います。

ウェブデザイナー、プログラマーは更に専門性を求められる時代に突入か

逆にこのBiNDが流行り、操作性もたやすく、ちょっとパソコンが得意な人が使えるくらいの使い勝手が良いものだった場合、プログラマーやウェブデザイナーは仕事が減る可能性は少なくありません

クライアントによっては、見栄えがよければ何でも良い、という場合もあります。

ウェブプログラマーやウェブデザイナーはこれからはより専門的となりより深い知識が必要となってくる気がします。
Dreamweaverでホームページを作る人が増えたあのときの波のように、もしかしたら再びウェブページ作成ラッシュの波がくるかもしれません。

この、BiNDと言うソフト、私もなるべく早い段階で入手して使い勝手などをお知らせしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで!

ネットショッピング運営ノウハウ 魅力的な商品画像の作り方

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップにとって、商品を買っていただくために一番大事なことは、私は、

商品画像の作り方

が大事だと考えています。

検索された時に一覧でズラっと出るサムネイル表示される画像は最も気合をいれる

検索結果一覧で表示される画像となるのが商品メイン画像ですね。買い物カゴのすぐ隣にある一番大事な画像です。
検索結果一覧で出てきた時に、目を引いてもらえるようなものでなければ、どんなに良い商品を売っていても、見てもらうことは出来ません。
ただし、その画像の作り方も、出店しているモールや商品によってちょっとした工夫が必要になります。

  • ごちゃごちゃしすぎない

    これは、一覧で見たときの画像の大きさによるものです。一覧でずらっと並んだ画像のとき、商品写真よりも文字が多い・・商品がちっちゃすぎて判らない、というのでは本末転倒です。

  • 白い背景に商品だけどーんと載せても見てもらえるものもある

    家電や本など、「目的」をもって探しにこられる商材をお取り扱いの場合は、白い背景などでも十分です。
    しいて言うなら、タイトルとかお勧めの一言くらいはあっても良いかも?しれません。
    アマゾンさんが良い例ですね。アマゾンなどは、白い背景で、商品だけ単独でどーんと乗っていても、目的買いで探す事が多いのと、アマゾン産の場合は同じ商品コードの商品の場合は、価格最安値のものに自動的に紐付けされて画像は上位の1個のだけが一覧で出てくるので、あえて目を引かせる必要はないのです。

  • 囲いを付けすぎるとダサくなる。

    枠線を付ける人も居ますが、むやみやたらと全部の画像に枠を付けると、やぼったい感じになりがちです。真っ白で味気ないので囲いだけでも・・・とやってしまいがちですが、色あいや太さなどには注意が必要です。

競合他社の多い商材や、楽天市場やヤフーショッピングなど、モール出店をして居る場合は特に、画像を目立たせる事が必要です。

目立つだけではなく、商品を見たくなるように魅力的に商品を魅せる。

同じ商材を取り扱っていて、メーカーから写真を入手して掲載して居るお店も多いと思いますが、自分の店舗で独自になるべく商品の写真は撮影するほうが良いと思います。

先ほども申し上げたように、カメラ・家電、本など、あらかじめもう何かがわかっていて、おそらく商品番号などでしか検索されないような商材を取り扱う場合を除き、できれば撮影したほうが良いですし、そういった型番商材を取り扱う場合でも、他社との差別化を図るために、自社でオリジナルの視点で撮影した商品画像を掲載しているほうがクリック率は上がると思います

ネットショップは手間隙をかけた分だけ売り上げが上がってくる次代に突入している

今までは、出せば売れる時代でしたが、これだけ飽和状態になってくると、いよいよ「差別化」が必要になってきます。SEO対策も大事ですが、SEO対策が出来たら今度は、クリックされる率を上げましょう。

そのためには、効果的な画像作成が必要になってきます。

これからは、魅せる商品ページを作る時代です。

是非、店舗の売り上げに行き詰っている店舗経営者さんは、自社ショップの商品ページの見直しをしてみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

Google AdSenseさんの二次審査に合格しました!

こんにちは。nekonomoridesginのYoshyです。先日、Google AdSenseさんの審査に落ち、その後、サイトの改修を行った結果・・・

Google AdSense 二次審査通過!!!
無事、承認してくださいました!ありがとうございます!!

前回の承認落ちした時はAdsenseさんの二次審査に落ちた・・・に記載していますが、コンテンツ不足による審査落ちでした。修正したポイントも前回のブログに書いているのとおりのままで、しいて変えたところといえば、アレ以降、各記事に、キーワードを意識するようにしました。

コンピュータが巡回してプログラムを読み取っているのがwebページです。という事は、「プログラムにとって聞き取り(読み取り)」やすい文章構成、要素である事が大事なのかなと思い、記事の内容に自分なりにテーマとキーワードを意識して文章を書くようにしました。
後は、前回の記事に記載したとおり、amazonさんへのリンクを消したり、ナビゲーションが正しく表示されていなかったページのバグ修正をしたりしました。

記事は、600文字以上を意識するようにして、あまり短い文章になり過ぎないように、それでいて、さっきも言ったように伝えたい言葉や書いている内容に順ずるキーワードが乱立しないように心がける事が、審査通過には必要なのだと思います。
通過理由は非公開なので、コレをしたら、というのはお伝えできませんが、実感したのは、

いかにページに来てくれた人にとって情報を的確に伝えている意味のあるwebページになっているか

という事なのではないかなと思いました。

ネットショップ等でも、最近は検索結果に
「いかに訪れた人に有益(見る価値のある)な情報を提供しているサイトか」というのが基準になっているよう
ですし、商品名がダラダラ長いのは順位が下がるというようにもなってきています。今後おそらく、画像だけで構成するようなページよりも、プログラムが読んでも人が見ても何が書いているかわかりやすいページを評価する傾向になると思います。

乱立するようになってきたからこそ、正確さが求められるようになってきたという事でしょうか?SEO対策も、今後そのような事を意識していかないといけないのかもしれません。

ネットショップで、よく画像だけのページになっている店舗さんも良く見ますが、きちんとHTMLを組んで、「魅せる」ページへの取り組みをしていかないと検索の評価が下がる一方になってくる予感がします。webページの作り方も今後変わっていくと、画像だけを作っていればどうにかなった時代から、初期の時代に回帰して、きちんとhtmlを組める人に仕事を回して、webページの価値を高めていく事が必要になってきそうですね。

ネット業界は日進月歩。
私もこれからも研究しながら頑張ろうと思います。

Google Adsenseさん、承認本当にありがとうございました!!

関連記事

EC CUBE 2.13.3カスタマイズ 商品検索で商品番号 product_codeを検索対象にする方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。相変わらず、EC CUBEと闘っています。

慣れない言語と新しいバージョンで全然情報無くて、毎日試行錯誤しております。

カスタマイズも終盤に差し掛かり、枠組みらしきデザインも出来てきたのですが、(と言っても、既存のデフォルトテーマに毛が生えたくらいの些細なカスタマイズですが)デフォルトにあった商品検索が、なんかカテゴリーをプルダウンで選んだりするのが嫌だったので、プルダウン検索になっている部分を削除して、商品検索だけにしました。

その状態で、デバッグしようと思って、検索が動くかやってみたのですが……

EC CUBEエラー 再び。(もう何度目?)
EC CUBEの商品検索はデフォルトでは商品名でしか検索出来ない

……。

一般的な方々がどういう検索をするのかわからないですが、少なくとも自分は、型番商品なら、商品番号で検索すると思うのです。

特に、今回私が携わっている商材は、型番商品で、競合他社も比較的少ない商材なので、価格で見比べてもらうためにも商品番号検索は必至でした。

ですので、またまたカスタマイズしました……。

今回は検索結果にまつわるところなので、下手したらいっぱい弄らないとダメかと思ってたのですが、案外、1箇所1ファイルだけで大丈夫でした……w

———————————————————————————–
カスタマイズ箇所
/data/class/pages/products/LC_Page_Products_list.php
———————————————————————————–

【変更前】394行目~400行目
foreach ($names as $val) {
if (strlen($val) > 0) {
$searchCondition[‘where’] .= ‘ AND ( alldtl.name ILIKE ? OR alldtl.comment3 ILIKE ?) ‘;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
}
}

———————————————————————————–
———————————————————————————–
【変更後】394行目~401行目
foreach ($names as $val) {
if (strlen($val) > 0) {
$searchCondition[‘where’] .= ‘ AND ( alldtl.name ILIKE ? OR alldtl.comment3 ILIKE ? OR product_id IN (SELECT product_id FROM dtb_products_class WHERE product_code ILIKE ? AND del_flg = 0) ) ‘;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
}
}
——————————————————————————

こうするだけで、商品番号で検索できるようになりました!

いやー……意外。

あ。ちなみに、このカスタマイズであれば、デフォルトのプルダウンの検索残ってても大丈夫なので、デフォルトテーマの方でも、カスタマイズした方でも使えます。

もし。お困りの方が居たら、参考にしてみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

EC CUBE備忘録 yoshy