タグ別アーカイブ: 楽天市場

スマホ用のページ作製はたとえ楽天市場やヤフーショッピングなどのモールであっても、画像のサイズ設定やタグをきちんとスマホ用にした方が良い

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近、ヤフーショッピングのサイトを作っていたのですが、その作業中、気づいた事がありました。

商品説明文(PC用)のところに、商品説明を画像で作ったものをIMGタグで配置したり、TABLEタグで左に画像、右側に文章を書くという感じの物をつくっていたのですが、それを気にせずにスマホ用の説明文(フリースペース)に貼り付けて商品ページをつくっていました。

スマホで見て見ると、画像が凄く小さかったり文字が凄く凝縮されていて見づらかった

スマートフォンは縦にスクロールするので、画像の右隣に配置した文字とかがぐちゃぐちゃっと寄せられてしまっていました。
さらに、画像の表示大きさ指定をしていなかったので、画像サイズが凄く大きいもの(600pxや800px等)のものはスマホの画面からはみ出していたり、テーブルタグも表示崩れのようになっていたのです。

スマホ用のIMGタグには、画像の大きさを、WIDTHで画像表示サイズを指定しよう

スマホ用の説明文のところにIMGタグを使用して画像を配置する場合は、WIDTH=100%で画像の表示サイズを100%に指定する方が良いと思います。

そうすれば、iphoneやAndroid等さまざまな機種のスマホがあってもそのスマホの表示サイズに合わせて%で比率を変えて表示してくれます。

個人的には100%だといっぱいっぱいでスペースが無いので、95%くらいにしています。

TABLEタグで2列配置にしている説明文は、上下2段での説明文にしよう

どういうことかと言いますと、簡単に言うと下記の図のような感じ。

↓これはパソコン用のタグ。

スマホ用タグとPC用タグの違い
スマホ用タグとPC用タグの違い

 

 

↓こっちがスマホ用。

1002-2

スマホの場合、縦スクロールで見る事を前提にして文字や画像の配置をした方が良いということです。
ですので、TABLEタグで、PCの時に左に画像、右に文字を売っている場合は、スマホ用は、上に画像、下に文字と言うふうに並び替えが必要だと言うことです。

CSSが使えない出店方法をしている店舗は、必ずタグの打ち変えが必要

CSS(スタイルシート)が使える環境での契約で出店している店舗の場合は、DIVタグで画像や文字のブロックを設定しておくだけで、FLOAT設定で右にしたり左にしたり上にしたりで変えられるので楽ですが、TABLEぐらいしか使えない又は昔にTABLEで組んでいたと言うところは、打ち変えしたほうがよいと思います。

今は、スマホからの購入も多いネットショッピング

いまや、各モール専用のアプリが出ているくらい、スマホ経由での購入も多いネットショップです。ですので、スマホ用のページも意識していく事も重要になってきます。

スマホ用ページをいじってない、、という店舗さんは一度見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

スマホでの自分の店舗の見栄えをチェックするのも良いですよ!

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

スマホ用サイトの作製などの依頼やタグの打ち変え作業など細かい作業も請け負いますのでご相談されたい方はフォームからのご連絡お待ちしております♪

楽天うまいもの大会 in名古屋 JR高島屋で開催中の中 楽天スーパーセールも始まって出店企業さんのスタッフが気になった

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
9月2日~9月8日まで、JR名古屋タカシマヤ10階催事場で、楽天市場うまいもの大会が催されています。

毎年凄い人出のあるイベント。
出店は実際に楽天で商売をされている方が対面販売で自社の商品を売るという形式で催されています。

楽天スーパーセールが9月5日からある中、さらに楽天うまいもの大会にも出店しているお店のスタッフさんが気がかりになる

楽天市場に出店しているお店がこの楽天うまいもの大会にも出店しているのですが、リアルでこのイベントに参加している店舗さんにも例外なく、この週末から開催される楽天スーパーセールに関わる事になります。

店舗運営の仕方にもよるとはおもいますが、やはり、スーパーセール時は、普段よりも注文は多いはずです。

楽天うまいもの大会に出ているスタッフさんはネットの方の対応には回れないのは明らかだとすると、ネットの方の対応の人出は不足した状態でスーパーセールに挑むことになるわけです。

どちらの方の仕事の担当になっても、お互いの忙しさは計り知れず、そしてかなり手一杯で疲弊しそうな姿が目に浮かびます……

楽天の度重なるセールに振り回されてネットショップの仕事が嫌いになる人も出てきたりすることも。

楽天市場の店舗に力を入れているネットショップの場合、楽天の会員というメリットもあり、力を入れてネットショップを展開していることかと思います。

ネットショップにとって、サイトにアクセスが無かったり、検索の上位に引っかからない限りは物が売れません。

ですので、楽天市場という大きなモールが人を集客し、その恩恵を受けているというのは否めない事実であります。

しかしそれ故に。

楽天市場が行うセールに売り上げを影響されるというのも事実です。
特に大きなセール前は買い控えになり、セール期間中に爆発的に物が売れ、全国的に出荷量が増え、運送が逼迫する……というのは何度も繰り返しおきています。

セール期間中の爆発的な売れがセールが終わると、注文は途端に収束。セール期間中に買ったお客様が熱が冷めてキャンセルを申し出てきたりする事もあります。

セール期間中の大量の注文をさばくのに本当は人を増やしたいところではありますが、通常日に手持ち無沙汰になる可能性を考えると人を安易には増やせない。

かといって臨時バイトに務まる仕事かと言えばそれもまた疑問。

ということで、ネットショップは人員配置が非常に難しい業界とも言えます。

人員配置が難しいネットショップのオーナーさんたちがどのようにセールとうまいもの大会の人員配置をしたのかが気になる

話をうまいもの大会に戻しますが、このように実体験的にネットショップは少ない人数で仕事をしているところも多い中、楽天うまいもの大会とスーパーセールにどのように人を配置したのかと思うのです。

とはいえ。うまいもの大会に参加できる店舗さんは運営を日頃からきちんとされていて少し余裕がある人員で仕事をなさっているのかもしれません。

とにかく思うのは……うまいもの大会にもスーパーセールにも対応されるスタッフさん、経営者さん、どちらもお身体を大切にして頑張ってほしいなとおもいます。

……楽天さん、集客してくださるのは嬉しいですが、実際に運営されてる店舗さんの意見や立場も考えてイベント企画してほしいなあと思ったりしました。

ネットショップ運営において重要なのは在庫の管理能力

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は久しぶりにネットショップについて語りたいと思います。

ネットショップ運営において大事なのは「在庫」をどう回すか

言うまでも無くなのですが、物販をするネットショップにおいて何よりも重要なのは【在庫】のあり方です。
売れる時期に在庫がないと商機を逃しますし、
売れない時期に在庫があっても不良在庫になり、商品価値も下がります。

その在庫の管理が上手く出来てこそ売り上げも変わってくるといても過言ではありません。

新商品を入れたくても在庫が圧迫して入荷できないというジレンマは非効率

断捨離の話にも共通しますが、、新しい物を手にするためには「古いもの」を捨てなければ決して良い物が巡ってこないと思っています。

在庫もそうで、「いつか売れるかもしれないから」という保険のためだけに在庫をおき続けているのは、あまり好ましい状態ではないと私は思います。

倉庫など保管場所に余裕があり、管理もきちんとされているようなところであれば問題ないかもしれませんが、たいていの会社の場合、自社在庫倉庫に加え、外部倉庫とも契約して荷物を保管していることもあると思います。

外部倉庫を使用するほどおいておかなければならないのか、もう一度見直すべきだと思います。

新しい物を入荷できるスペースを確保し、古い在庫は、腐ったり劣化しにくい商品であったとしても商品価値が下がっていくと言う認識を。

「いつか」の為においてある在庫は、永遠使える物とは限りません。たとえ劣化しない商品を取り扱っている場合であっても、すべてのものに「経年劣化」は生じます。

それでも価値が下がらず売れるものなのかもしれませんが、やはり、本当の意味では商品価値は下がっているのです。

そして、「いつか」の時の為においてある在庫が本当に必要かどうか、その在庫を処分して、新しい物を作ったり入荷できる余裕があるほうが、新しい商品で更なる売り上げアップも見込め可能性があるわけです。

劣化していない&いつか売れたときのため

と言う商品を今一度見直して、新しいフレッシュな商品を常に問い入れられる余裕作りが、ネットショップでの物販を成功させていく秘訣です♪

是非、参考にしてみてくださいね。

それでは今日はこのあたりで。

Filemakerを使って楽天市場やヤフーショッピングやAmazon用のCSVデータを一括で作成するソフトを開発したい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日のファイルメーカーワークショップに行ってから、色々考える事がふえてワクワクしています。

元から、FilemakerはCSVデータを扱うときはほぼメインで使っていたソフトウェアなのですが、いつも中途半端にその場しのぎ用でプログラムを自作して、入力をやりやすくしたりとかそういう程度にしか作っていませんでした。

勉強会に参加して、本格的に、各モール対応の商品ページ作成データベースをファイルメーカーで開発しようと思い始める

前に勤務していた会社ではネットショップをメインとした仕事をさせていただいていて、主に商品ページの作成を中心に店舗運営全般を全面的に何でもやっている、と言う感じでした。

商品ページを作るのは、デザイン系の仕事なので、PhotoshopやIllustratorを使用してお客様に見ていただきやすいページ作りをしながら、出来た画像を元に、各モールへは手作業で商品ページをアップロードしていました。

CSVデータで一括で上げていたのはAmazon店だけだった

楽天もヤフーも、CSVで一括でデータのアップロードは可能なのですが、それぞれにCSVアップロードの形式も違えば、ルールも違います。アップロードするファイルも違うので、何かの手違いでミスして、全商品ページをロストしてしまうのが怖くて、出来ませんでした。

Amazonは、その点、商品ページのCSVデータアップも比較的】判り易いルールだったのと、自分のところに商品の元データをもっておかないとAmazon側からデータをダウンロード出来る機能はないので(2015年夏現在)自分のところに商品マスターが絶対に必要な以上、最初からCSVで商品データベースを作っておくほうが良いと思いAmazonだけは最初からファイルメーカーベースで商品ページ用データーベースを作っていました。

在職中の夢。共通の商品マスターを元に、各店舗のCSVデータを作れるようにしたかった

Amazon用のシステムは構築したのですが、日々の業務が忙しすぎたのと、開発に使える時間が勤務中はほとんどなく、Amazon用のシステムも、同僚と自分が仕事を早く終わらせるために自宅で開発したものでした。

冒頭に申し上げたようにそのシステムを作るときに楽天用とYahoo用のシステムも作りたいという野望はあったのですがあいにくかないませんでしたが、今になって、もうその会社には所属していないので自分がそういう仕事をする事はなくなってしまっていますが、実際にこういうシステムがあったら良いなと思いながら過ごしているネットショップ勤務の人がいるのではないかという思いが消えませんでした。

ファイルメーカーベースの受注ソフトはがんばれ店長が得意なら、私は商品ページ作成に特化したFilemakerベースのデータベースを作ってみようと思う

ネットショップ運営をしている方にとって、時間を割くべきは、商品の選定・戦略・商品の調査、売るためのページ作り、SEO対策・集客などであって、アップロードする時間は短時間のほうが良いに決まっています。

売るためのページの画像などのデータが出来た後、スッとアップロードできれば、それに越した事はないはずです。

Filemakerがすきでページ作りも好きな私にしか出来ないかもしれない

CSSなどの知識も有し、HTMLの知識もあるので、そういうのを活かしながら徐々に開発していって、テンプレート的なものを開発していこうと思っています。

まだどういったもので具体的に・・・というのがないのですが、もし誰か困っている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談に載らせてください。
データベース開発にお力を貸していただける方も同時にいらっしゃましたらお声かけをいただけるとうれしいです。

近いうちにネットショップを自分でもオープンしてみようと画策中。

開発をするにあたり、やはり現場を知るのは大事だと思っています。
まだ個人事業主開業届けも出していないので法人契約がまだ出来ませんが、そう遠くないうちに出店して実際に自分でもネットショップ運営をもう一度したいと思っています。

忙しくなりそうですが、ファイルメーカーベースで何かネットショップ運営をされている方のお役に立てられればうれしいと思っています。

またこのFilemakerのソフト開発については進捗が在り次第お届けしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

出店方法に合わせた商品画像の作り方 楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合 【ネットショップ運営ノウハウ】

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は昨日の続きで、ネットショップにとって不可欠な「商品画像」の作り方についてお話したいと思います。

モールに合わせた商品画像を作る事を私は推奨しています。昨日は、Amazonの作り方を具体的に説明いたしましたが、今日は、ショッピングモール感が強い、楽天市場・ポンパレモール・ヤフーショッピング用の商品画像の作り方を具体的に画像を見ていただきたいと思います。

(関連記事)

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールに出すなら、背景画像は魅力的に作るべし!ライバルに差を付けて
「わかりやすく」「見やすく」「買いたくなる」画像を作ろう

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合、商品検索をすると、該当する商品があるだけ全部店舗ごとに並びます。
アマゾンさんのように、商品ごとにまとめられたりはしません。

商品名に入っているキーワードを元にすべて表示されます。
ですので、たとえば、私が今使っている

nanocareの卵型イオン発生器

を検索してみても、取り扱っている店舗の数だけずらーりと並びます。

価格も重視だが、商品を具体的に見てみたいと思わせる画像作りは大事

楽天市場やヤフーショッピングで買い物をする人の仲には、「何気なく」ウィンドウショッピングを楽しむ感覚で商品を探している人も居ます。
そういった人にアクセスしていただき、購入へ導く事が、ネットショップの売り上げを上げて良くコツになります。

 

ですので、楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールさんに出すときの商品画像は「魅力的」かつ「何かがわかる」という画像つくりをする

では、具体的にはどう作れば良いのでしょうか?
たとえばで作ってみました。

まずは、Amazon用の画像だとこんな感じです。

商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。
商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール用だと、こんな感じにぐらいは工夫したほうが良いと思います。

商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。
商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。

 

どちらも同じ画像のみ使用し、(サーキュレーターのみです)あとは、装飾しているだけです。

こういった工夫をするだけでも、一覧で見たときに見栄えが違いますね。

楽天市場やヤフーショッピング、ポンパレモールを利用する客層としては、「なるべく安く」「お買い得」に買いたい。出来れば商品の事も良く知ってから買いたいという方が多くいらっしゃる、主婦層を中心とした一般的な方が多いので、広告めいた画像作りが効果的です。

Amazonはどちらかというと決めうち(これを買う)と決めて値段を探しにくる男性的なお買い物が多い傾向

今までの経験上、Amazonでお買い物をする層としては、男性的といいますか、「これを買う」と決めて探して購入される傾向が多いように感じます。

ついで買いもあまり見られないのは、Amazon発送の商品がほとんど送料無料対象な事もアリ、必要なときに買えば良いという方が覆いからのように感じます。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールは、女性を意識した商品画像作成が効果的

面倒な作業になりますが、Amazon用はAmazon用、そのほかのモールはそのほかのモール用の画像作成を推奨します。
こういった面倒な事をやっているかやって居ないかで、お客様の流れを引き寄せるか引き寄せないかが変わってくると思います。

Amazon用は画像をくりぬくだけで良いので、そういった簡単な作業は外注に依頼するなど、人手間をかけて、店舗の売り上げを上げる事にどんどん力を入れていって欲しいなと思います。

nekonomoridesignでは画像のくり貫き作業も格安で承ります。

作業時間・納期・作業内容・商品によってお見積もりを個別におだししますので、頼んでみたいというかたは、お見積もりだけでも是非お待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

関連記事

 

ネットショッピング運営ノウハウ 魅力的な商品画像の作り方

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップにとって、商品を買っていただくために一番大事なことは、私は、

商品画像の作り方

が大事だと考えています。

検索された時に一覧でズラっと出るサムネイル表示される画像は最も気合をいれる

検索結果一覧で表示される画像となるのが商品メイン画像ですね。買い物カゴのすぐ隣にある一番大事な画像です。
検索結果一覧で出てきた時に、目を引いてもらえるようなものでなければ、どんなに良い商品を売っていても、見てもらうことは出来ません。
ただし、その画像の作り方も、出店しているモールや商品によってちょっとした工夫が必要になります。

  • ごちゃごちゃしすぎない

    これは、一覧で見たときの画像の大きさによるものです。一覧でずらっと並んだ画像のとき、商品写真よりも文字が多い・・商品がちっちゃすぎて判らない、というのでは本末転倒です。

  • 白い背景に商品だけどーんと載せても見てもらえるものもある

    家電や本など、「目的」をもって探しにこられる商材をお取り扱いの場合は、白い背景などでも十分です。
    しいて言うなら、タイトルとかお勧めの一言くらいはあっても良いかも?しれません。
    アマゾンさんが良い例ですね。アマゾンなどは、白い背景で、商品だけ単独でどーんと乗っていても、目的買いで探す事が多いのと、アマゾン産の場合は同じ商品コードの商品の場合は、価格最安値のものに自動的に紐付けされて画像は上位の1個のだけが一覧で出てくるので、あえて目を引かせる必要はないのです。

  • 囲いを付けすぎるとダサくなる。

    枠線を付ける人も居ますが、むやみやたらと全部の画像に枠を付けると、やぼったい感じになりがちです。真っ白で味気ないので囲いだけでも・・・とやってしまいがちですが、色あいや太さなどには注意が必要です。

競合他社の多い商材や、楽天市場やヤフーショッピングなど、モール出店をして居る場合は特に、画像を目立たせる事が必要です。

目立つだけではなく、商品を見たくなるように魅力的に商品を魅せる。

同じ商材を取り扱っていて、メーカーから写真を入手して掲載して居るお店も多いと思いますが、自分の店舗で独自になるべく商品の写真は撮影するほうが良いと思います。

先ほども申し上げたように、カメラ・家電、本など、あらかじめもう何かがわかっていて、おそらく商品番号などでしか検索されないような商材を取り扱う場合を除き、できれば撮影したほうが良いですし、そういった型番商材を取り扱う場合でも、他社との差別化を図るために、自社でオリジナルの視点で撮影した商品画像を掲載しているほうがクリック率は上がると思います

ネットショップは手間隙をかけた分だけ売り上げが上がってくる次代に突入している

今までは、出せば売れる時代でしたが、これだけ飽和状態になってくると、いよいよ「差別化」が必要になってきます。SEO対策も大事ですが、SEO対策が出来たら今度は、クリックされる率を上げましょう。

そのためには、効果的な画像作成が必要になってきます。

これからは、魅せる商品ページを作る時代です。

是非、店舗の売り上げに行き詰っている店舗経営者さんは、自社ショップの商品ページの見直しをしてみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

ネットショップを始めたい 自分で作った物をネットショップで売る方法 やり方 ノウハウについて

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
ネットショップをしてみたい・・・そう思う人はたくさんいらっしゃいます。
そんな方々の夢をかなえるために、私は、経験上、これはこうしたほうがいいよ、というアドバイスをこのブログを通じてさせていただいております。

そして今日は、昨日に引き続き、商品の仕入れ方や販売方法についてのノウハウを提供したいと思います。

自分で作った雑貨などをネットを通じて売りたい!ネットショップを持ちたい!

子供用のマスクを手作りしたり、通園バッグと作ったりしていて、裁縫が楽しくなってきていろいろ作るようになった、ハンドメイドでネックレスやピアスを作ったりしている、猫が好きなので自分の猫グッズをつくったから売ってみたい。

そんな夢を抱いている方はたくさんいらっしゃると思います。

自分が1から丹精こめて作った物を誰かに使ってもらってみたい。売れるかどうか試したい・・・

そう思った方にお勧めな販売方法をいくつかご紹介したいと思います。

ヤフーオークションで売る

登録料0円
出品にはYahooIDが必要
ど定番過ぎますが、このオークションが一番良いかもしれません。
オークション形式なので、値段がつくかどうかもわかりません。1円スタートにしてみて、気づいたら数円の値段しかつかなかった・・ということもあるかもしれません。

ですが、ネットで物がこれだけ大量に売られている時代に、自分が作ったものがどれだけの価値と思われているのか知るためにも、一度、オークションに出してみるのも良いとおもいます。

オークションで販売すると言っても、きちんと、商品説明の販売用の文言は書かなければいけません。
アピールポイントと言っても良いでしょう。それをどれだけ熱意をこめて文章に出来るかが、ポイントになってきます。自分が作った物をどうしてお勧めしたいのか、ここがいいよ、と言うことを伝えられるかどうかで、売れるかどうかは決まってきます。
商売のノウハウを知るためにも、技術を磨くためにも、まずは自分の作った物を買ってもらいたい!と強く願い、それを言葉にする事が大事です。

ヤフーショッピングに個人出店する。

登録料0円
出品にはYahooIDが必要
ヤフーショッピングが、昨年(2014年)に出店料を0円にしました。これにより、個人でもお店を持つ事が出来るようになりました。
ヤフーショッピングといえば、アマゾン、楽天市場に次ぐぐらいの有名なネットショッピングモールです。

法人店舗も多い中、そこに参入できるのは非常に珍しいことです。
商品の写真もきれいにとれるようになり、売る言葉もしっかりとできるようになり、自分の商品にきちんと値段が正しくつけられるようになってきたら、一度出してみても良いかもしれません。

ラインモールに出してみる

登録料0円
出品にはLINE IDが必要
ラインモールとは、ラインが提供している商品売買サイト。
ラインがすべてを管理してくれるので、お金のやり取りなどもラインがやってくれる。気軽に出品できるのもあるが、活性化しているのかどうかが不明。
案外高級品系が売れている傾向が強い?

minneに出品

GMOベパポが運営しているハンドメイド専門のショッピングサイト。
手作り物しかないので、非常に良いが、その分、ライバルも多いと言うこと。たくさんの作家が出品しており、競争は激しいものの、このサイトで買うお客様は、そのほとんどが手作り・ハンドメイド物がほしくて買いに来ているので、購入してくれる率は非常に高い。

商品に自信がある場合は是非薦めしたい。
取引は、すべてminneが代行してくれるのもありがたい。

 

手作り物をまず売ってみたい場合は、こういったサイトに登録して、売り始めてみるのも良いとおもいます。
インターネット通販は、いまやさまざまな形態の物が出ており、商品に応じて、売りたい物に応じて出品するのが良いと思います。

個人的には完全ハンドメイド物をうるのであれば、minneさんかヤフーショッピングに出してみて反応を見てみるのが良いかと思います。

ヤフーショッピングの場合は、自分で取引のやり取りをする必要などがあるため、かなり実践的なネットショップらしい事をする事になります。

いろいろな特徴をもつネットショッピング。
あなたのスタイルに合うネットショッピングをぜひ運営していってくださいね。

それではまた。