タグ別アーカイブ: 楽天

ネットショップ用の注意喚起バナー作製の基本

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップ用にバナーの作製などを日常的にやっている私なのですが、もうかれこれ5年以上そういう仕事をしていると、ちょっとお客様に注意喚起したい事があれば、フォトショップなどですぐにバナーを作ってその日のうちに貼り付けて・・・というのをやっているのですが、その画像はいたってシンプルに仕上げるようにしています。

残りわずか!などの短期間にしか出さないバナーに時間はかけない。
目立つ文字・配色・バランスでさっと手早く作る。

たとえば、今日、在庫が残り少ないと連絡があった商品のページには、「残りわずかです!」とお客様に注意を促すバナーを目立つように配置しました。
文字だけではやはり「視認性」(目に付く)のが少なく、見た人の印象に残らないので、

  • 印象に残りやすい配色(おおむね3色以内)
  • 印象に残る色
  • 印象に残るカラーバランス
  • 文字配置

を意識してつくりました。

※作ったバナーがこちら↓

目立つバナー
目立つバナー

赤を基準に白と黄色と黒で色数少なく、印象に残って欲しい文字を特に強調した文字デザインにした、極めてシンプルで極めて簡単なバナーを10分ほどで仕上げて即アップしました。

パソコン用だけではなく、スマートフォン用にもきちんと配置しよう

今回、私の管理しているのがヤフーショッピングだけだったのですが、ヤフーショッピングの該当の商品ページには、スマホ用の編集ページがあるので、スマホ用の編集にも、もちろんこのバナーを付けました。

いまや、スマートフォン用のページの編集もきちんとする時代

スマホ用のアプリが出ているほど、ネットショッピングはパソコンとスマートフォンで利用している人は増えています。
ですので、こういった注意喚起のバナーなども、スマホ用にもきちんと設定するのが望ましいと思います。

たかがバナー、されどバナー。

バナー1つで、お客様に伝わるメッセージは大きく変わります。
それぞれ、そのバナーの持つ役割に応じたものをすぐに用意できるかが、時間の流れの速いネットショップで成功していく鍵だと思います。

それでは、今日はこのあたりで!

スマホ用のページ作製はたとえ楽天市場やヤフーショッピングなどのモールであっても、画像のサイズ設定やタグをきちんとスマホ用にした方が良い

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近、ヤフーショッピングのサイトを作っていたのですが、その作業中、気づいた事がありました。

商品説明文(PC用)のところに、商品説明を画像で作ったものをIMGタグで配置したり、TABLEタグで左に画像、右側に文章を書くという感じの物をつくっていたのですが、それを気にせずにスマホ用の説明文(フリースペース)に貼り付けて商品ページをつくっていました。

スマホで見て見ると、画像が凄く小さかったり文字が凄く凝縮されていて見づらかった

スマートフォンは縦にスクロールするので、画像の右隣に配置した文字とかがぐちゃぐちゃっと寄せられてしまっていました。
さらに、画像の表示大きさ指定をしていなかったので、画像サイズが凄く大きいもの(600pxや800px等)のものはスマホの画面からはみ出していたり、テーブルタグも表示崩れのようになっていたのです。

スマホ用のIMGタグには、画像の大きさを、WIDTHで画像表示サイズを指定しよう

スマホ用の説明文のところにIMGタグを使用して画像を配置する場合は、WIDTH=100%で画像の表示サイズを100%に指定する方が良いと思います。

そうすれば、iphoneやAndroid等さまざまな機種のスマホがあってもそのスマホの表示サイズに合わせて%で比率を変えて表示してくれます。

個人的には100%だといっぱいっぱいでスペースが無いので、95%くらいにしています。

TABLEタグで2列配置にしている説明文は、上下2段での説明文にしよう

どういうことかと言いますと、簡単に言うと下記の図のような感じ。

↓これはパソコン用のタグ。

スマホ用タグとPC用タグの違い
スマホ用タグとPC用タグの違い

 

 

↓こっちがスマホ用。

1002-2

スマホの場合、縦スクロールで見る事を前提にして文字や画像の配置をした方が良いということです。
ですので、TABLEタグで、PCの時に左に画像、右に文字を売っている場合は、スマホ用は、上に画像、下に文字と言うふうに並び替えが必要だと言うことです。

CSSが使えない出店方法をしている店舗は、必ずタグの打ち変えが必要

CSS(スタイルシート)が使える環境での契約で出店している店舗の場合は、DIVタグで画像や文字のブロックを設定しておくだけで、FLOAT設定で右にしたり左にしたり上にしたりで変えられるので楽ですが、TABLEぐらいしか使えない又は昔にTABLEで組んでいたと言うところは、打ち変えしたほうがよいと思います。

今は、スマホからの購入も多いネットショッピング

いまや、各モール専用のアプリが出ているくらい、スマホ経由での購入も多いネットショップです。ですので、スマホ用のページも意識していく事も重要になってきます。

スマホ用ページをいじってない、、という店舗さんは一度見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

スマホでの自分の店舗の見栄えをチェックするのも良いですよ!

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

スマホ用サイトの作製などの依頼やタグの打ち変え作業など細かい作業も請け負いますのでご相談されたい方はフォームからのご連絡お待ちしております♪

楽天うまいもの大会 in名古屋 JR高島屋で開催中の中 楽天スーパーセールも始まって出店企業さんのスタッフが気になった

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
9月2日~9月8日まで、JR名古屋タカシマヤ10階催事場で、楽天市場うまいもの大会が催されています。

毎年凄い人出のあるイベント。
出店は実際に楽天で商売をされている方が対面販売で自社の商品を売るという形式で催されています。

楽天スーパーセールが9月5日からある中、さらに楽天うまいもの大会にも出店しているお店のスタッフさんが気がかりになる

楽天市場に出店しているお店がこの楽天うまいもの大会にも出店しているのですが、リアルでこのイベントに参加している店舗さんにも例外なく、この週末から開催される楽天スーパーセールに関わる事になります。

店舗運営の仕方にもよるとはおもいますが、やはり、スーパーセール時は、普段よりも注文は多いはずです。

楽天うまいもの大会に出ているスタッフさんはネットの方の対応には回れないのは明らかだとすると、ネットの方の対応の人出は不足した状態でスーパーセールに挑むことになるわけです。

どちらの方の仕事の担当になっても、お互いの忙しさは計り知れず、そしてかなり手一杯で疲弊しそうな姿が目に浮かびます……

楽天の度重なるセールに振り回されてネットショップの仕事が嫌いになる人も出てきたりすることも。

楽天市場の店舗に力を入れているネットショップの場合、楽天の会員というメリットもあり、力を入れてネットショップを展開していることかと思います。

ネットショップにとって、サイトにアクセスが無かったり、検索の上位に引っかからない限りは物が売れません。

ですので、楽天市場という大きなモールが人を集客し、その恩恵を受けているというのは否めない事実であります。

しかしそれ故に。

楽天市場が行うセールに売り上げを影響されるというのも事実です。
特に大きなセール前は買い控えになり、セール期間中に爆発的に物が売れ、全国的に出荷量が増え、運送が逼迫する……というのは何度も繰り返しおきています。

セール期間中の爆発的な売れがセールが終わると、注文は途端に収束。セール期間中に買ったお客様が熱が冷めてキャンセルを申し出てきたりする事もあります。

セール期間中の大量の注文をさばくのに本当は人を増やしたいところではありますが、通常日に手持ち無沙汰になる可能性を考えると人を安易には増やせない。

かといって臨時バイトに務まる仕事かと言えばそれもまた疑問。

ということで、ネットショップは人員配置が非常に難しい業界とも言えます。

人員配置が難しいネットショップのオーナーさんたちがどのようにセールとうまいもの大会の人員配置をしたのかが気になる

話をうまいもの大会に戻しますが、このように実体験的にネットショップは少ない人数で仕事をしているところも多い中、楽天うまいもの大会とスーパーセールにどのように人を配置したのかと思うのです。

とはいえ。うまいもの大会に参加できる店舗さんは運営を日頃からきちんとされていて少し余裕がある人員で仕事をなさっているのかもしれません。

とにかく思うのは……うまいもの大会にもスーパーセールにも対応されるスタッフさん、経営者さん、どちらもお身体を大切にして頑張ってほしいなとおもいます。

……楽天さん、集客してくださるのは嬉しいですが、実際に運営されてる店舗さんの意見や立場も考えてイベント企画してほしいなあと思ったりしました。

出店方法に合わせた商品画像の作り方 楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合 【ネットショップ運営ノウハウ】

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は昨日の続きで、ネットショップにとって不可欠な「商品画像」の作り方についてお話したいと思います。

モールに合わせた商品画像を作る事を私は推奨しています。昨日は、Amazonの作り方を具体的に説明いたしましたが、今日は、ショッピングモール感が強い、楽天市場・ポンパレモール・ヤフーショッピング用の商品画像の作り方を具体的に画像を見ていただきたいと思います。

(関連記事)

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールに出すなら、背景画像は魅力的に作るべし!ライバルに差を付けて
「わかりやすく」「見やすく」「買いたくなる」画像を作ろう

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合、商品検索をすると、該当する商品があるだけ全部店舗ごとに並びます。
アマゾンさんのように、商品ごとにまとめられたりはしません。

商品名に入っているキーワードを元にすべて表示されます。
ですので、たとえば、私が今使っている

nanocareの卵型イオン発生器

を検索してみても、取り扱っている店舗の数だけずらーりと並びます。

価格も重視だが、商品を具体的に見てみたいと思わせる画像作りは大事

楽天市場やヤフーショッピングで買い物をする人の仲には、「何気なく」ウィンドウショッピングを楽しむ感覚で商品を探している人も居ます。
そういった人にアクセスしていただき、購入へ導く事が、ネットショップの売り上げを上げて良くコツになります。

 

ですので、楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールさんに出すときの商品画像は「魅力的」かつ「何かがわかる」という画像つくりをする

では、具体的にはどう作れば良いのでしょうか?
たとえばで作ってみました。

まずは、Amazon用の画像だとこんな感じです。

商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。
商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール用だと、こんな感じにぐらいは工夫したほうが良いと思います。

商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。
商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。

 

どちらも同じ画像のみ使用し、(サーキュレーターのみです)あとは、装飾しているだけです。

こういった工夫をするだけでも、一覧で見たときに見栄えが違いますね。

楽天市場やヤフーショッピング、ポンパレモールを利用する客層としては、「なるべく安く」「お買い得」に買いたい。出来れば商品の事も良く知ってから買いたいという方が多くいらっしゃる、主婦層を中心とした一般的な方が多いので、広告めいた画像作りが効果的です。

Amazonはどちらかというと決めうち(これを買う)と決めて値段を探しにくる男性的なお買い物が多い傾向

今までの経験上、Amazonでお買い物をする層としては、男性的といいますか、「これを買う」と決めて探して購入される傾向が多いように感じます。

ついで買いもあまり見られないのは、Amazon発送の商品がほとんど送料無料対象な事もアリ、必要なときに買えば良いという方が覆いからのように感じます。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールは、女性を意識した商品画像作成が効果的

面倒な作業になりますが、Amazon用はAmazon用、そのほかのモールはそのほかのモール用の画像作成を推奨します。
こういった面倒な事をやっているかやって居ないかで、お客様の流れを引き寄せるか引き寄せないかが変わってくると思います。

Amazon用は画像をくりぬくだけで良いので、そういった簡単な作業は外注に依頼するなど、人手間をかけて、店舗の売り上げを上げる事にどんどん力を入れていって欲しいなと思います。

nekonomoridesignでは画像のくり貫き作業も格安で承ります。

作業時間・納期・作業内容・商品によってお見積もりを個別におだししますので、頼んでみたいというかたは、お見積もりだけでも是非お待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

関連記事