タグ別アーカイブ: 比較

ネットショップの送料比較 個人が荷物を発送する場合 個人でも安く送れる 安い運送会社一覧

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップ開業したいとお考えの方で、まずは個人で始めてみよう!と思っている人が最初に躓きやすいポイント「送料」についてお話したいと思います。

ネットショップにとって「送料」は重要

ネットショップをやっていて、唯一のネックと言っても良いのが「送料」です。買うときも、送るときも、「高い送料」は、買う気を失せさせる最大の原因となりかねます。

Amazonは無かった事にしたいが、そう言ってる場合でもない

通販最大手のAmazonは、Amazon出荷であれば基本的に送料はかかりません。買う側にとってみればそのサービスはとてつもなく喜ばしい事ではあるのですが、一転、「売る側」にたつと、これが厄介以外の何者でも無くなります。

「送料」は必要経費であった過去

まだネット通販が普及し始めの頃は、ネット通販で買い物=送料を払うのは当たり前という意識が買う側も売る側もありましたが、今はもう「送料無料」を実施している大手企業も多いためか、「送料は出来る限り払いたくない」という志向の人が多くなってしまいました。

個人が物を売る事業に参入する時代
個人でも送料についてきちんと考えるべき時代が来た

急速にネット通販が拡大し、Yahooショッピングの出店料無料をきっかけに、今までオークションぐらいでしか個人が物を売る事がなかった環境が一変し、今では個人がネット通販で物を売買する時代。

会社であれば、会社が契約している特別送料で、大手有名宅配業者との契約でかなり送料を抑えて出荷をする事が出来ますが、個人ではそのハードルはとても高くなっているのが現状です。

配送するもののサイズが小さければ、個人でも十分送料を抑えられる

小さい荷物に特化したサービスが最近充実してきています。
数社ありますので比較して、なるべくコストを抑える事が可能になります。荷物の追跡があるのは宅配便だけという時代ではなくなり、本当に色々なサービスが充実してきている良い時代です。

これ以外にも、普通郵便の定形外郵便などもあります。

ご紹介したサービスは、どれも個人での発送が可能なものばかりです。

企業契約でなくても安いものはこれだけたくさんあります!

いろんなサービスを比較してみて、送りたい荷物に合わせた運送会社を選んで、賢くネット通販を運営していってくださいね。

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

NVIDIA GeForce GTX750Ti ASUS製 グラフィックカード(ビデオカード) FF14 ベンチマークテスト FFXIV

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日から不調が続いたグラフィックカード。オンラインゲームのFF14プレイヤーでもあり、このゲームをしているときだけ、グラフィックの異常が頻発していました。

おそらく高負荷がかかるのが原因のようで、通常作業をして居る時は何の問題もなかったのですが、オンラインゲームをやり続けると駄目になるのと、パソコンごと落ちたりするので、パソコンそのものにも悪影響がおよぶと思い、グラフィックカードを買い換える事にしました。

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750Ti を購入。

PCに詳しいKozyさんのチョイスでこれになったのですが、玄人志向のにするか悩んだ結果、ASUS製になりました。

玄人志向は、コスパ的にも凄く最適だったのですが、何せ在庫が品薄状態で、入荷次第発送というのがネックだったのと、私の先日買い変えたマザーボードがASUS製だったので、なんとなく相性的なものとかの心配もなさそうというような安易な考えもあって、ASUS製のこのビデオカードにしました。

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750Tiは軽い・小さい・省エネ

第一印象は「小さっ!」でした。
大きさ:約19cm
重さ:500gぐらい

前回までつかっていたのが、
MSI製 R5850 TWIN FROZRII (ATI Radeon HD 5850)

大きさ:約25cm
重さ :約1.2kgぐらい

だったので、ものすごく小さくて軽くなった印象!

ごちゃごちゃしがちなパソコン内部がかなりすっきり見えました。
(写真撮り忘れてしまいました・・・)

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14でのベンチマーク結果のスコア発表

早速ですが、本題へ。
オンラインゲームFinalFantasy XIVの蒼天のイシュガルドのベンチマークを行った結果です。

ちなみに、その他のPCスペックは
CPU:Intel(R) Core(TM) i5-4590 CPU @ 3.30GHz
マザーボード:ASUS製 H97-PRO GAMER
メモリ:4GB
OS:Windows7  Home Premium 64 ビット
です。

まずは、最高品質モード

スコア:SCORE:5230 とても快適
1700×1000 最高品質 DirectX11 ウィンドウモード

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14ベンチマークテスト結果
ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14ベンチマークテスト結果

 

次に、高品質(デスクトップPC)モード

スコア:SCORE:6051 とても快適
1700×1000 高品質(デスクトップPC) DirectX11 ウィンドウモード

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14ベンチマークテスト結果
ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14ベンチマークテスト結果

最後に、高品質(ノートPC)モード

スコア:SCORE:7715 非常に快適
1700×1000 高品質(ノートPC) DirectX11 ウィンドウモード

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14ベンチマークテスト結果
ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14ベンチマークテスト結果

っという結果でした。

結果的には、ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750TiのFF14では品質をそれほどまでに上げなければ凄くサクサクきれいにプレイできる

前回のグラボに比べて発色や滑らかさも向上しました。
特に、空の青色が深くきれいに見えます。この辺りは、新エリアになってからのきれいさを堪能出来てとてもうれしいです。

MSI製 R5850 TWIN FROZRII (ATI Radeon HD 5850)ではもはや水辺や空を飛んでいるときにエラーを起こしてPCごとブラックアウトしたり、ブーーーーーーーーーという音を立ててパソコンが止まったりしていました。

おそらく高負荷による影響をパソコン全体に及ばせていたか、もしくはビデオカードが電力を消費しすぎてオーバーヒート状態に至らしめていたのかもしれません。

とにかくもうMSI製 R5850 TWIN FROZRII (ATI Radeon HD 5850)では通常作業には何の支障もないが、FF14のプレイは難しいと判断したので、買い換えて正解だったと思います。

しばらくこれで、前のようにブラックアウトなどがなくなればいいなと思います。

ASUS製 NVIDIA ぐはコスパも良かった。

ASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750Tiは、2万円でお釣りがくるくらいの割と安価なほうのビデオカードですが、性能は良いと思います。
綺麗な画面でオンラインゲームをしたいなーというくらいの願望であれば正直これで十分です。

めちゃくちゃこだわる人には物足りないです。

最高品質でも、「とても快適」なので、遊べなくはないですが、ベンチマークを見ている限りは、少しカクカクする感じもあります。(特に飛空時)大人数でグラフィックもエフェクトもかかりまくるところだと正直ストレスを感じると思います。

私は、このASUS製 NVIDIA GeForce GTX 750Tiで、ノートPC高品質でプレイしていこうと思っています。

もし、ビデオカードを買い換えようか悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

オンラインゲームプレイヤーの方に少しでも為になる情報になればうれしいです。

それでは今日はこのあたりで!