タグ別アーカイブ: 自由

意識して毎日過ごすと変わってくる 「いつか」ではなく「この日までに」を決めて行動しよう

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
秋が大好き、と前にも(前回の時も言ってましたね・・・)言っていましたが、本当にこの季節が大好きです。

今年の秋の私は過去5年間の「秋を自由に使えなかった社会人生活」から抜け出せたのですが、この状況になる事が出来たのは、1年前の自分が居たからだと改めて思うのです。

2014年(1年前)の私は、1年後の2015年の秋の土曜日出社はもう絶対やりたくないと思っていた。

当時勤務していた会社の内部で色々とあったのも原因だったのですが、10月~11月に土曜日出社が義務付けられていた事がずっとストレスで、秋にあるイベントに行けない事や、せっかく色々やる気になる時期なのに休みが少ないので体が疲れてしまうという事が本当にストレスでなりませんでした。

そうは言っても、一家を支える妻であり大黒柱である自分は、早々簡単に収入レベルを落とすわけにも行かず、半ば意地と家族のために、と言うことだけで働いていましたが、2012年に、子供を出産する事が出来ない身体になってから、こんな思いも反面では抱えていたのです。

子供を育てる喜びを味わえないのなら、
せめて、夫婦仲良く毎日笑って話せる日々を過ごせる生活をしたい

生活のために、という意地だけで頑張っていた前職の会社で、秋に勤務環境の変化によるストレスも抱えていた私は、やはり家でもそのストレスが原因であまり話さなくなってしまっていたり、夫婦間の会話が少なくなる事が、この土曜日出社期間の2ヶ月は発生してしまっていました。

12ヶ月のうちの2ヶ月間だけ、と言われればそうなのかもしれませんが、私にとっては、一番大好きな季節に、こんなに苦しい状況が続くのはとても耐え難いものに感じていたのは事実でした。
しかし、2ヶ月間だけだし、とおもって2012年の秋、2013年の秋、2014年の秋も過ごしたのですが、3度目になってもこの耐え難さが消える事はありませんでした。

2015年の秋は楽しくしたい。
いつ死ぬかも判らない、子供を残しているわけでもない、
夫婦で毎日の一日一日を大事に過ごしたいと思った

2014年の冬。
苦しかった土曜日出社が終わるころには、私は、
「来年はもうここに居ないでおこう」
そう堅く決心をし、主人に
「来年は収入は落としてしまうかもしれないけれど、一緒に過ごせる時間を長く取れるように生活を変えたいと思う」
と宣言しました。

「いつかこの状況を変える」ではなく「●●までにはやる」という決意

結局、私は
「来年(2015年)の秋には、もうここ(前職場)には居ないようにする!」
決意したのです。
それからはとても物事がスムーズに動き始めました。

それまでは、「いつかここ(前職場)を出るんだ」
と言う思いで過ごしていましたが、自分の中でリミットを設定した事によって、それに向かっての段取りを組むように自然に体が動き始めました。

朝活をしはじめるようになったり、趣味の時間を少なくしたり、自分を磨く事に時間を割くようになったり、就職活動をし始めたり等、具体的に行動を起こすように自然となって行きました。

「いつか」は「いつか」のまま。
「この日まで」を自分で設定していないのならそれはまだ「本気」じゃない

よく、「いつかはこうなってやる」という目標を掲げる人が居ますが、その大半はその「いつか」はやってきません。
たとえば、良く聞く台詞で言えば

「いつかは結婚するぞ」

と言う人は、結婚せざるを得ない状況にでもならない限りは、その大半は、その「いつか」がやってこないまま、おひとりさまの道をひた走りしている事が多いと思います。

逆に、「30歳までには結婚する!」

というひとは、たいてい本当にそのとおりになります。なぜかと言えば、30歳にという具体的な数字が見えてくると、相手が結婚する見込みがないと思った場合、早々に相手を見切ることも出来ますし、相手をせかす事ができたり、相手が居ない場合は結婚相談所に登録したり、婚活に参加したりなどするようになり、そのほとんどが、自分の掲げた目標を達成する事が多いです。

何かやりたい事が明確な人は「いつまでに」するのかを具体的に決めてしまいましょう

先ほどから何度も繰り返しになりますが「いつか」はいつかのままで、具体的に数字にしない限りは人間はほぼ行動に移す事が出来ません。
更に言えば、具体的な目標にした途端に脳内でそれを意識するようになり、自然とそのやりたい事に関しての情報や行動を自分から起こせるようになってくるものです。

昔からよく読んでいるビジネス本にも書いてあったのですが脳内ではわかっていても、自分で実感しないと、本当の意味では「やりたいこと」を「明確な目標」にして具体的に期限を決めると言うことの大事さはわからないものですね。

おそらく、この記事を読んでくださった方の中にも、まだぼんやりとしかその重要性がわからない方も居るかもしれませんが、とにかく「意識をする事」がとても大事です。人は意識をすれば、必ずそのものの情報が耳に入るようになっていると思いますので、何か目標がある人は是非やってみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

断捨離をして心と意思の整理をしよう。自分自身が決めた事に迷ったら読んでほしい断捨離ブログ。

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。3連休。せっかくいろいろ自由に時間が使える日なのもかかわらず、金曜日に体調を崩し、それからあれよあれよと言う間に気持ちまで滅入ってしまい、気持ちもふさぎこんで体調も良くありませんでした。

ちょっと前から、また少し、今勤務させていただいている会社での仕事に疑問を持ち始めたりしていて、これが本当に目指していた道なのかどうか等、悩みが再び再燃してしまっていました。

落ち込んでいたら、家族もなんだか落ち込んでしまった

金曜日の疲れは、おそらく、「やっと休みだ」という安心感からだったと思います。自分から進んで転職して入社した会社で勤務してようやく4ヶ月。勤務時間が残業なしの会社なのでほぼ定時で帰宅出来る事もあり、とてもうれしく、こうしてブログを書く時間も持てるようになったので、とてもありがたいと思っています。

しかしながら、あまり詳しくは記載出来ないのですが、希望とはまったく違う状況に日々なって言っている事に、どうしても自分の中で対応出来て居ないのか、もはや気力と家族を路頭にさまよわせるわけにはいかないという思いだけでがんばれて居る感じでした。

その状況からさらに、報酬に対する事でも最初の契約とは違う内容がある事が判明するなどが重なり、自分の中での「何か」が折れたのだと思います。

そして落ち込んで居たら、家族まで、気力をなくしてしまっていました。

 

気力を振り絞ろうとしても、何もやる気が沸いてこなかった

「このままではいけない」
そう思って気力を振り絞ろうとしました。
ブログをこんなに自由に書ける時間はない。新しい事もいろいろ出来る時間がこんなにあるんだからもったいない!

そんな風にも思ったのですが、「目的」もなく闇雲にがんばろうとしても、がんばれないものだなと実感しました。

結局、起き上がっても食べる気力もあまりわかないような状態で2日間が過ぎてしまいました。

断捨離をしたいと突然思いたつ。気分もやる気も入れ替えたかった

主人(Kozy)から、「片付けしたいって前に言ってからやるか?」と誘われました。確かに、前からいろいろ片付けたい物はあったのです。
そう思うと、片付けはやりたい!と思い始め、ついには「断捨離したい!」と思うまでにやる気が急に満ちてきました。

古い本や未練がましく残していた教材っぽい本、いらないショップバッグも全部全部捨てたかった。

なぜかわからないけれど、それが自分の【足かせ】になっている気がしました。

お金があって、物がないと、どことなく寂しい、

そんな感覚にまた陥り始めていたのだと思いました。

どんどん捨てた。捨てたいだけ捨てた。断捨離していったら、気持ちの足かせが少し取れて、大事なものがまた見えてきた

 

断捨離をしていくうち、自分の中の気持ちの整理もついてきました。

転職して、本当はこういう生活がしたかった。。。という理想が高かったことも実感しました。時間もお金も余裕が出ると思いました。

でも現実は、時間の余裕だけで、お金の余裕がない状態でした。

それに、私はストレスを感じていて、さらに、職場での仕事内容にも自分の理想とするものがなく、本当に家族を守るための手段として、今の仕事をしているのだと実感しました。

ただ、それは悲観することでもないのです。
幸せな事に、収入をいただきながら、時間がきっちりしているお仕事なのです。帰ってからの時間を自由に使えるようになっているのだから、これからはそれを生かして、さらに、ちゃんと「自分の理想」を自分で叶えていこうと決意しました。

やっぱり、自分の幸せは自分で掴み取るしかない。自分で切り開くしか、きっと自分の納得する答えは見つからないと実感しました。

少しずつでも一歩ずつ。

やりたい事は、どこかに入ってやる、じゃなく、自分自身の手で切り開く。

断捨離は、自分の要らない部分の気持ちや物を整理できる良いきっかけになると思います。ぜひ、何か迷いがある方は、片づけをしてみてください。片づけをしている間にいろいろと自分の中の答えが見えてくるはずです。