タグ別アーカイブ: 費用

年賀状は印刷会社に依頼したほうがプリンターのインク代とか手間とかより安いかもしれないというお話。

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
昨日から年賀状について色々考えていたところ、ふと思い出した事がありました。

会社経営社の父は、年賀状を毎年100枚くらい出しているのに
毎回自宅のプリンターで印刷をしてインク切れで困っていた。

印刷会社にデータを出したりする事がおおくなってきて、色々と知っていくと、案外印刷に出したほうが色々コストが安いんじゃないかとおもうようになってきたのですが、会社経営をされていたり、会社名義での年賀状を出されるところでも、経営者さん自ら自宅や会社のプリンターで年賀状を作製されている事って多いなと思ったのです。

自宅のプリンターのインク代って案外プリンター本体と変わらないくらいの金額コストがかかる

年末になるに連れてプリンターを宣伝するCMも多くなるように、年末に需要が高くなるプリンター。家庭用のインクジェットプリンターでも最近では発色の良い物や多色インクを使用して綺麗に印刷出来るものも出てきたり、印字用紙も、写真画質用紙、見たいなのがでてきました。

しかも、そのプリンター本体の値段は型落ち品だと、1万円を切っていたり、機種を選ばなければ5000円前後で買えちゃったりするのもありますよね。

買った当初はインクも十分にあってよいのですが、いざ、年賀状を印刷しようとすると、案外すぐにインク切れを起こす、という経験はありませんでしょうか?

年賀状などの印刷はやっぱり「きれい印刷」みたいなモードを使う事が多いと思いますし、さらに、自分が作ったデザインのカラーリングによっては偏って色が無くなったりする事もあります。

そして、年末ギリギリになって印刷をかけていると、インク切れを起こす・・・買いに行くとインクが売ってない・・みたいなパターンはよくある事ですが、ここで1つ思いませんか?

家庭用インクジェットプリンターの純正のインク代って高い!

4色セットとかで売っているのだと、純正の物を買おうものなら、それこそ5000円近くかかります。
単色買いであっても1000円以上は絶対します。

互換性インクでもそこそこの値段がする!

プリンターのインクには、「互換性インク」と言うものが存在します。
いわゆる、リサイクルトナーを使ったり、いろんなプリンターに使えるようにしてある汎用性の高い容器を使うことでコストを抑えてあるものだったり、インクが純正インクでないので発色力は純正よりもおちるもののそれほどかわらない、と言うようなものですが、そのインクですら、単色でも1000円前後の値段がします。

50枚未満であれば自宅印刷でも良い

ここからは推測の域なのですが、50枚未満であれば、自宅のプリンターで印刷してもインク代を支払っても安いとは思いますが、80枚くらいになるようでしたら、印刷会社へ裏面だけ印刷を頼むほうが良いかもしれません。

しかし、一般的なスーパーやコンビニとかにある「年賀状印刷承ります」
を利用するとコストは上がるので、印刷会社にデータを出せる人に依頼して裏面だけを印刷した物を作ってもらうのが安い

印刷会社で、裏面だけを印刷する事が可能です。
表面(宛名面)は自分で印刷(又は手書き)と、切手代が必要になりますが、そこに手書きでメッセージを添えることも出来ますし、裏面は綺麗にはしっこからはしっこまで綺麗に印刷されたものになるので、「品格」「質」が上がります。

片面のカラー印刷で、100枚、1200円ぐらいから印刷が可能なので、100枚以上印刷をされる場合は、切手代はかかるものの、切手代を考慮しても、自宅のプリンターを使うよりは

  • 早く
  • 安く
  • 綺麗

に裏面が印刷されるのでお勧めです。
納期にゆとりを持っていれば、(おおむね10日以上)安くできます。

今年は年賀状の代理作製や印刷会社へのデータ入稿などのお仕事依頼も承っておりますので、ご検討されたい方や、質問などがありましたら、お答えいたしますので、フォームからお気軽にお問い合わせくださいね。

自宅で自前でやることばかりがコスト安ではないので、是非ご検討いただければ幸いです♪

それでは、今日はこのあたりで!

ニッセンが早期退職・不採算事業撤退から考えるネット通販・通信販売の意外な経費と問題点

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
昨日、インターネットのニュースで、通販大手の「ニッセン」が、早期退職者を募集し、不採算事業からの撤退などの合理化策を発表しました。
ニッセンといえば、老舗の通販企業です。
ネットショッピングも昔からやっていて、歴史のある会社。
大型家具が安価で手にはいること等から昔から人気が高かった反面、商品破損などを防止するために人員を増やしたことなどから赤字が進んだとのことで、今回の不採算事業の撤退へとつながったということが書かれていました。

ネット通販をしていると必ず直面する
「サービスの質」と「早さ」と「商品の質」のバランス問題。

ネット通販は、インターネットの画面だけで商品を選び、購入し、商品が届くというシステムです。商品を自分の目で直接みるのではなく、
「ちゃんとしたものが届く」
が前提で、画面で商品を選び、購入します。

販売側も、もちろん最初から不良品を売りつけようなんて思って販売しているお店はありません(ごく一部、そういう店舗もあるかもしれませんが・・)
発送前には人が梱包作業をし、運送会社に荷物を載せ、購入者へ荷物を届けると言うのはどこの通販業者、ネット通販会社でもやっていることです。

しかし。この基本的な配送システムにおいて、ある問題が発生します。

「検品のタイミング」「検品の量と質」

すべての業者がそうであるというわけではありませんが、ネット通販をしている企業の大手でも中小企業でも、自社生産の商品を取り扱っていない限り、ネット通販の配送部門では「検品」は「納入業者」が行い、入荷した商品の検品は自社内でするものの、通販業務での最終工程
「お客さまに届ける荷物の梱包」段階では、おそらく、ほとんどの場合「検品」はサッとパッケージの外から見る程度の軽い作業となっていると思います。

そうなってしまう理由として第一にあるのが

「到着日を急ぐ買い物が多い」

と言う事になります。
店舗運営の差別化の一環としてもあるかもしれませんが「早く発送する」と言う事を第一にしているお店は少なくありません。

そのためには、「入荷しておいてある商品はすべて良品」という前提の下、発送業務においては、「検品」をスルーする場合も多くあると言うことです。

「質」をとれば、配送への手間が増え、採算が合わなくなってくる不思議

「早さ」をもとめれば、検品作業を少なくする事で「出荷量」を増やす事ができ、より多くの荷物を届ける事が出来ると同時に、売り上げもそれだけ多くなっても発送が滞りなく出来る事に繋がります。

発送可能な商品としておかれているものが、すべて本当に「良品」であれば、それは可能かもしれませんが、毎日たくさんの荷物を入荷するような会社の場合、たとえば、コンテナなどで大量の荷物を入荷する場合、おそらく、入荷時点での検品は、外箱からの軽い検品、もしくは、入荷伝票との数のチェックのみ、という事もあるはずです。

そういった商品を「在庫」としてもち、通販事業での「商品」として出荷する場合は、必ず「検品」を出荷前にしなければならないと私は思っています。

しかし現実は、「出荷すること」が最優先され、「検品」が一度もされることなく出荷されてしまっているというお店は多くあるのが現実だと思います。

通販の最大の難点「発送業務」ここにかかる経費をいかに捻出するか

カタログ通販、ネット通販に共通して言える問題点
それが「配送業務」です。配送業務には多大な経費がかかります。

たとえば、「発送商品の質」を向上させるために「検品」をする部門を設けたとします。
すると、検品用の人員・梱包作業をする人員・配送費(運送会社に支払う費用)がかかります。
しかし、これは「経費」であって、売り上げにもならず、しかも昨今では「送料無料」を掲げている大手通販Amazonの台頭によってその経費をお客様へ負担していただくのは、企業努力不足の証として見られるほどになってきました。

だからといって、じゃあその費用を商品代金に載せれば良いのかといえば、それもまた見当違いの事で、通販業界ではいまや熾烈な価格競争の場と化しているので、その戦略も通用しません。

結局のところ、発送業務に関する費用を補填出来るところはないので、元々の利益を切り崩して捻出するしか方法はないというのが今の現実です。

通販・ネット通販で今後生き残るためには、「送料」「配送経費」「検品」の費用を負担してでも利益が出る商品を持っているかもっていないかが鍵となる

結局のところ、「どこでも売っている」物をネット通販で買うメリットは「行かなくて良い」「すぐ届く」「実店舗より安い」という理由でしか買われなくなってくると思います。

ですので、「何でも屋」みたいなところで、中途半端な品揃えで、価格もそれほど安くもない、かといって、他との差別化がしにくいような商品を取り扱っている場合、遅かれ早かれ「売り上げの伸び」に限界が来る事は目に見えています。

「そのお店にしかない」「ネットでしか買えない」というプレミア感のあるものを取り扱っていけるか、「ネットでしか出来ないサービスを展開する」などの工夫を今後は強いられてくるのは間違いないと思います。

大型家具は今後ネット通販から消え行くのか

大型家具の配送については、私も経験がありますが、かなりクレームも多い商品となります。「組み立てられない」「思ったより大きかったから返したい」など様々です。

大型家具、特にベッドなどを取り扱う場合は、ドロップシッピング等で昔からずっと大型家具を取り扱っている業者を利用するのが一番良い手だと思います。

自社で大型家具を売りたい場合は、そのリスクも十分考えておくべきだと思います。

大型家具は宅配業者に嫌われる

大型家具を積んだトラックには、他の荷物を積みにくいなどの理由や、奥のほうにしまってあるのに時間指定などがあると出すためにだけに他のスペースを空けておく必要があるなどで運送会社にとってはとてもコストパフォーマンスの悪い荷物となります。

それゆえに、大型荷物を発送するようでしたら契約しません、という業者も出てきているくらい、今、大型荷物を取り扱うことは非常にリスクを伴うことになっています。

大型家具を取り扱う場合、近隣のみ限定サービスや、逆に遠方のみ届けるなど、他との差別化を図ろう

大型家具を全国向けに取り扱う場合、どうしても購入対象者が多いと言うことで首都圏や都市部からの注文は多いです。

しかし、それだと本当に、「取り扱いにくい荷物」となってしまい、配送業者からも嫌われてしまいます。

そういった場合は、それを逆手にとり、「地方でベッドなどを買う事が難しい地域にのみお届けする」といったサービス展開をしてみると面白い結果が生まれると思います。

都市部を優先するのではなく地方優先にする。

こういったことで差別化を図ってみると新たな展開が見えてくる気がします。

なんにせよ、大手がこのように事業縮小・撤退をしていくような時代です。
逆に小さい会社だからこそ出来る規模は小さくても価値は大きいサービスを考えて、これからの時代を行きぬいていく会社作りをしていきましょう!

私も、これからこの激動のネット事業に挑もうと思っています!

小さくても生き残ってこそ価値があります。

規模にとらわれず、細く長く生き残れるネットショップ作りを目指しましょう!