タグ別アーカイブ: 運営

楽天うまいもの大会 in名古屋 JR高島屋で開催中の中 楽天スーパーセールも始まって出店企業さんのスタッフが気になった

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
9月2日~9月8日まで、JR名古屋タカシマヤ10階催事場で、楽天市場うまいもの大会が催されています。

毎年凄い人出のあるイベント。
出店は実際に楽天で商売をされている方が対面販売で自社の商品を売るという形式で催されています。

楽天スーパーセールが9月5日からある中、さらに楽天うまいもの大会にも出店しているお店のスタッフさんが気がかりになる

楽天市場に出店しているお店がこの楽天うまいもの大会にも出店しているのですが、リアルでこのイベントに参加している店舗さんにも例外なく、この週末から開催される楽天スーパーセールに関わる事になります。

店舗運営の仕方にもよるとはおもいますが、やはり、スーパーセール時は、普段よりも注文は多いはずです。

楽天うまいもの大会に出ているスタッフさんはネットの方の対応には回れないのは明らかだとすると、ネットの方の対応の人出は不足した状態でスーパーセールに挑むことになるわけです。

どちらの方の仕事の担当になっても、お互いの忙しさは計り知れず、そしてかなり手一杯で疲弊しそうな姿が目に浮かびます……

楽天の度重なるセールに振り回されてネットショップの仕事が嫌いになる人も出てきたりすることも。

楽天市場の店舗に力を入れているネットショップの場合、楽天の会員というメリットもあり、力を入れてネットショップを展開していることかと思います。

ネットショップにとって、サイトにアクセスが無かったり、検索の上位に引っかからない限りは物が売れません。

ですので、楽天市場という大きなモールが人を集客し、その恩恵を受けているというのは否めない事実であります。

しかしそれ故に。

楽天市場が行うセールに売り上げを影響されるというのも事実です。
特に大きなセール前は買い控えになり、セール期間中に爆発的に物が売れ、全国的に出荷量が増え、運送が逼迫する……というのは何度も繰り返しおきています。

セール期間中の爆発的な売れがセールが終わると、注文は途端に収束。セール期間中に買ったお客様が熱が冷めてキャンセルを申し出てきたりする事もあります。

セール期間中の大量の注文をさばくのに本当は人を増やしたいところではありますが、通常日に手持ち無沙汰になる可能性を考えると人を安易には増やせない。

かといって臨時バイトに務まる仕事かと言えばそれもまた疑問。

ということで、ネットショップは人員配置が非常に難しい業界とも言えます。

人員配置が難しいネットショップのオーナーさんたちがどのようにセールとうまいもの大会の人員配置をしたのかが気になる

話をうまいもの大会に戻しますが、このように実体験的にネットショップは少ない人数で仕事をしているところも多い中、楽天うまいもの大会とスーパーセールにどのように人を配置したのかと思うのです。

とはいえ。うまいもの大会に参加できる店舗さんは運営を日頃からきちんとされていて少し余裕がある人員で仕事をなさっているのかもしれません。

とにかく思うのは……うまいもの大会にもスーパーセールにも対応されるスタッフさん、経営者さん、どちらもお身体を大切にして頑張ってほしいなとおもいます。

……楽天さん、集客してくださるのは嬉しいですが、実際に運営されてる店舗さんの意見や立場も考えてイベント企画してほしいなあと思ったりしました。

ネットショップ運営において重要なのは在庫の管理能力

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は久しぶりにネットショップについて語りたいと思います。

ネットショップ運営において大事なのは「在庫」をどう回すか

言うまでも無くなのですが、物販をするネットショップにおいて何よりも重要なのは【在庫】のあり方です。
売れる時期に在庫がないと商機を逃しますし、
売れない時期に在庫があっても不良在庫になり、商品価値も下がります。

その在庫の管理が上手く出来てこそ売り上げも変わってくるといても過言ではありません。

新商品を入れたくても在庫が圧迫して入荷できないというジレンマは非効率

断捨離の話にも共通しますが、、新しい物を手にするためには「古いもの」を捨てなければ決して良い物が巡ってこないと思っています。

在庫もそうで、「いつか売れるかもしれないから」という保険のためだけに在庫をおき続けているのは、あまり好ましい状態ではないと私は思います。

倉庫など保管場所に余裕があり、管理もきちんとされているようなところであれば問題ないかもしれませんが、たいていの会社の場合、自社在庫倉庫に加え、外部倉庫とも契約して荷物を保管していることもあると思います。

外部倉庫を使用するほどおいておかなければならないのか、もう一度見直すべきだと思います。

新しい物を入荷できるスペースを確保し、古い在庫は、腐ったり劣化しにくい商品であったとしても商品価値が下がっていくと言う認識を。

「いつか」の為においてある在庫は、永遠使える物とは限りません。たとえ劣化しない商品を取り扱っている場合であっても、すべてのものに「経年劣化」は生じます。

それでも価値が下がらず売れるものなのかもしれませんが、やはり、本当の意味では商品価値は下がっているのです。

そして、「いつか」の時の為においてある在庫が本当に必要かどうか、その在庫を処分して、新しい物を作ったり入荷できる余裕があるほうが、新しい商品で更なる売り上げアップも見込め可能性があるわけです。

劣化していない&いつか売れたときのため

と言う商品を今一度見直して、新しいフレッシュな商品を常に問い入れられる余裕作りが、ネットショップでの物販を成功させていく秘訣です♪

是非、参考にしてみてくださいね。

それでは今日はこのあたりで。

ニッセンが早期退職・不採算事業撤退から考えるネット通販・通信販売の意外な経費と問題点

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
昨日、インターネットのニュースで、通販大手の「ニッセン」が、早期退職者を募集し、不採算事業からの撤退などの合理化策を発表しました。
ニッセンといえば、老舗の通販企業です。
ネットショッピングも昔からやっていて、歴史のある会社。
大型家具が安価で手にはいること等から昔から人気が高かった反面、商品破損などを防止するために人員を増やしたことなどから赤字が進んだとのことで、今回の不採算事業の撤退へとつながったということが書かれていました。

ネット通販をしていると必ず直面する
「サービスの質」と「早さ」と「商品の質」のバランス問題。

ネット通販は、インターネットの画面だけで商品を選び、購入し、商品が届くというシステムです。商品を自分の目で直接みるのではなく、
「ちゃんとしたものが届く」
が前提で、画面で商品を選び、購入します。

販売側も、もちろん最初から不良品を売りつけようなんて思って販売しているお店はありません(ごく一部、そういう店舗もあるかもしれませんが・・)
発送前には人が梱包作業をし、運送会社に荷物を載せ、購入者へ荷物を届けると言うのはどこの通販業者、ネット通販会社でもやっていることです。

しかし。この基本的な配送システムにおいて、ある問題が発生します。

「検品のタイミング」「検品の量と質」

すべての業者がそうであるというわけではありませんが、ネット通販をしている企業の大手でも中小企業でも、自社生産の商品を取り扱っていない限り、ネット通販の配送部門では「検品」は「納入業者」が行い、入荷した商品の検品は自社内でするものの、通販業務での最終工程
「お客さまに届ける荷物の梱包」段階では、おそらく、ほとんどの場合「検品」はサッとパッケージの外から見る程度の軽い作業となっていると思います。

そうなってしまう理由として第一にあるのが

「到着日を急ぐ買い物が多い」

と言う事になります。
店舗運営の差別化の一環としてもあるかもしれませんが「早く発送する」と言う事を第一にしているお店は少なくありません。

そのためには、「入荷しておいてある商品はすべて良品」という前提の下、発送業務においては、「検品」をスルーする場合も多くあると言うことです。

「質」をとれば、配送への手間が増え、採算が合わなくなってくる不思議

「早さ」をもとめれば、検品作業を少なくする事で「出荷量」を増やす事ができ、より多くの荷物を届ける事が出来ると同時に、売り上げもそれだけ多くなっても発送が滞りなく出来る事に繋がります。

発送可能な商品としておかれているものが、すべて本当に「良品」であれば、それは可能かもしれませんが、毎日たくさんの荷物を入荷するような会社の場合、たとえば、コンテナなどで大量の荷物を入荷する場合、おそらく、入荷時点での検品は、外箱からの軽い検品、もしくは、入荷伝票との数のチェックのみ、という事もあるはずです。

そういった商品を「在庫」としてもち、通販事業での「商品」として出荷する場合は、必ず「検品」を出荷前にしなければならないと私は思っています。

しかし現実は、「出荷すること」が最優先され、「検品」が一度もされることなく出荷されてしまっているというお店は多くあるのが現実だと思います。

通販の最大の難点「発送業務」ここにかかる経費をいかに捻出するか

カタログ通販、ネット通販に共通して言える問題点
それが「配送業務」です。配送業務には多大な経費がかかります。

たとえば、「発送商品の質」を向上させるために「検品」をする部門を設けたとします。
すると、検品用の人員・梱包作業をする人員・配送費(運送会社に支払う費用)がかかります。
しかし、これは「経費」であって、売り上げにもならず、しかも昨今では「送料無料」を掲げている大手通販Amazonの台頭によってその経費をお客様へ負担していただくのは、企業努力不足の証として見られるほどになってきました。

だからといって、じゃあその費用を商品代金に載せれば良いのかといえば、それもまた見当違いの事で、通販業界ではいまや熾烈な価格競争の場と化しているので、その戦略も通用しません。

結局のところ、発送業務に関する費用を補填出来るところはないので、元々の利益を切り崩して捻出するしか方法はないというのが今の現実です。

通販・ネット通販で今後生き残るためには、「送料」「配送経費」「検品」の費用を負担してでも利益が出る商品を持っているかもっていないかが鍵となる

結局のところ、「どこでも売っている」物をネット通販で買うメリットは「行かなくて良い」「すぐ届く」「実店舗より安い」という理由でしか買われなくなってくると思います。

ですので、「何でも屋」みたいなところで、中途半端な品揃えで、価格もそれほど安くもない、かといって、他との差別化がしにくいような商品を取り扱っている場合、遅かれ早かれ「売り上げの伸び」に限界が来る事は目に見えています。

「そのお店にしかない」「ネットでしか買えない」というプレミア感のあるものを取り扱っていけるか、「ネットでしか出来ないサービスを展開する」などの工夫を今後は強いられてくるのは間違いないと思います。

大型家具は今後ネット通販から消え行くのか

大型家具の配送については、私も経験がありますが、かなりクレームも多い商品となります。「組み立てられない」「思ったより大きかったから返したい」など様々です。

大型家具、特にベッドなどを取り扱う場合は、ドロップシッピング等で昔からずっと大型家具を取り扱っている業者を利用するのが一番良い手だと思います。

自社で大型家具を売りたい場合は、そのリスクも十分考えておくべきだと思います。

大型家具は宅配業者に嫌われる

大型家具を積んだトラックには、他の荷物を積みにくいなどの理由や、奥のほうにしまってあるのに時間指定などがあると出すためにだけに他のスペースを空けておく必要があるなどで運送会社にとってはとてもコストパフォーマンスの悪い荷物となります。

それゆえに、大型荷物を発送するようでしたら契約しません、という業者も出てきているくらい、今、大型荷物を取り扱うことは非常にリスクを伴うことになっています。

大型家具を取り扱う場合、近隣のみ限定サービスや、逆に遠方のみ届けるなど、他との差別化を図ろう

大型家具を全国向けに取り扱う場合、どうしても購入対象者が多いと言うことで首都圏や都市部からの注文は多いです。

しかし、それだと本当に、「取り扱いにくい荷物」となってしまい、配送業者からも嫌われてしまいます。

そういった場合は、それを逆手にとり、「地方でベッドなどを買う事が難しい地域にのみお届けする」といったサービス展開をしてみると面白い結果が生まれると思います。

都市部を優先するのではなく地方優先にする。

こういったことで差別化を図ってみると新たな展開が見えてくる気がします。

なんにせよ、大手がこのように事業縮小・撤退をしていくような時代です。
逆に小さい会社だからこそ出来る規模は小さくても価値は大きいサービスを考えて、これからの時代を行きぬいていく会社作りをしていきましょう!

私も、これからこの激動のネット事業に挑もうと思っています!

小さくても生き残ってこそ価値があります。

規模にとらわれず、細く長く生き残れるネットショップ作りを目指しましょう!

ネットショップの送料比較 個人が荷物を発送する場合 個人でも安く送れる 安い運送会社一覧

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
ネットショップ開業したいとお考えの方で、まずは個人で始めてみよう!と思っている人が最初に躓きやすいポイント「送料」についてお話したいと思います。

ネットショップにとって「送料」は重要

ネットショップをやっていて、唯一のネックと言っても良いのが「送料」です。買うときも、送るときも、「高い送料」は、買う気を失せさせる最大の原因となりかねます。

Amazonは無かった事にしたいが、そう言ってる場合でもない

通販最大手のAmazonは、Amazon出荷であれば基本的に送料はかかりません。買う側にとってみればそのサービスはとてつもなく喜ばしい事ではあるのですが、一転、「売る側」にたつと、これが厄介以外の何者でも無くなります。

「送料」は必要経費であった過去

まだネット通販が普及し始めの頃は、ネット通販で買い物=送料を払うのは当たり前という意識が買う側も売る側もありましたが、今はもう「送料無料」を実施している大手企業も多いためか、「送料は出来る限り払いたくない」という志向の人が多くなってしまいました。

個人が物を売る事業に参入する時代
個人でも送料についてきちんと考えるべき時代が来た

急速にネット通販が拡大し、Yahooショッピングの出店料無料をきっかけに、今までオークションぐらいでしか個人が物を売る事がなかった環境が一変し、今では個人がネット通販で物を売買する時代。

会社であれば、会社が契約している特別送料で、大手有名宅配業者との契約でかなり送料を抑えて出荷をする事が出来ますが、個人ではそのハードルはとても高くなっているのが現状です。

配送するもののサイズが小さければ、個人でも十分送料を抑えられる

小さい荷物に特化したサービスが最近充実してきています。
数社ありますので比較して、なるべくコストを抑える事が可能になります。荷物の追跡があるのは宅配便だけという時代ではなくなり、本当に色々なサービスが充実してきている良い時代です。

これ以外にも、普通郵便の定形外郵便などもあります。

ご紹介したサービスは、どれも個人での発送が可能なものばかりです。

企業契約でなくても安いものはこれだけたくさんあります!

いろんなサービスを比較してみて、送りたい荷物に合わせた運送会社を選んで、賢くネット通販を運営していってくださいね。

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

Filemakerを使って楽天市場やヤフーショッピングやAmazon用のCSVデータを一括で作成するソフトを開発したい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日のファイルメーカーワークショップに行ってから、色々考える事がふえてワクワクしています。

元から、FilemakerはCSVデータを扱うときはほぼメインで使っていたソフトウェアなのですが、いつも中途半端にその場しのぎ用でプログラムを自作して、入力をやりやすくしたりとかそういう程度にしか作っていませんでした。

勉強会に参加して、本格的に、各モール対応の商品ページ作成データベースをファイルメーカーで開発しようと思い始める

前に勤務していた会社ではネットショップをメインとした仕事をさせていただいていて、主に商品ページの作成を中心に店舗運営全般を全面的に何でもやっている、と言う感じでした。

商品ページを作るのは、デザイン系の仕事なので、PhotoshopやIllustratorを使用してお客様に見ていただきやすいページ作りをしながら、出来た画像を元に、各モールへは手作業で商品ページをアップロードしていました。

CSVデータで一括で上げていたのはAmazon店だけだった

楽天もヤフーも、CSVで一括でデータのアップロードは可能なのですが、それぞれにCSVアップロードの形式も違えば、ルールも違います。アップロードするファイルも違うので、何かの手違いでミスして、全商品ページをロストしてしまうのが怖くて、出来ませんでした。

Amazonは、その点、商品ページのCSVデータアップも比較的】判り易いルールだったのと、自分のところに商品の元データをもっておかないとAmazon側からデータをダウンロード出来る機能はないので(2015年夏現在)自分のところに商品マスターが絶対に必要な以上、最初からCSVで商品データベースを作っておくほうが良いと思いAmazonだけは最初からファイルメーカーベースで商品ページ用データーベースを作っていました。

在職中の夢。共通の商品マスターを元に、各店舗のCSVデータを作れるようにしたかった

Amazon用のシステムは構築したのですが、日々の業務が忙しすぎたのと、開発に使える時間が勤務中はほとんどなく、Amazon用のシステムも、同僚と自分が仕事を早く終わらせるために自宅で開発したものでした。

冒頭に申し上げたようにそのシステムを作るときに楽天用とYahoo用のシステムも作りたいという野望はあったのですがあいにくかないませんでしたが、今になって、もうその会社には所属していないので自分がそういう仕事をする事はなくなってしまっていますが、実際にこういうシステムがあったら良いなと思いながら過ごしているネットショップ勤務の人がいるのではないかという思いが消えませんでした。

ファイルメーカーベースの受注ソフトはがんばれ店長が得意なら、私は商品ページ作成に特化したFilemakerベースのデータベースを作ってみようと思う

ネットショップ運営をしている方にとって、時間を割くべきは、商品の選定・戦略・商品の調査、売るためのページ作り、SEO対策・集客などであって、アップロードする時間は短時間のほうが良いに決まっています。

売るためのページの画像などのデータが出来た後、スッとアップロードできれば、それに越した事はないはずです。

Filemakerがすきでページ作りも好きな私にしか出来ないかもしれない

CSSなどの知識も有し、HTMLの知識もあるので、そういうのを活かしながら徐々に開発していって、テンプレート的なものを開発していこうと思っています。

まだどういったもので具体的に・・・というのがないのですが、もし誰か困っている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談に載らせてください。
データベース開発にお力を貸していただける方も同時にいらっしゃましたらお声かけをいただけるとうれしいです。

近いうちにネットショップを自分でもオープンしてみようと画策中。

開発をするにあたり、やはり現場を知るのは大事だと思っています。
まだ個人事業主開業届けも出していないので法人契約がまだ出来ませんが、そう遠くないうちに出店して実際に自分でもネットショップ運営をもう一度したいと思っています。

忙しくなりそうですが、ファイルメーカーベースで何かネットショップ運営をされている方のお役に立てられればうれしいと思っています。

またこのFilemakerのソフト開発については進捗が在り次第お届けしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

ネットショップ開業前講座 ネットで物を売るのは簡単なことじゃない

こんにちは。nekonomoriです。
今日はネットショップ開業前講座を久しぶりにしたいと思います。

ネットショップは、もう淘汰されてくる時代に突入。
勢いだけでは続けられない。

ネットショップを始めたい、と言い出す経営者さんとお話をしていると、よく、こんな事を耳にします。
「卸で売れてるから、小売店で売れてるんだ、なら、卸のウチが直接ネットで売れば売れる!」

「ネットショップなんてあんまり利用しないけど、なんでも売ってるんでしょ?ウチの商品も売れるよね?」

正直、この質問には非常に答えづらいです。
本音を言えば、「そんなに甘くないです」といいたいです。

この考え方ではじめるのは、勢いとしてはまあ、なくはないですが、この動機でネットショップを始めた場合、売れない現実に直面した時、必ず、ネットショップを閉鎖する事になります。

ネットショップ開業して商品並べとけば売れる時代は終わった

ひと昔前でしたら、大手企業もまだネットショップ開業もしておらず、小売店がネットショップに販路を見出し、実店舗で買えるようなものでさえ、ネットショップでガンガン売れる時代でした。

しかし、最近では、大手Amazonも出店の敷居を下げ、Yahooが個人で出店できるようになり、もう、ネットを通じて物を売るのは当たり前な、時代となってきました。そんな状態ですので、ただ載せているだけではもう売れない時代となってきているのです。

ですが、実際にやったことない方々からしてみると

「出せば売れるんだ」

という幻想を抱いたままとなってしまうのでしょう。

ネットショップはこれからは商品力と企画力と接客で勝負

闇雲に、商品を出していても、安いお店でこれからは買う人が増えてくるでしょう。リアル店舗と一緒で、価格競争がおき、やがて大手は儲かるけれど・・という状況となってくるのは必至だと思います。

でも、ネットショップはまだまだ奥深い世界。
売れないわけではありません。
並べているだけではだめだということです。

これは、実店舗でもいえることですが、ありきたりなポイントサービスや送料無料などだけではなく、ネットショップで物を買っていただく場合、「このお店だから」と思ってもらえるようになってリピーターになってもらうのが一番安定しやすい早道です。

価格の比較が容易にできてしまうので、価格ベースで物を買うお客様ももちろんいらっしゃるとは思いますが、それだけではない価値観で物を買う人もいるわけです。

自分のお店だから出来る接客や特殊なサービスを付加価値として与える

たとえば、あなたがギフト関連用品を扱うお店の人だとします。
ギフト関連のお店は非常に多いです。カタログ系の商品を大量に買う方もいらっしゃるでしょう。

ただ単に、カタログに乗っているものを写真にとって載せるだけでしたら、そのまま、価格競争の波に飲まれてやがてお店を閉じなければならない日も着てしまうかもしれません。

しかし、そんなありきたりな商品であっても、いろいろな角度で展開をしていくことは可能なのです。

たとえばこんな例。

  • 在庫をたくさん抱えられる会社の場合

在庫をある程度抱えておいて、「速達」に近いサービスを提供し、どこよりも早く届けることをモットーとする。早く届ける代わりに少しだけ料金を上乗せしていても、間違いなく発送されるのであれば、急いでいる人や本当に買いたい人に需要はある。そしていつの時代も、ギリギリまで用意しない人なんていうのはたくさんいる

  • 在庫は抱えられないが、ラッピングサービスなどの付加価値を施して発送する

早く届けられない変わりに、ラッピングまでのサービスをつけたり、ギフトを持ち帰る用の手提げ袋をいろんな種類を用意しておいて、ついで買いしてもらう。もしくは、オリジナルメッセージ作成を代行しますとうサービスを販売し、簡単なメッセージカードを作成して、商品と一緒に届けるなど、他にはないサービスを考えて付加価値とする

このように、アイデアひとつでいろんな事が浮かぶものです。
実店舗もネットショップも、アイデアが大事な時代です。

凝り固まった考え方や、海外は発送が面倒・・・なんて言っていると、すぐに行き詰ります。柔軟に物事を捉え、果敢に新しいことに挑戦しないと、いくらネットショップを始めても、長続きもせず、在庫のためにお金だけがかかっていくと言うことになりかねません。

ネットショップ=儲かる

という幻想の時代は終わったのだと自覚して、ネットショップを安易に考えず、真剣に取り組むネットショップオーナーさんが増えてくるとうれしいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。