タグ別アーカイブ: 違い

「儲」けるとは、「信」じる「者」に与えられん

こんにちは。久しぶりの更新です。nekonomoridesignのyoshyです。
年末にかけて、仕事をいただく事ができたり、勤務先では転職1年目という状況ではありながらも少し不本意な事が発生したりしておりまして、年末らしい精神の乱れも起こしておりますが何とか頑張っています。

そんな中、あるときに目にしたこの言葉がとても気になって気に入ったので伝えたくて久しぶりにブログを書きました。

「儲ける」とは、【信じる者】にこそ訪れる。

副業を本格的に初めて約半年。
それまでも少し、ネット経由でのクラウドサービス関連のコンペに応募したりして報酬をいただいたりしてはいましたが、この半年は自分自身の足で交渉を進めたりお仕事をいただいたりする事をし始めて、実感として本当に「福業」をしているなと感じながら過ごす日々が多くなりました。

副業をやり始めたきっかけは以前にも書きましたが、私自身(女性が)大黒柱と言う環境でありながら、自分の勤め先だけのお給料ではとても生活が苦しいのと(女性と男性では同じ年齢でも基本値が違うので・・・)自分自身がやりたい事をやるというスタンスで仕事をして見たいというのもあってやり始めましたが、そのとき私はずっと「稼ぐ」という言葉を使っていました。

何とかして稼ぎたい。
稼ぐから、今の生活苦しいけど我慢してね、と家族に言ったりしていました。

しかし、あるとき、こんな言葉を見つけました。

「儲ける」という言葉を嫌う人がいるけれど、
儲けるというのは、お金が入ってくると信じている者に与えられる。
人を信じる者から得られる対価だ

という言葉でした。

それまで、私は同じお金を得る言葉であっても、ずっと「稼ぐ」しか使っておらず、「儲ける」という言葉は使っていませんでした。
そのため、自分が働いた(労働力を使った)分だけ、お金をいただくものだ、という固定概念ができていました。

稼ぐと言うのは、労働力を使い、お金を得る事。

儲けるというのは、人を信じてそこからお金をいただく、事。

同じ事のようで、ぜんぜん違うと今の私は感じています。
同じ仕事をするのでも、労働力に見合ったものが貰えないと不満を持つのが「稼ぐ」という意識であり、労働力に見合っていないかもしれないけれど、その人を信じていればいつかは「儲け」させてくれる、という心の余裕がある人にはいずれ「お金が入ってくる」という仕組みになっていると思うのです。

「稼ぐ」と言う意識は「労働力を割いている」という認識のままだから
いつまで経っても不満が消えない?

このわずかな違いに気づくようになってから、私は極力「儲けがでてきたら、○○しようね」という言葉遣いにするようになりました。
そうする事で、今は苦しくても、人を信じて、その方の為に力を尽くせば、いつかは自分に何か返ってくるかもしれないと思うようにしています。

そのほうが、気持ちよく仕事ができる気がします。

福業という言葉も、「副業」としていない理由と同じで、自分がやりたい事をしているのに、それを苦しいと感じたくないからです。

幸せに感じる事をして、それを奉仕した方を信じる。信じる事で、いずれ自分にもその幸せの恩恵があればいいなとおもっています。

わずかな言葉の差ですが、少し違うだけでも変わると思います。

是非、あなたも身近に普段使っている言葉の意識を変えてみてはいかがでしょうか?

久しぶりに更新したブログがこんなちょっと哲学的な話になりましたが、また更新したいと思います。

それでは、2015年もあと少しですが頑張りましょう!

出店方法に合わせた商品画像の作り方 楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合 【ネットショップ運営ノウハウ】

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は昨日の続きで、ネットショップにとって不可欠な「商品画像」の作り方についてお話したいと思います。

モールに合わせた商品画像を作る事を私は推奨しています。昨日は、Amazonの作り方を具体的に説明いたしましたが、今日は、ショッピングモール感が強い、楽天市場・ポンパレモール・ヤフーショッピング用の商品画像の作り方を具体的に画像を見ていただきたいと思います。

(関連記事)

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールに出すなら、背景画像は魅力的に作るべし!ライバルに差を付けて
「わかりやすく」「見やすく」「買いたくなる」画像を作ろう

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールの場合、商品検索をすると、該当する商品があるだけ全部店舗ごとに並びます。
アマゾンさんのように、商品ごとにまとめられたりはしません。

商品名に入っているキーワードを元にすべて表示されます。
ですので、たとえば、私が今使っている

nanocareの卵型イオン発生器

を検索してみても、取り扱っている店舗の数だけずらーりと並びます。

価格も重視だが、商品を具体的に見てみたいと思わせる画像作りは大事

楽天市場やヤフーショッピングで買い物をする人の仲には、「何気なく」ウィンドウショッピングを楽しむ感覚で商品を探している人も居ます。
そういった人にアクセスしていただき、購入へ導く事が、ネットショップの売り上げを上げて良くコツになります。

 

ですので、楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールさんに出すときの商品画像は「魅力的」かつ「何かがわかる」という画像つくりをする

では、具体的にはどう作れば良いのでしょうか?
たとえばで作ってみました。

まずは、Amazon用の画像だとこんな感じです。

商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。
商品画像の作り方Amazon編。アマゾンの商品画像メイン画像は背景は白で。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール用だと、こんな感じにぐらいは工夫したほうが良いと思います。

商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。
商品画像の作り方楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモール編。

 

どちらも同じ画像のみ使用し、(サーキュレーターのみです)あとは、装飾しているだけです。

こういった工夫をするだけでも、一覧で見たときに見栄えが違いますね。

楽天市場やヤフーショッピング、ポンパレモールを利用する客層としては、「なるべく安く」「お買い得」に買いたい。出来れば商品の事も良く知ってから買いたいという方が多くいらっしゃる、主婦層を中心とした一般的な方が多いので、広告めいた画像作りが効果的です。

Amazonはどちらかというと決めうち(これを買う)と決めて値段を探しにくる男性的なお買い物が多い傾向

今までの経験上、Amazonでお買い物をする層としては、男性的といいますか、「これを買う」と決めて探して購入される傾向が多いように感じます。

ついで買いもあまり見られないのは、Amazon発送の商品がほとんど送料無料対象な事もアリ、必要なときに買えば良いという方が覆いからのように感じます。

楽天市場・ヤフーショッピング・ポンパレモールは、女性を意識した商品画像作成が効果的

面倒な作業になりますが、Amazon用はAmazon用、そのほかのモールはそのほかのモール用の画像作成を推奨します。
こういった面倒な事をやっているかやって居ないかで、お客様の流れを引き寄せるか引き寄せないかが変わってくると思います。

Amazon用は画像をくりぬくだけで良いので、そういった簡単な作業は外注に依頼するなど、人手間をかけて、店舗の売り上げを上げる事にどんどん力を入れていって欲しいなと思います。

nekonomoridesignでは画像のくり貫き作業も格安で承ります。

作業時間・納期・作業内容・商品によってお見積もりを個別におだししますので、頼んでみたいというかたは、お見積もりだけでも是非お待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

関連記事

 

PNG-8?PNG-24?知ってるようで知らなかった 透過効果のPNG形式ファイルの違いについて

こんにちは。Yoshyです。
今まで、約10数年間、フォトショップやイラストレータを使って画像を作って、散々インターネットにもアップロードしていたりしたのですが、今まで色々細かい事は気に留めずに仕事をしてきてしまっていました。
っというのも、ウェブなら、「表示されればいいや」紙面媒体なら、「キレイに出てればいいや」くらいの環境が多かったのもあって、何となく、ウェブページで写真系の画像を作る時は、JPEGで文字とかの少ない色数の画像ならGIFで、透過させたいならPNG、紙媒体なら、印刷所に出すならEPS、自社内だけならJPEG画像ぐらいのノリでした。
(だめですね・・)

今日何故か不意にふっときになったので、ちゃんと調べてみました。
詳細な事は、ググってください。

画像の保存形式別の特徴
(PNG-8、PNG-24、GIF、JPEG)

PNG-8
透過レイヤーをそのまま透過して表示してくれる。絵柄などの色がついているデータは、256色の色で表現されます。淡色系であればこの設定で十分。
グラデーションとかの画像には適していない。データ量は軽い。

PNG-24
透過レイヤーをそのまま透過して表示してくれる。使える色は1670万色でJPEG並みにキレイです。
でも、データが重くなります・・・。

GIF
透過も使えるが、扱える色数が少ない、アニメーションに対応している。
データ量は軽め。

JPEG
1670万色の色が扱え、鮮明な画像が表現できる。写真とかアップロードするなら、コレが最適。
一般的に多い。

という感じで、まあ、何となく何気なくやっていた設定でよかったぽかったですが、PNGの8と24の差があいまいだったのでこの機会にわかってよかったです。。。

PNG形式で保存する画像(透過する必要がある画像)は、殆ど、ウェブページの場合、ボタンとか、大体色数がすくないとおもうので、ほぼPNG-8で事足りるなと思いましたが、文字の画像を作る場合は、以下のポイントに注意したほうがいいとおもいます。

0611-1

滑らかに、にしておかないと、透過したときに、ギザギザ感が気になると思います。

ホームページ作成も、データ量を気にして作ってみると、アクセスしてみたときに画像の表示がサクサクだったり、容量を抑えられたことに喜びを感じられる?と思います♪
今はインターネット回線が強くなって画像の表示も速くなりましたが、細かい事から気をつけて、データ量も節約していきたいと思います。

是非、誰かの参考になるとうれしいです。

それではまた!