タグ別アーカイブ: 顧客

ネットショップでよくある失敗 どんな人に自分の売ってる商品を買ってもらいたいのかを明確にする インターネットショップ ノウハウ講座

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近はすっかり勤務先ではネットショップの事ばかりを考えて、会社勤務だと、どうしても会社が取り扱う商品や会社の方針に従ったものしか売ることが出来ないのでいるので、本当に、早く副業で自分の好きな商品を売りたいと思っている今日この頃です。

ネットショップで良くある失敗例を今日はご紹介したいと思います。

ネットショップをやりたい!
その情熱はわかった。
その商品を「どんな人」に買ってもらいたいか、迄見えている?

ネットショップって出せば商品売れて儲かるからいいよね
なんていうことを良くききます。そうやって、元々はメーカーだったり卸業者がどんどんネットショップをオープンしていると思います。

しかし、以前の投稿でも書きましたが、「出したから売れる」がずっと続くわけではありません。

安けりゃうれるでしょ?
いいえ、それも違います。

「安い」のを一番の売りにして商売を始めてしまうと、絶対に息切れを起こします。そして、何より、最大のライバル「アマゾン」さんにほぼ9割の確立で負けます。

また、安けりゃ良い、という消費者志向はもう縮小化の一途をたどり始め、現在では、「持っているお金を有効に使うために良い買い物をする」と言う方向にシフトしてきています。

そんな時代の流れがやってくるのですから、「安ければ売れる」というのは、一時的にはあったとしても、長続きするものではありません。

ネットショップを始めたら、やり続けよう。
売れなかったら辞めればいいなら最初からやるな

ネットショップで物が売れる=収入になります。
当たり前ですね。
でも、売れなかったら辞めよう、と思って出店するような志でネットショップをやるのであれば、なんでネットショップをはじめたのでしょう?
そんな大事にしないお店は、一時期は売れても続きません。

売る商品の一番のファンである事!

ネットショップを経験してきて一番感じたのはこれです。
売る商品について、売る本人がその商品の一番の理解者でない物は、売れ続ける事はほぼ難しくなっていきます。

物を売りたい、のであれば「売りたい理由」があるはず。

それが、ただ単に「儲け(利益)が良いから」だけでは、商品のアピールもせいぜいうわべだけでしょうし、単に価格だけで単発買いをするお客様しかつかむ事は出来ません。

どんな人に自分の商品を買ってもらいたいのかを明確にすれば
おのずと質の良いお客様とリピート客がついて商売は続いていく

取り扱い商材によってもターゲットはことなりますし、同じ商材を扱っていても、目指すお客様の層によっても変わって来ますが、どちらにも共通しているのは「どんな人」に買ってもらいたいのかを明確にするべきだと言うことです。

たとえば、同じ商品(美容用品)を扱っていると想定して、

A店は、「価格を安くして、たくさんの人に買ってもらう」という方針。
B店は、「価格を安くするのには限界があるから難しいが、その分、
この美容商品の魅力を精一杯伝えて美容用品に興味のある
お客様に絞って売る」と言う方針

だったとします。

この場合、この商品単独に関する売上高で言うと、おそらく、A店の方が多くなります。いわゆる「薄利多売」です。

B店は、おそらく、Aよりは売れないでしょう。それは価格差もあります。
しかしながら、B店で買った客層は間違いなく「美容用品」に興味がある人が購入した事が伺い知れます。
もし、価格だけで購入する価値観の人だった場合は、A店に行くでしょう。
B店で購入した人は、価格よりも、美容用品の説明力に重要性を感じて購入したということになります。
イコール、B店は、今後も、美容用品を取り扱う場合「メルマガ」などの販売戦略を取って行けば、リピーターとなって購入してくれる可能性が高くあるので、店の運営方針もだんだん決めやすくなってきます。

自分の店舗に合った客層を狙っていく販売方法

これだけ多くのネットショップがオープンしている時代です。
生半可な戦略では淘汰されるのは目に見えています。

いかに自分の店舗や自分の取り扱っている商品をアピールするか、そしてそれをいかに購入してもらうか、ということに全力を注ぐべきです。

そのためには、まず、「自分の取り扱う商品を良く知る」と言う事が大事です。

良く知ったあと、「どんな人たち」に買ってもらいたいのかを明確にし、その人たちに合わせたお店作りをしていく事こそが大事だと私は思います。

どんな人たちに買ってもらうかを明確にする事こそ、自分のお店の存続にかかわるともいえます。

これはネットショップに限らず、どんな商売にも当てはまる事とも言えると私は思います。

私のサービスも、どんな方々に最適なのかを今一度じっくり考えて、自分自身も、これから先どうして行きたいのかをじっくり考えていかねばと思いました。

皆様のビジネスライフに少しでもお役にたちますように!

それでは、今日はこのあたりで失礼いたします。

パイプ産業は繋げるのが大きな役割 過剰な囲い込みサービスは逆効果

こんにちはnekonomoridesignのyoshyです。
昨日、ちょっと本当に残念な事が起きました。

野球観戦に行きたかった私。

敵対するチーム同士の4人で野球観戦に行きたかったので、外野席とかではなく、レストランシートみたいな応援チームは問わない席が良いなあと思い、そのシートを取り扱っているあるチケットサイトさんにアクセスしました。

すると……

このシートの抽選申し込みにはプレミアム会員になる必要があります

との表示が。

まあ、そういうのは良くあるし、チケットサイトは良く使うから、月額料金とかだろうから……と思い、プレミアム会員登録に進んでみた所。

プレミアム会員になるには、クレジットカード新規お申込みが必須です。
プレミアム会員は⚫️⚫️が発行する⚫️⚫️クレジットカードでのお申込みが簡単!

の表示。

要は。そのチケットサイトさんが発行するクレジットカードを新規申込するしかプレミアム会員にはなれない

という事でした。
(それ以外の手段も随分探してみましたが、最終的に必ずこのクレジットカード新規発行画面ななる)

プレミアム会員しか買えないチケットがあり、それを買わせる為にクレジットカード新規発行をさせる。究極の囲い込みサービス。

戦略上こういったサービスは効果的な事もあるだろうと思いますので、それをすべて否定するつもりはありません。

楽天市場など、お買い物サイトを運営している会社や、他と連携してポイントが貯まるTカードやポンタカードてかであれば、まあ、いいんじゃないかなとは思ったりします。
利用頻度が高い物販であれば、自社発行カードでプレミアム化を図るのはアリと思います。

ですが、独自サービスのみで、他に流用もし辛いカードをそう簡単に作る人がどれだけいるのでしょう?

今回私が引っかかるポイントは
パイプ産業の会社が会員囲い込みをする重要性を感じない
自社サービスを利用してもらうために他にすべきことがあるはず

というところです。

それは何か。

チケットサイトは、チケットを買ってもらい、その手数料をいただいたり主催側からも何かしらマージンが入っているはずです。

利益は十分とれる仕組みができているのだから、利用者を増やすたけでも十分利益を増やせられるので、新しい会員を、増やし、既存の利用者により継続して利用してもらう事を考えていくべきです。

例えば、チケットを探しやすいようにして行ったり、会員情報やお気に入り登録内容からもっと関連イベントをお知らせすりとか、そのイベントの概要などを配信して、そのイベントに来たいと思わせるコンテンツ作りをするとか、アーティストからのスペシャルメッセージとかのコンテンツ配信するなど、月額料金とかにしたって収益があげられそうなことはいくらでもあります。

カスタマーとサービスをつなげるパイプ産業的な会社は、人の流れをいかに生み出すか、もしくはそのつなげ先の両方に魅力を感じてもらえるように努力するべき。

パイプ産業と言う言い方が正しいかは判りませんが、たとえば、生産者と購入者をつなげるために、販売業者と言うものが存在します。
販売業者は、生産者の「売りたい」「知ってもらいたい」を汲み取り、「良いものなら買いたい」とおもう購入者に売るのが仕事です。

そのために、生産者のこだわりを紹介したり、逆に購入者のニーズなどを生産者側に伝えたりするなどが一番重要な事なのです。
それなのに、販売者が、販売先を囲い込んで固定客しか相手にしなくなると、売り手側のほうは、自分たちの事を知ってもらう人数が減る事になりかねません。

パイプは、間口を広げ、より多くの「流通」を生むために存在するのです。
チケット販売業者さんも、本来はそういう役割が大きなウェイトがあったはずです。

質の良いお客さんだけで良いという戦略なのかもしれませんが、パイプ的な役割のところがそういう風に制限をしてしまっている事は非常に残念に思いました。

CDが売れなくなったり、野球がテレビ放映しなくなったりで、ただでさえそういったものに実際に見に行こうとする客層が減っている中、間口をさらに狭くするような販売方法をされていては、良くないと思います。プレミアム化そのものは大賛成ではありますが、その手段をもう少し考えて欲しいなと思いました。

ITがこれだけ普及し、いろんな「囲い込み」をしたい会社さんも多いと思いますが、自社の利益だけではなく「利用者の利便性」を第一に考えないと、今ではそういったちょっとした面倒な事が発生するだけで人が離れていく事もある時代と言うことも理解してサービス展開はして欲しいなと思いました。

今日はなんだか少し業界への苦言になってしまいましたが、より良いサービスを提供して欲しいと言う気持ちもつよく、あえて発言させていただきました。

それでは。今日はこのあたりで。