タグ別アーカイブ: 2020

2020年東京オリンピック エンブレム使用中止が決定

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は時事ネタです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム使用中止が決定
引用:ヤフーニュースより 新エンブレム公募へ

先日触れたので、今日も触れておこうと思います。
やっと、というかようやくというか、中止の決断がされましたね。
正直なところ、国民としてほっとしています。
あれほど騒がれていて、原案段階で既に怪しい感じであったのを修正してあの作品になったと言うのが詳らかになって、余計に決定打となったようでしたね。

責任が問われたり新しいデザイン公募したり企業への賠償とかまだまだ問題は山積みの東京オリンピック

撤回したのは非常に良いことだと思いますが、実際問題ここからが大変な事もたくさんあると思います。もっとも。使用中止をもっと早い段階で決定していれば傷口はそれでもまだ少なく済んだのでしょうが・・・
病気でもそうですが、早期発見・早期治療が大事だということですね。

既にポスターやエンブレムを使用した商品の作製の発注が済んでいる企業様もたくさんいることだと思います。稟議がやっととおった、エンブレム込みでのデザインが決定したところだ、というような会社もあるかもしれません。

使用中止に伴う多額の費用の補填先はどこか

エンブレム問題でも競技場問題でもすべてどこも【責任逃れ】【責任転嫁】している姿が目に付くのが気がかりなのですが、結局この中止に伴う費用はどこが補填するのでしょう?
組織委員会とやらには支払う能力があるのか?
中止に伴った企業への賠償は血税の税金が使用される事になるのか?そんな議論が今後出てきそうではありますが、すべてをデザイナーの佐野さん一人に押し付けるのはいかがなものかと思ったりしています。

競技場もエンブレムも白紙撤回。あと5年弱でイメージ回復とスタジアム建設は間に合うのだろうか?

東京駅前に日本一大きいビルを建てるというニュースがやっていました。東京オリンピックに先駆けての事と言うことでしたが、何だか、東京オリンピックにこだわるのが、そこにあるんじゃないかとおもちゃったりしました。

開催そのものよりも、誘致した事が意味があるというような風潮。

前回の記事にも書いたのですが、やはりまだ違和感があるのです。

オリンピックがあるから東京をこうしなくちゃいけない、っという「何かをしたい時の理由付け」のためだけに東京オリンピックが存在しているような・・・なんかそいういう意図を感じてしまいます。

本当に東京オリンピックに必要なものもあると思います。

実際、交通網の整備や会場間を行き来する道路の整備などは本当に必要な事だと思いますし、実際それによって居住している人、働いている人にとって今後もより生活が豊かになるものになるので良いと思うのですが、空調のない競技場や東京オリンピック開催に向けて・・・という理由で壊したりたて買えたりしているものの中に本当に必要なの?と言うものがたくさんあるような気がします。
便乗というか・・・なんというか。
理由がなければ稟議や意見を通しにくいという日本企業独特の現われなのかはわかりませんが、何だかなあ・・と思ってしまいました。

色々まだ問題はあるものの、すべてをフラットに戻して再スタートを切るべき

問題は山積しているものの、とりあえずエンブレムの中止が決定したのであれは早く新しく公募するなり何なりして方向転換して、この騒動を逆手にとってイメージの早期回復をするべきだと思います。

そのためには、今までに無いけど日本らしい、Re・スタート的なイメージのあるものが良いんじゃないかなと思います。

Reスタートにはいろんな意味も含められると思います。
震災と言う逆境からの復興、再スタート、新しい日本、やり直したエンブレム、競技場・・・。

それでいて日本の伝統を感じるデザインになっているいいなあと思います。

良くも悪くもこの話題で日本全体がオリンピックに興味を持った事は確か

前回の記事にも書きましたが、招致決定の段階では正直あまり関心が無かった国民も、今回の問題によって、自国開催ならちゃんとして欲しいという意思をネットではとりあえず声をあげる人も多くいましたしこのエンブレムや競技場問題で国民そのものがオリンピックに対して興味を持ったきっかけとなったのは間違いないです。

きっかけの理由としてはあまり良くないものではありましたが、それでもこの騒動で国民が少しオリンピックに対し興味を持ったのは確かです。
事無かれ主義、どこかの誰かが決めたもの、に従う精神が根強い日本社会にこれだけの革命的な事が起きたのはむしろ喜ぶべき事でもあると思います。

何はともあれ・・・。

中止の決定が下って、日本のイメージがこれ以上、下がるような事にならなくて良かったと心から思いました。

 

 

東京オリンピック2020 エンブレム問題と建設費問題について語る

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
触れるか触れないかで悩んでいたのですが、
やはり、ちょっと触れてみようと思います。

佐野氏のようなデザイナーさんが生まれるのは日本の社会の体質やデザインを決める時の間違った感覚が起因していると思う

佐野氏の問題が出てすぐぐらいに、とある番組で、佐野氏の経歴について紹介しており華やかな経歴を紹介し、デザイナーという職業はこういった経歴でなれるので子育ての参考にも……みたいな話をしていました。

美術大学を出て、博⚫︎堂に入社し、その後独立してデザイナーとして活躍してる

みたいな感じでした。
正直いって、そんな偏った意見あるか!と思いながらテレビにツッコミを思わずいれたのですがが、逆を言えば、世間一般的な認識として、結局、

出来るデザイナー(有名デザイナー)=デザイン関連のエリートコースを進んだひと

という認識が多いんだろうなと言うことの裏返しだと思いました。
それが普通の感覚となっている時点で、私は今回の佐野氏の疑惑問題は、日本社会の体質が生み出したもの、日本の社会環境も原因のひとつにあるだろうだろうなと思いました。

有名企業に入社した人物が独立 = 凄腕のデザイナー という誤った認識をしがち

本当に実力があって独立する方もいるのでもちろん全てが間違いではないでしょうが、日本人、日本の社会では、本当によく

いいところ出てるから

という理由だけで格上げする感覚が多いです。

そしてそれはお偉いさんになればなるほど浸透していて、いいところ出てるんだし凄いんだろうという前提が出来てしまっているのだと思います。

なので、実はあんまり実力はないけど、人当たりも良くて、支援を受けて独立をしたというデザイナーさんがいたとしても、その人が本当に本気でデザインしたものでも、アシスタントがパクって描いたものでも、アシスタントの凄いデザインを、その有名な人の名前を付けて提出したとしても、すべて、

「凄い作品、良い作品」

と評価され、それに伴って巨額のお金も動いたりするんだと思います。

そもそもこの東京オリンピック2020は凄く身内感がありありと感じるのは私だけ?

盗作はいけません。ですが、それを見逃す側も問題アリだと私は思っております。
そもそも、私だけ感じているのかもしれないですが、この東京オリンピック2020に関して、やたら何か身内感というか一部政府や推進委員会だけでやってる感を感じます。

というのも。
ニュースは結構チェックして頻繁に報道番組とかも見るタイプであるにもかかわらず、あの、
お・も・て・な・し
のプレゼンとかの話題からぐらいしか日本が(東京が)オリンピック招致に参加してたのは知らなかったし、国民に浸透しないまま現場だけでやってる感というか、何か、他人事感を感じるのです。

東京に住んでいる人にはもっと理解されてたのかなぁなんて思いますが、正直東京に住んでない私は、あの招致の話題あたりから、誰がやりたいって言ってたのか?と思っていたのです。

確かにオリンピック招致できれば経済効果もあるでしょうし、アピールもできますが、なんなんでしょうかね…なんか、イマイチなんか違う、みたいな。

競技場の費用に関しての問題でもしかり。

新競技場のデザインに関してはコンクール形式でしたが、その応募資格の敷居は非常に高く、

|① 次のいずれかの国際的な建築賞の受賞経験を有する者
|1) 高松宮殿下記念世界文化賞(建築部門)
|2) プリツカー賞
|3) RIBA(王立英国建築家協会)ゴールドメダル
|4) AIA(アメリカ建築家協会)ゴールドメダル
|5) UIA(国際建築家連合)ゴールドメダル
|② 収容定員1.5万人以上のスタジアム(ラグビー、サッカー又は陸上
| 競技等)の基本設計又は実施設計の実績を有する者

・・・まあ、建築にかかわってない人がデザインするのは確かに費用面とかもあってアレかもしれませんが、あまりに敷居高すぎだと思います。

さらに言えば、日本で開催するのに日本の建築基準やら景観やらに長けてる人にデザイン案を出してもらったほうがよっぽど良い物が出てくると思うのです。

応募資格の人たちが、逆に審査員とかならわかるんですが・・こんな海外の賞とか受賞してる人なんて日本ではほとんど居ないでしょうし、あくまで「国立競技場」なら、伝統あった旧国立競技場をそんなすぐに壊さなくて、それでいて日本の土地の広さや景観にあったものを選んでじっくり地元の方とも相談するようにして、費用面とかも色々じっくり見直せたんじゃないんでしょうか?

オリンピックをやると言うことばかりが先行して何かすべて空回ってるあたりが用意周到で緻密な日本がやることとは思えない

焦りが見える気がします。
競技場のデザイン案にしても、旧国立競技場たて壊しに関しても。
「やったもん勝ち」
みたいなのがちらちら感じるのです。

やっちゃったし、決めちゃったし、これでいいよね?

みたいな。

だから、日本でのオリンピック開催に関してのアンケートとかでも国民の反応は「どちらでもない」も多いと思うのです。もっと何でしょうかね、「国として、政府としてこれはちゃんとこうしたいんです!」みたいな声明?みたいなのあってもよかったんじゃないのでしょうか。

佐野氏問題からだいぶ外れましたが、私個人としてはエンブレムは破棄すべき。巨額のお金が動いたからとかそういうのはもうこの際捨てて、疑惑のあるものを使い続ければ日本の質が疑われる。誘致のときに出てたGKグラフィックスさんのデザイン(桜のデザイン)が最適だと思う。

誘致のときのデザインが個人的に大好きだったので、私はこの偽造問題が出てくるまで、実は、あの誘致のときのエンブレムが正式なものだと思っていました。

おそらく、先にも描きましたが、利害関係が絡んだ上で佐野氏のデザインは決定していると思うのです。おそらく巨額のデザイン料も支払われたことだと思います。

しかし、こう疑惑が浮上したものを「疑惑じゃない、類似だ」と言い張って使い続けるようなのは日本と言う国の質を下げる行為だと思います。

巨額のお金が動いていたかもしれません。
建設費問題と、このエンブレム、両方、結局誘致するためにとってつけたような急いでやったことだからこういったことになったとしか私には思えません。

潔く、両方リセットして、私は、ちゃんと最初からやり直すべきだと思います。

競技場問題も、エンブレム問題もうやむやなままで2020年のオリンピックを開催しても、きっと真の成功にはならないでしょう。
利害関係だけで開催されてる感を助長してしまうだけだと思います。

有識者という人たちがどういう人たちかは存じませんが、これは日本と言う国の質を問われる問題と捉えて、競技場デザインも、エンブレムもやり直して欲しいと思います。

今日はちょっと語りすぎましたが、一国民として、はしくれのデザイナーとして、思った事をどうしても書きたかったので書きました。

みんなが声を上げれば、エンブレムデザイン、誘致のときの物になるかもしれません!GKグラフィックスさんのデザインを私は支持します!!