タグ別アーカイブ: adobe

illustratorの使い方 初心者がイラストレーターが嫌いにならない為の初級講座 

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。このページでは、adobe illustratorを使えるようになりたい、デザインが出来るようになりたいけど、いまいちうまくいかない。使い方がわからないという方へ、イラストレーターを好きになってもらいたいなという気持ちで、イラストレーターになれてもらいながら、実践的な技術を学んで欲しいと思っています。是非参考にしてみてくださいね。

illustratorって何が出来るの?

簡単に言うと、絵がかけます。手書きじゃなくて、きちんとした線でくっきりはっきりした線と色分けをした絵を書きたいならこっち。

photoshopとはどう違うの?

簡単に言うと、フォトショップさんは写真の加工とか、下絵をスキャン↓ものに色を塗ったりとか、そういうのが得意。あいまいな線とか、手書きとかで芸術っぽい感じにするのはこっち。

illustratorは、ロゴデザインをしたりとか、きっちりした形の物を作るのに適している。

ロゴデザインとかに適しているillustratorなので、まずは、この「ロゴデザイン」の基礎とも言える、文字デザインを今日はお教えしたいと思います。

  • まずはillustratorを立ち上げて、新規作成をしましょう。
  • 次に、左のツールから、「T」のアイコンを選んで、文字が書けるような状態にします。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 文字を打っていきます。例として、「大特価」にしてみました。色も最初は適当です。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 文字を打ったら、左のツールの一番下、色の、「塗り」と「線」を指定しているところをさわり、二重の□になっているほうを選んで、線のみにします。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 次に、線の太さを変えます。太いほうがいいので、適当に。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 次に、選択したままの状態で、
    ファイル>コピー (またはCtrl を押しながらCボタンを押す)
    を選び、
    ファイル>前面へペースト (またはCtrlを押しながらFボタンを押す)
    を実行。

    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 線の色を、最初の色とは違うものにします。白にしてみましょう。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

    すると、このように、重なってるように見えてきましたね?

  • この状態で、もう一度、選択したままの状態で、
    ファイル>コピー (またはCtrl を押しながらCボタンを押す)
    を選び、
    ファイル>前面へペースト (またはCtrlを押しながらFボタンを押す)
    を実行。

    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 今回上に重ねて配置されたものを今度は、塗りのみにします。
    わかりやすくオレンジ色にしてみました。
    ちなみに、レイヤーを見てみると、3層にわかれて居るのが良くわかりますね。

    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
  • 3層にわかれて居るので、後は、色や太さを自由にそれぞれいじって、下の写真のようにしてみてください。
    ちなみに、選択したいときは、レイヤーのそれぞれのパーツを選んで、変更するとラクです。

    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

     

  • 色をこんな風に変えると、それっぽくなりますね。

    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。
    adobe illustratorの使い方。イラストレーター初心者講座。作り方。

いかがでしたでしょうか?
最初は、こんな感じの物をたくさん作る練習をして、色合いだとかそういうものを徐々に勉強していくのも良いと思います。

パチンコ屋さんのチラシですとか、電気屋さんのチラシなどを見て、文字装飾のデザインを研究してみるのも良いと思います。

そういったものの積み重ねで、どんどんスキルも上昇します。

このデザインはどうしているの?という質問もオッケーです。

今回は初歩的なものを紹介させていただきましたが、これを基礎に、いろいろ発展していくと、立体的に見える文字や、グラデーションをかけた文字などが作れるようになっていきます。

イラストレーターは苦手だ!という意識を捨てるためにも、勉強して覚えた事をこつこつ積み重ねてみてくださいね。

それでは今日はこのあたりで。

Adobe Creative Cloudを導入しました。PhotoshopCCとIllustratorCCについになった!

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
パソコンを元の状態に戻しつつ、仕事が再開できる状況にしようと、色々考えてきました。今まで、自分のPCにソフトが無いと不安になる人でしたし、正直、「クラウド」ってなんぞ?と思って敬遠していました。

クラウドは実はとても便利だった!インストールソフトがなくてもソフトのインストールができる、まるでスマホのアプリみたいなものだった

クラウドっというのはその名のとおり「雲」のように、自分の手元じゃないところを基準として、そのサービスを利用するみたいな感じです。ですので、インストールソフトもありません。全てダウンロードで済みます。

Adobe Creative CloudのPhotoshopやIllustratorならアカウントさえ覚えていれば、新しいパソコンになっても手間が少なく済む

今まで、そういうサービスに何となく信用も無かったりしたのですが、スマホが一般的になり、アプリやら使う事に慣れてくると、クラウドサービスの便利さにだんだん気づいたので、今回思い切ってクラウド型にメインシフトしていこうと思いました。
PhotoshopやIllustratorは元々容量も大きいですし、バージョンもしょっちゅう新しくなるものです。(新しくなっても使う機能はあまり変わってない、イラストレーターの場合だと印刷や取引先にデータを出すときにバージョンが新しすぎると開けないといわれる・・・とかもあったりはするのですが)デザインを生業にしようとしているのだから、もういっそ、新しいのに順次対応していけるようにならねば、という思いもあり、Creative Cloudのフォトショップ、イラストレータを導入することにしました。

Adobe Creative Cloudでイラストレーターやフォトショップを操作するのに必要なパソコンのスペックは?

実際にインストールしてみたのですが、両方、コンパネでみてみたら、1GBぐらいしか容量とってませんでした。
まあこれが大きいと感じるかどうか・・ですが、いまどきのHDDやSSDは容量もめちゃめちゃありますしね・・・ヽ(;・ー・)ノ
ソフトの容量的には問題ないのですが、もしかしたら、このソフトを動かす場合、メモリが大事になるかもしれません。
Windows7使用の私ですが、メモリがが4GBで、たまに遅さを感じます。エフェクトとかめっちゃつかったりすると、重く感じるかもしれません。
さらに、最新版が常にアップデートされるので、そのたびにメモリをくうような事が発生するかもしれません。

しかしながら、最新版が常にバージョンアップされる事も良いですし、クラウドストレージが与えられるので、データの保存をクラウド上に出来ます。これにより、自宅以外でもデータをいつでも参照できたり、携帯アプリと連携して、携帯でいじったりもできるようになり、とても便利になりそうなので、メモリを増設も今後検討していきたいと思っています。

まってました!待望のIllustratorの自動復元&自動保存機能!!

そして何より、メモリが不足していると陥りやすかったIllustratorの不具合!新しい機能?として、よくイラストレーターで発生してた「予期せぬエラー」的なことで保存されなかったり、レイヤーの選択をしている最中に何かバグが発生して緊急停止してしまい、

あああ・・・!保存してない・・・作ったデータ消えた・・・・
私の●時間返して・・・・

という悲しい事態が起きても、自動保存してくれている機能が付いたこと・・・ですかね。

実際、すでにもうその便利機能にお世話になることになりました(笑)

気持ちよく作業してたのですが、何かメモリを食っちゃったらしくメモリ不足によるエラーっぽいので落ちたのですが、「復元」というファイル名で、最新状態が保存されていました。

エクセルにはすでに自動修復・復元・保存機能があった

コレは本当に便利です。エクセルなどには結構前から付いていましたが、これ以外と大事なんですよね。やった作業量考えたら、エラーで消えたのに・・とやるせない気持ちなっていたのがなくなるわけですので、いい機能が付いたと思います。

話は戻って、photoshopやillustratorがクラウド化したら、フォントやブラシなどの追加はどうなるの?

フォントとかは、コレまでどおり、もっているフォントがあれば、Windowsのシステムにいれて使うだけなので問題ありません。

強いていうなれば、さらにこのクラウドからは、Adobe経由で、フォントのインストールも出来ます。結構いろんな種類のフォントが無料でダウンロードできます。
ブラシに関しては、今までどおりオリジナルブラシを使う事もできます。
オリジナルブラシもたぶん、クラウドの中に入れておけば、ずっと使えるのかも?しれません。

これからの私の新たな相棒PhotoshopCCとIllustratorCC

7月末までキャンペーンで、photoshopが月々980円、illustratorが1,980円で使えます。
かなり安いので、今のうちにGETがオススメ