タグ別アーカイブ: CSV

ヤフーショッピングからmeta keywordの入力欄が消えていた ネットショップのSEO対策について考察

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日からEC CUBEと並行して、ヤフーショッピングのネットショップ作成業務も携わる事になり、久しぶりにヤフーショッピングの管理画面に入りました。

ヤフーショッピングの商品登録情報からmeta keywordが消えた

商品登録は、csvデータの方が最終的には楽になるはずなので、まずはダミーで商品登録を管理画面から行い、商品管理タブから、商品データのダウンロードをし、得意のファイルメーカーにコンバート。

そして、ヤフーのマニュアルから、csvデータのルールについて書かれた仕様書のページをプリントアウトして準備完了!

そして…コンバートしたファイルメーカーで中身を確認したところ…

meta keywordが無い

SEO対策の基本とも言われてきたようなmetaキーワードが、無い!
確認の為にプリントアウトしたcsvルールを見てみても、meta keywordが一覧にありませんでした。

…ヤフーさんはもうmetaキーワードは見限ったのかしら?でもなんで?meta keywordなくても検索引っかかってくれるの?
疑問は増すばかりでした。

Yahooショッピングの過去の機能改善情報を探ったところ、meta keywordを廃止の記載を発見

meta keywordをわざわざなくすというのは何かあるはず、と思って気になった私は色々調べてみたところ、機能改善情報に堂々と

Yahooショッピングでは、meta keywordの有効性が低いと判断し、検索対策ととしてはもうmetaキーワードが重要視されてないので廃止します、

みたいな趣旨がハッキリ書いてありました。

ただし、meta descriptionは有効。むしろここをちゃんとしたほうが良い

結局、メタタグ関連でヤフーショッピングで登録できるのは、meta descriptionだけと言う事になります。そうなると、いよいよここは他のページと同じ事を記載しているようでは、ページの評価は下がってしまうでしょう。

売り上げを上げたい、と思っているネットショップのオーナーさんに限って、こういうところの細かいところまでを対策していないところも多い気がします。
特に、同じような商品の場合同じ文言でいい、というような考えがある気がします。

meta descriptionは、そのページに何が掲載(記載)されているかを説明するものです。同じ文言だと、それぞれが違うページなのに、検索ロボットさんは「ああ、コピーページか」と判断して、ページのランクを下げて検索の評価も下がり・・・なんて事が起きるかもしれません。

ヤフーショッピングの商品登録で行えるほかの検索対象の項目は重要視されると推測

meta keywordがなくなり、descriptionだけになったと言うことは、他の項目も重要視される事が推測されます。

ヤフーショッピングの商品登録項目の中で検索対策対象になっているのは以下のもの。

  • 商品名(name)
  • 商品コード(code)
  • キャッチコピー(headline)
  • 商品情報(explanation)
  • 製品コード(product-code)
  • JANコード(jan)

これらの項目が、検索対象になるとの事。
これらの項目に、検索に引っかからせたい言葉をいかに入れるかが重要となるわけです。

商品コードが検索対象。既製品や商品コードで検索されやすいものは自店舗のオリジナル商品コードとメーカー品番で商品コードを登録すべき

検索対象に商品番号が含まれていると言うことは、とても大事なことです。様々な理由で商品コードは適当に付けられていたりするところもあるかもしれませんが、それは今後改善したほうが良いかもしれません。

特に既製品を売っている店舗さんの場合は、JANコードや製品コード、商品コードは、きちんとメーカーの番号に対応した物を登録しているほうが評価は高くなると言うことに繋がります。

オリジナル商品を取り扱っている場合でも、商品コードを付けるとき、その商品の内容を示すような商品番号を付けるほうが、好ましいと言う事になります。

SEO対策はどんどん変わっていく。ページに何が記載されていて何をうっているかがロボットでもわかるようなお店作りを目指していこう

一昔前、モール出店のお店だと、画像をひたすら並べていることも多かったですが、このように、meta keywordが重視されなくなったり、商品番号(とくにURLに変換されるようなところは)などが重要視されていくと、ページの内容を示すものを検索ロボットに正しく認識させるには、適切なキーワードをページ内に記載する必要があるわけです。

しかし、それもページの中で対象になっているところがきまってくると、いよいよ小手先の裏技は使えなくなって来てしまいます。

今後も色々検索に対するルールは変わっていくとおもいますが、物販でネットショップで売り上げを上げたい、と本気で思っている方は、売れる商品を見つけてくることも大事ですが、売るための方法や売る場所(ネットの世界)の事も良く知って、一番良い立地で商売が出来るようにして言って欲しいなとおもいます。

SEO対策の専門業者にも色々ありますが、自社にあったSEO対策を施して、まずは自分たちで出来るところから初めてみませんか?
ヤフーショッピングでのネットショップ暦の経験も活かし、アドバイスも行っておりますので、ヤフーショッピングのご相談もお待ちしております。

それでは、今日はこのあたりで。

 

EC CUBE 2.13.3 クロネコヤマトB2のプラグインが動かない。ボタンが配置されない CSVがダウンロード出来ない

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
本日また、勤務先で躓きました・・・。
EC CUBE 2.13.3です。

ようやく、運送会社も決まり、配送システムの環境も整ったので
EC CUBEに、プラグインでクロネコヤマトB2用のを入れたのですが・・。

受注管理画面にクロネコヤマト用B2のボタンが表示されませんでした。

プラグインの競合として、ソニーペイメントサービスがあがっていたので
それも無効化してみたりもしたのですがぜんぜんダメ・・・。

苦肉之策で、クロネコヤマトB2用のプラグインを配布なさっている会社様(ボクブロック株式会社様)に連絡を取ったりもしてみたのですが、色々デバッグ(プラグインを削除してみたり入れなおしてみたり他のプラグイン無効化したり)したのですが、結局ダメでした。

プラグイン開発会社さんも初めての経験だそう

開発会社さんの担当様によると、ボタンが現れないというのは初めてだそうで、前例が無く、プラグインの不具合なのか、何と競合しているのかもわからないと言う事で、さじを投げられる格好になりました。

結局のところ、デバッグするほか無く、

  • 新しいサーバに新品のEC CUBE2.13.3をインストール
  • クロネコヤマトB2 2.13対応版プラグインをインストール
  • 受注管理画面を確認

これで受注管理画面にボタンが出なかったらプラグインの不具合なので修正しますということでした・・・。

今日は職場のサーバー管理者がいなかったので新しくインストール出来るようなサーバがあるかわからなかったので検証出来なかったのですが、2.13.3って、2.13.1とか用のプログラムじゃ動かないこともある気がするんですよね・・・・。

EC CUBEはバージョンで違いすぎて困る・・。

EC CUBE2.13.3を使っている人が少ないのか、まだ本とかもほとんど無いですし不具合報告も少なくて、かなり困っている自分はレアケースなのか?とすら思ってしまっていますが、とりあえずクロネコヤマト形式のプラグインが使えない事実には変わりませんし、新しいサーバにインストールしてプラグインが表示されなかった場合、プラグインの修正を依頼するにしても不具合解消までのタイムロスを考えれば、クロネコヤマトB2用のCSV出力をSQLで自作するほうが早いですよね・・・。

高度なCSV設定のところでクロネコヤマトB2のならびに応じたCSVを作製するようにがんばるしかない

結局プラグインのほうでどうにもならない事が判明してから、この足りない脳みそでクロネコヤマトB2用のCSV出力のSQLを考えていたのですが今日はうまく行きませんでした。

2.13.3対応のクロネコヤマト用B2 CSVが出来たら報告します・・・(泣)

今週は何だかピリっとしない終わり方でした。悲しい・・・。

Filemakerを使って楽天市場やヤフーショッピングやAmazon用のCSVデータを一括で作成するソフトを開発したい

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
先日のファイルメーカーワークショップに行ってから、色々考える事がふえてワクワクしています。

元から、FilemakerはCSVデータを扱うときはほぼメインで使っていたソフトウェアなのですが、いつも中途半端にその場しのぎ用でプログラムを自作して、入力をやりやすくしたりとかそういう程度にしか作っていませんでした。

勉強会に参加して、本格的に、各モール対応の商品ページ作成データベースをファイルメーカーで開発しようと思い始める

前に勤務していた会社ではネットショップをメインとした仕事をさせていただいていて、主に商品ページの作成を中心に店舗運営全般を全面的に何でもやっている、と言う感じでした。

商品ページを作るのは、デザイン系の仕事なので、PhotoshopやIllustratorを使用してお客様に見ていただきやすいページ作りをしながら、出来た画像を元に、各モールへは手作業で商品ページをアップロードしていました。

CSVデータで一括で上げていたのはAmazon店だけだった

楽天もヤフーも、CSVで一括でデータのアップロードは可能なのですが、それぞれにCSVアップロードの形式も違えば、ルールも違います。アップロードするファイルも違うので、何かの手違いでミスして、全商品ページをロストしてしまうのが怖くて、出来ませんでした。

Amazonは、その点、商品ページのCSVデータアップも比較的】判り易いルールだったのと、自分のところに商品の元データをもっておかないとAmazon側からデータをダウンロード出来る機能はないので(2015年夏現在)自分のところに商品マスターが絶対に必要な以上、最初からCSVで商品データベースを作っておくほうが良いと思いAmazonだけは最初からファイルメーカーベースで商品ページ用データーベースを作っていました。

在職中の夢。共通の商品マスターを元に、各店舗のCSVデータを作れるようにしたかった

Amazon用のシステムは構築したのですが、日々の業務が忙しすぎたのと、開発に使える時間が勤務中はほとんどなく、Amazon用のシステムも、同僚と自分が仕事を早く終わらせるために自宅で開発したものでした。

冒頭に申し上げたようにそのシステムを作るときに楽天用とYahoo用のシステムも作りたいという野望はあったのですがあいにくかないませんでしたが、今になって、もうその会社には所属していないので自分がそういう仕事をする事はなくなってしまっていますが、実際にこういうシステムがあったら良いなと思いながら過ごしているネットショップ勤務の人がいるのではないかという思いが消えませんでした。

ファイルメーカーベースの受注ソフトはがんばれ店長が得意なら、私は商品ページ作成に特化したFilemakerベースのデータベースを作ってみようと思う

ネットショップ運営をしている方にとって、時間を割くべきは、商品の選定・戦略・商品の調査、売るためのページ作り、SEO対策・集客などであって、アップロードする時間は短時間のほうが良いに決まっています。

売るためのページの画像などのデータが出来た後、スッとアップロードできれば、それに越した事はないはずです。

Filemakerがすきでページ作りも好きな私にしか出来ないかもしれない

CSSなどの知識も有し、HTMLの知識もあるので、そういうのを活かしながら徐々に開発していって、テンプレート的なものを開発していこうと思っています。

まだどういったもので具体的に・・・というのがないのですが、もし誰か困っている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談に載らせてください。
データベース開発にお力を貸していただける方も同時にいらっしゃましたらお声かけをいただけるとうれしいです。

近いうちにネットショップを自分でもオープンしてみようと画策中。

開発をするにあたり、やはり現場を知るのは大事だと思っています。
まだ個人事業主開業届けも出していないので法人契約がまだ出来ませんが、そう遠くないうちに出店して実際に自分でもネットショップ運営をもう一度したいと思っています。

忙しくなりそうですが、ファイルメーカーベースで何かネットショップ運営をされている方のお役に立てられればうれしいと思っています。

またこのFilemakerのソフト開発については進捗が在り次第お届けしたいと思います。

それでは、今日はこのあたりで。

Filemakerのワークショップ みんなで一緒に FileMaker ソリューションを作ってみよう に参加します

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
先日、前の会社でお世話になった上司に、Filemakerのワークショップを主催している会社さんの話を聞かせていただき、今度そういうイベントがあったら教えてくださいとお願いしていたところ、早速ご紹介していただきました。

Filemakerが好き。だから、ファイルメーカーのことをもっと知りたい

新社会人になった直後に出会ったこのソフト。
データベースとかCSVとかも何もわからなかったころに知ったこのソフトですが、そんな初心者でも、データベースを作ったり利用したりするのが安易にできて、楽しいと思えるソフトが、ファイルメーカーでした。

最初は仕事で使う範囲で触れれば・・という程度だったのですが、Filemakerベースで作られたデータベースソフトはカスタマイズが可能と知ったとき、私の中の「クリエイティブ魂」が目覚めました。

ファイルメーカーはデータベースの自作、カスタマイズ、改良が簡単

カスタマイズできるということは好きなように変えれるということ。
それを知ったとたん、とてもFilemakerのことを知りたいと思うようになりました。知って、いろんな機能で自分のやりたいことを実現できるんだと思えるようになると、いろんなことを知りたいと思うようになりました。それからは、仕事上でもファイルメーカーを使う機会に恵まれた私は、独学で、仕事と両立しながら、より、ファイルメーカーでする作業がラクになる方法を模索しながら、カスタマイズの方法を独学で勉強していきました。

独学ばかりでなく、基礎的なことを知ったり、他の人が作っているシステムが見たい

独学で、簡単な納品書や、注文管理のデータベースや、CSVにデータ変換するソフトなどの開発はできるようになりました。
それを仕事場で、自分以外の人に使っていただく機会も与えていただけるようになってから、だんだん、「自分の独りよがりな作り方」をしていると、使う人によっては使いにくいということが発生することを知りました。

そうなってくると、今度は、「利用者にとって使いやすいデータベースの作り方・考え方」が知りたいと思うようになってきたのです。

ファイルメーカー好きと話してみたいと思った

ワークショップに来る方々は、もしかしたらものすごいできる方々ばかりかもしれないなという不安も抱いています。
ですが、Filemakerの可能性を見出し、何かをできるようになりたいと思った人が集まっているのだと思うと、同じ志の人たちとお会いするよい機会になるだろうと思い、ワークショップへの参加を今回決意しました。

自分にとって、会社以外のところで仕事をすることは、今もまだ緊張します。それでも、一歩踏み出してみないと、何も始まらないとも思っています。どきどきしますが、今度名古屋で開催されるこのワークショップに参加してこようと思います。

ファイルメーカー好きさんとお会いして、何か今後に役立つような技術も勉強してきたいと思います。

 

CSVデータの0がエクセルで開くと消える理由 CSVに変更を加え上書き保存したい時の方法

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。最近はもっぱらEC CUBEでつくったサイトの商品ページを作るためにCSVでデータを作っていっている日々。CSVの編集には色々注意点が要るのをご存知でしょうか?

CSVデータで、0(ゼロ)が最初に来ている場合、エクセルで開くと0がなくなってしまう

これは、CSVデータを取り扱う初期に絶対にぶつかってしまう壁ですね。そもそも、CSVデータとは、値をカンマ(,)で 区切って書いているテキストデータファイルです。
テキストデータファイルなので、エクセルが無くても開けるデータなのです。メモ帳でだって開けます。
オフィスが入っているパソコンの場合、エクセルみたいなアイコンになっているかとおもいますが、あくまでCSVデータは【テキストデータ】なのです。
では何故、エクセルでCSVデータを開くと0(ゼロ)が消えてしまうのか。

エクセルは本来テキスト情報として入っているはずの0も、「数値」として認識しているから

CSVデータとして保存されている0を含む数字情報は、本来、おそらく住所や電話番号などの「テキスト情報」として格納されているはずなのですが、エクセルで開くと、数字情報=数値として扱ってしまいます。

そのため、エクセルでCSVを一度開いて、何か変更を加えて上書き保存すると、「0」が消えた状態で保存されてしまいます。

CSVデータに変更を加えたい時に使うソフトをどうしてもエクセルにしたい

せっかく入っていた正しい情報がエクセルで開いてしまったがためにデータがおかしくなった!おかげでデータベースソフトでの取りこみでエラーが生じた!

・・・なんてことは、結構日常茶飯事見かける光景です。

でも、エクセル以外でどうやって編集すれば?
CSVでデータを作ったり変更したりしたい、っていう時はありますよね。

何にせよ、数字を数値として認識してしまうエクセルさんの場合、.csv形式のファイルである場合はどうあがいても数値として認識してしまいます。
そんな時は、ファイルの拡張子を変えてしまいましょう。

  1. 先ず、開きたいcsvファイルをデスクトップなど判りやすいところに保存します。
  2. 保存したら、そのファイルの.csvを、.txtに書き換えます。
  3. 拡張子を変えるとファイルが開かなくなる恐れが・・・とかいうメッセージを無視して書き換えます。
  4. エクセルを立ち上げます
  5. ファイル→開く から、先ほど拡張子を変更した.txtを指定します。
  6. 選択したデータは区切り文字で区切られています みたいな感じで何か出てくるので、「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」のほうにチェックを入れて、次へ
  7. 区切り文字は カンマ に指定
  8. 区切った後のデータ形式は 「文字列」 に
  9. 完了

コレで、エクセルで、0が消えない状態でCSVデータを開く事が出来ます。

その後、エクセル上で編集し、txtのまま上書きします。

全ての変更作業が終わったら、エクセルを閉じ、.txtにしたファイルを.csvに戻せばOKです。

可能であれば、csvデータの編集にはテキストエディタを使おう

エクセルでどうしても開きたいという場合は、先ほどの手順でするしかありませんが、それでも、完全に0が消えないようにというのは難しいかもしれません。

可能であれば、私は、 Terapad 等のテキストエディターを使って開く事をお勧めします。

テキストエディタ系ソフトは、列ごとにきちんと表示もされますし、見やすくて良いです。検索もしやすいので、ちょっとした変更ぐらいでしたら、メモ帳などのエディターでも十分かと思います。

この場合、拡張子は.csvのままでも問題ありません。

さらに可能であれば、csvデータ編集はファイルメーカーが最適

ココまで来るともう好みの問題もありますが、私はFilemakerで開くのがすきです。
ファイルメーカーで開くと、そのままデータベース作成になりますが、そのまんま取り込んで編集するだけでもかなり楽ですし、同じ文字を繰り返して入力する事がある場合などは、「値一覧」などで入れたりすることも出来ます。

ファイルメーカーは、初心者でも慣れ親しみやすいデータベース

私も社会人になってから初めて触りましたが、独学でも結構スムーズにデータベースを作成する事が出来たりします。

結局、今の仕事でも、CSVでページデータを作るために、Filemakerに取り込んで、簡易の自分用のページ編集ソフトを作成しています。

このように、ちょっと手間を減らせる等の利便性もあるので、csvデータを変更したりする場合は、Filemakerの導入を検討して見ても良いと思います。

0が消えてデータが取り込めない!なんてこともFilemakerでは起こりません。

何にせよ。。。昨今、CSVデータが主流となりつつあります。一般の会社でもよくCSVデータというものを必要としたりすることがあると思います。

誤って、0を消してしまわぬよう、CSVデータを開く時はエクセルで開かない!くらいの意識で居て欲しいなと思います。

また今度、ゆっくりFilemakerの魅力について語りたいと思います(笑)

それでは~また!

EC-CUBE 2.13.3バージョンで 配送情報付き注文データCSVを作成する方法 SQLのカスタマイズ

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は、EC CUBEのプチカスタマイズの話をします。

最初に断っておきます。Yoshyは、デザイナーで、しかも数ヶ月前まで紙面デザインがメインで、webデザインといえば、楽天とかヤフーとかそういうショッピングモールの商品ページをつくっていたくらいの、いわば普通の?webページ作成や独自ドメイン系のカスタマイズはずぶの素人に近いです・・・!
そうです。コードがちょっとだけ他の人より読めて、ちょっとだけプログラムとか好きで、何となく見ただけでどういうことになっているのか理解しやすい性質をもっているだけです・・・。
なので、EC-CUBEのカスタマイズの仕事をすることになった時は背中からいろんなものがでました。ハイ。

参考書も無くて、自分の勘とインターネットの情報と、自分のトライ&エラーだけで何とかしてます・・・w
そう、WEB制作はサバイバル・・・!(謎)

さて。あほな事いってる暇があったら、ちゃんと解説しましょう・・・。
はじめます。

EC CUBE バージョン 2.13.3
配送先情報入り注文データCSVを自作する方法

何故、こんなカスタマイズが必要になったかというと、
仕事でEC CUBEを使ったECサイトを作ることになって、WEBページといってもほぼ素人なのに(2回目)毎日悪戦苦闘しながら既存のテンプレートをカスタマイズして、なんとかイメージに近いデザインにまで仕上げ、今度は商品データのテストおよび注文データを管理するソフト作成も同時進行するという事で、テスト注文までしたのですが、注文データの中身が知りたく、受注管理から、該当の注文データをダウンロードしてみたのがきっかけでした。

EC CUBEにある、受注管理というところから、受注データダウンロード をしました。

そしてそれをエクセルで開いたら……

配送先情報あらへんやんΣ(・□・;)

という事態に遭遇。
デフォルトで落とせる受注管理データに配送先情報無いとか、モール慣れしてた私には考えられない世界でした。

が。

無いと困ります。

ので。カスタマイズしかありません。

という事で、カスタマイズしました。

EC CUBE 2.13.3
配送先情報付きCSVをカスタマイズで作る方法

ec1

コンテンツ管理から、CSV出力項目設定>>高度な設定をクリック。

ec2

何か開くので、新しくSQLを作成します。
名前は任意でいいです。私はわかりやすいように「受注データ」とかにしておきました。
何度も言いますが、SQLとか本当に1ヵ月半前くらいに触り始めたばっかりです・・・。でも、見た感じ、何となくselect文という、比較的初期のわかりやすいSQLで何とかなりそうでした。

答えを書いてくれているサイトさんはさすがに無いので(おそらくココまで来ると、お金を取るレベルなのでしょう・・・?)自分で何とか色々な情報を集めて作ってみました。

SQL文というところに、このコードを書けば、とりあえず、配送先情報と、商品詳細くらいはとってこれました。
———————————————————————————————–
shipping_id,dtb_shipping.order_id,shipping_name01,shipping_name02,shipping_kana01,shipping_kana02,shipping_zip01,shipping_zip02,mtb_pref.name,shipping_addr01,shipping_addr02,shipping_company_name,shipping_tel01,shipping_tel02,shipping_tel03,shipping_fax01,shipping_fax02,shipping_fax03,shipping_date,dtb_order.payment_total,dtb_order.payment_method,dtb_order.order_name01,dtb_order.order_name02,dtb_order.order_company_name,dtb_order.order_email,dtb_order.order_tel01,dtb_order.order_tel02,dtb_order.order_tel03,dtb_order.order_pref,dtb_order.order_addr01,dtb_order.order_addr02

FROM
dtb_shipping,mtb_pref,dtb_order

WHERE
dtb_shipping.shipping_pref=mtb_pref.id AND dtb_shipping.order_id = dtb_order.order_id
————————————————————————————————-

EC-CUBEのSQLのところは、最初の SELECT を書いてはいけないので、こんな感じです。

ただ、コレでも少し問題があって・・・・「dtb_order.order_pref」のところが、県名ではなくて、番号で出てきます・・・。

それが難点ですが、デフォルトのデータベース名を変えていない限りは、コレを書けば、いけるはずです。

一応、「構文エラーを確認する」をして、私は問題ありませんでした。

プログラムが出来たらダウンロードを試して見ましょう。

ec3

「CSV出力」を押してダウンロードしてみてください。

とりあえず・・・今日はこんな感じです。

まだまだ勉強しないといけない事がたくさん。

EC CUBEのカスタマイズができるようになったら・・・きっと何かいいこと起きるはず!
がんばれ!私!!