タグ別アーカイブ: JPEG

Facebookのトップカバー画像(カバー写真)とプロフィール画像(プロフィール写真)の大きさ・サイズについて

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
そろそろ、このnekonomoridesign用にFacebookページを開設したいなぁと思っていて、それに伴い、Facebookについて色々調べてみました。

個人ではすでにFacebook暦は2年を超えるのですが、あまり深く使い込んでいたわけではなかったので、この際ちゃんと調べてみようと思いました。

トップカバー画像(カバー写真)の大きさを調べてみました。

オリジナル画像を作るにあたり、大きさが判らないと作成が難しいので、調べてみました。

大きさは

  • パソコン・・・幅851ピクセルx高さ315ピクセル
  • スマートフォン・・・幅640ピクセルx高さ360ピクセル

と言うことでした。

ですので、パソコンで閲覧される事を想定して、851 x 315pxの大きさが必要と言うことになりました。

プロフィール画像(プロフィール写真)の大きさもついでに調べてみた

  • コンピュータ・・・160×160ピクセル、
  • スマートフォン・・・140×140ピクセル、
  • ほとんどのフィーチャーフォン・・・50×50ピクセル

と言う事で、正方形にトリミング(切り抜き)されるので、正方形で画像を作ったほうが良いですね。

カバー画像(カバー写真)の読み込み速度を早くする大きさ・設定がある
幅851ピクセル、高さ315ピクセル、100キロバイト未満のsRGB JPGファイルだと読み込み速度が速い

読み込み速度は、いくらインターネット回線が普及したこの時代でも結構重要です。ストレスなくアクセスしていただくためにも、この最適化の設定でなるべく画像は作りたいなと思います。

カバー画像は、ホームページで言う「看板」みたいなものです。

基本的にタイムラインしかチェックされないことも多いFacebookですが、自分のページにアクセスしてもらったときに印象を与えるカバー画像はとても大事だと思います。

ビジネスでSNSマーケティングの一環でFacebookページを開設している場合は特にカバー画像・プロフィール画像を重要視するべき理由

先ほども申し上げたとおり、カバー画像は、そのFacebookページの「顔」と言うべきものです。どんな事をしているのかが人目でわかってもらえるような、印象付ける画像を設置する事がより効果的に人をひきつける要素になると考えて居ます。

プロフィール画像も、プロフィールと言うことにこだわりすぎず、フォロワーのニュースフィードなどに一覧などに表示されるアイコン的なものですので、そのあたりを意識した画像を作る事が良いと思います。

nekonomoridesignのyoshyがあなたのFacebookページのカバー画像、プロフィール画像作成のお手伝いをさせていただきます。

デザイン関連のお仕事をして10年以上のキャリアがあります。

画像を作ることはもっとも得意としている事でございます。
個人デザイナーでございますが、その分、お客様の細かいニーズやご希望のイメージを元に、じっくり・丁寧に作成させていただきますので、Facebookページの画像を変えてみたいと思われた方は是非一度お問い合わせください。お問い合わせは無料です!

それでは、今日はこのあたりで!

PNG-8?PNG-24?知ってるようで知らなかった 透過効果のPNG形式ファイルの違いについて

こんにちは。Yoshyです。
今まで、約10数年間、フォトショップやイラストレータを使って画像を作って、散々インターネットにもアップロードしていたりしたのですが、今まで色々細かい事は気に留めずに仕事をしてきてしまっていました。
っというのも、ウェブなら、「表示されればいいや」紙面媒体なら、「キレイに出てればいいや」くらいの環境が多かったのもあって、何となく、ウェブページで写真系の画像を作る時は、JPEGで文字とかの少ない色数の画像ならGIFで、透過させたいならPNG、紙媒体なら、印刷所に出すならEPS、自社内だけならJPEG画像ぐらいのノリでした。
(だめですね・・)

今日何故か不意にふっときになったので、ちゃんと調べてみました。
詳細な事は、ググってください。

画像の保存形式別の特徴
(PNG-8、PNG-24、GIF、JPEG)

PNG-8
透過レイヤーをそのまま透過して表示してくれる。絵柄などの色がついているデータは、256色の色で表現されます。淡色系であればこの設定で十分。
グラデーションとかの画像には適していない。データ量は軽い。

PNG-24
透過レイヤーをそのまま透過して表示してくれる。使える色は1670万色でJPEG並みにキレイです。
でも、データが重くなります・・・。

GIF
透過も使えるが、扱える色数が少ない、アニメーションに対応している。
データ量は軽め。

JPEG
1670万色の色が扱え、鮮明な画像が表現できる。写真とかアップロードするなら、コレが最適。
一般的に多い。

という感じで、まあ、何となく何気なくやっていた設定でよかったぽかったですが、PNGの8と24の差があいまいだったのでこの機会にわかってよかったです。。。

PNG形式で保存する画像(透過する必要がある画像)は、殆ど、ウェブページの場合、ボタンとか、大体色数がすくないとおもうので、ほぼPNG-8で事足りるなと思いましたが、文字の画像を作る場合は、以下のポイントに注意したほうがいいとおもいます。

0611-1

滑らかに、にしておかないと、透過したときに、ギザギザ感が気になると思います。

ホームページ作成も、データ量を気にして作ってみると、アクセスしてみたときに画像の表示がサクサクだったり、容量を抑えられたことに喜びを感じられる?と思います♪
今はインターネット回線が強くなって画像の表示も速くなりましたが、細かい事から気をつけて、データ量も節約していきたいと思います。

是非、誰かの参考になるとうれしいです。

それではまた!