EC CUBE 2.13.3カスタマイズ 商品検索で商品番号 product_codeを検索対象にする方法

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。相変わらず、EC CUBEと闘っています。

慣れない言語と新しいバージョンで全然情報無くて、毎日試行錯誤しております。

カスタマイズも終盤に差し掛かり、枠組みらしきデザインも出来てきたのですが、(と言っても、既存のデフォルトテーマに毛が生えたくらいの些細なカスタマイズですが)デフォルトにあった商品検索が、なんかカテゴリーをプルダウンで選んだりするのが嫌だったので、プルダウン検索になっている部分を削除して、商品検索だけにしました。

その状態で、デバッグしようと思って、検索が動くかやってみたのですが……

EC CUBEエラー 再び。(もう何度目?)
EC CUBEの商品検索はデフォルトでは商品名でしか検索出来ない

……。

一般的な方々がどういう検索をするのかわからないですが、少なくとも自分は、型番商品なら、商品番号で検索すると思うのです。

特に、今回私が携わっている商材は、型番商品で、競合他社も比較的少ない商材なので、価格で見比べてもらうためにも商品番号検索は必至でした。

ですので、またまたカスタマイズしました……。

今回は検索結果にまつわるところなので、下手したらいっぱい弄らないとダメかと思ってたのですが、案外、1箇所1ファイルだけで大丈夫でした……w

———————————————————————————–
カスタマイズ箇所
/data/class/pages/products/LC_Page_Products_list.php
———————————————————————————–

【変更前】394行目~400行目
foreach ($names as $val) {
if (strlen($val) > 0) {
$searchCondition[‘where’] .= ‘ AND ( alldtl.name ILIKE ? OR alldtl.comment3 ILIKE ?) ‘;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
}
}

———————————————————————————–
———————————————————————————–
【変更後】394行目~401行目
foreach ($names as $val) {
if (strlen($val) > 0) {
$searchCondition[‘where’] .= ‘ AND ( alldtl.name ILIKE ? OR alldtl.comment3 ILIKE ? OR product_id IN (SELECT product_id FROM dtb_products_class WHERE product_code ILIKE ? AND del_flg = 0) ) ‘;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
$searchCondition[‘arrval’][] = “%$val%”;
}
}
——————————————————————————

こうするだけで、商品番号で検索できるようになりました!

いやー……意外。

あ。ちなみに、このカスタマイズであれば、デフォルトのプルダウンの検索残ってても大丈夫なので、デフォルトテーマの方でも、カスタマイズした方でも使えます。

もし。お困りの方が居たら、参考にしてみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

EC CUBE備忘録 yoshy

ネットショップ開業をしたいと思う人に 立ち上げに必要な事 環境、準備2

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。前回(ネットショップ開業をしたいと思う人に 立ち上げに必要な事 環境、準備)編の続きを今日はお話したいと思います。

自分では結構当たり前の事だったのですが、意外と知りたいという人も多いようなので、簡潔ではありますがお伝えしていきたいと思います。

開業前準備 6.
モールで売るのか、単独で売るのか
ショッピングモールサイト出店のメリット・デメリット

ネットショップをはじめよう、と思う人であれば、ネットショップでお買い物をしたことはあると思います。Amazon、Yahoo、楽天市場、ポンパレモール・・等など。いわゆる、「ショッピングモール」系のサイトで買っていますか?
ショッピングモールは、いろんなお店が入っていて、モールが人を集めてくれているので、集客力ではモールが良いですが、モールが開催するセールなどによって集客の増減もあったりするなどデメリットも存在します。

逆に単独店舗では集客をいかにするかが問題になります。

どのように運営するかをしっかり決めてからはじめないと、せっかく労力をかけて作るショップが悲しい事になってしまいかねません。

開業前準備 7.
ネット独特の「接客」を知ろう

インターネットは顔の見えない取引です。
顔が見えない分、直接の会話もしない分、正直なところ、購入されたお客様全てが全員いい人とは限りません。
また、普段では気にしないようなことであっても、ネットでの取引の場合、非常に細かい事がクレームに繋がる事もあります。

インターネット独特の接客マナーを知るためにも、開業前に、いろんなお店で購入してみて、各お店の接客を学びましょう。

ネットでのマナー、ネチケットがなっていない人がネットショップで商売をはじめても、購入者側の気分を害するだけで今は口コミで噂はすぐにひろまってすぐにだめになってしまいます。

開業前準備 8.
売るだけが仕事じゃない。ネットショップで物を売ると発生する雑務は山ほどある

ネットショップは、売りたいものを写真にとって、ページを作れば勝手に売れていくと考えている人もちらほらいらっしゃいます。
しかし、現実はそう甘くはありません。

2000年頃からインターネット販売が本格的になった日本ですので、すでに現在(2015年)で市場は成熟し、多くのお店がオープン&クローズを繰り返しています。
ネットで売る事と、実社会で売るのとは勝手は違いますが、根本は同じです。「商売」をするのだという心構えをしっかりもちましょう。

案外、インターネットで物を売る場合に発生する雑務で売り上げをあげる作業に集中できないなんてこともあります。

開業前準備 9.
ネット販売は手間がかかるのに、一人で出来ることは限られる

ネットショップの場合、スピードが命ともいえるところも実際にはあります。商材によっては、受注生産品などを販売する事もあるかもしれませんが、購入者に納得して販売して頂けるようなお店作りをしないといけません。
もし、どこでも気軽に買えそうな商材、他のお店でも売っているようなものを販売しようとしている場合、ほかとの差別化を図るためにもシステム化できるところはシステム化するなど、効率の良い方法(発送は委託するなど)やり始める前に少し脳内シミュレーションをしてみてください。
一人で出来る事は限られます。

 

その他、経験からもアドバイスできる事はたくさんあります。
このブログでは経験からのアドバイスっぽい事を少しお話させて頂きましたが、個別相談などもお受けしております。(1時間1,000円~)
メールによる個別相談(無料~)なども可能ですので、何か聞きたい事がある方は一度メールにてお問い合わせくださいませ。

目指すお店のスタイルや、商材、どのように売れば良いのかなどのアドバイスを経験を元にさせて頂きます。

お問い合わせ

関連記事

パソコン修理記録 HDDの交換で itunesの修復方法 第2部(全2部構成) itunesの認証エラーが発生 5002 不明なエラー

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。昨日お伝えした、HDDの交換の影響でitunesのアンインストール・インストールが出来ない不具合は解決したものの、新規インストールしたitunesで再びエラーが発生。

せっかくインストールできたのにいったい何が起きたのでしょうか?

第1部。itunesが使えるようになるまでの意味不明なエラーの数々

itunesからログイン後、認証エラーが発生

インストールが終わり、自動で立ち上がったitunes。
早速ログインしておこうと、ログインしました。そして、中を見るとカラっぽでしたので、せめて、itunes経由で購入していた曲やアプリは、アカウント情報からダウンロードできたはずなので、先にダウンロードしておこうと、itunes storeにログインしました。

そして、右上のバーのところから、「アカウント」から「購入済み」を選びます。

すると、画面が itunes storeの中に切り替わり、そこに自分の購入したアプリや曲やブック、映画などがあります。

購入したものが表示されているのですが、各アイコンの右上のすみっこに、雲のマーク↓みたいなアイコンがあると思います。
それは、クラウドに保存されている購入済みデータなので、ダウンロードで再利用が可能という事になります。

早速コレを使用と思い、その雲のマークを押したところ

このコンピュータは認識されていません。
すでに購入したアイテムをダウンロードする前に、このコンピュータを認証してください。

というエラーが発生。

itunesにサインイン済みの状態で認証のためにログインしようとすると「要求されたリソースが見つかりません」のエラーが発生

itunes >> Store から このコンピュータを認証 で認証しようとしたら、要求されたリソースが見つかりませんというのが発生。ログインもしているしIDもパスワードも合っているのに、要求されたリソースが見つかりません、というのが発生しました。

・・・・なんでしょう

もしかして、認証台数制限が?

と思い、アカウント情報を確認。コンピュータ認証台数を見ると・・4台でした。

最大、5台までしか認証できないので、まだセーフだったはず。
全ての認証を解除というのも出来るのですが、これは年1回限りだそうで・・安易にやると、何かややこしそうなので何とか認証させる事にしようと思いました。

アカウント認証をしようとすると、今度は違うエラー itunes 5002 不明なエラー が発生

何度か試しているうちに、「itunes 5002 不明なエラー」というのが出てきて、認証エラーでもなんでもないようなエラーが出るようになってしまいました。もはやこうなると何のエラーかはわかりません。
ググって見たりしたのですが、特に解決方法が探せず、applestoreのサポートページにもコミュニティページにも具体的な方法が無い模様。そもそも、この不明なエラー5002そのものが何故発生するのか、いつどのように起きるのかがあまり具体的な事例がなく、いろんな場面で出ている雰囲気でした。

とすれば、もしかして・・・パソコンが悪いのではなくて、itunesの問題かもしれない。

と考えた私は itunesを再起動(いったん閉じて、またダブルクリックで起動しただけ) してみました。

立ち上げなおしたitunesでコンピュータ認証をしたら、認証成功。不明なエラー5002も発生しなかった

直った要因はわかりませんが、おそらく、推測ですが・・よくインストールしたら、とりあえず再起動を求められる事が多いことを考えると、ちゃんと全ての機能が認識するためのプロセスがインストール直後にはまだ完了できてなくて、プログラムを再起動する事で、ちゃんとした状態になったので、認証も出来て不明なエラーも無くなったと考えていいとおもいます。

itunesを再インストールしたら、いったんプログラムを閉じて再起動してから、コンピューターの認証や購入済み音楽・アプリのダウンロードをしよう

itunesの場合は、認証台数制限もあります。一般的に普通にパソコンを使っている人であれば、一人で何台も買い換えたりする事も少ないかと思いますが、アイフォンが出た当時にitunesにIDを初登録したとして、それからパソコンを買い換える毎に認証を繰り返している場合、私のように認証済みパソコンの台数が多くなる可能性があります。

5台にもなる事はあまり無いかとは思いますが、そのあたりは今後、パソコンを買い換えたりする時のために知識としてちょっと覚えておかないといけないなと思います。認証解除さえすればいいんですがね・・・。次のときにまた、エラーで忘れていそうなので、自分用メモとしてもココに記録しておきます。

itunesの再インストール、再使用までには案外手間がかかりました。
私のように、別HDDにインストールしていて、それをなくした場合はアンインストールですら普通に出来ないという事由も発生してしまいます。
プレイリストの保管場所だけは、別HDDにして、プログラムそのものは、Cドライブ(OSと同じ場所)にインストールするほうが絶対いいと思いました。

itunesの再インストールで困っている方のお役に立てればうれしいです。

今日はこのあたりで失礼しますね。

みなさん楽しい週末を!

パソコン修理記録 HDDの交換で itunesの修復方法 第1部(全2部構成)itunesのアンインストールが出来ない、新しくインストールも出来ない

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。早いものでHDDクラッシュから1週間。やはり1週間経つと、立ち直り始め、今の新しいパソコンの環境を、なるべくまた自分の使いやすいようにしていっているのですが、動かなくなったソフト(クラッシュしたHDDに入れていたアプリケーション)で、どうしても必要なものは再インストールしないといけないと思い、徐々に環境を整え始めていました。

そうして、また、エラーに遭遇。

アプリケーションソフトのインストール不具合発生。(アンインストールもできない非常事態)
itunesがアンインストールもインストールもできない

iphoneユーザーの私。itunesだけは絶対に直さないといけないので準備をしていたら(まあプレイリストはまっさらになっちゃいますが、携帯の情報をバックアップしないといけないので。)itunesのアンインストール・インストールどっちも出来なくなるという状態に陥り、さらにンストールが無事出来た後もつかえるようになるまでにエラーが幾度と発生し、itunesに登録されているアカウントとの連携、再インストールしたパソコンでitunesが使えるようになるまでの詳細と、自己解決までに至る経緯をお話したいと思います。

itunesだけでこれほど苦労するとは思いませんでした。
2部構成でお伝えしたいと思います。

第1部。itunesがインストール完了するまでにすでに長い道のり。

itunesをWindowsのプログラムの追加と削除からアンインストールを試みたらエラーが発生
(ファイル名パスが正しくありません警告)

 

スタート>>コントロールパネル>>プログラム>>プログラムと機能

からの一覧から、 itunes があるかを確認。

残っている場合変に情報が残っているといけないのでアンインストールしようと思い、調べてみると、やはり残っていたので、アンインストールを選びました。

すると、

ファイルパス(Programfiles(X86))が正しくありません。確認してください。

私のitunesは、クラッシュしたドライブのほうにインストールをされていたので、どうやら、「そんな場所参照できないから消す事できません」的なことを言われてしまいました。
itunesに関するフォルダが無いのはわかっていたので、そこに情報を読み取りに行くような作業があれば、何かあるかなーと想定していましたが、やはりかー・・・という思いもありつつ、要は、新しいのが問題なく入ればいいので、既存のWindowsに残っている残骸情報をムリムリ消すのはいったん諦めて、先に新規インストールが出来るか試してみることにしました。

itunes最新を新規インストールしてみるも失敗。アンインストール時と同じエラーが発生。
(ファイル名パスが正しくありません パート2発生・・・)

Appleの公式サイトからitunesの最新版をダウンロード。
解凍し、インストールに挑戦。
スムーズにインストールできそうな画面まで進みます。

しかし、途中で

ファイルパス(Programfiles(X86))が正しくありません。確認してください。

というエラー警告が出て、インストールが中断されてしまいました。
どうやら、新規インストールではあるものの、やはりWindows内に何かしらの情報が残っていて、それが影響して、同じファイルパスに書込みにいこうとしていたようでした。これはWindowsに残されたデータを消さないといけないという事が明らかになったので、アンインストールを完了させないといけないことになりました。

 

Windowsに残っている消しきれないアプリケーションデータを消してくれる
マイクロソフト社が出している MicrosoftFixit というツールを使ってアンインストールを実行

目には見えないファイルや、見た目的に消えてそうな物で消しきれないものをキレイにしてくれるというツールがマイクロソフト社が出していました。

おそらく、今回の私のようにクラッシュした影響などで関連ファイルの情報が途切れたりした人や、プログラムの追加と削除の一覧からじゃない状態でフォルダを削除する事でアプリを消したけど消しきれてなくてその影響でほかがインストールできないという状態の人が多かったのだと思います。そのための補助ツールとして配布されたようです。

Yahoo検索、google検索で
「インストールできない 削除できない」というワードで検索
ですれば、一番上に出てきます。
一応リンクも貼っておきます。
Microsoft サポート Fixit ダウンロード

このページにある、「今すぐ実行」をクリックします。

ダウンロードの画面が表示されますので、
そのまま実行する場合・・・[実行]
一旦保存してから実行したい場合・・・[保存]
をクリックします。
※ダウンロードの場合はダウンロードが始まります。
※セキュリティの警告がでたら “実行”、ユーザーアカウント制御の画面がでたら、”続行” などをクリックしてください

“Microsoft Fix it”
「この診断ツールは、無料で一般的な問題を自動的に解決します」
という画面になったら、”同意する“ をクリック

問題を検出して、解決方法を適用する (推奨)” をクリック

「プログラムのインストールまたはアンインストールの問題が発生していますか。」の画面で 、
アンインストールしたい場合・・・ ” アンインストール”
インストールしたい場合・・・ ”インストール”
をクリックしますが今回の場合は旧itunesの残骸データを消すので「アンインストール」をクリック。

「アンインストールするプログラムを選択します。」の画面で、インストールされているプログラム一覧が出るのでそこから「itunes」を選択します。
※ほかのプログラムだった場合も、この一覧から消したいプログラムを選ぶ事で消せます。

「itunes アンインストールしてクリーンアップしますか」と出るので、
はい、アンインストールを試行する “ をクリック。
※ほかのプログラムの場合、itunesのところが、指定のプログラム名に置き換わります

アンインストール作業実行(数分かかります)

無事削除できたら「トラブル シューティングが完了しました」と表示されます。”次へ“をクリック。

「問題は解決しましたか?」と出るので、好きなのを選んでください。

これで、アンインストールは出来ました。

プログラム一覧からitunesが消えてるか再確認

スタート>>コントロールパネル>>プログラム>>プログラムと機能

からの一覧から、 itunes があるかを確認したら、ちゃんと消えてました。
きっともうこれで残骸も無いはず。

itunes最新版をインストール

先ほどは失敗したインストールをもう一度試しました。

結果は・・・・成功。

やっと、インストールできました。

インストールまで時間かかりましたが、無事インストール完了です。
コレで終わりだと良かったのですが・・・コレでは終わりませんでした。

インストールが完了したitunesで再び事件が発生しましたので、その詳細は2部目でお伝えいたします。

itunesのインストール、アンインストールにお困りの方がいらっしゃいましたら、参考にして見てくださいね。

関連記事

ネットショップ開業をしたいと思う人に 立ち上げに必要な事 環境、準備

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
現在の勤め先でネットショップ立ち上げを任されているのですが、私は、過去勤めた会社ではほぼ毎回、そういうお仕事に携わらせてもらっていました。

その影響か、今では、ネットショップ立ち上げ、と言われても驚かなくなりました。

今迄の経験で、立ち上げに必要なこととかが慣れて体に染み付いているのか、楽天やヤフー、Amazon、ポンパレなど、のモールでの出店でも、EC CUBEなどの独自サイトでのネットショップでも、最初にやる事にさほど差はないと思いました。

そこで、今日はそんな経験を踏まえて、ネットショップを立ち上げたいな……と漠然と考えている経営者さんも、個人の方にもお伝えしたいネットショップ開業前の準備についてお話していきたいと思います。

意外と、準備でも結構ちゃんとしないと、立ち上げ損したりします。是非、参考にしてみてくださいね。

(多分、このお話はシリーズ化するかもしれません。)

開業前準備 1.
売るものを決めよう

当たり前ですが、売るものがなければ始まりません。売りたいものを見つけましょう。
よく、何がいいかわからない、何が売れるの?という事を耳にしますが、売るものは何でもいいのです。肝心なのは、売り方なのです。流行ってるから、とかだけの考えでやると、後々苦労します。オーナーになるわけですから、自分がコレを売りたい!と思うものにしましょう。

開業前準備 2.
どういう感じで売りたいか考えよう

スーパーのように不特定多数にたくさん売りたいか、気に入ってくれる人が買ってくれたらいいのか。安売りでたくさん売るのか、こだわりを売るのか。それにより売る場所もかわります。ネットショップにも、実世界と同じように、売る環境は様々用意されています。

開業前準備 3.
パソコンのスキルが多少あるかどうか

ネットショップは、パソコンでのやり取りが基本になります。売り場作りもパソコンにデザインしたものを載せるなど、少し知識が必要です。自分になければ、パソコンができる方にお願いしましょう

開業前準備 4.
会計処理は結構複雑化する

ネットショップの場合、クレジットカード決済や、ポイント決済などが必ず必要となります。契約そのものは難しくはなく、お客様にも直ぐに利用してもらえます。が、入金サイクルが変わってくるので、売上と入金の突き合わせ作業が複雑化しがちです。会計士さんによっては、結構嫌がられる方もいますので、会計士さんや経理に相談してからにしましょう

開業前準備 5.

配送方法を考えておこう

これは、売りたいものを考えるときからできれば一緒に考えて欲しいのですが、ネットショップでは、必ず、送料がかかります。運送会社様あってこそ運営出来る、といっても過言ではありません。

運送会社さんは、ドライバーさんの確保が大変。ということは、一つのトラックにたくさん積みたいのです。大きな物を取り扱う場合、運送会社さんによっては、契約してもらえない事もあります。
取り扱う商品の選定の際に、同時に、運送方法を決めて、なるべく早い段階で、運送会社とは契約しておきましょう。

…とまあ、5個くらい記載しましたが、まだまだたくさんあります。

シリーズ化して書いていこうと思いますが、急ぎだったり、もっと聞きたい!と言う方は、お問い合わせ頂ければお答えさせて頂きます。

それでは今日はこのあたりで。

EC CUBE 2.13.3 カスタマイズ 会員ログイン画面がおかしくなったのを直す直し方

こんにちは。nekonomoridesginのYoshyです。
相変わらず、お仕事でEC-CUBEとにらめっこです。先日、レスポンシブウェブデザインの方法についてお話をしましたが、そのやり方として、管理画面のパラメーター設定で

DEVICE_TYPE_SMARTPHONE
DEVICE_TYPE_PC
0
の数字を、PCにあわせる(両方10にする)というのでレスポンシブウェブデザインに対応させていたのですが、その弊害が発生しました。

何気に、作ったサイトのチェックをしていたところ、会員ログインのところで、こんなエラー画面に遭遇。

1

どうやら、ログインには成功しているようだが、何かタグっぽいのがechoで吐き出されているよう・・・。

何故??

と、また困惑。

実は、この画面のまま1日放置しました・・・(笑)
次の日になったら直ってないかなーーーー・・・なんて思って(・_・;)

直ってませんでした。(そりゃそうだ

で。またにらめっこ。

にらめっこしたのは

data/class/pages/frontparts/LC_Page_FrontParts_LoginCheck.php

というファイル。(エラーの画面みたら、LoginCheck.phpだったので・・)

で、よく見ると、なんとなーーーーくデバイスで表示を分けてそうな箇所を発見。

DEVICE_TYPE===SMARTPHONE

見たいな感じのをみつけて、もしやこれか?と思ってそのif文の中をいじり倒しました。

そしたら、elseの分岐でechoを発見。

場所を確認するために

echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url));
となっているところに、
echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url)).”ここか!”;

※ちなみにechoとは、echoの次に書かれているものをそのまま表示するという意味を持つ命令文。

とやってみたら、 ここか! の文章がくっついてました・・・(笑)

なので、そこを修正します。
具体的な方法は以下。

直すファイル LC_Page_FrontParts_LoginCheck.php
場所は↓
data/class/pages/frontparts/LC_Page_FrontParts_LoginCheck.php

直すトコロ。
139行目: echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url));

139行目://echo SC_Utils_Ex::jsonEncode(array(‘success’ => $url));

140行: SC_Response_Ex::sendRedirect($url);
を追加。

159行目:$this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

159行目://echo $this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

167行目:echo $this->lfGetErrorMessage(SITE_LOGIN_ERROR);

167行目://echo $this->lfGetErrorMessage(SITE_LOGIN_ERROR);

160行目:SC_Response_Ex::actionExit();
を追加

169行目:SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(SITE_LOGIN_ERROR);
を追加。

98行目:echo $this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

98行目://echo $this->lfGetErrorMessage(TEMP_LOGIN_ERROR);

99行目:SC_Utils_Ex::sfDispSiteError(TEMP_LOGIN_ERROR);
を追加。

これで解決しました。

最初、成功の時しか直してなくて、パスワード間違えたときなどのエラー画面でまたechoだったので、コレだけの箇所を直さないといけません。

是非お困りの方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてくださいね。

2.13系は本当まだ情報少なくて悪戦苦闘です(つд・)ガンバルゾー

HDDクラッシュの弊害 データの管理について真剣に考えてみる アナログ的なデータの保存の必要性

こんにちは。nekonomoridesginのYoshyです。
先日、HDDのクラッシュによりパソコンはパワーアップしたものの、データを保存していたHDDが壊れたので、今までの作品(4年分)を喪失しました。
それまでは別のPCを使っていたのでそこから少しはサルベージできたのですが、今回改めて、データ管理について考えさせられました。

今回クラッシュしたHDDはパーティションわけというのをしていて、容量の多いHDDを半分とかに区切って使うという使い方をしていました。

最悪、片方壊れても片方にデータがあるように、という意味でもそういう使い方をしていたのですが、実際は片方にしか入れていませんでしたし、さらには今回の場合、両方繋がらなくなるという不具合に見舞われたことで、「同じHDDでパーティションで分けてもさほど意味がない」という事に気がつきました。

そして、大切なデータ(作ったものとか)は、ちゃんとDVDやCDに焼いたり、作品ごとにSDカードに焼いて残すなど、アナログ的なデータの残し方も必要だったんだなと感じました。

今まで、少しパソコンを過信していたところもあったと思います。

アプリケーションソフトに関しても、今はクラウドが多くなっているので、コレを機にクラウド化できるものはクラウド化してしまおうかと思いました。そのほうが容量も少なくて済むし、ログイン情報さえ覚えておけばパソコンが変わっても使えたりするわけです。(最近、アイキャッチ画像とかが極端にないのはphotoshopも喪失中のため。)

本格的なノマド(場所を問わない)的な働き方をしたいとおもっているならなおさらだと思いました。

データの保存に関しても、アナログ的な残し方(ログインとかの大事な情報はやはり印刷とかしてファイリングするなど)して、安易にパソコン上においておかないほうがセキュリティ的にも良いですし、デジタルデータばかりでは何も残らなくなる可能性があることを知った今、コレを声を大にしていいたいです。

アナログをなめるな。

どこかの会社が確か、カセットテープに残す技術にもう一度注目した、というような趣旨のCMをしていたかと思いますが、本当、そういうのって大事だと思いました。

当面は、外付けHDDとかにデータのバックアップを定期的に取ろうと思います。

便利な世の中ですが、ちゃんと管理しないとダメですね。

先行投資と思ってちょっと徐々にバックアップ体制を整えようと思います。

皆さんも大事な写真データとかちゃんとアルバムにしましょう(*´Д`*)b

EC CUBE エラーに遭遇。システムエラーに立ち向かう。(管理画面でメール設定ができなくなった)

こんにちは。nekonomoridesignのYoshyです。
EC-CUBEと格闘しているのですが、レスポンシブウェブデザインを施すためにCSSやHTMLをいじっていたので、今まで気づかなかったのですが、今日何気なく管理画面にログインして、メール設定を押してみたら・・・・

(´Д`;)ヾ システムエラーが発生しました。詳しくはサイト管理者にご連絡下さい。

・・・・・ちょちょ。・・ちょっとまて・・・(以下略

サイト管理者=たぶん私。

えええーーー・・そんなこと言われても。

まだひよっこwebクリエイターの私にどうしろと?と思いながらも、とりあえず原因を探る。

そうすると、ログ管理成るものを発見。

エラーログがあったので見てみたら・・・・

Fatal error(E_ERROR): Class ‘SC_Helper_Mailtemplate’ not found on [/home/xxxxxx/www/eccube-2.13.3/eccube-2.13.3/data/class_extends/helper_extends/SC_Helper_Mailtemplate_Ex.php(36)] from xxx.xxx.xx.xxx
login_id = xxxxxxx(0)[xxxxxxxxxxxxx]

はい??

頑張って解読しました。(Google翻訳さまに頼りました)

解読してみたところ・・・・。

SC_Helber_Mailtemplate_Ex.phpで指定しているSC_Helper_Mailtemplateが見つかりません。

との事のようだったので、FTPで該当ファイルを両方探したところ・・・・

(*´Д`*)あるんだけど?

ココで私は積んだと思いました。

でも、何度やってもダメ。

なので、勤務先の社長に相談してみました。それでも、原因不明。(FTPも見てもらって、サーバの情報もみてもらた)

結局お手上げか・・と思ったのですが、「見当たらない」とエラーログさんはおっしゃっているのです。

エラーログさんはウソつきません。(プログラムですしね。)

きっとバグを起こしているのは私だ。(人間ですしね。)

思い当たるところを一つ一つつぶしていきました。

PHP構文で間違えてないか(そもそもいじってもないから間違えようもないのだけど)

そして。突き当たった答えが。

 FTPサーバ上でエラー起こしてるかも?

 つまり、0バイトデータになってないか?

と思ったわけで、すぐ調べると・・・・

ご名答。ファイルそのものはアップロードされてますが、FTP上のデータ量は0バイトでした。

つまり、中身がすっからかんということ。

ローカルにあるデータを再アップしたら、直りました。

もし、誰か

Fatal error(E_ERROR): Class ‘SC_Helper_Mailtemplate’ not found on [/home/xxxxxx/www/eccube-2.13.3/eccube-2.13.3/data/class_extends/helper_extends/SC_Helper_Mailtemplate_Ex.php(36)] from xxx.xxx.xx.xxx
login_id = xxxxxxx(0)[xxxxxxxxxxxxx]

このようなエラーが見つかったら、サーバ上のアップロードのときにエラーが起きてサーバ上のデータが0バイトになっているからかもしれません。

是非参考にしてみてくださいね。

Western DigitalのHDDがいきなりクラッシュ。BIOSすら起動しなくなりブラックアウト。

こんにちは。nekonomoridesingのYoshyです。
実は週末にパソコンが壊れました・・・というか、土曜日の朝に作業をしていて、何かもっさり(動きが重い感じ)するなー。。何か調子悪いのかなー?と思って、再起動をかけたら・・・・

ヽ(´ー`)ノ再起動しなくなりました!

・・えーーーー?

朝まで動いてたジャン・・・

そこで、相方Kozyを召還(というか隣に居るんですけど)。

PCの知識に長けているKozyさんの診断が始まりました。

先ず、普通にもう一度電源を落とし、起動。

はい、しません。

というか、Bios画面にすらいかない。

Biosすら表示しないってどゆこと?ということで、PCのフタをあけて、中を1つ1つ確認していくことになりました。
。。。とりあえず、Bios起動しないとか意味不明。でも、マザーには電源とおってるし、ビープ音も無い。
CPUを疑いました。

そして、グラボもダメなのかも?と、Kozyのパソコンに刺してもらったり、メモリをKozyのを借りてやってみたり色々しましたが起動しない。

(そしてこのとき、私たちは、SSDもHDDは死んでないと思い込んでいた。HDDやSSDが死んでいても、Biosまでは絶対にいくはずなので、Biosに行かない=マザーかCPUかメモリと思ってた)

で。何をしてもだめだし、電源が入ったり入らなかったり、電源すでに切ってるのにマザーが何故か起動しようとしたり、時々Windowsが起動しようと(Windowsマークまではいく)しながらも止まったり。

なんじゃこりゃーーー・・という非常に奇怪な状態でした。

ちなみに、主人のパーツを指すと、電源が入ったりするのが止まったので、やはり、マザーがやばいのか・・・と疑い。

で。

急遽マザーボードとCPUを買いました。

そして組み立てたのですが・・なんと現象変わらず。

起きた現象

●BIOS画面にすらいかない

●たまに忘れたように起動しかかるが、Windowsのロゴ画面でフリーズ

●マザーボードへの異常通電
(電源落としたのに再起動しようとするような電源を入れるような音がした)

こんな感じだったので、マザーボードかCPUか電源かと思ったのです。

しかも試した最中、HDDではないと思い込んでたので、(BIOSすら、ブルースクリーンすらならなかったので)マザーボードとCPUを買い替えて、作業開始してもダメで。

ようやく…HDDがもしかして?

となりました。

HDD外したら普通に起動。

ちなみに、kozyのにHDDつけたら、やはり、BIOS画面にすらいかないフリーズになりました。(外したら普通に起動する)

BIOS画面に行く前にどんな影響を及ぼしてるのかはわかりませんが、とにかくこのメーカーのHDDは、壊れたら、BIOS画面にすらいかないフリーズを起こすというのは明白です。

OSはSSDなのでHDDは完全保存専用でした。

ちなみに、逝ったHDDの情報を今後の誰かの役に立つかも知れないので掲載します。

—————————————————–
HDD :Western Digital 2TB
MDL :WD20EARS-00MVWB0
WWN :50014EE25AB72F84
DATE:23 DEC 2010

※グリーンラベルです
—————————————————–

とにかくそのHDDを外したら問題なくなり、早とちり半分でグレードアップした私のパソコン。

HDDには、写真や音楽を全部入れてたので、RAIDくんだり色々、パソコンショップ並の知識のkozyに試みてもらいましたが、unixでも認識しないので、物理的エラーかも知れないと判断に至りました。

修復業者さんに見積もりも出しましたが、物理的エラーなどが考えられるとの事で、実際にサルベージしてもらうとなると、15万〜30万かかるといわれ、諦めることに。

ちなみに、見積もり段階で無料でした。

kozyさんの見積もり通りの結果だったので、kozyさん初期診断できるねぇと思いました。

今迄も、友達のHDD救済してきたし、実績は述べ5台以上だし、やはりkozyが救えないと診断した私のHDDは物理的エラーなのだと思います。

失ったデータはどうしようもないですが、ちゃんと日頃からバックアップしとくべきだったと後悔しました。

皆さんもバックアップはこまめに。

そして、western digitalのHDDをお使いの方がいたら、バックアップしてくださいね?

経年劣化で、突然逝きます。

データは、大事。守りましょう

レスポンシブウェブデザインの作り方 

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
最近、お仕事ではもっぱら、レスポンシブウェブデザインの為に、EC CUBEのデフォルトテンプレートをいじり、レスポンシブウェブデザインになるようにCSSと睨めっこして、慣れない作業に毎日うなっています。

そもそも、レスポンシブウェブデザインとは

簡単に言えば、見る端末によって最適な見た目でウェブページをデザインすることで、CSSをつかって、各端末に合わせたデザインで見せ方を変えるというものです。ちなみに、このブログも、レスポンシブウェブデザインになっています。レスポンシブウェブデザイン対応のテーマを使っています。Twenty fourteenというテーマを使っています。

レスポンシブウェブデザイン対応のwebサイトは検索結果の表示にも影響があるといううわさ

 

最近、Googleさんの検索ランキングの評価対象に、レスポンシブ対応のwebページかどうか、というのが要素として加わったそうです。おそらく、タブレット、スマートフォン等の端末も増えた影響でしょう。中途半端な大きさのタブレット端末だと、たしかにPC用サイトを表示すると、編に横スクロールしないといけないなどで見づらいところもありました。
ユーザビリティ性を重視した検索結果を求めるgoogleさんですので、納得ですが、こういった時代の流れに対応をしないといけないので、やはりweb業界はいかにスピードを早く対応していかないといけないのかがよくわかります。

レスポンシブウェブデザインの作り方

とりあえず、根本的にCSSを理解していないと無理です。(CSSでサイト作成の不慣れだったのですごーく苦労しています)
EC-CUBEとかの場合、SmartyというPHPテンプレート等の構成も調べながらじゃないと思い通りにならないです。

普通のwebサイトを作る際にレスポンシブデザインを気にしてつくる、というのであれば、レイアウト的に苦しくない範囲でデザインしていけば大丈夫かと思います。

で。

HTMLの作り方ですが、基本的に普通に作ります。
レスポンシブウェブデザインは、CSSで「見せ方」だけを変えているので、レイアウトや配置も、「見せ方」で変えています。

たとえば、PC用では見せておきたいDIV要素でも、スマホ用では不要な場合は、そのDIV要素のIDやCLASSを、 display:none にしておくだけなので、HTMLそのものは、1個です。

作るのは、CSSを、各端末用のものをデザインするのです。

一般的?というか、私の場合ですが、以下のようにしています。

スマホ用CSS、PC用CSS、タブレット用CSS

をそれぞれ用意。

それを、HTML上では3つ全部読み込ませる感じです。

CSSの設定の方法

CSSを作る時に少し細工をします。
********横幅640pxまで*************************
@media screen and (max-width: 640px) {

ここの間にCSSをかく

}
*********************************************

というような感じで、各サイズに合わせたものを作ります。

ちなみに、PC用の場合、

********横幅780px以上*************************
@media screen and (min-width: 780px) {

ここの間にCSSをかく

}
*********************************************

という感じにします。

そして、ココ大事。

width とかの設定は、必ず「%」で設定すること!!!

じゃないと、可変(端末の大きさによってサイズが変わること)にならないので。。

可変しなきゃ、レスポンシブの意味が無いです。

という事で・・・。

CSSを使いこなせないと、レスポンシブウェブデザインは出来ない・・・です。

これからも悪戦苦闘しながら頑張ります。

それにしても・・・レスポンシブウェブデザインの作り方がまさかCSSで見せ方を変えていただけとは驚きでした。
新たな発見!

目指せ、出来るwebデザイナー!