タグ別アーカイブ: 本気

意識して毎日過ごすと変わってくる 「いつか」ではなく「この日までに」を決めて行動しよう

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
秋が大好き、と前にも(前回の時も言ってましたね・・・)言っていましたが、本当にこの季節が大好きです。

今年の秋の私は過去5年間の「秋を自由に使えなかった社会人生活」から抜け出せたのですが、この状況になる事が出来たのは、1年前の自分が居たからだと改めて思うのです。

2014年(1年前)の私は、1年後の2015年の秋の土曜日出社はもう絶対やりたくないと思っていた。

当時勤務していた会社の内部で色々とあったのも原因だったのですが、10月~11月に土曜日出社が義務付けられていた事がずっとストレスで、秋にあるイベントに行けない事や、せっかく色々やる気になる時期なのに休みが少ないので体が疲れてしまうという事が本当にストレスでなりませんでした。

そうは言っても、一家を支える妻であり大黒柱である自分は、早々簡単に収入レベルを落とすわけにも行かず、半ば意地と家族のために、と言うことだけで働いていましたが、2012年に、子供を出産する事が出来ない身体になってから、こんな思いも反面では抱えていたのです。

子供を育てる喜びを味わえないのなら、
せめて、夫婦仲良く毎日笑って話せる日々を過ごせる生活をしたい

生活のために、という意地だけで頑張っていた前職の会社で、秋に勤務環境の変化によるストレスも抱えていた私は、やはり家でもそのストレスが原因であまり話さなくなってしまっていたり、夫婦間の会話が少なくなる事が、この土曜日出社期間の2ヶ月は発生してしまっていました。

12ヶ月のうちの2ヶ月間だけ、と言われればそうなのかもしれませんが、私にとっては、一番大好きな季節に、こんなに苦しい状況が続くのはとても耐え難いものに感じていたのは事実でした。
しかし、2ヶ月間だけだし、とおもって2012年の秋、2013年の秋、2014年の秋も過ごしたのですが、3度目になってもこの耐え難さが消える事はありませんでした。

2015年の秋は楽しくしたい。
いつ死ぬかも判らない、子供を残しているわけでもない、
夫婦で毎日の一日一日を大事に過ごしたいと思った

2014年の冬。
苦しかった土曜日出社が終わるころには、私は、
「来年はもうここに居ないでおこう」
そう堅く決心をし、主人に
「来年は収入は落としてしまうかもしれないけれど、一緒に過ごせる時間を長く取れるように生活を変えたいと思う」
と宣言しました。

「いつかこの状況を変える」ではなく「●●までにはやる」という決意

結局、私は
「来年(2015年)の秋には、もうここ(前職場)には居ないようにする!」
決意したのです。
それからはとても物事がスムーズに動き始めました。

それまでは、「いつかここ(前職場)を出るんだ」
と言う思いで過ごしていましたが、自分の中でリミットを設定した事によって、それに向かっての段取りを組むように自然に体が動き始めました。

朝活をしはじめるようになったり、趣味の時間を少なくしたり、自分を磨く事に時間を割くようになったり、就職活動をし始めたり等、具体的に行動を起こすように自然となって行きました。

「いつか」は「いつか」のまま。
「この日まで」を自分で設定していないのならそれはまだ「本気」じゃない

よく、「いつかはこうなってやる」という目標を掲げる人が居ますが、その大半はその「いつか」はやってきません。
たとえば、良く聞く台詞で言えば

「いつかは結婚するぞ」

と言う人は、結婚せざるを得ない状況にでもならない限りは、その大半は、その「いつか」がやってこないまま、おひとりさまの道をひた走りしている事が多いと思います。

逆に、「30歳までには結婚する!」

というひとは、たいてい本当にそのとおりになります。なぜかと言えば、30歳にという具体的な数字が見えてくると、相手が結婚する見込みがないと思った場合、早々に相手を見切ることも出来ますし、相手をせかす事ができたり、相手が居ない場合は結婚相談所に登録したり、婚活に参加したりなどするようになり、そのほとんどが、自分の掲げた目標を達成する事が多いです。

何かやりたい事が明確な人は「いつまでに」するのかを具体的に決めてしまいましょう

先ほどから何度も繰り返しになりますが「いつか」はいつかのままで、具体的に数字にしない限りは人間はほぼ行動に移す事が出来ません。
更に言えば、具体的な目標にした途端に脳内でそれを意識するようになり、自然とそのやりたい事に関しての情報や行動を自分から起こせるようになってくるものです。

昔からよく読んでいるビジネス本にも書いてあったのですが脳内ではわかっていても、自分で実感しないと、本当の意味では「やりたいこと」を「明確な目標」にして具体的に期限を決めると言うことの大事さはわからないものですね。

おそらく、この記事を読んでくださった方の中にも、まだぼんやりとしかその重要性がわからない方も居るかもしれませんが、とにかく「意識をする事」がとても大事です。人は意識をすれば、必ずそのものの情報が耳に入るようになっていると思いますので、何か目標がある人は是非やってみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで。

誰かの為に頑張るという幸せ 自分の持てる能力を最大限に活かすと言うこと

こんにちは。nekonomoridesignのyoshyです。
今日は、ある会社の社長様とお会いさせていただき、色々とお話をさせていただきとても有意義な時間を過ごしてまいりました。

貴重なお話をたくさん聞く事が出来ました

以前から交流をさせていただいていた方なのですが、この度、事業を大きく展開していくご予定と言う事で、色々と貴重なお話を聞かせていただく事が出来ました。

デザイン系・Web系の畑にしかいない私にはどの話もとても面白く、今後の事をお話されている姿を拝見させていただいただけでも非常に刺激になりました。

頑張っている姿を拝見して、心から応援したいと思った

私は昔から本気で頑張る人が好きです。
何でも良いのです。その人が真剣に頑張ろうとしていることを一所懸命頑張っているのを見て、自分が出来る事があって、その人に頼られれば全力で力を発揮したいと思うのが私の性分。

今日、お話を聞かせていただいて、心底、全力で私が力になれる事があればさせていただきたいと思いました。

誰かの為に何かをすると言うことに喜びを感じると改めて実感

前職を退職して、現在の職に就いてから心の中にずっと何か引っかかっていた事があったのですが、今日お会いさせていただいた社長様とお話をしていて、そのつっかえていたものが何か気づきました。

それは・・・

私は誰かの為に頑張ると言うことに一番の幸せと喜びを感じる
自分の持てる能力をもって、全力でサポートすること

その事に一番の自分の喜びと生きがいを感じるんだと確信できました

情熱が伝わってこない依頼にはたとえ自分が出来る能力の範囲内の仕事であってもやりたいと思えて無かった事に気がついた

IT化が進み、仕事の依頼もネットで発注と言う時代になってきて、実際私自身もネット経由でお仕事を探したりしているのですが、コンペ式などの仕事を受注するときも、お仕事の依頼内容を見て、発注者の熱意や情熱が伝わってこない依頼のものはいくら金額が高くてもやってなかったなと言うことに気がつきました。

そして、勤務先での仕事でも、依頼主の意図や情熱が伝わるものはたとえ自分の知らない事があっても頑張って調べたり聞いたりして仕事を進めていますが、単に「儲けたい」というだけの理由でやる事になった仕事に関しては自分の好きな仕事のジャンルであっても、やっているのがとてもつらく感じていると気づきました。

自分の「仕事」と言うものに対する価値観がわかった瞬間

今日の出会いにより、より自分の方向性が明確になった事でかなり肩の荷が下り、同時に、自分自身の中でも「儲けがあるだろうから」という理由だけで進めようとしていた事をいったん立ち止まって考える事にしました。

人との出会いは本当に大事だなと思いました。
ご縁を大事にさせていただいて、自分の持てる能力を存分に発揮してお役に立てる人になっていきたいと思いました。

それでは今日はこのあたりで。